2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

旅行・地域

2019年5月14日 (火)

浜名湖ガーデンパークで咲く花

 百花繚乱の「花美の庭」のほかでもいろいろな花が咲いています。

東西水路沿いのバラ

Img_8288  Img_8291

国際庭園のベニバナトチノキ 

Img_8213  Img_8214

花美の庭のシャクナゲ

Img_8249  Img_8262

花ひろば(新しく整備されました)

Img_8191  Img_8193

 

 

2019年5月13日 (月)

百花繚乱の浜名湖ガーデンパーク

 浜名湖ガーデンパークはこの時期がもっとも花の美しい時です。花美の庭ではカメラをどこに向けてシャッターを押しても美しい花が撮れます。
特にバラが満開で、美術館前の「バラのアーチ」の通り抜けが19日まで行われています。

Img_8245  Img_8242

Img_8240  Img_8239

Img_8243  Img_8222

Img_8237  Img_8264

Img_8274  Img_8275

Img_8277  Img_8281

2019年5月12日 (日)

初夏のはままつフラワーパーク②

 バラ園以外で咲いている花を紹介します。

スマイルガーデン

Img_8132  Img_8127

Img_8126  Img_8122

藤棚と池のほとり

Img_8134  Img_8153 
              白フジが咲き残っています 

Img_8136  Img_8137 
                  シャクヤク 

Img_8140  Img_8145

その他 

Img_8182  Img_8184
     大温室のジャカランダは満開   咲き残ったイペ(大温室の東で)

Img_8186
            イペ

間もなく山アジサイやショウブが咲いてきます。

 

2019年5月11日 (土)

初夏のはままつフラワーパーク①

 サクラとチューリップの季節は終わり、フジの花もわずかに残っているだけです。10連休中のような混雑もなく落ち着いた園内でした。今一番の見頃はバラ園です。

Img_8175  Img_8172

Img_8160  Img_8173

Img_8166  Img_8168
       ザ・マッカ-トニーローズ     クリスチャン・ディオール

Img_8177  Img_8179
          ブラックティ        カトリーヌ・ドヌーブ 

バラの見頃はこれから1週間ぐらい続くでしょう。

2019年5月10日 (金)

里山公園のクリンソウ

 磐田市敷地の里山公園でクリンソウが見頃になっています。クリンソウはサクラソウ科の多年草です。湿地を好みます。50センチを超える長い茎の先に円状に花をつけ、その花が2段、3段と重なってその様が五重塔の上部の「九輪」に似ていることからこの名がつきました。赤、ピンク、白、黄などいろいろな花があります。その姿は美しくて絵になります。

Img_8094  Img_8095

Img_8093  Img_8116

Img_8106  Img_8104
                 カラフルです 

Img_8107  Img_8109 -
                 湿地に植栽されています 

Img_8088  Img_8113
                小さな水路でも咲いています

Img_8079   Img_8080 
里山の入り口で迎えてくれる次郎柿の若葉 とウツギ      ウツギ

 撮影は5/9。15,16日頃まで見頃が続くでしょう。
里山公園は地域のボランティアの皆さんが管理、運営しています。

元・豊岡東小学校の裏山です。磐田市敷地891-1。Pあり

2019年5月 5日 (日)

浜松まつり 凧揚げ会場で

 5月5日、子どもの日。凧揚げ会場では午前10時から「子ども凧揚げ」です。と言っても子どもが凧を揚げるのではなく、各町の凧揚げ部が凧を揚げて、揚がった凧の糸を子どもたちが引く体験をして、さらにラッパや練りをします。

 会場では風向きが昨日までと反対で東風が吹いていました。ということで凧は西に向かって揚がっていました。初凧あげは昨日までに終わって今日は糸切合戦が盛んにおこなわれており、次々と落ちていました。本部棟の西に観覧席が設けられています。初めてその観覧席で見ました。法被を着ていると入れないエリアなので新鮮でした。

Img_3036  Img_3037
       西の空にたくさんの凧           落ちた凧

Img_3047  Img_3050
         落ちかかった凧        何本もの糸がからんでいます

Img_4056 Img_4060
               太陽の周りに暈ができていました 

Img_3070
    観覧席前で曳馬地区子ども連合同練り

2019年5月 4日 (土)

浜名湖畔で

 10連休半ばの一日を浜名湖畔で過ごしました。まずはじめに潮干狩りをしました。11時ごろの干潮に合わせて波打ち際で懸命に掘ったのですが、貝はいませんでした。30年ほど前には1時間も掘れば近所におすそ分けできるほど獲れたのですが・・・。早めに切り上げてホテルのランチバイキングへ。令和元年二日目の昼は「ザ・浜名湖」ホテル13階のイタリアンバイキングでした。 レストラン13階からの眺めは抜群でした。このホテルは昨年11月に天皇・皇后が浜松を私的に訪問された際に宿泊された宿です。

Img_2951  Img_2954
    ホテル ザ・浜名湖を望む海岸        浜名湖大橋のたもとで

Img_2969  Img_2958 
       干潮の浅瀬で              ハマヒルガオ

Img_2993  Img_2984 
 ザ・浜名湖 バイキングは最上階の    13階から見たガーデンパーク(中央)

Img_2986  Img_2988
 13階から北方面 釣り堀は元養鰻池      湖沿いの大部分は太陽光発電

Img_2983  Img_2981_1 
         南 弁天島方面         東方面:中央にアクトタワー

 

2019年5月 3日 (金)

浜松まつり初日

 浜松まつりは今日3日が初日で5日まで行われます。昼間は中田島の海浜公園で凧揚げ合戦の初日。自治会役員OBとして参加しました。気温が26℃を超える初夏の陽気で参加した皆さんは暑い、暑いを連発していました。

 午前10時、打ち上げ花火とともに一斉に凧揚げ・・・のはずですが、実際には9時59分に凧があがり始め、間もなく花火の音が聞こえました。
今年、わが町の凧は最初から非常によく揚がりました。100枚を超える凧の群れの中央高くに悠然とあがっていました。5枚の初凧がいずれもみごとに揚がって初子をお祝いしました。

 今年凧揚げ会場へ行って一番驚いたもは、会場の南側=海側は延々と続く津波対応の防潮堤でかつての松並木はありませんでした。

Img_4016  Img_4017
   凧揚げ直前のわが町の凧揚げ隊     一斉に揚がった凧。左端の「上」
                      がわが町の凧

Img_4023  Img_4031 
     中央に高く揚がりました        初子とその親(中央)を
                        みんなで祝います  

Img_4034  Img_4036
       会場から見た防波堤        防波堤の斜面を登ります

Img_4037 Img_4041  
     防波堤から見た凧揚げ会場         揚がった凧

Img_4046  Img_4047
        堤防上の人々        防波堤から海側を見ると
                      防風林の向こうは狭くなった砂丘
                      そして白波が押し寄せる遠州灘

 

 

 

 

2019年4月17日 (水)

2019サクラだより 31 天竜の咲き残りのサクラ

 各地のサクラはほぼ終わりですが、天竜区を車で走っていると、ところどころで咲き残りのサクラを見ることができます。そのうち、花桃の里と船明(フナギラ)のサクラです。(4月16日)

花桃の里

Img_2871  Img_2872

Img_2875_6   Img_2874_1  
               夢のかけ橋をバックに

船明(ふなぎら)

Img_2877_1  Img_2878
        船明ダム湖畔          国道152号線沿い

Img_2881  Img_2883 
         国道沿いでサクラの大木が頭上高く花をつけています

Img_2888 Img_2890  
     サクラの右後ろの大木は市天然記念物の二本杉。樹高30m前後

Img_2863  Img_2865
           静かな湖畔の風景:天竜漕艇場付近

 

2019年4月16日 (火)

宝殊院のミヤマツツジ

 天竜区横山の宝殊院は花の寺です。春は河津桜、サクラ、ミヤマツツジ。秋にはヒガンバナ。サクラがほぼ咲き終わったこの季節、ミヤマツツジが満開になって境内の斜面をピンクに染めています。「深山の小径」を自由に散策することができます。

Img_2834  Img_2835

Img_2837  Img_2838

Img_2845  Img_2840  
    右上に見える橋は横山橋         咲き残っているサクラと競演
    船明(ふなぎら)ダム湖に
    かかっています

Img_2849  Img_2854

Img_2860  Img_2848
       美しいピンクです         元・横山小学校の校舎

宝殊院:浜松市天竜区横山310 浜松市中区上島のわが家から国道152号線で28㌔ 約50分です。
    横山橋を渡って信号を右折、そこから100m余左に駐車場。

 

 

より以前の記事一覧