2019年2月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    
無料ブログはココログ

アクティブ シニア ネット

2019年1月22日 (火)

男の料理教室

 ASN(アクティブ シニア ネット)の男の料理教室は今日で112回目でした。担当はOさん。9名が参加しました。
メニューは・・・
①タンドリーチキン
②チンゲンサイと豆腐の卵スープ
③さつまいものキンピラ
①タンドリーチキン
  本来はインドの料理で、鶏肉をタンドールという壺で焼く料理です。今日は片栗粉とカレーマジックと鶏肉を混ぜ合わせて、それをフライパンで焼くことにしました。

Img_1252 Img_1254
                 肉を小さく切りすぎました

②チンゲンサイと豆腐の卵スープ

Img_1256

③さつまいものキンピラ

Img_1255

いずれもおいしくできました。

今日のメニューは面倒な手順や調理がなく、短い時間でできました。

男の料理教室にふさわしい料理だと言う意見がありました。


2018年12月28日 (金)

門松作り

 

毎年恒例になっている門松作りです。伊佐地の畑に10時に集合。10人を超える仲間が参加しました。
 畑の横にある竹林で孟宗竹を切り出しました。台風24号で折れた竹があるので、それを利用することにしました。

 太い竹の中に立てる3本の竹も畑の横から切り出した竹で作りました。
 中を飾る梅の枝や竹の葉、南天も畑の近くにあります。松は参加したメンバーから五葉松をいただきました。これで材料は揃ったので帰宅して門松を作りました。

Img_0898 Img_0899
       打ち合わせ            孟宗竹の切り出し

Img_0902 Img_0903

Img_0907 Img_0908
                 畑で作業中

Img_0911_2
           それぞれきれいに切り出しました

Img_0924 Img_0926
     わが家の門松        南天・五葉松・竹の葉・梅

梅の枝にはつぼみがあるのでそのうち咲くでしょう。

みんなで楽しみながらお正月を迎える準備ができました。

2018年12月26日 (水)

ストロー人形作り:瑞穂放課後児童会

 ASN(アクティブ シニア ネット)では夏や冬の休みに瑞穂小学校の放課後児童会に毎年おじゃまして子どもたちと楽しい時間を過ごしています。今回は「ストロー人形作り」です。
 市販のストロー3本とタコ糸を使って腕が動く人形を作りました。約60人の子どもたちが13のグループに分かれ、われわれのメンバー18人が分散して指導にあたりました。
 いざ作業を始めてみるとなかなかうまくできません。腕をつける角度、タコ糸の長さなどの微妙な調整は低学年の子どもたちには大変でした。
 真ん中のストローには切れ込みを入れて子どもたちがそれぞれ描いた顔を挟みます。

Img_0746 Img_0749
        作り方の説明            頑張って作っています

子どもたちが作ったストロー人形はすてきです

Img_0806 Img_0803

Img_0804 Img_0807

Img_0819 Img_0823

人形作りが終わった後、5人のメンバーがマジックや科学実験、チンドン屋などを披露しました。子どもたちは大喜びでした。

2018年10月23日 (火)

ピアノ調律の巨匠 村上輝久氏の講演

 ASN(アクティブ シニア ネット)の第187回例会で、ヤマハ イノベーション・ロードの見学の後、本社内の研修室で村上さんの講演を拝聴しました。今年89歳になられた村上さんはお元気でした。

 1949年に日本楽器に入社された村上さんはやがて調律師の道に進み北海道勤務の後東京へ。安川加寿子のお気に入りだったとのこと。
 1965年、ミケランジェリ初来日、日比谷公会堂でのコンサートでスカルラッティのソナタやベートーベンのソナタなどの演奏を聴いたとのことです。
 研修のためヨーロッパへ渡ったのはその翌年、1966年。ミケランジェロの調教師だったタローネの家に下宿。やがてミケランジェロの調教師としてポルトガルやパリのコンサートにも同行。1967年にはドイツ・マントン音楽祭での活躍でハンブルクの新聞では「真の主役は舞台袖にいたテルヒサ・ムラカミであった」と絶賛されました。

 ミケランジェリのほかリヒテル、シフラ、ポリーニなどの調律を担当しました。1970年に帰国、1980年に調教師を養成するヤマハ ピアノ アカデミーを設立し初代所長に就任。後輩の育成に尽力しました。そのアカデミーの研修生のためにリヒテルがヤマハで演奏会を開いてくれたとのことです。
 このアカデミーは四ツ池陸上競技場の北にあります。

 村上さんは近年ではレクチャーコンサートに力を注ぎ、この30年で684回のコンサートを開いたとのことです。

 大学での講義もいろいろあり、一橋大学ではかつて静岡文化芸大
に在職された小岩先生からの要請で講義を行ったということです。

 ミケランジェリやリヒテルなどの巨匠はコンサートのキャンセルも多く、気むずかしいマエストロと考えられていますが、村上さんがそのような巨匠たちの専属調教師として活躍されたのは、優れた技術はもちろんのこと、村上さんの控えめで誠実なお人柄によるものだと思いました。「余分なことは言わない」とおっしゃっていました。

 健康維持のために、毎日お宅の近くの坂のある道を30分ほど歩いているというお話でした。

 ”伝説の調律師”村上輝久氏の講演「いい音ってなんだろう?」は
感銘深いすばらしいお話でした。

 

2018年10月20日 (土)

ヤマハ イノベーションロード見学

 今日はASN(アクティブ シニア ネット)の第187回の月例会でした。会場はヤマハ本社。まず、この7月にオープンしたヤマハ イノベーションロードを見学しました。1887年創業のヤマハの130年の歴史と現在、そしてこれからを最新の技術によって展示するすばらしい
ミュージアムです。

 ガイドさんの説明をイアフォンで聴きながらピアノ、弦楽器、管楽器、電子楽器、音響機器、スポーツ用品などの実物や生産工程などを見ました。

 

Img_9462 Img_9469
                 最高級のグランドピアノ
                  (2000万円)

Img_9471 Img_9499
   クリムトの絵のある     オルガン第1号
   ベーゼンドルファー

Img_9511_2
  リヒテルが演奏して自筆のサインをしたヤマハピアノ

非常によくできた企業ミュージアムで感心しました。

 見学の後、研修室に場所を移して、伝説の調律師 村上輝久氏の講演を聴きました。詳細は後日。

2018年10月16日 (火)

男の料理教室

 ASN(アクティブ シニア ネット)の男の料理教室は今日で第110回、10年になります。
 今日の担当は料理が得意なIさんでした。10人が3グループに分かれて調理開始。

メニュー
①牛肉しぐれ煮うどん ②茄子の挽き肉はさみ揚げ

①牛肉しぐれ煮うどん
  1人100㌘の牛切り落とし肉を食べやすく切り、鍋でタレと生姜の千切りと一緒に煮立てます。汁がなくなるまでゆっくり煮詰めます。
 うどんは湯がきをして水気を切っておきます。
 器にうどんを盛り、牛肉のしぐれ煮とわかめ、青ネギ、卵、板かまぼこを盛りつけてタレをかけます。

Img_9384_2 Img_9390
     牛肉しぐれ煮       牛肉しぐれ煮うどん

②茄子の挽き肉はさみ揚げ
 まず「あん」を作ります。鶏挽き肉・長ねぎ・生姜・しょうゆ・こしょう・
酒・片栗粉をボールに入れて粘りができるまで混ぜます。
 茄子をカットしてあんを真ん中に挟むようにします。

Img_9379 Img_9378
   できあがったあん      カットした茄子

Img_9383 Img_9393
あんをはさんだ茄子を揚       できあがり
げます

Img_9392_2
しぐれ煮は白飯にもよく合うのでごはんも少し炊いて
食べてみました。とてもよく合いました

しぐれ煮は作り置きしておくといざという時に重宝しそうです。

2018年10月13日 (土)

次郎柿の収穫

 ASN(アクティブ シニア ネット)のメンバーが中心になって、浜北区で次郎柿の栽培をしています。樹齢50年前後の次郎柿約20本をメンバーが1本ずつ管理する「パーシモンクラブ」を作って、協同作業も行っています。
 夏場の除草は大変でした。予想を超える大量の草でお手上げでした。

 柿の実が色づいて収穫の時期になりました。消毒が遅れたこともあり、カメ虫の被害が広がっていますが、一部を除いて自家消費には支障がないでしょう。

 今日はとりあえず15個だけ収穫しました。少し固いのですが、しっかり次郎柿の味をしています。

 23日には柿園で「収穫祭」の予定です。

Img_9333 Img_9332

Img_9375 Img_9376

2018年10月10日 (水)

ウォーキング:金谷を歩く

 ASN(アクティブ シニア ネット)の月例ウォーキングで東海道の金谷へ出かけました。石畳坂・諏訪原城跡などを回って、牧之原公園で昼食・休憩、お茶の都ミュージアムから日本駄右衛門首塚などをまわるコースでした。
 なかなかいいコースなのですが、事情があって私は車で参加。昼食・休憩とミュージアムの時間帯だけおつきあいしました。

Img_5319_2
    牧之原公園からの眺め。中央は大井川
霞んでいて富士山は見えませんでした。晴れていれば
画面中央右寄りの雲のあるところに頂上が見えます

Img_3023 Img_5312
   茶祖栄西禅師の像     茶の都ミーュジアム

Img_5323_2
    牧之原公園でお茶の花が咲いていました

昼食後、皆さんと別れて久しぶりに静岡空港へ。

Img_5333  Img_5336
            滑走路に向かいます

Img_5337_2

Img_5339 Img_5340
       瞬く間に視界から消えて行きました

13:00発のANA那覇行きが1時間以上遅れて離陸しました。

2018年9月19日 (水)

男の料理教室

 第108回の料理教室の参加者は7名と近年最少でした。3人と4人に分かれて行いました。

メニュー
①回鍋肉風の肉野菜炒め
②冷たいわかめスープ
③白飯

という簡単な内容でした。1人当たりの作業量も少なくいつもより早くできあがりました。

Img_2883_2

Img_2884 Img_2885

インスタ映えしなくて残念です。

2018年9月15日 (土)

「ドローン講習会」:ASN

 ASN(アクティブ  シニア ネット)の9月例会の講演はドローンの基本知識と最新情報についてでした。講師は無人航空機に関する法規制施行の前の初期の段階からドローンにかかわっている飯塚氏です。

 ドローンの飛行には、①日中 ②目で見える範囲 ③人・建物・自動車・電柱などから30㍍以上の距離 など様々な条件があります。

 今日は3機のドローンを持参されました。そのうちの1機はファントム・インスパイア1・エアーです。中国のDJI社製で世界シェアの7割を占める圧倒的な人気機種。世界のメーカーのベストテンに日本のメーカーはありません。

Img_2866_2
これがベストセラーのファントムです。複数のカメラ、4Kの動画、静止画は1200-2000万画素、GPS対応、距離計測、バッテリーの残量が少なくなると自動で帰着する機能など。20万円前後。部品はカメラなどを含め半分程度が日本製であろうとのこと。

この日は室内でトイドローンの飛行がありました

Img_2849 Img_2853
       空中でほとんど動かずにホバリング

Img_2850 Img_2862
                      無事に着地

 このトイドローンは許可の必要はありません。カメラ搭載でiPhoneに画像を送ってきます。2万円前後。面白そうです。

 ドローンはいろいろな方面で利用されていますが、現在もっとも多いのは農業分野で、最大10㎏の荷を運搬できる機種もあるとのことです。

 ドローンの開発と利用は今後ますます進み、後れを取っている日本でもこれから開発が急速に進むだろうというお話でした。

 聴講したメンバーは自動車メーカーなど理系の皆さんが多いので関心が高くいろいろ質問が出ました。

より以前の記事一覧