2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

学校

2017年10月11日 (水)

懐かしい人を訪ねて秩父へ

 50年前に勤めた学校の教え子たちと秩父の山里に懐かしい人を訪ねました。当時の生徒にとっては恩師、私にとっては公私ともに大変お世話になった年上の先生のお宅を訪ねました。先生は惜しまれながら53歳の若さで退職され、年老いた両親の待つ秩父へ帰られました。帰郷された先生はその後20年ほど地域で活躍されていましたが、不慮の事故で急逝されました。

 今回は先生の墓参と、健在でいらっしゃる奥様にお目にかかることが目的でした。先生のお宅は定峰峠の近くです。っわたしたちの乗ったマイクロバスは秩父の中心部から定峰へ向かい七曲がりの狭い道を峠の方へ登って行きました。途中、人家も何もない道を進みようやく集落に出ました。

 Img_2515 Img_2538
 3代将軍家光の時代から14代続く旧家です。現在のお宅も築後100年です。

Img_2510 Img_2496_2
        お墓はお宅の裏手にありました
お世話になった先生のお墓にお花を供え、線香をあげました

 私は先生の奥様に48年ぶりにお目にかかりました。86歳になられる奥様はお元気で、当時のことをよく覚えていらっしゃって感激しました。 奥様は私たちが訪ねるのを心待ちにされていました。二人の優秀なお嬢様やお孫さんのこともいろいろお聞きしました。

 一緒に行った教え子たちは70歳前後です。半世紀前にお世話になった先生を偲び、奥様にお礼を申し上げて自分の若い頃を振り返る特別の旅でした。

2017年9月30日 (土)

小学校の参観会

 今日の土曜日、地元の小学校の一日参観会が行われました。私は学校評議員として午後から参加しました。どの学級も大勢の保護者が授業を参観していました。各教室の入り口に保護者の出席簿が置いてありました。それを見ると全員出席の学級もあり、全体の参加率は95%以上だったでしょう。

 授業では、①自分で考える ②考えをまとめる ③まとめたことをみんなにわかりやすく正確に伝える ことを主眼とした授業が多く見られました。教材もいろいろ工夫されていて感心しました。

 在校児童899名の大規模校ですが、今日の病欠は8名だけでこのことにも感心しました。

 会議では、子どもたちが地域の人ともっとあいさつができるようにするにはどうすればいいか、地域の行事や活動に積極的に参加してもらう方策などについて意見交換しました。

 学校の目指す「夢を持ち、ともに伸びる子」として大きく育ってほしいものです。

2017年8月23日 (水)

広陵惜しくも準優勝

 夏の甲子園の決勝戦で広島代表広陵は埼玉に敗れて惜しくも準

優勝に終わりました。広陵は春に3回優勝していますが、夏は準優

勝2回で今年こそ優勝をと健闘しましたが、今日は大敗でまたも準

優勝でした。

 決勝戦の両校はこれまで強烈な打線が力を発揮して勝ち上がっ

てきました。大会のホームラン数が大会記録を大きく更新するなど、

打高投低が顕著なこの夏でした。ラグビ-のゲームのような2桁得

点が異常に多かったような気がします。静岡県大会でも同じような

傾向は見られました。

 今日の決勝戦は両チームの投手力と、上位打線の迫力の差が勝

敗を分けたような気がします。

 それにしても一躍スターになった広陵の中村捕手の活躍は見事

でした。中学校時代から注目され、高校1年時から背番号2の正捕

手だった実力を遺憾なく発揮し、記録にも記憶にも残る活躍を見せ

てくれました。

 10年前の準優勝の時のバッテリーは野村(広島)と小林(巨人)で

した。広陵の中井監督の話では、高校時代の実力は小林よりも中

村の方がずっと上だということです。 

 中村はプロ志向とのこと、ぜひ地元の広島カープに入団して活躍

ほしいものです。

2017年7月 9日 (日)

浜松でも高校球児の夏始まる

 高校野球静岡県大会は昨日午後開会式と1回戦1試合。今日は県下各地の球場で1回戦が行われました。
 浜松球場でも開始式に続いて聖隷クリストファー vs浜名の1戦が行われました。

 1点差で追いつ追われつの緊迫した試合を制したのは浜名でした。
3対3の同点の9回裏満塁から1球目のスクイズがみごとに決まってサヨナラ勝ちでした。

 浜松での初戦で両校とも市内の学校ということで、朝から多くの観客がスタンドを埋めていました。

002 001
一塁側聖隷スタンド     三塁側浜名スタンド

2017年7月 7日 (金)

小学校の学校評議員会

 地域の小学校の教育について地域住民の代表として意見を申し述べる学校評議員会が開かれました。
 まず授業参観です。31学級900人の授業を45分で観て回るのはなかなか大変です。

 5.6年の高学年になると授業に集中していて、われわれが教室に入っても気にする気配はありません。
 読む・書く・話すという言語活動を中心として主体的協働的な学習が進められていました。「アクティブ ラーニング」が実践されていて感心しました。 

 児童の欠席が少ないことも評価できます。900人で欠席は10人未満 1%未満です。

 会の終わりは給食の試食です。今日のメニューはソフト麺でした。子どもたちに人気のあるメニューですが、業者の都合で月1回なのだそうです。おいしいソフト麺でした。001_2

2017年5月17日 (水)

日本一の学校バラ園:磐田農業高校②

 このバラ園には150種150株のバラがあります。一つ一つの品種がひと株やふた株ではなくまとまって植栽されているのが特徴です。そのいくつか・・・

2017_05160034 2017_05160032
             ブルーバード

2017_05160051 2017_05160050
            プリンセス ミチコ

2017_05160055 2017_05160054
              ときめき

2017_05160058 2017_05160057
             チャールストン

2017_05160089 2017_05160090
               芳純

美しいバラ

2017_05160046_2
             サンプラ’93

2017_05160069 2017_05160076
     フロージン’82      イブ・ピアッチェ

2017_05160081 2017_05160097_2
      ピース              ローラ

2017年5月16日 (火)

日本一の学校バラ園:磐田農業高校①

 磐田農高のバラ園は1996年に創立100周年を記念して開園しました。その後規模を拡大して今年で22年目、毎年五月と秋の見頃には
大勢の市民が見学に訪れて美しいバラを楽しんでいます。バラ園は生産科学科の生徒たちが授業で育てています。

2017_05160029
   後方に校舎。左に見える樹林は「澄水山古墳」
 校内にはもう一つ「丸山古墳」があります。校内に二つの古墳がある学校は珍しい。

2017_05160023 2017_05160008
         バラ園と「澄水山古墳」

高低差のある構成で全体が俯瞰できます

2017_05160012 2017_05160070

2017_05160121 2017_05160098

2017_05160091

2017_05160007
授業中の見学になるので注意事項は守りたいものです

2017年3月21日 (火)

春の日本文学の旅:詳報②大野原神社&勝持寺

 十輪寺から一度桂へ戻り、京料理のお店「三上」でお昼をいただきました。

2017_03180045

大原野神社

 ふたたび大野原へ。大野原神社は紫式部が氏神と崇めこの大原野の地をこよなく愛したとされています。小塩(おしお)山の麓にあるこの地について紫式部が詠んだとされる歌があります(紫式部集)。

 ここにかく 日野の杉むら埋む雪 小塩の松に 今日やまがえる

2017_03180047 2017_03180051

2017_03180049 2017_03180048
猿沢の池を模した鯉沢の池     藪椿

勝持寺

 「花の寺」として知られる寺です。境内には約100本の桜がありみごとな眺めだと思われますが、4月上旬の花の季節には車はもちろん歩いてもなかなか近づけないとのことです。
 西行法師がこの寺で出家したと伝えられています。「花の寺」の”花”は西行が愛でた桜のことです。

2017_03180061
           中央が「西行桜」

       地にとどく 西行桜したしけれ 虛子

2017_03180063 2017_03180068
    まだ固いつぼみ       「桜の園」

2017_03180071 2017_03180069
     梅の小枝          ふきのとう

 桜が満開の姿を想像しながらお庭を歩きました。

 花見んとむれつつ人の くるのみぞ あたらさくらの
 とがにはありける                 西行法師

2017年3月19日 (日)

春の日本文学の旅:詳報①十輪寺

 今回の「日本文学の旅」は京都洛西の大原野へ。10時にマイクロバスで京都駅八条口発。まず十輪寺へ。在原業平ゆかりの寺院で、業平終焉の地と伝えられています。通称「なりひら寺」。
 本堂は1750年の再建で、屋根は珍しい鳳輦形です。2017_03180031
   本堂の右が「なりひら桜」。樹齢推定200年

 この桜は2014年春、JR東海の「そうだ 京都、行こう」のCMで放送されました。このCMの撮影のためにその前年、3日間貸切にしたとのことです。
 この日はまだつぼみが固く、開花は4月に入ってからだと思われます。

2017_03180022 2017_03180028
「三方普感の庭」。場所を変えて三か所から見ると様々な想いを感じさせる。「なりひらの桜」はここに立っています。

2017_03180026 2017_03180032
   「なりひらの桜」       在原業平の墓

2017_03180033
塩窯(復元)。業平が晩年に塩焼きを楽しんだという窯

2017_03180042
ネコの「序音(ジョネ)」。岩合光昭の「ネコ歩き」で放送されました。

 「なりひら桜」が満開の時に行ってみたいのですが、交通不便でなかなか大変そうです。

2017年3月18日 (土)

春の日本文学の旅:京都

 静岡文化芸大二本松教授の聴講生の「日本文学の旅」・・この春は京都でした。すべて二本松先生の企画と現地でのガイドによるものです。

 14人の仲間が参加し、京都駅から貸切バスで洛西(らくさい)へ。今日訪ねたのは①十輪寺 ②大原野神社 ③勝持寺 ④首塚大明神 
⑤トロッコ列車。

 十輪寺は2014年にJR東海の「そうだ 京都、行こう」のCM春バージョンで登場した寺院です。

Photo
2014年のポスター。みごとな「なりひら桜」です。

今日の十輪寺

2017_03180031
本堂の右に見える木が上のポスターの「なりひら桜」。つぼみが硬く開花まで2週間ぐらいかかりそうです。

 今日旅については後日詳報します。

より以前の記事一覧