2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

サッカー

2017年6月 4日 (日)

ジュビロ快勝 3-0 G大阪

 12位のジュビロが暫定2位のガンバに快勝しました。気持ちのこもったアグレッシブなプレイでゲームを支配し、前線の川又とアダイウトンが機能して3得点。これまでチャンスを逃すことが多かった川又が2得点1アシストと大活躍、アダイウトンもよく走り先制点をあげました。

 ジュビロはリーグ戦で最近5試合勝ちがなく、しかも故障者続出という危機的な状況にありました。特に中村俊輔の故障が心配されましたが、練習開始まで3週間と伝えられましたが10日余で復帰しました。俊輔はこの試合で350試合出場を記録しました。
 やはり俊輔が出てくるとゲーム展開が違います。

2017_06040029_2


2017_06040012 
2017_06040015
    10中村俊輔         ジュビロ1点目

2017_06040018 2017_06040023
       2点目             3点目

 チケット完売で満席に近いスタンドが揺れました。

 ここ4試合無得点だったジュビロにとって待望のゴール・・・それが
3つも。これまで12試合で失点9はリーグ最少という固い守りのガンバから3得点は今後の自信につながるでしょう。

 スタンドではジュビロもこのようないいゲームをする力を持っているのでぜひこれからも力を発揮してほしいという声があちこちで聞かれました。

 今夜のビールと獺祭は格別美味でした。

2017_06040008 2017_06040035
ジュビロ応援席の応援ボード  ブーイングの嵐:ガンバのゴール裏

2017_06040042_2
        「勝利は続くよ どこまでも」

2016年8月 5日 (金)

リオ五輪サッカー 日本4-5で完敗

 リオ五輪の男子サッカーは開会式を待たずに開始。日本は初戦でナイジェリアと対戦し、4-5で負けました。午前10時キックオフのゲームをNHK総合で見ました。

 ナイジェリアチームは試合開始7時間前にマナウスに到着したばかりとか。しかし、キックオフ直後からそのようなハンディを感じさせない身体能力の高さとみごとなテクニックを見せました。

 前半・・・6分に0-1、9分1-1点、10分1-2、12分2-2という点の取り合いになりました。さらに前半42分に失点して2-3。ここまでのボール支配率は36-64、シュート数は4-11で日本は圧倒されました。

 日本チームはパスミスやロストボールが多く、それが失点につながってしまいました。
 後半6分に2-4、さらに21分に2-5と3点差に。サッカーで3点差は大差です。この時点からナイジェリアの運動量はかなり落ちてきました。安全にボールを回す場面も増えてきました。

 後半25分、途中出場の浅野がきれいに決めて3-5,さらに50分に同じく途中出場の鈴木が決めましたが時既に遅し。そのまま4-5で敗戦。

 ナイジェリアのエテボに4点を奪われるなど、日本が得意とする守備が破綻しました。GKの櫛引も要となる働きができませんでした。
 OA枠の3人の働きも期待したほどではありませんでした。

 次戦は8日午前10時からコロンビアと対戦。ぜひ勝ってほしいものです。

2015年12月20日 (日)

バルサに乾杯!!

 FIFAクラブワールドカップはヨーロッパ代表バルサの完勝で終わりました。今夜の決勝戦は南米代表でアルゼンチンの名門クラブであるリバープレートとの対戦でしたが、バルサの世界最高の3トップ=メッシ・ネイマール・スアレスが期待どおりの活躍をして3-0で完勝しました。メッシが技ありの先制点、スアレスが2得点。メッシは後半になってネイマールに得点をさせようとしているプレーをしていましたが、残念ながらネイマールはノーゴール。それでもみごとなアシストがありました。

 バルサのイレブンの敵に囲まれてもボールを失わず、正確なパスを出し、狭い空間をみごとに抜け出していく妙技に思わず拍手!

 スペインのカタルーニヤ地方の中心地バルセロナを本拠地とするバルサは選手の年俸もクラブ運営費も世界最高のチームで、名実共に世界№1のサッカーチームです。

 今夜の決勝戦でその魅力を十分に見せてくれました。

2015年5月 9日 (土)

ジュビロ2-1水戸:逆転で連勝 首位へ

  前節のセレッソ戦に続く連勝でトップに戻りました。実力に勝るジュビロがはじめからゲームを支配しますが、前半33分に水戸がワンチャンスのCKを決めて先制しました。

 後半12分、太田に替わって松井が入りました。その1分後、小林のパスを受けた松井が左足でみごとに決めて1-1に。

松井の同点ゴール

2015_05090029_2
        ボールはゴール奥に

2015_05090034 2015_05090060
同点ゴールを祝福される松井(左端)    松井

逆転のゴール:康太のFK

2015_05090041_2
上田康太のFKは水戸の8人の壁を越えてゴール中央に

2015_05090045 2015_05090062
手を挙げて喜ぶ康太(7)         康太

2015_05090107_2 2015_05090110
この試合の「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた康太。ゲームキャプテンを務めました

上田康太のこと
 康太は2005年、ジュビロユースからトップに昇格し、2010年まで6年トップで活躍しました。その後大宮へ移籍して4年。さらに岡山に1年在籍。今年6年ぶりでジュビロに復帰しました。MFとしてボランチなど大切な役割を果たしています。ジュビロユース時代は磐田東高に在籍・・・成績優秀な模範生でした。人柄も穏やかでみんなから好かれる好青年です。今日は康太の29歳の誕生日で、記念すべき逆転ゴールでした。

2015_05090072 2015_05090074
                  逆転勝ちに湧くゴール裏

2015_05090087 2015_05090052
「線路は続くよどこまでも」    スーツ姿の名波監督

 シュート数は15:5,ゴールキックは6:19と、数字を見ても力の差が明確な両チームの対戦でした。ジュビロにシュートの精度があれば大差がついたはずです。

水戸の船谷(10)
 ゲームキャプテンを務め、先制点のCKを蹴った船谷もジュビロユースからジュビロのトップチームで活躍した選手です。磐田東で康太の1年先輩です。今日のゲームではその二人がゲームキャプテンとして対決しました。見どころの一つでした。

2015年4月 1日 (水)

ジュビロ快勝で首位に ジュビロ3:0栃木

 ジュビロは今夜のナイトゲームでホーム3連勝!!首位に立ちました。栃木との一戦はキックオフ直後から圧倒的に画ゲームを支配しました。前半30分にアダイウトンが駒野のCKを頭で合わせて先制しました。

2015_04010029_2
アダイウトン(15)が決めました。ボールは画面中央です

2015_04010095_2
      終わってみれば3-0で快勝。

 詳報は後日。

2015年1月20日 (火)

アジアカップ 日本決勝トーナメントに進出

 3日続けてサッカーの記事です。オーストラリアで開かれているアジアカップのリーグ戦で、日本代表はこれまでに4-0パレスティナ、1-0イラクに続いて今夜のゲームでヨルダンに2-0で完勝して1位でベスト8に進出しました。

 手強い相手と思われたヨルダン戦でしたが、大半の時間はゲームを支配し、危なげなく勝利しました。2点目がなかなかとれなくてやきもきしましたが、武藤からの絶妙なパスに香川が正確に反応して鮮やかに決めてくれました。

 この日のゲーム前にNHKのスタジオで岡田さんが「日本代表チームは短期間に急速に力をつけている」という解説をしていました。今夜のゲームを見て納得できました。

 おとといの奥大介追悼試合で華麗なパスワークをほめたのですが、今夜のゲームを見ると日本代表のOBを上回る華麗なパスワークが展開されていました。

 次は準々決勝で23日にUAEと対戦します。頂点を目指して頑張ってほしいものです。期待しています。

  NHK BSの現地中継の解説は福西でした。おとといの追悼試合でいなかったのはこの福西と、オランダ在住の藤田俊哉でした。ゴン中山はテレビ朝日で現地からの中継に出ていますが、追悼試合に出た後とんぼ返りでオーストラリアへ。今朝の錦織の試合前に現地から中継していました。

2015年1月19日 (月)

奥大介を惜しむレジェンドたち②華麗なパスワーク

 この日集まったメンバーをご覧ください。この20数年日本のサッカーを支えてきた豪華メンバーです。(画面をクリックすると大きくなります)

4_20150118_0001_4

名波・中田英寿・小野の華麗なパスワーク

 ゲームが始まってまず目に付いたのが美しく見事なパスワークでした。さすがにスピードこそ落ちているもののこの3人のパス交換は圧巻でした。

2015_01180112 2015_01180119
   中山・中田・名波           名波

2015_01180124 2015_01180129
       中田              名波(㊨)

2015_01180131 2015_01180140_2
    中田・小野              小野

懐かしい顔

 ジュビロ黄金時代のメンバーの大半が揃いました。

2015_01180105 2015_01180107
㊧と㊨の画像を拡大して探してみてください  
㊨岡田監督や上川レフェリーの顔も

2015_01180113_2 2015_01180127
㊧:服部            ㊨ブルー2・秀人 カズ マコ 井原

2015_01180149 2015_01180185
      井原                久保

ゲーム展開は・・・

2015_01180223 2015_01180122
                    名波がPKを決めて1-2

2015_01180190 2015_01180194
高原のゴールに続いて平瀬のゴールで3-2と逆転

武田の活躍

2015_01180196 2015_01180202
2015_01180205 2015_01180209
         武田(ゴール前)のゴール

スタンドでは若い人が「武田はサッカーできるの?」と・・・。

試合後の交流

2015_01180243 2015_01180245
     カズ                中田と小野

2015_01180251 2015_01180261
    ゴンと高原      松井・中田・西・秀人・小野・川口

2015_01180093

 発起人の名波は挨拶の中で「1万人を超すファンが集まってくれたのはやはり大介の力だ」と述べました。私も大好きだった奥大介を楽しく送ってあげることができた追悼試合でした。安らかに眠ってください。

2015年1月18日 (日)

奥大介を惜しむレジェンドたち①

 ジュビロ磐田と横浜Fマリノスの黄金時代に活躍した名プレーヤー奥大介が急逝したのは昨年10月17日の早朝のことでした。
 ピッチでは得意なドリブルで縦横無尽に駆け回り得点をあげました。天衣無縫な自由人でだれからも愛された奥大介を追悼するメモリアルマッチがヤマハスタジアムで行われました。

2015_01180010_2 2015_01180072
                                    半旗が掲げられました

2015_01180002 2015_01180007

2015_01180186 2015_01180226
 試合終了後、発起人代表である名波監督が挨拶をしました。突然の悲報を聞いたときの衝撃、奥選手の愛すべき人柄や思い出などを切々と述べる感動的な挨拶で胸を打たれました。

2015_01180236
 VIPルームには億選手の遺影を掲げるご両親の姿がありました。
入場料の7割は奥選手のご両親に弔慰金として渡されます。

 奥選手を追悼するゲームに日本サッカー界を代表するレジェンドたちが集まりました。その中から中田英寿、カズ、ゴンの3人です。

2015_01180106
           中田   カズ   小野

2015_01180042 2015_01180034_2
    中田とゴン             中田

2015_01180051 2015_01180124
               中田

2015_01180038 2015_01180146
                ゴン

2015_01180130 2015_01180138
               カズ

 中田英寿のテクニックは往年のままで驚嘆しました。短い時間であれば日本代表としても通用すのではないかと思われるほどでした。カズは現役の選手らしいプレー。ゴンはPKをバーに当てて跳ね返ったボールをオーバーヘッドキック・・・惜しくもゴールならずでした。一つ一つのプレーで笑いを誘うエンタテイナーぶりを発揮していました。

2014年9月25日 (木)

名波新監督に期待

 J1への復帰の見通しが立たない苦境にあるジュビロ磐田はシャムスカ監督を解任して、ジュビロ黄金時代のイレブンの一人である名波浩を後任監督として発表しました。

 いささか遅きに失した感のある監督交代ですが、残り9試合、ジュビロイレブンには新監督の下で心機一転全勝を目指して頑張ってほしいと思います。グランドで戦うのは選手たちです。ジュビロの名誉にかけて必死にプレーしてほしいものです。

 28日、愛媛とのホームゲームが新監督の初戦です。このゲームで名波監督に勝利をプレゼントできなければJ1への復帰はさらに遠のきます。

 この苦難の時期に監督を受けてくれた名波監督に敬意を表します。

 

2014年8月14日 (木)

隣の町の夏祭り

夏祭りの最後に花火が打ち上げられました2014_08140058 2014_08140022
  打ち上げ花火          手筒花火

より以前の記事一覧