2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

シニアクラブ

2018年5月20日 (日)

街路樹愛護会の活動

 4月にスタートした公園愛護会・街路樹愛護会の実質的な活動が今日から始まりました。今日は主として街路樹を対象とした活動です。
参加者23人で1時間余活動しました。

㊧が作業前 ㊨が作業後

Img_6949 Img_7002
             遠鉄高架下

Img_6985 Img_7000
            上島駅前ターミナル

Img_6982 Img_6986
            バスターミナル付近

Img_6932 Img_6992
             公園の花壇

作業の様子
Img_6978 Img_6977

今咲いている花

Img_6997_2
              シモツケソウ

Img_6994 Img_6998
   カシワバアジサイ        クチナシ

これから毎月1回活動します。

2018年5月18日 (金)

軽井沢にて

 二日目は8時半に宿を出て軽井沢に向かいました。西から迫って来る雨雲との競争です。軽井沢に着く前に小雨が降ってきました。

軽井沢千住博美術館

 2011年にオープンしたこの美術館は軽井沢の自然となった美しい美術館です。千住博のこれまでの作品・・・初期の伝統的な日本画からおなじみの滝シリーズ、さらに最近の崖シリーズの最新作まで47点が展示されています。

 周囲にはカラーリーフガーデンがあり、色とりどりの木々や草花が植栽されています。

Img_6747 Img_6749

Img_6755 Img_6762

Img_6750 Img_6766
      サクラソウ       ツツジとスイセン

セゾン現代美術館

 かつて池袋の西武百貨店を中心に展覧会を開いていたセゾンが軽井沢に集約されてオープンしたのが1981年、現在の名称になったのが1991年でした。現代美術の草創期から現在に至る優れた作品を数多く所蔵していますし、日本の現代美術の作品を蒐集するとともに、新進作家の発掘にも努めています。

 パウル・クレー、ミロ、カンディンスキー、ポロック、リキテンスタインなどの名作を観ることができました。

 この美術館は広大な敷地の緑の中にあり、新緑に輝く庭では16の彫刻作品が雨に濡れていました。

Img_6772 Img_6790
     プロムナード        美術館入り口

Img_6795_2
        イサムノグチ〈雲の山〉

Img_6800 Img_6818

 この後、15世紀末に開業したという長野県最古の旅館 佐久ホテル で鯉のうま煮などのお昼をいただいて一路浜松へ。6時間の長旅でした。

2018年4月22日 (日)

公園愛護会の活動

 遠州鉄道上島駅周辺の区画整理事業が29年度末に完了しました。東西を結ぶ幹線道路が来年3月までに完成すると市内の拠点となる地域として大きな役割を果たすことになります。

 区画整理事業の中で整備されたのが上島駅前公園です。駅北の高架下に整備されました。この公園には遊具などはありません。南北に細長い公園は東西に植栽が行われています。これまでの公園にない
多くの種類の木や花の苗が植えられていて楽しみです。市の担当者の話では中核地点にふさわしい美しい景観を目指したとのこと。その美しい景観を護るため公園の愛護会を結成し、今朝現場でに会員などが集まって活動をスタートさせました。

Img_6037 Img_6044
電車の走る高架下で     造園業者から植えられた
開会行事            木や花の説明を聞く

Img_6049_2 Img_6050
    ビンカマジョール    白い花が残るヒトツタバゴ
                   (ナンジャモンジャ)

Img_6073 Img_6070
       ニシキギ

植栽されている植物の一部
 ミツバツツジ・矮性サルスベリ・ユキヤナギ・ホソバタイサンボク
 コムラサキシキブ・ヒメウツギ・ヒメユズリハ・クチナシ・シモツケ
 カラタネオガタマ・キンシバイ・ムクゲ・ヒュウガミズキ・アガパンサ  ス・ガクアジサイ・アセビ・ヒイラギナンテン・ツワブキなど

名前を見ただけで楽しくなります。

2018年1月11日 (木)

舘山寺で

 今日はシニアクラブの地区連合会新年会で舘山寺へ行きました。まず舘山寺へ初詣。その後、遊覧船で30分ほど浜名湖遊覧をしました。今日は風が強く、湖上では時折10㍍を超える風が吹いていたので心配しましたが、それほど揺れることもなく湖上遊覧を楽しみました。

Img_4124
             曹洞宗舘山寺

Img_4127 Img_4131
     遊園地方面       オルゴール博物館

Img_4147 Img_4167
          船上から舘山寺を望む

Img_4143 Img_4171
船のまわりをユリカモメが飛んでいます ㊨東名浜名湖大橋と
                           ユリカモメ

 湖上遊覧の後、ホテルで昼食会を楽しみました。

2017年9月21日 (木)

マン島で優勝した伊藤光夫さん

 今日はわが町のシニアクラブの月例会でした。恒例の講話の講師として町内在住の伊藤光夫さんをお招きしました。
 伊藤さん1963年に、最も過酷な公道レースとして世界でも有名な「マン島TTレース」」で日本人として初めての優勝者として永久に名を残しているオートレーサーです。
 伊藤さんが乗ったマシンはスズキの50ccでRM63でした。最高速度は150㎞を超えたとのこと。

 伊藤さんからスズキがマン島レースに参入した経緯や、マシンのこと、レースの様子、当時の海外諸国の様子などについてお話いただきました。さらにレースを記録した動画やチーム関係者の集合写真、優勝した時のマシンを刻んだ記念貨幣、マシンの部品、信じられないくらい冊数の多いパスポートなど、貴重な記録や資料を見せていただきました。
 関係者の写真には30代半ばの鈴木修氏(現会長)の姿もありました。

Photo_2
    マン島で優勝した時の伊藤さんとマシン

 マン島レースは、あまりの危険性から1976年を最後になくなりました。伊藤さんは日本人として最初で最後の優勝者でした。

 町内にこのような世界に名を残す立派な方がいらっしゃることに感銘を受けました。

2017年7月24日 (月)

ユーモアを楽しむシルバー世代

 シルバークラブのメンバーは皆さん元気で日々の生活を楽しんでいます。ユーモアのセンスに優れた先輩もいて、シルバー川柳などの作品を集めたり、自分で詠んだり・・・・。その一例です。

①18歳と81歳の違い
・東京オリンピックに出たいと思うのが18歳、東京オリンピックまで生 きたいと思うのが81歳

・恋に溺れるのが18歳 風呂で溺れるのが81歳

・心がもろいのが18歳 骨がもろいのが81歳

・偏差値が気になるのが18歳 血糖値が気になるのが81歳

・道路を暴走するのが18歳 逆送するのが81歳

・・・なるほど。

②シルバー川柳

・「ご飯よ」と 呼ばれて行けば タマだった

・土地もある 家もあるのに 居場所なし

・デジカメの エサはなんだと 孫に聞く

・いびきより 静かな方が 気にかかる

・旅行好き 行ってないのは 冥土だけ

・忘れ得ぬ 人はいるけど 名を忘れ

・・・思い当たるところがありますね。

皆さん、達者です。

2017年5月30日 (火)

蓬莱橋と島田バラ園

 ASN(アクティブ シニア ネット)の月例ウォーキングで島田へ出かけました。13人が参加、JR島田駅から歩きました。気温が25℃を超える夏日でかなり汗をかきました。

蓬莱橋=世界最長の木造歩道橋

 久しぶりに蓬莱橋を渡りました。長さ897.4㍍(厄無しで長生き)で1997年にギネス認定されて今年で20年になります。通行料100円。
農道に分類されています。牧の原台地と島田を結んでいます。

2017_05300005 2017_05300008
「明治12年架橋」1879年    歩道の板面は全て木です

2017_05300017 2017_05300016
橋脚は鉄筋コンクリート      大井川河口まで12㎞400㍍

島田市ばらの丘公園

 ばらの丘フェスティバル開催中です(6/11まで)。バラはかなり咲いていますがピークは過ぎていました。2017_05300047

2017_05300024 2017_05300075

2017_05300062
       島田で生まれた「ミス シマダ」

2017_05300033 2017_05300043
     ロスマリン         ミスター リンカーン

2017_05300051 2017_05300054
    ローテ ローゼ        百万本のバラ

2017_05300056 2017_05300070
       インカ            絵日傘

 丘の中腹の東屋で昼食休憩。おいしい飲み物などをいただきながら楽しく歓談しました。1日で14500歩。約9㎞歩きました。

2017年5月21日 (日)

すてきなファミリーコンサート

ASN(アクティブ シニア ネット)のメンバーで、聴講生の仲間でもあるOさん一家(磐田市在住)のファミリーコンサートがクリエート浜松で開かれました。お母様のピアノ、二人のご子息のサックスとバイオリン演奏でクラシックからポピュラー、ジャズなどの名曲を次々と聞かせていただきました。ご両親の金婚をお祝いする曲の演奏もありました。
 コンサートの後は参加者の交歓会で交流を深めました。

2017_05210002_2

 お父様は演奏ではなく、得意の工作で参加されました。

2017_05210003 2017_05210004
           ロメオとジュリエット

2017_05210010_2 2017_05210013
クーフェンバウムの町並み   妖精たちの赤い屋根のおうち

2017_05210011
        少年のたちの日”ツリーハウス”

 お父様はバイオリンを何挺も自作された方で、これらの作品も精巧かつ情緒豊かで見事でした。

 交歓会の中でお孫さんも加わった演奏もあり、感心しました。すばらしいご一家です。

2017年3月11日 (土)

ジュビロ 初勝利 2-1大宮

 アウエイの大宮戦は2-1でジュビロが今季初勝利でした。先制点は前半6分、中村俊輔のFKが見事に決まって今シーズンのジュビロの初得点でした。俊輔の伝家の宝刀左足のキックがみごとに決まりました。
 追加点は後半2分、俊輔と同じく今シーズン転入してきた川又がゴール前でボールをうまくコントロールして技ありの1点。

 後半の半ばに自陣でのスローインからボールを奪われて、そこから失点。その後なんとか守り続けて初勝利をあげました。

 これで勝ち点4、順位は10位です。

2017年1月22日 (日)

シニアクラブの料理教室

 町内シニアクラブの料理教室に参加しました。男性3女性6の9人が楽しく学びました。

 まず、恒例の健康講話。テーマは「腸は健康の発信源」です。腸の働きについていろいろ教えていただいた後、お腹の調子を保つために特に気をつけたいポイントについてのアドバイスがありました。
 ①高食物繊維 ②低蛋白質 ③低脂肪食 ④運動 ⑤ストレスをためない ⑥朝食 の6つのポイントです。

 その後調理です。

メニュー
①前菜 菜の花と炒り豆の白和え
②主食 恵方巻き
③主菜・副菜 鶏肉のゆずみそホイル焼き
④副菜 餅入り豆乳茶碗蒸し
⑤季節のスイーツ 酒まん

 メインの恵方巻きは最後に全員が自分のを巻くことにして、ほかのメニューを9人が手分けして同時進行で取り組みました。
 私は③に挑戦。アルミホイルにレンコンの輪切りを敷き、その上に玉ねぎ・ピーマン・しめじを置き、柚子味噌をぬります。その後フライパンで蒸し焼きにしました。
 その後酒まんにも挑戦しました。

2017_01220002 2017_01220005
  いろいろな食材       酒まん作り

2017_01220010 2017_01220013
          恵方巻きに挑戦

2017_01220021 2017_01220024
恵方巻きは2種類。かんぴょう太巻きとサラダ巻き

2017_01220016 2017_01220023
鶏肉ホイル焼き 白和え 茶碗蒸し &酒まん

 いずれもおいしくできあがりました。健康講座から始まって食後の歓談まで4時間、皆さんで楽しみました。

 2月3日の節分の日、わが家の恵方巻きは私が作ります。