2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

文化・芸術

2018年6月11日 (月)

映画「大英博物館プレゼンツ 北斎」:シネマe~ら

2017年5月~8月、大英博物館で開催されて大きな話題となった天才絵師北斎についてのドキュメンタリーです。

海外ではもっともよく知られている the Big Wave =「富獄三十六景 神奈川沖浪裏」の大胆な構図、浪や水の描き方、小さな富士山など、この絵の魅力をいろいろな角度から検証します。4Kカメラで撮影された精緻な画面がスクリーンに広がり、専門家が解説してくれます。赤富士=「富嶽三十六景 凱風快晴」についてもいろいろな角度から解説があります。

 5、6歳の頃から88歳で没するまで毎日筆を執り続け、3万点を超える作品を制作したとされる北斎の魅力を多くの作品で紹介してくれます。
 動植物の描写や役者絵などにも優れ、ゴッホ・モネなどにも大きな影響を与えた北斎の偉大な画業を知ることができます。

 後半は大英博物館で開かれた北斎展の展示会場で多様なジャンルの作品を見ながら移動
するスタイルになります。
 キュレーターや専門の学者、画家、陶芸家、コレクターなどの専門家の解説が次々と字幕で紹介されてかなり忙しくなります。ロンドンので展覧会の後、昨年秋に大阪アベノハルカス美術館で北斎展が開催されました。ミレーの会のメンバーで10月にゆっくりと観ることができて堪能したことを思い出しました。

 この映画の上映は15日までです。11時30分~13時。

Intro_2_2x

Intro_3_2x Intro_4_2x_3

2018年5月30日 (水)

富士山世界遺産センター

 わが町のシニアクラブのバス旅行で県東部へ出かけました。梅雨入り間近で朝から雨の予報が出ていました。富士山が見えることは諦めていたのですが・・・。

Img_7137 Img_7145
  東名由比付近から      遺産センター(左)前から

Img_7170
    遺産センター最上階展望ホールから

 時折小雨がぱらつく中で、いずれも富士山のシルエットが辛うじて見えるという感じでした。

遺産センターで

 逆円錐形の形をしたユニークなセンターの中に入るとゆるやかならせんスロープになっていて、壁面には山麓から頂上に至るまでの
富士山の風景が投影されています。富士山に登ったことのない人でも登山の雰囲気を味わうことができます。

 また、展示室では信仰、芸術、生態系などいくつかの分野でタッチパネルなどによる展示が行われており、興味深い内容で楽しめるのですが、たんねんに観ているとかなりの時間がかかります。

 Img_7178 Img_7157
            壁面の投影画面

Img_7177_2
     タッチパネル

Img_7151 Img_7152
           美しいフォルムです

  見応えのあるすばらしい施設です。よく晴れて眼前に富士山が見える時は感動することでしょう。

2018年5月17日 (木)

小布施から山田温泉へ

 小布施で最初に立ち寄ったのは北斎館です。

Img_6703_2

Img_6704 Img_6702

小布施ミュージアム

Img_6705 Img_6707

岩松院

Img_6711 Img_6715

山田温泉

 長野市の東20㎞、小布施に隣接する群馬県境の高山村にあります。松川渓谷に沿って温泉宿があります。この季節は新緑が輝いて美しく、秋は紅葉の名所です。

Img_6734_2

Img_6735 Img_6742

宿「風景館」から
Img_6718 Img_6726
                     山フジが咲く

Img_6728 Img_6731
  崖の上に立つホテル     八重桜が満開

 山田温泉には温泉宿が8軒あります。われわれが泊まった風景館は創業240年の老舗です。標高860㍍の高地にあるため気温が低く、部屋に入ると電気コタツの電源がオンになっていました。館内各所で暖房がきいていました。

2018年5月15日 (火)

小布施町で:北斎と中島千波

 松本から一路小布施へ。約1時間半の行程です。小布施は北信濃有数の観光地です。人口1万人、面積わずか19㎢の小さな町ですが
いくつもの美術館や栗などの和菓子店があり、観光客で賑わっていました。

北斎館

 北斎の肉筆画や屋台の天井画などがあります。今回、企画展として「超絶技巧 摺物の世界」展が開催されていました。摺物は版画の一種です。狂歌や俳諧に絵を添えた一枚刷りの摺り物絵です。多色刷りで巧みな技巧が施されています。
 小布施には北斎の摺物が多く残されており、今回の企画展になりました。北斎の摺物を数多く見ましたが、精緻な描写、美しい色彩で見事でした。

_20180515_0001_0001
           祭屋台の天井画 「男浪」

小布施ミュージアム

 小布施で生まれた中島千波の作品を常時展示する中島千波館と企画展を開く展示室があります。

_20180515_0001_0001_3
         中島千波〈坪井の枝垂桜〉

 企画展では「次代への表現展 ベストセレクション」が開かれていました。1993年から9年間開催された展覧会出品者のうち、その後特に活躍が著しい4人のセレクション展です。その中に、浜松市美術館のコレクションが1点ありました。

_20180515_0001_2
               池田学〈再生〉

ペンで描かれた作品です。想像を絶する時間をかけて制作されています。

岩松院

本堂の大間に北斎が描いた天井画で有名な寺院です。

_20180515_0002
           北斎〈八方睨み鳳凰図〉

 せっかくの小布施でしたが趣のある町並みを楽しみながら散策したり、名物の栗おこわや栗を使った和菓子などを買い求める時間がなくて残念でした。
 バスはひたすら山道を登り、山田温泉に向かいました。

2018年5月14日 (月)

「草間彌生展」:松本市美術館

 5/12(土)7:30に浜松を出たバスは正午に松本市美術館に到着。松本は草間彌生の生誕地です。市美術館の開館15周年を記念して郷土が生んだ偉大なアーティストの過去最大規模の展覧会です。5歳の時の作品から昨年制作の作品まで約180点。全館でクサマワールド全開です。

草間彌生は幼時から幻聴や幻覚に悩み、それから逃れるために絵画の制作を始めたとも言われています。アメリカでの厳しく苦しい時代を経て前衛芸術家として評価されるようになります。制作の手法は多様で油彩・水彩・アクリル・ミクストメディアなど・・・。巨大な作品も数多くあります。
 草間と言えば・・・水玉とカボチャ。バスが松本市中心部に入るといたるところに水玉模様がありました。

Img_6648 Img_6650_3

Img_6671
           美術館の外壁

Img_6652

会場の一部は撮影可でした。

Img_6653

Img_6656 Img_6658
 これらの作品は最新の「わが永遠の魂」シリーズ550枚の一部です。
 最後の空間は「南瓜へのつきることのない愛のすべて」。ミラールームで無数の南瓜が観る人を取り巻く不思議で美しい空間です。

屋外には常設の南瓜があります。

Img_0751

Img_6665 Img_6666
      屋外にはこのような作品もありました

 今回の旅に参加した19人がそれぞれ1時間余クサマワールドを堪能して小布施へ向かいました。

2018年5月13日 (日)

信州への旅で訪ねた場所

 2日間の信州への旅を終えて今夜8時過ぎに帰ってきました。雨が降り始めたのは5つの美術館をほぼ見終わった頃のことでラッキーでした。

松本で
  時間の関係で松本城には立ち寄らず松本市美術館の草間彌生展へ。松本の街中は水玉模様の旗や幟で埋め尽くされていました。

Img_6648 Img_6650
Img_6671_2
       松本市美術館の外壁にも水玉模様

安曇野で
Img_6685_2
     残雪の常念岳2867㍍・横通岳2767㍍

小布施 北斎館

Img_6703 Img_6702_2

小布施ミュージアム     小布施 岩松院

Img_6707_3 Img_6712

山田温泉 風景館      付近の渓谷

Img_6728 Img_6734

千住博美術館        セゾン現代美術館

Img_6747 Img_6790

後日詳報します。

2018年5月 3日 (木)

大谷青嵐傘寿書画展

 大谷青嵐先生は浜松市在住の書家。静岡県書道連盟理事長を務められた後、現在は顧問です。自ら主宰されている青嵐会で数多くの書家を指導されています。漢字の起源の専門家であり、漢籍にも造詣が深く、今回の展覧会にも中国の古典にある名句と彩色した絵を組み合わせた作品が多く出品されています。
 この展覧会は中区のしずぎんギャラりー四季で6日まで。

Img_0589_2
             第1展示場

Img_0594
    彩色は顔彩の一種でドイツの製品とのこと

私の好きな言葉
Img_0591_2
風あるときは 風に酔い
花あるときは花に酔い
雨の日は雨と語り
雪の日は静かに酒をたのしむ

Img_0590_2
舟を呑むほどの魚
こころざしの大きいこと
そんな気持ちはあっても
所詮私の器ではね

Img_0593 Img_0596
風に流されずに        築100年以上の古民家の障子の
風流に世を處す        桟に書かれた「ぼくらはみんな
                  生きている」

 大谷先生は文具四宝の著名なコレクターです。今年10月から11月にかけて55日にわたり、静岡市の駿府博物館で先生のコレクションの展覧会が予定されています。 

(作品は先生の許可をいただいて撮影しました)

2018年4月 3日 (火)

春爛漫の広島への旅④しまなみ海道-その2

 しまなみ海道は尾道と今治の間が橋で次々と結ばれています。

Img_5549 Img_5542
  多々良大橋 全長1,480㍍の斜張橋(世界5位)

生口島から多々良橋を渡ると大三島です。

Img_5572_2
    大三島の大山祇(おおやまずみ)神社

 国内で国宝や重文に指定されている刀剣や甲冑の約8割を所有しています。みごとな宝物です。

大三島橋を渡ると伯方島Img_5589_4
    しまなみ海道で最初に建設された橋です

船折瀬戸の急流

 伯方島と対岸の鵜島の間の狭い水道では潮の干満によって海水が流れの向きを変えながら激しく流れます。

Img_5595 Img_5601
画面左から右へ(東⇒西)流れる急流は引き潮の流れです
最大9ノットのスピード

動力船ができるまでは潮の流れを利用して航行しました。小舟は
流れにさからうことはできず、船が折れたことから「船折瀬戸」と
呼ばれました

2017年10月21日 (土)

国宝第1号と最新の国宝

 先日観てきた国宝展に、国宝第1号と最新の国宝がありました。

国宝第1号

普賢菩薩(東京国立博物館):平安時代

Photo_2

絵画の部の整理番号1番ということで、国宝第1号とされています。

今年指定された国宝

大日如来坐像(金剛寺):平安時代

Photo_3

 重要文化財から国宝に格上げされました。大きな像が金色に輝いていました。
 今年国宝に指定されたのは7点です。

2017年10月19日 (木)

京都迎賓館ガイドツアー


 京都迎賓館は海外からの賓客の迎賓施設として2005年に開館した国の施設です。日本建築の伝統の技と美しさを結集した純和風の木造建築です。

 この迎賓館のガイドツアーに応募したところ当選したので見学することにしました。国宝展の後、岡崎で食事を済ませて迎賓館へ。迎賓館は京都御苑の一角にあり、御所の東に位置しています。
 ツアー開始30分前までに西門に集合。地下へ移動して手荷物検査やボディチェック、料金1,500円の支払い、注意事項の説明など一連の手続きがありました。女性ガイドによるツアーは1時15分から約1時間でした。

Img_2651_2 Img_2654
雨の中、玄関に向かいます       正門

Img_2659 Img_2666
        行灯          天上や床板は吉野杉など

夕映えの間

Img_2685_2    
        東壁面は綴れ織りの〈比叡月映〉

Img_2679_2
      西壁面〈愛宕夕照〉の織物の一部

この部屋は大臣会合などの会議や立礼式などで使われます。

藤の間

Img_2689_2

Img_2692 Img_2690
             綴れ織。横16.6㍍

Img_2697 Img_2698
 舞台扉には人間国宝江里佐代子のみごとな「きり金」細工

 この部屋はもっとも大きい部屋で、洋食の晩餐会や歓迎式典の会場として使われます

Img_2688_2
          藤の間から見た池

桐の間

Img_2704_2
   和の晩餐室。座卓は全長12㍍。漆の一枚仕上げ

Img_2713_2
         桐の間から見た日本庭園

Img_2729_2 Img_2730
  船遊びのための和船      正面玄関

 ガイドツアーは約1時間でした。京都迎賓館は日本の匠の技を結集したまことに贅沢な建物です。

より以前の記事一覧