2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

浜松フラワーパーク

2020年11月17日 (火)

2020紅葉だより⑤浜松フラワーパーク

 フラワーパークにはモミジの並木や群落はありません。モミジは動物園に近い吊り橋のある斜面やその南の池の付近に点在しています。同じ斜面やバラ園西の斜面では12月になると満天星が真っ赤に色づいて見事です。紅葉は始まったばかりです。

池の畔

Img_4968 Img_4966
吊り橋付近の斜面                    

Img_4972 Img_4979_20201117113301

Img_4991 Img_4992_20201117113401

Img_4970 Img_4975
      満天星はまだこれからです        一番目立つのはツワブキ

Img_4962 Img_5007
        モミジバフウ               菊花展開催中

2020年11月 2日 (月)

柿の収穫祭

 1年かけて育ててきた次郎柿の収穫の時期になりました。10/31土曜日、秋晴れに恵まれた柿園で収穫祭をしました。20人が参加して、楽しい時間を過ごしました。私は飲食が始まる前に黄色く色づいた次郎柿を20個ほど収穫しました。今年も出来が良くてまだ100個以上残っています。
 これまで2月の剪定に始まり、除草、摘果、施肥、4回の消毒などいろいろ手をかけて育ててきました。その努力が実ってうれしい収穫です。

Img_4681 Img_4682

Img_4683 Img_4684
         美しい柿の落ち葉           渋柿と次郎柿
美しく見える模様ですが、これは落葉病
の痕です            

Img_4678
       柿園の一角にテントを張って収穫祭

2020年10月28日 (水)

中秋の浜松フラワーパーク

 10/2日曜日の午前、久しぶりでフラワーパークへ。駐車場にはかなりの車。県外ナンバーが目立ちました。GO TO トラベルを利用しているのでしょう。花の少ない季節なのですが園内は最近では一番賑やかでした。

秋の花

Img_4516 Img_4517
           シュウメイギク             フジバカマ
                     この花を好むアサギマダラはいませんでした

大温室で
Img_4531 Img_4533
            ネコノヒゲ            メトロシデロス

Img_4537 Img_4545
         シマオオタニワタリ        ヘリコニア・ロストラータ
バラ園:12月まで改良工事中です

Img_4554 Img_4567
                               「宴」

Img_4563 Img_4565
            「紫の園」        「プリンセス サヤコ」

 

 

 

 

 

2020年9月30日 (水)

ヒガンバナ満開:浜松フラワーパーク

 開花が遅れていたヒガンバナがようやく満開になりました。浜松フラワーパークでは梅園など各所で咲いています。見ごろは今週末まででしょうか。

Img_8964 Img_8972

Img_3975_20200930140101 Img_8967

Img_8966 Img_3977

2020年9月13日 (日)

ヒガンバナはこれから 浜松フラワーパーク

 前回9/1にわずかに咲き始めていたフラワーパークのヒガンバナは、それから10日後、早咲きが順調に開花しています。入って左の坂を下って行くと左手に咲いているのが見えてきます。梅園の斜面全体が赤く染まるのは下旬から10月にかけてでしょうか。

Img_3885_20200913162301 Img_3889_20200913162401

Img_3894_20200913163001 Img_8924

 Img_8929Img_8931 
         アゲハ蝶が密を吸っています

その他の花

Img_8935 Img_3878 
       大柄なタイタンビカス           ハイビスカス

Img_3883 Img_3876 
          ムラサキツユクサ             ナンバンギセル

 

 

 

 

2020年9月11日 (金)

秋に咲くサクラ:浜松フラワーパーク

 浜松フラワーパークは9月10日に開園50周年を迎えました。1970年の開園時のコンセプトは「花の図書館」でした。新品種の育成に力を注ぎ数多くの新しい品種を作り出しています。これまでの入園者は2400万人を超えています。2004年には浜名湖ガーデンパークとともに浜名湖花博の会場になりました。
 昨日は雨の心配があったので、今日9/11午前に出かけました。9時20分到着。大駐車場の車は私を含めて4台。

 芝生広場入り口でアーコレードが咲いています。春と秋に咲く二季咲きのサクラです。イギリスでオオヤマザクラとコヒガンを交配させて作出されました。ピンクの花びらで半八重の美しいサクラです。かなり大きい木になっています。花はピークを過ぎていますがまだまだ見ごろです。

Img_3864_20200911145501 Img_3865

Img_3874 Img_3873_20200911145601 
                 青空によく映えます

Img_3868 Img_3871
            散った花びら          右の建物は休憩場

 

2020年8月31日 (月)

はままつフラワーパークのヒガンバナ①

 8月も今日で終わり。暑い8月でした。フラワーパークでは8月下旬になると早咲きのヒガンバナが咲いてきます。去年は猛暑でヒガンバナの開花が平年よりも1週間以上遅れたのですが、猛暑の今年も遅れるかもしれません。フラワーパークでヒガンバナが一番多く見られるのは梅林です。正門を入って左の坂道沿いです。次は菖蒲園の北側です。吊り橋のある斜面でも所々で咲いています。
 見ごろは例年9月下旬ですが、遅れれば9月末から10月初旬になります。

Img_3730 Img_3732

Img_3733 Img_3734

その他の花

Img_3737 Img_3743
          ナンバンギセル           ベニヒモノキ
          大温室入り口            大温室内

Img_3744 Img_3746
               ハス                スイレン

Img_3750_20200831161501 Img_3747
            オミナエシ               オオオニハス

 

2020年8月10日 (月)

炎暑のはままつフラワーパーク

 8/10午前10時50分から1時間ほど歩いてきました。真夏の太陽がジリジリ照り付ける過酷な状況でした。途中でショートカットして出口についたころ、浜松の気温は34℃でした。急いで木陰のベンチに座り水分の補給をしました。今日歩いたコースで一番楽だったのは大温室の中でした。
 3連休の最終日でしたが入園者はそれほど多くありませんでした。入場は無料ですが、花が少ない季節で猛暑が続いているので園内散策もなかなか厳しいコンディションです。

Img_8854 Img_8855 
                夏の花 サルスベリ

Img_8848 Img_8849
       ガーデンパークには遠く及ばないけどヒマワリも咲いています。矮性です。

Img_3531 Img_3526
            サギソウ                オミナエシ

Img_8857 Img_8841
           オジギソウ      バラ園は工事のため入れません

大温室の食虫植物展示

Img_8834 Img_8835
                             ウツボカズラ

Img_8837 Img_8838 
                        きれいでかわいい食虫植物

 

2020年7月20日 (月)

フラワーパークの今

 7/19(日) 梅雨の中休みで雨の心配のない日でした。朝8時から公園愛護会・街路樹愛護会の活動で上島駅前公園と上島駅ロータリーの草取り作業。20数名が参加しました。駅ロータリーで長く伸びた草をほとんど抜き取ってきれいになりました。愛護会の活動は月1回です。

 午後からは久しぶりにフラワーパークへ。天気のいい日で、大駐車場には約100台の車。愛知県からの車もちらほら。皆さんほとんど家族連れ。

 花の少ない季節で8月は入園料無料です。大温室に寄った後、スロープカーを初めて利用してバラ園の南側に移動しました。

大温室で

Img_3238 Img_3244
           ベニヒモノキ              ヒメカリス

Img_3240 Img_3234
          オウコチョウ               月下美人

スロープカー

Img_3252 Img_3257  
乗り場でボタンを押すと下から上がって   乗ったのは私一人。ボタンを押すと
きました                 発射して降りていきます

園内で見た花

Img_3275 Img_3277 
        女郎花(オミナエシ)            百日紅(サルスベリ)

Img_3280 Img_3282
             ギボウシ        手前:リドベキア
                         奥:アガスターシェ

 

 

 

2020年6月20日 (土)

はままつフラワーパーク アジサイ・ショウブ・ササユリ

 再開されてから2度目のフラワーパークです。アジサイとショウブが見ごろの終盤。前回は咲き始めだったササユリが吊り橋付近などの斜面の草むらのあちこちで咲いています。
 前回(6/2)に比べて入園者が多くなりました。入園の際、検温や手指の消毒などを行うのでグループで来た人たちは入園に少し時間がかかります。ガーデンパークに比べてマスク着用の人が多い感じです。7割程度の着用でしょうか。

アジサイロード

Img_2900 Img_2895

Img_2899 Img_2892

Img_2889 Img_2890_20200620205501

菖蒲園

Img_2911_20200620205601 Img_2916

ササユリ

Img_2905 Img_2907_20200620205701

ハンゲショウ

Img_2921 Img_2923_20200620205701

より以前の記事一覧