2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

ジュビロ磐田

2017年9月23日 (土)

ジュビロ2-1大宮 勝ち点3

 降格圏にあって苦しむ大宮との一戦でした。守備の要の大井が故障欠場で守りきれるかどうか心配でした。
 前半20分、中村俊輔のFKで先制しました。俊輔はミスキックだと言っていますが貴重な1点でした。
 その8分後にはムサエフが決めて2-0。これで楽勝かと思われましたが・・・。

2017_09230006 2017_09230011
        1点目            2点目の直後

2017_09230024 2017_09230025
          「勝利は続くよどこまでも」

2017_09230017

 後半になって2点ビハインドの大宮が攻勢に出ました。3分、マテウスに決められて1点差。その後も受け身に回った時間帯がありましたが逃げ切りました。
 ジュビロは後半にもチャンスが何度かありましたが決めきれませんでした。シュート数は14:5、CKは9:1で圧倒していたのですがもどかしいゲームでした。

 勝ち点3を加えて46の6位。今日の勝利で今シーズンJ2に降格の心配はなくなりました。あと7試合、上を目指すのみです。

2017年9月17日 (日)

ジュビロ1-1浦和

 前期の対戦で4-2と快勝した浦和を相手に連勝を狙ったジュビロですが、前半のリードを守れず1-1のドローに終わりました。

先制したシーン

2017_09170013
ボールはゴール中央付近に。その左のムサエフ⑧が決めました

2017_09170014 2017_09170015
  喜ぶジュビロイレブン   歓喜のジュビロサポーター

山田大記が3年ぶりに復帰

2017_09170011 2017_09170001
後半39分に中村俊輔に代わってピッチに立ちました。スタンドから大拍手。今後に期待です。

 今日は台風接近のため試合中止も考えられたのですが、予想外に穏やかで傘を使うこともなく快適でした。

2017_09170016_2
メインスタンドの屋根の上で太陽が輝いています。午後4時半頃

 今日のゲームは先制したもののその後は防戦一方の時間が長く、名波監督は「不細工な試合」と表現しています。なるほど・・・。シュートは6-13と圧倒されました。

 流れるようなパスからのゴールシーンが見たい。

2017年8月31日 (木)

サッカー2題

その1 日本代表ロシアW杯出場決定!

2017_08310008 2017_08310013

 難敵オーストラリアに2-0で快勝して来年のロシアW杯出場を決 

めました。1998年フランス大会から6大会連続です。前半41分の

浅野のゴール、後半37分井手口のゴールはいずれも見事でした。

浅野22歳、井手口21歳・・・日本代表も世代交代の感じです。来年

のロシアW杯に期待です。

その2 山田大記ジュビロに復帰

 2014年シーズン途中からドイツに移った山田が今日ジュビロに

復帰しました。背番号は19。この番号はかつて高原や成岡などが

つけていました。今日から練習に参加しています。残り10試合と

なった今シーズンの終わりに力を発揮してくれることを期待していま

す。

2017年8月27日 (日)

ジュビロ2-1神戸 誤審にめげず逆転勝ち

 中村俊輔が試合直前に体調不良で出場回避とのことで上田康太 

が先発出場というハプニングで始まったゲームは、ジュビロとしては 

珍しく荒れた内容になりました。  

 前からの厳しいチェックも効果的でボールを支配したジュビロです 

が、前半24分、ゴールエリア付近でボールをゲットしたアダイウトン 

のオーバーヘッドキックが決まったかと思われたその時、相手の渡 

部が左手でボールをネットの上にはじき出すハンド。PKと思われま 

したが主審の判定はCKでした。ジュビロイレブンは当然猛抗議しま 

したが判定は変わらず。神戸サポーターの目の前でのプレーだった 

ので、神戸サポもPKを覚悟したはずです。1万5千人近い入場者の  

皆さんが目で見た反則が近くで見ていたレフェリーに見えないと 

は・・・。

 その後も攻め続けますが前半は0-0で終了。後半3分、カウン 

ターからポドルスキーにきめられて失点。しかし、俊輔を欠くジュビ 

ロイレブンの闘志はますます高まり、3分後に川又のゴールで追い 

つきました。
  

 逆転に成功したのは後半34分。ゴール右前で得たFKを松浦がみ 

ごとにゴール右上隅に決めました。

 その後もボールを支配したジュビロがリードを守り勝ち点3を得ま 

した。

 シュートは19:6で圧倒。相手のファウルが多くFKは25。

 「誤審」の時からスタジアム全体に異様な空気が流れ、ジュビロサ 

ポーターのいつもより大きい声援はイレブンに力を与えました。

 神戸のポドルスキーには1点奪われましたがそれ以外はほぼ完 

璧に抑えました。90分間でポドルスキーがボールに触れたのは22 

回。4分に1回です。試合中にイライラしている様子がよく見えまし 

た。

 「俊輔がいない中で、FKで決勝点。これほど痛快なことはない」

という名波監督の談話が印象に残りました。残り10試合、頂点を目 

指して前進あるのみ!

2017_08260006 2017_08260009
メインスタンドの後ろは夕焼け   俊輔の名前がありません

2017_08260014 2017_08260018
   同点に湧くスタンド       松浦を囲んで喜ぶイレブン

2017_08260024_2
試合終了後ポドルスキーがジュビロメンバーと口論                 

 中央赤いユニがカミンスキー。その前に見える顔がポド。 

二人は共にポーランド出身です。ポドにはこれでイエロー 

カードが出されました。夏休み最後のホームゲームで    

多くの子どもたちが見ている前で残念なことです。

2017_08260025_2 2017_08260033

2017_08260032_2

2017年7月 8日 (土)

ジュビロ 3試合連続完封で5連勝

 前半戦を4連勝で終えたジュビロはホームで甲府と対戦、前半14分川又の鮮やかなシュートであげた1点を守りきって5連勝しました。
俊輔のパスを受けた川辺のスルーパスに反応した川又がGKの股を抜くゴールを決めました。

 後半は甲府ペースの試合展開になり、危ない場面もありましたが大井を中心とする守備陣が頑張って完封しました。

 これで11年ぶりの5連勝です。チケットは完売でスタンドはほぼ満席でした。

002 005

012
      「勝利は続くよ どこまでも!!」

2017年7月 1日 (土)

ジュビロ 4連勝! 2-0新潟

 今夜はアウエイ新潟でのゲームをBS1の中継で見ました。

 11年ぶりの4連勝で勝ち点は28、上位チームがいずれも勝っているので順位は7位のままです。

 4連敗中の新潟はホームでのゲームに相当気合いを入れて臨んでいる様子で、ジュビロは攻めながらもなかなかゴールを割ることができませんでした。前半40分、中村俊輔が粘ってキープしたボールを川辺にパス、そのボールを川辺がシュート、相手に当たってオウンゴールでようやく先制しました。

 後半9分、ゴールエリア内で相手がクリアしたボールを桜内がみごとなドライブシュートで2点目。そのまま2-0で終了。
 シュート数は6-1で今日も守備陣が健闘したことがわかります。

 これで前半戦の17試合が終わりました。ジュビロはここまで8勝4分5敗で勝ち点28。後半もこの好調をキープして上位に進出することを期待しています。

2017年6月25日 (日)

ジュビロ3連勝 2-0 FC東京

 FC東京を完封してリーグ戦3連勝。ホームでみごとな勝利でした。

 前半11分、川辺のみごとなクロスに川又が頭で合わせて先制点をあげました。
 その後は決定的なチャンスがないまま耐える時間が続きました。後半に入ってFC東京の攻勢はさらに続き、DF陣が体を張って懸命に守り続けました。後半33分、カウンターから川辺のパスを受けたアダイウトンがみごとに決めて待望の追加点。
 2-0で迎えた終盤も確実にしのいで完封勝利。

 5月には1勝もできなかったジュビロですが、名波監督はシーズン前半戦終盤の4戦を連勝するという目標を掲げて6月のリーグ戦を戦っています。
 ガンバに3-0、浦和に4-2、FC東京に2-0。上位チームとの3連戦で合計9-2で3連勝。次戦は最下位の新潟との戦いで、4連勝が現実のものになりそうです。

 勝ち点3を加えて25,FC東京を抜いて7位に上がりました。これから連勝を続けて上位を脅かしてほしいものです。

031 037
           先取点をあげた直後

037_2 046
             2点目の直後

058 036
「勝利は続くよ どこまでも」     夕焼け

 家を出るときは小雨模様でした。その後天気が回復して試合中に夕焼けが見られました。携帯での撮影です。

2017年6月 4日 (日)

ジュビロ快勝 3-0 G大阪

 12位のジュビロが暫定2位のガンバに快勝しました。気持ちのこもったアグレッシブなプレイでゲームを支配し、前線の川又とアダイウトンが機能して3得点。これまでチャンスを逃すことが多かった川又が2得点1アシストと大活躍、アダイウトンもよく走り先制点をあげました。

 ジュビロはリーグ戦で最近5試合勝ちがなく、しかも故障者続出という危機的な状況にありました。特に中村俊輔の故障が心配されましたが、練習開始まで3週間と伝えられましたが10日余で復帰しました。俊輔はこの試合で350試合出場を記録しました。
 やはり俊輔が出てくるとゲーム展開が違います。

2017_06040029_2


2017_06040012 
2017_06040015
    10中村俊輔         ジュビロ1点目

2017_06040018 2017_06040023
       2点目             3点目

 チケット完売で満席に近いスタンドが揺れました。

 ここ4試合無得点だったジュビロにとって待望のゴール・・・それが
3つも。これまで12試合で失点9はリーグ最少という固い守りのガンバから3得点は今後の自信につながるでしょう。

 スタンドではジュビロもこのようないいゲームをする力を持っているのでぜひこれからも力を発揮してほしいという声があちこちで聞かれました。

 今夜のビールと獺祭は格別美味でした。

2017_06040008 2017_06040035
ジュビロ応援席の応援ボード  ブーイングの嵐:ガンバのゴール裏

2017_06040042_2
        「勝利は続くよ どこまでも」

2017年5月27日 (土)

ジュビロ 5戦勝ちなし 0-0広島

 今日はBS1の中継を観ながら応援しました。

 今季下位に沈む広島を相手にスコアレスドローに終わり、4/22に鹿島に快勝した後、リーグ戦では3分2敗になりました。最近4試合はいずれも無得点で深刻な状況です。今日のゲーム、シュート数は14-7で広島の2倍。しかし得点に至りません。特に試合の前半にはいくつかのチャンスがありましたが、決めきるだけの力がありませんでした。FW川又が天を仰ぐ場面が今日も何度かありました。
 ゲーム内容は見どころに乏しく盛り上がりに欠けました。

 Jリーグカップを含めると、4/22の鹿島戦から5/10の清水戦まで5勝2分と好調だったのですが・・・。

 リーグ戦ではここ5試合で勝ち点3では上位進出ができないだけでなく、降格圏内に近づくことになります。

 得点力が落ちているところにけが人続出で心配な状況になっています。

中村俊輔 3週間  太田6週間 藤田6週間 
U20の小川航基はおそらく今シーズン絶望

厳しい状況をみんなで乗り切ってほしいものです。

 

2017年5月20日 (土)

ジュビロ 痛恨の連敗 0-2柏

 リーグ戦5連勝中の柏を迎えての一戦。リーグ戦三分の一を過ぎた時点での勝敗は上位を狙うジュビロにとって大きな意味を持つゲームでした。
 柏は若手中心の元気があるチームでよく走ります。前線からの厳しいチェックがなかなか厄介でチャンスを与えてくれません。

 ジュビロの前半の入りは悪くありませんでした。俊輔のFKなどチャンスがありましたがGKのファインセーブに阻まれて得点できません。
 前半終了前の44分に失点。鮮やかにゴールを奪われました。
 後半29分にも手薄なディフェンスが対応できないまま失点。
 チャンスに決められないジュビロは前節の川崎戦に続いて0-2の零敗。混戦が続く今シーズン序盤の山場に連敗で上位進出のチャンスをなくしました。

 今日は磐田デー。市内22校の小学校の5,6年生3000人以上が応援に駆けつけた大事な一戦でしたが得点シーンがなくてこどもたちにはかわいそうなゲームでした。磐田デーはこれまで5勝1敗でしたがこれで2敗。負けはいずれも柏戦です。

 いよいよこれからが大事な時。連敗から連勝へ。期待しています。

2017_05200002 2017_05200012
小学生が続々とスタンドに  各校代表の子どもたち

2017_052000152017_05200017
俊輔のFKはGKの          0-2
ファインセーブに
ブロックされました

より以前の記事一覧