2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

イベント

2018年5月30日 (水)

富士山世界遺産センター

 わが町のシニアクラブのバス旅行で県東部へ出かけました。梅雨入り間近で朝から雨の予報が出ていました。富士山が見えることは諦めていたのですが・・・。

Img_7137 Img_7145
  東名由比付近から      遺産センター(左)前から

Img_7170
    遺産センター最上階展望ホールから

 時折小雨がぱらつく中で、いずれも富士山のシルエットが辛うじて見えるという感じでした。

遺産センターで

 逆円錐形の形をしたユニークなセンターの中に入るとゆるやかならせんスロープになっていて、壁面には山麓から頂上に至るまでの
富士山の風景が投影されています。富士山に登ったことのない人でも登山の雰囲気を味わうことができます。

 また、展示室では信仰、芸術、生態系などいくつかの分野でタッチパネルなどによる展示が行われており、興味深い内容で楽しめるのですが、たんねんに観ているとかなりの時間がかかります。

 Img_7178 Img_7157
            壁面の投影画面

Img_7177_2
     タッチパネル

Img_7151 Img_7152
           美しいフォルムです

  見応えのあるすばらしい施設です。よく晴れて眼前に富士山が見える時は感動することでしょう。

2018年5月 4日 (金)

浜松まつり

 浜松まつりの初日(5/3)は朝方までの雨のため、わが町の凧揚げは中止になりました。ということで何年ぶりかで凧揚げ会場に行かないまつり初日でした。

 夜は町内の練りに参加しました。やや肌寒い夜でした。

Img_0598 Img_0600
北自治会長宅前での練り   高貴神社前で大人と子ども連
                   の合同練り

隣接する萩丘町との合同練り

Img_0603 Img_0605
           萩丘町の御殿屋台

 境界にあるスーパーの駐車場で恒例の合同練りを行いました。

Img_0608 Img_0614

 二日目の今日は午前中、「みんなで歌う会」の例会の日だったので凧揚げ会場へは行けませんでした。

2018年5月 2日 (水)

浜松まつり前夜祭

 明日5月3日から「浜松まつり」が行われます。私の住む町が参加して33年目になります。

 今夜は「最終打合せ」=前夜祭でした。あいにくの雨の中、役員や元気な青年たち、ラッパ隊のメンバーなど100人余が集まって気勢をあげました。

 終盤は恒例の大杯(鯛杯)・・・朱塗りの大きな杯に注がれたお酒を次々と飲み干してリレーしていきます。私も参加しました。

 降り続く雨でわが町の明日の凧揚げは残念ながら中止になりました。
 今年の初家は8軒、初子は10人です。

Img_0574

2018年2月12日 (月)

映画「ロダン」を観て

 8日に「ゴッホ」を観たばかりですが、一日おいて10日には同じシネマイーラで「ロダン」を観ました。邦題は「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」です。ロダンは42歳の時に弟子入りを希望してきたカミーユに出会います。ロダンにとってカミーユはモデルであり弟子であり、愛人でもあります。ロダンは内縁の妻ローズとカミーユの間で揺れ動きますが、この二人の他の何人かの女性とも関係があり、映画ではロダンの複雑な女性関係が一つの主題になっています。カミーユとの関係は10年ほど続きますが、やがてロダンの元を去っていきます。その後ロダンは制作に没頭します。

 映画の主な舞台はロダンのアトリエです。広いアトリエにはいくつもの白い石膏像が置かれています。巨大な「地獄の門」もあります。
 文芸家協会からバルザック記念像の制作を受注して制作にとりかかりますが、偉大な作家を侮辱したとして作品の受け取りを拒否されます。その経緯も描かれています。

 1917年がロダン没後100年ということで制作された記念映画です。ロダンの人間性の一面と再現された制作の現場を知ることができます。

 映画を観終わった後、場所を変えて映画「ロダン」について語る会が開かれました。文化芸大小針先生から、ロダンの制作についていろいろ教えていただきました。粘土による原型の制作から鋳造までの制作プロセスや台座の持つ意味など、彫刻の鑑賞に必要な知識や、ロダンの人となりについても貴重なお話を伺うことができました。

_20180212_0001 Photo
                 〈嘆願する女〉 カミーユ
映画の中で晩年のロダンがこの彫刻を見詰めるシーンがあります

シネマイーラでは3月に画家を主題とした映画が2本上映されます

_20180212_0001_2 T_20180212_0001_2
    3月10~16日       3月17~30日

15~16世紀の謎の天才画家と、20世紀の天才彫刻家

2018年1月28日 (日)

新春餅つき大会

 わが町の新春餅つき大会を行いました。役員は8時に集合。かまどを据え付け、火をおこし、湧かした湯で二つの石臼を温めるなどいろいろ準備しました。
 9時半頃から搗き始め、11時過ぎまでに30㎏、10臼搗きました。
 搗いた餅はあんころ餅、きな粉餅、いそべ餅の3種類に分けて丸め、パックに詰めました。

Img_4205 Img_4209
  自治会館の玄関前で   せいろで蒸しています

Img_4213 Img_4234
  ひと臼目 搗き始め     子どもたちも参加

Img_4242 Img_4243
  左端は私。きな粉餅を   町民の皆さんに豚汁と
  作りました           いっしょに提供

去年までは子ども会が主催でしたが、今年から自治会が中心となり子ども会・体育振興会・シニアクラブなど町内の各種団体のメンバーが大勢参加して賑やかに行いました。
 今夜は約60人が参加して新年会です。町民の輪が広がり深まる新春恒例の行事です。

2018年1月18日 (木)

シニアクラブの新年会

 今日はわが町のシニアクラブの新年会の日でした。100名近くの会員や4人の自治会長も参加して楽しく賑やかな3時間を過ごしました。
 皆さんそれぞれすてきな服装で参加です。和服姿もチラホラ。シニアクラブのメンバーは元気で前向きです。

 食事の後は恒例のカラオケ。次から次へとリクエストがあり、途中でリクエストをストップするほどでした。バックダンスあり、デュエットあり・・・。皆さん日頃の練習の成果を遺憾なく発揮して拍手喝采。
 私の出る幕はありませんでした。

 私は開会のあいさつで、「少子高齢化がますます進む中で、高齢者のパワーが今後一層必要とされるようになること。地域で高齢者が果たす役割が大きくなっていること。若い世代に大きな負担をかけることのないよう、健康を保ち自立して毎日を過ごすこと。新しい地域貢献の取り組みなど」について話しました。

 これからの一年、シニアクラブでは毎月の例会での講話などで研修を重ねながら、楽しく元気に活動を展開します。

2018年1月11日 (木)

舘山寺で

 今日はシニアクラブの地区連合会新年会で舘山寺へ行きました。まず舘山寺へ初詣。その後、遊覧船で30分ほど浜名湖遊覧をしました。今日は風が強く、湖上では時折10㍍を超える風が吹いていたので心配しましたが、それほど揺れることもなく湖上遊覧を楽しみました。

Img_4124
             曹洞宗舘山寺

Img_4127 Img_4131
     遊園地方面       オルゴール博物館

Img_4147 Img_4167
          船上から舘山寺を望む

Img_4143 Img_4171
船のまわりをユリカモメが飛んでいます ㊨東名浜名湖大橋と
                           ユリカモメ

 湖上遊覧の後、ホテルで昼食会を楽しみました。

2017年12月19日 (火)

白須賀宿を歩く

 ASN(アクティブ シニア ネット)の「聖地探査会」の第7回は東海道五十三次の32番目の宿場白須賀宿を歩く企画でした。

 Img_4002 Img_4007
新装のJR新所原駅と工事  自主運行バス「コーちゃんバス」
中のロータリー

 静岡・愛知県境を分ける境川に近い境宿から歩き始めました。
Img_4013 Img_4016
     11人が参加         境宿は「加宿」です

 「加宿」とは街道の交通機能を高めるために人馬の提供などを課せられた村です

Img_4017 Img_4026
    往時の面影を残す家並みが続いています

白須賀宿

Img_4031 Img_4033
     脇本陣跡           本陣跡

Img_4039_2
         旧東海道の「曲尺手」(かねんて)
道路がほぼ90度曲がっています

Img_4051 Img_4056
  遠江八景「潮見晴嵐」 ⇒その風景 光る海

Img_4063 Img_4065
   遠州灘を見ながら潮見坂を一気に下りました

Img_4066 Img_4068
      遠州灘        潮見坂を下ってきたところです

 好天に恵まれて気持ちよく歩きました。東海道線が鷲津から新所原を通過する路線になったため開発から取り残されて歴史を感じさせる町並みが今に残っています。

 帰路、舞阪駅で途中下車して居酒屋に寄りました。生牡蠣・カツオやイサキの刺身、コショウダイの煮付けなどをおいしくいただいて疲れを忘れました。

 

 







    








 




























 

2017年12月 9日 (土)

「あいの森」でのクリスマスパーティ

 ASN(アクティブ シニア ネット)の仲間が旧龍山村で所有している森林の一部を拓いて造成した「あいの森」でクリスマスパ-ティーを開きました。この森ではメンバーが植えたサクラや花桃、スモモなどのいろいろな木が育っています。メンバーは毎年3月から12月まで定期的に出かけて木の管理や広場の造成、テーブルや腰掛けの製作などをしています。

 毎年12月はクリスマスパーティーです。今日は11人が参加。現地は快晴・微風で絶好のパーティー日和でした。会場を整え、全員扮装をして乾杯!おいしいごちそうをいただきました。

Img_3891_2

Img_3884 Img_3895
   日陰には霜柱         ツリーの飾り

Img_3901 Img_3902
用意したテーブルと腰掛け   腰掛けは杉の丸太

Img_3908 Img_3917
       乾杯          絶品の手作りケーキ

今年も楽しいパーティーでした。

2017年11月13日 (月)

上島駅前公園完成記念イベント

 遠州鉄道西鹿島線(通称 赤電)が上島まで高架になって5年が過ぎました。高架工事と連動して区画整理事業が行われ、ほぼ完成しています。浜松市が上島駅北側の高架下に公園を整備しました。面積は2,100㎡です。ベンチやトイレが設置されていますが、子どもの遊具などはありません。
 この公園の完成を記念して、自治会と、町民有志で組織する「上島をよくする会」が合同でイベントを開催しました。
 11月12日(日)午前10から午後2時まで。町民が出展するフリーマーケットと野菜や果物の販売、ミニコンサート、餅投げなどです。

Img_3273
南北に長い駅前公園です。中央奥が上島駅。高架下の舗装部分で
フリーマーケット。正面ではミニコンサート。

Img_3238 Img_3225

Img_3241 Img_3202
   人気の野菜売り場

Img_3203 Img_3205

Img_3251 Img_3259
市議会議員さんや自治会長さんたちのミニコンサート

Img_3228_2 Img_3246
500人分用意した景品      投げ持ちの用意20箱

 500枚の抽選券は1時間でなくなりました。投げ持ち拾いにも多くの町民の皆さんが参加。晩秋の一日、有意義なイベントになりました。

 現在工事が進められている上島駅を中心とした東西南北の道路整備が1.2年後に完成すれば、旧浜松市内中心部の北の玄関口として大きく発展することが期待されているわが町上島です。

より以前の記事一覧