2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

シニアクラブ

2018年9月16日 (日)

敬老祝寿会

 明日の敬老の日を前に、今日(9/16)わが町の敬老祝寿会が開かれました。今年から対象年齢が1歳上がって76歳からになりました。町内の対象者は1,046名で毎年1,000名を超えています。会場は町の公会堂です。祝寿会の会場に入る人は全体の15%程度です。大半は受付で記念品を受け取って帰ります。記念品は①赤飯の折詰め②バウンドケーキ③清酒1合瓶です。

 市長からのお祝いメッセージが代理出席の市職員から披露されましたが、今年の内容は①浜松市が政令指定都市の中で幸福度1位になったこと ②健康寿命も1位であること などで、浜松が住みよい町だということでした。今年は短いメッセージでした。

 私は祝寿会対象者を代表してお礼のあいさつを述べました。戦中戦後を生きてきたわれわれにとって今の時代は一番幸せな時代であること、後期高齢者は行政や地域のお世話になることが多い存在であるが、地域のためにお役に立つこともしたいし、していること、これからも元気で、楽しく、生きがいを持って過ごしたい、などというスピーチをしました。

 式典の後は町内有志によるアトラクションがあり、最後は子ども会の子どもたちのお祝いメッセージとコーラス、林檎のプレゼントでした。

 数年後には団塊の世代が一斉に敬老会対象者になります。市や自治会の負担が大きくなるでしょう。

Img_2869
テントで受付。会場はテントの左。お宮の境内に
町の公会堂があります

Img_2871 Img_2872
    公会堂の玄関     アトラクション:詩吟

Img_2873 Img_2875
  地元市議の歌と演奏    会津地方の民話
                   語り手は92歳の女性

2018年8月16日 (木)

「骨董のある暮らし」

 わが町のシニアクラブでは毎月の例会で町内外の講師による講話を行っています。今日の8月例会の講話は骨董についてのお話でした。
 定年退職後町内で骨董店を営むAさんは、祖父や父の影響もあって、若い頃から骨董に親しんでいたということです。骨董の楽しみ方として、①見て楽しむ ②使って楽しむ ③投機の対象として楽しむ の3つがあげられました。

 会場には松林桂月などの掛け軸3点をはじめ、伝統こけし、色紙、
陶器、古書、雑誌の付録、ゼンマイ式蓄音機など約30点が展示されました。講話の最後に聴講者が展示されている骨董品を見て自分の好きな品を投票しました。上位3点はいずれも掛け軸でした。楽しい講話でした。

2018年7月20日 (金)

シニアクラブ浜松市大会

 浜松市には約600のシニアクラブがあり、その会員数は約22,000人です。市全体のシニアクラブの大会には約400人が参加しました。会場は福祉交流センター大ホールです。
 開会式典は約35分。大半は功労表彰と来賓祝辞です。副市長と議長の祝辞に共通だったのは、浜松市民の健康寿命が20の政令指定都市で第1位という話題でした。

 その後はアトラクション。各地域の10以上の団体が次々とステージに登場してレクリェーション ダンスや民踊踊りなどを披露しました。

Img_0913 Img_0915_2
                 飯田市議会議長

Img_0916 Img_0923
                 寸劇に「家康くん」が登場
                 丑の日にうなぎ弁当を差し入れ

さらに地元の女性プロ歌手の歌謡ショー。

 恒例のくじ引きは全員当たるくじに始まって、米2㎏、5㎏が当たるくじまで1時間かけての長丁場。

 内容改善の方策はないものかと思います。

2018年6月 7日 (木)

シニアクラブ輪投げ大会

 地区のシニアクラブ恒例の春季輪投げ大会を開きました。10のクラブから12チーム、応援も含めて約100人が参加しました。
 1チーム6人で、一人が10回投げます。5ゲーム行って合計点で順位を決めます。
 優勝チームの総得点は822。1ゲーム平均164。1人平均137。1投平均27。
 2位チームは       586                     117                97              19
  1位と2位の間には大差がつきました。今回の優勝チームは昨年秋の浜松市大会優勝チームで、その後の県大会でも準優勝した強豪です。
 輪投げは男女の別なく、まったく平等に参加して行われます。
 個人の優勝者のスコアは198で、1ゲーム39.6・・・40点平均です。かなりの高得点です。投げ方を見ると、リリースポイントがほぼ一定で安定しています。自宅で朝晩練習するとのことで、やはり努力の結果です。
 私は地区の代表としてあいさつや表彰などの役割を務めました。ゲームには参加していません。
Img_7310 Img_7291
         市協働センター体育館の半面を使います
Img_7294 Img_7292_2

2018年6月 3日 (日)

じゃがいもの収穫

 伊佐地の農園でじゃがいもの収穫をしました。2月に40㎏の種芋をみんなで植えたものです。今年の品種はキタアカリ。皮や果肉が少し黄色味を帯びています。

Img_7242 Img_7275
       収穫前の畑         次々と掘り起こしていきます

Img_7277_2
各自で割り当ての畝を掘っていきました。私が今日掘ったのは約23㎏

大きい芋は1個450gもありました。

一部を掘り残しました。全部掘ると合わせて30㎏を超えるでしょう。

さっそくいただいていますがとてもおいしいじゃがいもです。

畑の花

Img_7274 Img_7241_2  
じゃがいもの花もなかなか美しい    一昨年撒いたコスモスが毎年咲きます
                         早くも開花しました

2018年5月30日 (水)

富士山世界遺産センター

 わが町のシニアクラブのバス旅行で県東部へ出かけました。梅雨入り間近で朝から雨の予報が出ていました。富士山が見えることは諦めていたのですが・・・。

Img_7137 Img_7145
  東名由比付近から      遺産センター(左)前から

Img_7170
    遺産センター最上階展望ホールから

 時折小雨がぱらつく中で、いずれも富士山のシルエットが辛うじて見えるという感じでした。

遺産センターで

 逆円錐形の形をしたユニークなセンターの中に入るとゆるやかならせんスロープになっていて、壁面には山麓から頂上に至るまでの
富士山の風景が投影されています。富士山に登ったことのない人でも登山の雰囲気を味わうことができます。

 また、展示室では信仰、芸術、生態系などいくつかの分野でタッチパネルなどによる展示が行われており、興味深い内容で楽しめるのですが、たんねんに観ているとかなりの時間がかかります。

 Img_7178 Img_7157
            壁面の投影画面

Img_7177_2
     タッチパネル

Img_7151 Img_7152
           美しいフォルムです

  見応えのあるすばらしい施設です。よく晴れて眼前に富士山が見える時は感動することでしょう。

2018年5月20日 (日)

街路樹愛護会の活動

 4月にスタートした公園愛護会・街路樹愛護会の実質的な活動が今日から始まりました。今日は主として街路樹を対象とした活動です。
参加者23人で1時間余活動しました。

㊧が作業前 ㊨が作業後

Img_6949 Img_7002
             遠鉄高架下

Img_6985 Img_7000
            上島駅前ターミナル

Img_6982 Img_6986
            バスターミナル付近

Img_6932 Img_6992
             公園の花壇

作業の様子
Img_6978 Img_6977

今咲いている花

Img_6997_2
              シモツケソウ

Img_6994 Img_6998
   カシワバアジサイ        クチナシ

これから毎月1回活動します。

2018年5月18日 (金)

軽井沢にて

 二日目は8時半に宿を出て軽井沢に向かいました。西から迫って来る雨雲との競争です。軽井沢に着く前に小雨が降ってきました。

軽井沢千住博美術館

 2011年にオープンしたこの美術館は軽井沢の自然となった美しい美術館です。千住博のこれまでの作品・・・初期の伝統的な日本画からおなじみの滝シリーズ、さらに最近の崖シリーズの最新作まで47点が展示されています。

 周囲にはカラーリーフガーデンがあり、色とりどりの木々や草花が植栽されています。

Img_6747 Img_6749

Img_6755 Img_6762

Img_6750 Img_6766
      サクラソウ       ツツジとスイセン

セゾン現代美術館

 かつて池袋の西武百貨店を中心に展覧会を開いていたセゾンが軽井沢に集約されてオープンしたのが1981年、現在の名称になったのが1991年でした。現代美術の草創期から現在に至る優れた作品を数多く所蔵していますし、日本の現代美術の作品を蒐集するとともに、新進作家の発掘にも努めています。

 パウル・クレー、ミロ、カンディンスキー、ポロック、リキテンスタインなどの名作を観ることができました。

 この美術館は広大な敷地の緑の中にあり、新緑に輝く庭では16の彫刻作品が雨に濡れていました。

Img_6772 Img_6790
     プロムナード        美術館入り口

Img_6795_2
        イサムノグチ〈雲の山〉

Img_6800 Img_6818

 この後、15世紀末に開業したという長野県最古の旅館 佐久ホテル で鯉のうま煮などのお昼をいただいて一路浜松へ。6時間の長旅でした。

2018年4月22日 (日)

公園愛護会の活動

 遠州鉄道上島駅周辺の区画整理事業が29年度末に完了しました。東西を結ぶ幹線道路が来年3月までに完成すると市内の拠点となる地域として大きな役割を果たすことになります。

 区画整理事業の中で整備されたのが上島駅前公園です。駅北の高架下に整備されました。この公園には遊具などはありません。南北に細長い公園は東西に植栽が行われています。これまでの公園にない
多くの種類の木や花の苗が植えられていて楽しみです。市の担当者の話では中核地点にふさわしい美しい景観を目指したとのこと。その美しい景観を護るため公園の愛護会を結成し、今朝現場でに会員などが集まって活動をスタートさせました。

Img_6037 Img_6044
電車の走る高架下で     造園業者から植えられた
開会行事            木や花の説明を聞く

Img_6049_2 Img_6050
    ビンカマジョール    白い花が残るヒトツタバゴ
                   (ナンジャモンジャ)

Img_6073 Img_6070
       ニシキギ

植栽されている植物の一部
 ミツバツツジ・矮性サルスベリ・ユキヤナギ・ホソバタイサンボク
 コムラサキシキブ・ヒメウツギ・ヒメユズリハ・クチナシ・シモツケ
 カラタネオガタマ・キンシバイ・ムクゲ・ヒュウガミズキ・アガパンサ  ス・ガクアジサイ・アセビ・ヒイラギナンテン・ツワブキなど

名前を見ただけで楽しくなります。

2018年1月11日 (木)

舘山寺で

 今日はシニアクラブの地区連合会新年会で舘山寺へ行きました。まず舘山寺へ初詣。その後、遊覧船で30分ほど浜名湖遊覧をしました。今日は風が強く、湖上では時折10㍍を超える風が吹いていたので心配しましたが、それほど揺れることもなく湖上遊覧を楽しみました。

Img_4124
             曹洞宗舘山寺

Img_4127 Img_4131
     遊園地方面       オルゴール博物館

Img_4147 Img_4167
          船上から舘山寺を望む

Img_4143 Img_4171
船のまわりをユリカモメが飛んでいます ㊨東名浜名湖大橋と
                           ユリカモメ

 湖上遊覧の後、ホテルで昼食会を楽しみました。