2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

スポーツ

2018年5月26日 (土)

小学校の運動会

 浜松市内の多くの小学校では今日運動会が行われました。朝から曇り空で熱中症の心配はなく、風も弱かったので砂埃が舞うこともありませんでした。地域には二つの小学校があり、両校から案内をいただいたのでそれぞれ見せていただきました。

A校

Img_0784 Img_0791
校長先生の発声で元気   子どもたちは学年縦割り
なエール             で5色のテントに

Img_0794 Img_0816
赤電が高架を行きます   恒例の騎馬戦は三方原の
                  戦いに因む競技です

_20180526_0001_2
私がいただいたプログラムには6年生のWさんが
書いてくれたみごとなメッセージがありました

B校

Img_0804 Img_0807
この学校からも赤電が    4年生のソーラン節です
見えます

Img_0812_2
       曳馬夏の陣(棒取りと騎馬戦)

 両校とも家康にかかわる種目が用意されています。
 保護者や祖父母、地域の人たちなどグランドを埋め尽くす応援の人で賑わっていました。お昼は家族で一緒に食事です。

 元気で精一杯頑張る子どもたちに私たちも元気をもらいました。

2018年5月23日 (水)

日大アメフト問題

 昨日の宮川選手の記者クラブでの会見をTVの生中継で見ました。極度の緊張を強いられる環境の中で、宮川選手はこれまでの経緯や自分の気持ちを明確に述べました。聴いていて納得できる内容でした。このような形で記者会見をすることになり、アメフトをやめざるをえなくなった宮川選手をここまで追い込んだ監督・コーチや日大関係者の責任は極めて大きいと思います。

 今夜、監督とコーチが急遽会見を行いました。前半部分を生中継で見ていましたが、核心の部分であいまいな弁解に終始し、とても納得できる内容ではありませんでした。問題発生が6日、それから17日も慧可しています。危機管理がまったくできていません。危機管理学部を持つ日大ですが、自らの当面した問題をまったく管理できないという皮肉な状況に陥っています。

 大学運動部の旧態依然たる実態が問題の根本にあります。
 今回は大学の問題ですが、高校でも同じような体質の部活運営が
一部にまだ残っていると思われます。
 指導者が学生や生徒をリスペクトし、コミュニケーションを大切にしながら指導するのが教育です。

2018年4月21日 (土)

「田畑政治と古橋廣之進 その師弟愛」

 2020年はいよいよ東京オリンピックの年です。その前年にあたる2019年、NHKの大河ドラマは「いだてん・・・オリムピック噺」です。大河ドラマとしては初めての現代物です。
 主人公は二人・・・日本人として初めてオリンピックに出場したマラソンの金栗四三と、1964年の東京オリンピック開催に中心的な役割を果たした田畑政治の二人です。

 田畑政治は浜松の出身です。田畑は浜松一中・一高・東大から朝日の記者になり、記者のかたわら水泳の指導と発展に取り組みました。

 アクティブ シニア ネットの今日の例会の講演は、日本水泳界の二人の巨人である田畑政治と古橋廣之進という浜松出身の偉大な人物について豊富な資料と丹念な研究によってその存在の大きなことをあらためて教えてくれる貴重な内容でした。
 田畑政治の人と功績については地元浜松の人もよく知りません。
 来年の大河ドラマの内容を深く理解する上で役に立ちます。

 講師の松尾良一氏は浜松西高OBで古橋の後輩にあたります。浜松市役所退職後、フリーライターとして研究や著書の出版に活躍されています。

Img_0528

 近著は「古橋廣之進伝 泳心一路」です。

_20180421_0001

2018年1月 9日 (火)

中日ドラゴンズ 鈴木博志投手への期待

 昨秋のドラフト会議で中日から1位に指名されて入団した鈴木博志投手は磐田東高校の卒業生です。2014年3月に卒業してヤマハ野球部に入りました。 
 ヤマハに入って2年目、都市対抗で154㎞を記録、日本選手権では優勝に貢献しました。

 磐田東高野球部ではけがが多かったこともあり、期待されながらも十分な活躍はできませんでした。しかし、山内監督は彼の強靱な体力や投手としての素質を高く評価していました。昨年の年賀状には、「鈴木博志はドラフト1位間違いない」と記されていました。そしてそのとおりになりました。

 ドラフト1位の注目度は高く、年末年始もテレビや新聞などのマスコミで連日のように取り上げられています。5日にはNHK静岡が30分の特集番組を放送しました。

 彼が注目されるのは150㎞を超す速球を投げられること、またその球はわかっていても打てないぐらい回転が速く微妙に変化することなどです。本人は抑えのスペシャリストを目指しているとのこと。開幕一軍で活躍してほしいものです。

 7月には地元浜松球場で公式戦があります。浜松出身の鈴木翔太が先発し、鈴木博志がリリーフで抑えて勝つ・・・というのが理想です。期待に胸が膨らみます。

 暮れにヤマハの関係者からいただいた鈴木博志のサイン色紙です。

Img_4119_3

2017年9月18日 (月)

広島 2年連続優勝!!

 16日にマツダ・スタジアムでの優勝を決められなかった広島カープは、今日の甲子園での試合で阪神に3;2で勝ち、2年連続の優勝を決めました。BS1の中継を見ていたのですが、打線が爆発せず、僅差の辛勝でした。

 黒田が引退、ジョンソンが故障と不調、野村も去年ほど勝てない投手陣で、若手が活躍してくれました。藪田・岡田・大瀬良・中村祐にリリーフ陣の一岡・中崎・今村・久里などが頑張りました。
 打線では若くして不動の4番に座った鈴木、鈴木の故障で4番に入った松山の大活躍、今日も決勝点を叩きだしたバティスタ、「たな・きく・まる」の3人などが連日あるいは日替わりで活躍してくれました。

 逆転で勝ったゲームが多いのも今年のカープの特徴です。

 優勝が決まった瞬間、緒方監督の目には光るものがありました。監督のインンタビューを聞いていて、選手との信頼関係が強いことを感じました。優秀な監督です。

 広島の優勝は8度目です。初優勝は球団結成の1950年から数えて26年目の1975年のことでした。この年は私が浜松に来た年です。私の受け持ちの生徒がお酒を1本、自宅に持って来てくれました。私が赤ヘルファンであることを生徒は全員知っていました。

 圧倒的な強さでリーグ戦を制した広島ですが、日本シリーズでは
昨年日ハムに負けています。今年こそ日本一になってほしいものです。ソフトバンクは相手にとって不足無し。楽しみです。

 優勝がようやく決まって、これからしばらくは安心して眠れます。

 

2017年9月16日 (土)

広島、ソフトバンクと同日優勝ならず

 マジック1で並んでいた広島とソフトバンク。今日勝てば同日優勝だったのですが・・。
 5時19分、ソフトバンクが優勝を決めました。カープは藪田がピリッとせず7回に追いつかれ、8回には今村が1安打2四球のピンチに犠打で失点し逆転されました。
 9回裏、3塁1塁の好機に丸とエルドが連続三振で万事休す。5時44分にセパ同日の胴上げはなくなりました。

 カープは明日もヤクルト戦が予定されていますが、台風のため試合は無理でしょう。次は18日甲子園での阪神戦です。 マツダスタジアムでの次の試合は20日の阪神戦。

 とにかく1日も早く優勝を決めてほしいものです。

2017年8月23日 (水)

広陵惜しくも準優勝

 夏の甲子園の決勝戦で広島代表広陵は埼玉に敗れて惜しくも準

優勝に終わりました。広陵は春に3回優勝していますが、夏は準優

勝2回で今年こそ優勝をと健闘しましたが、今日は大敗でまたも準

優勝でした。

 決勝戦の両校はこれまで強烈な打線が力を発揮して勝ち上がっ

てきました。大会のホームラン数が大会記録を大きく更新するなど、

打高投低が顕著なこの夏でした。ラグビ-のゲームのような2桁得

点が異常に多かったような気がします。静岡県大会でも同じような

傾向は見られました。

 今日の決勝戦は両チームの投手力と、上位打線の迫力の差が勝

敗を分けたような気がします。

 それにしても一躍スターになった広陵の中村捕手の活躍は見事

でした。中学校時代から注目され、高校1年時から背番号2の正捕

手だった実力を遺憾なく発揮し、記録にも記憶にも残る活躍を見せ

てくれました。

 10年前の準優勝の時のバッテリーは野村(広島)と小林(巨人)で

した。広陵の中井監督の話では、高校時代の実力は小林よりも中

村の方がずっと上だということです。 

 中村はプロ志向とのこと、ぜひ地元の広島カープに入団して活躍

ほしいものです。

2017年8月 8日 (火)

夏の甲子園大会始まる

 台風で1日遅れた甲子園大会が始まりました。開会式での滝川二 

高主将の選手宣誓は見事でした。約200字のすばらしいメッセージ

をよどみなく、気負いもなく伝えてくれました。

 開幕戦は公立同士の対戦でした。彦根東は1876年開校で滋賀県

最古の名門校。彦根城の内堀と中堀の間の旧家牢屋敷の跡にあり

ます。井伊家の赤備えの伝統を受け継ぎ、応援団は真っ赤なャー

ジを着用しています。今日もアルプススタンドは真っ赤に染まってい

ました。数年前に彦根城へ行った帰りに彦根東高の横を通ると、運

動部の生徒たちがお濠端を走っていました。ジャージは真っ赤で、

背中に「赤鬼魂」とありました。

 対戦相手の波佐見高校は1950年開校。人口15,000の町にあり、

生徒数445人の小規模校です。

 試合は4-5とリードされた彦根東が9回に6-5と逆転サヨナラ

勝ちをしました。両チームともよく打ち、よく守り、よく走った好ゲーム

でした。

 第二試合は東筑vs済美。東筑は1898年開校の名門校です。入学

してくる生徒の中学校での成績はほとんどが9教科で45点の満点

とのことです。私学の強豪校が多い福岡で東筑が勝ち抜いてきたこ

とに感心しました。

 今日のゲームは5回表まで東筑が4-2とリードしていましたが、

その裏に逆転され、10-4で敗れました。

 第三試合は静岡の藤枝明誠が三重の津田学園と対戦、延長11

回明誠がサヨナラ負け。両校は1980年代開校の私学です。

2017年7月17日 (月)

磐田東 一時12点差を逆転。サヨナラ勝ち

 夏の高校野球県大会、シード校の磐田東は今日の2回戦から登場し、静岡大成と対戦。
 1回表に1失点。その裏1番打者のレフトスタンドへのホームランなどで逆転。しかし、2回に3失点、3回は投手が打ち込まれ野手は次々とミスを重ねて10失点。この時点で2-14で12点差でした。シード校が5回コールド負けという新聞の見出しが頭をよぎりました。
その後、3回裏から毎回得点で差を縮めました。

2017_07170015
リリーフ陣が4~8回無失点。8回裏の3点で遂に逆転!

9回に1点を失い同点で延長戦に。そして11回裏、走者2,1塁から
右中間への長打でサヨナラ勝ちしました。

2017_07170020
              決勝点

2017_07170022
試合終了時のスコアボード。16x-15。安打23-19
ラグビーのようなスコアです。

 磐田東はシード校の意地と実力を見せて辛勝しましたが、課題の多すぎるゲームでした。登板した投手は何人だったでしょうか。6,7人いたでしょう。信頼できるエースが不在ということでは3回戦以後が心配です。守りの軽率なミス、バントの成功率の低いことなど・・・。次戦の浜松湖北戦以降厳しい戦いが続きます。初の甲子園
まであと5試合です。

2017_07170021 2017_07170024
サヨナラ勝ちの瞬間の応援団  勝利の校歌を歌う

2017年7月 9日 (日)

浜松でも高校球児の夏始まる

 高校野球静岡県大会は昨日午後開会式と1回戦1試合。今日は県下各地の球場で1回戦が行われました。
 浜松球場でも開始式に続いて聖隷クリストファー vs浜名の1戦が行われました。

 1点差で追いつ追われつの緊迫した試合を制したのは浜名でした。
3対3の同点の9回裏満塁から1球目のスクイズがみごとに決まってサヨナラ勝ちでした。

 浜松での初戦で両校とも市内の学校ということで、朝から多くの観客がスタンドを埋めていました。

002 001
一塁側聖隷スタンド     三塁側浜名スタンド

より以前の記事一覧