2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2018年8月15日 (水)

燒津海上花火大会

 過去20年、ほぼ毎年通っている花火大会です。花火見物も楽しみですが、もう一つの楽しみは20年前に卒業した野球部員とその保護者との再会です。保護者とは花火大会を含めて年に2,3回集まって楽しい会を開いています。

 燒津の花火大会では港の防波堤から打ち上げられます。

Img_8248 Img_8246
西の空は夕焼けで雨の  テトラポッドの工場ができて
心配はありません      巨大な製品が見えています

Img_8455_2

Img_8432_2

Img_8457 Img_8291

Img_8325 Img_8385

Img_8451 Img_8490

Img_8513_2

 新しい趣向を凝らした花火もあったのですが、コンパクトデジカメの手持ち撮影ではなかなかきれいに撮れません。
 楽しいおしゃべりをしながらおいしい料理とお酒をいただいた後の花火見物はすてきです。

2018年8月 2日 (木)

静岡へ

 猛暑の中、半年ぶりで静岡へ出かけました。墓参と美術館めぐりです。

臨済寺
 今川家の菩提寺で、家康が竹千代時代に今川の人質として暮らした寺院です。
 私の家内の両親と二人の義兄が臨済寺の墓地に眠っているので久しぶりにお参りしてきました。

Img_2644
         賎機山の麓の本堂(国重文)

Img_2647 Img_2646
本堂の扁額           山門 扁額「大龍山」は
「勅東海最初禅林」       徳川慶喜執筆

Img_2642 Img_2641
墓地から本堂などを望む

 静岡の最高気温は33.9℃。お墓参りだけで大汗をかきました。
その後は静岡市美と静岡県美へ。
 美術展については後日アップします。

2018年7月31日 (火)

サギソウ咲く浜北森林公園

 サギソウは真夏の湿地で咲く花です。サギが羽を広げたように見えるかわいく、美しい花です。浜北森林公園のサギソウは8月はじめから咲き始めます。今年も開花が始まっていますが、今年は花が少し小さいようです。レンズを向けて正面から撮れる位置に咲いていません、8月10日頃になればもっと咲いているかもしれません。
 森林公園の第7湿地です。

Img_4909_2

Img_4911_2

Img_4899_2 Img_4896

Img_4898_3
正面から撮れた1枚は遊歩道との間に設置された
ネットの外で咲いていました

2018年7月30日 (月)

盛夏の万葉の森公園

 猛暑が続いていたのでお出かけを見合わせていました。 3週間ぶりの「取材」です。

 どこへ行っても花が少ない季節で、万葉の森公園もやはり花は少なく、人影もありませんでした。

Img_4848 Img_4850
             ヒオウギ(ヌバタマ)

Img_4857 Img_4863
            キキョウ(アサガオ)

Img_4883_2
          イワカガミ(ヤマヂサ)

Img_4860_2
            ハマユウ(ハマユフ)

Img_4866 Img_4885
   ケイトウ(カラアイ)    オミナエシ(オミナヘシ)

Img_4871 Img_4868
    沙羅双樹のつぼみ         蓮
沙羅双樹はナツツバキです

2018年7月28日 (土)

台風12号

 これまでにない異常なコースを進んでくる台風12号の接近に備えて朝から自宅で待機していました。日中は時折青空ものぞく穏やかな日和でした。夕方になっても平穏でした。

 この時間(午後10時)、台風の中心は浜松の真南の遠州灘沖にあります。砂丘の沖合を西に進んでいると思われます。

 この時間になって風雨が強くなってきました。この3時間の降水量はわずか3.5㎜でしたが、本降りになってきました。風も平均13㍍と強くなってきました。これから日付が変わる頃までがピークだと思われます。
 浜松市内では広い範囲で避難準備情報が出されて避難所も開設されています。

 この台風の影響で、今日と明日に予定されていた隣接自治会の夏まつりはそれぞれ8月に延期されました。

 強風さえなければ畑の作物にとっては恵みの雨なのですが・・・。

追記:

 強風のピークは23時前後で平均17㍍、瞬間では20㍍を超える風が吹きました。風向きが北から次第に東に変わり、台風の中心が移動しているのがわかりました。その時間帯は雨も強く、時間雨量15㎜でした。
 0時30分頃風はおさまってきたのでこれでゆっくり寝ることができます。おやすみなさい。

 

2018年7月27日 (金)

緊張の運転実習

 昨日に続いての自動車学校です。今日は高齢者講習の日でした。
受講者は12人。そのうち75歳以上は私を含めて6人でした。視力などの検査の後、実車指導です。
 男性3人が1台に乗りましたが、私がトップバッターで運転することになりました。事前にコースの説明もなく発車。指導員の指示に従ってS字や車庫入れなどを次々と・・・。かなり緊張しました。ブレーキの効き具合が自分の車と違うこともあってなかなか大変でした。
 なんとか大きなミスもなく終えることができました。

 講習の時間帯が高校野球決勝戦の時間帯と同じでした。視力検査の部屋にはテレビがあり、中継を観ることができました。
 9回の表、島田商業がみごとに同点にした場面に感動しました。リードできなくて残念だと思いながら実習に。車を降りて携帯で確認したところ島田商業はサヨナラ負けで残念でした。1940年以来78年ぶりの甲子園を期待したのでしたが。この夏の健闘はみごとでした。

 講習も無事に終わり、秋には免許の更新ができそうです。

2018年7月26日 (木)

認知機能検査の日

Photo_2
遠鉄自動車学校:何十年か前に普通免許を取得した懐かしい学校
中央奥は東名高速道路。左に遠鉄電車

 10月に免許更新のため、今日認知機能検査を受けました。3度目のことです。
今日の年月日や曜日、現在時刻(時計を見ないで)などを記入するテストから始まって、16個の絵を記憶するテスト、時計を描いて短針長針で時刻を記入するテストまで3種類。

 採点が終わって結果通知書をいただき、次の高齢者講習の予約をします。最初に名前が呼ばれて通知書をいただいたところ、成績が優秀だったので高齢者講習は明日の午後実施するとのことでびっくり。突然のことで心の余裕のないまま明日の午後、また遠鉄自動車学校です。実技もあるので緊張します。 

2018年7月25日 (水)

旱天の慈雨

 午後から磐田へ出かけて帰りがけに雨にあいました。見付のJAどっさり市へ寄った後ララポートへ。店内は空調が効いていて快適です。熱中症の心配がないので広大な店内をララポ(歩)しました。
 買い物を済ませて屋上の駐車場へ出るとかなりの雨。水たまりができていました。短時間に相当量降った様子です。
 雨の中をわが家まで帰ってきましたが、かなり降ったのは天竜川まで。橋を渡ると路面が濡れてはいましたがおしめり程度。

 帰宅後テレビを観ると、島田・藤枝などには大雨や洪水の警報が出ているとのこと。大井川、安倍川流域に強い雨雲があり、南下しているのがわかります。これまで乾ききっていたのが降れば土砂降りです。

 田畑や林野も乾ききっているのでまさに旱天の慈雨です。しかし、浜松の観測所では1㎜の降雨も記録されていません。局地的な降雨で降雨量も少なかったのでしょう。田畑を潤す雨を期待したのですが残念ながらはずれたようです。

 わずかでもこの雨のおかげで気温はかなり下がりました。午後4時の浜松の気温は30℃を下回り、午後8時には26.3℃まで下がりました。

 週末には台風接近のおそれがあるとの情報です。不安定な空模様が続きそうです。

2018年7月23日 (月)

生命の危険を感じる猛暑

 浜松の今日の最高気温は午後4時32分の37.8℃でした。この時間、私は自宅から直線で3㎞のエリアを自転車で走っていました。地区内のシニアクラブの複数の会長さん宅に届け物をするためでした。車で走ったことのない狭い道や初めてのお宅を訪ねるなど、車では具合が悪いので猛暑を承知で自転車で出かけたのでした。
 じりじりと焼け付く太陽、吹き出る汗・・・。懸命にペダルを踏んで走り回りました。

 帰路は馬込川の堤防に出て回り道をしながら走りました。一刻も早くわが家へと急ぎ、なんとか無事に帰り着きました。所要時間は約1時間でした。あと30分も走っていたら危なかったかもしれません。

 今日は熊谷で41.1℃という国内最高気温を記録しました。炎暑の日本列島です。

 浜松でのこれまでの最高気温は2013年の39.8℃です。5年前も暑い夏でした。

 最新の注意を払い、備えをして我が身を守るしかありません。

2018年7月22日 (日)

盛況だった町内花火大会

 町内の花火大会は今年で第5回2014年に始めたとき、私は実行委員長を務めていました。なによりも神経を使ったのは「無事故」ということです。打ち上げ事故、混雑にともなう交通事故、燃えかすの落下にによる事故などあらゆるケースを想定して準備しました。
 昨夜の第5回まで特に事故は起きていません。必要経費は町民の皆さんからの寄付によるもので、毎年多くの町民の皆さんに協力していただいています。

 今年は担当業者の工場で爆発事故があったので役員の皆さんは苦労されたと思いますが、無事に実施されました。

 昨夜は心地よい風が川筋を吹き抜ける絶好の花見日和でした。会場は馬込川の河川敷で通称「親水公園」です。堤防に長い階段があり、広場はみごとな芝生。寝転びながらの花火見物ができます。
 数千人の町民や近隣の人たちが美しい花火を楽しみました。
 花火を写真に撮るのはなかなか大変です。昨夜は携帯で撮ってみました。

Img_1011_3
川岸で打ち上げています。すぐ目の前の低いところに
あがっています。航空自衛隊の航路なので高さは300㍍
までと制限されています。

Img_2592_2 Img_2545

Img_2422 Img_1579_2

Img_2581 Img_2338

より以前の記事一覧