2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2018年10月16日 (火)

男の料理教室

 ASN(アクティブ シニア ネット)の男の料理教室は今日で第110回、10年になります。
 今日の担当は料理が得意なIさんでした。10人が3グループに分かれて調理開始。

メニュー
①牛肉しぐれ煮うどん ②茄子の挽き肉はさみ揚げ

①牛肉しぐれ煮うどん
  1人100㌘の牛切り落とし肉を食べやすく切り、鍋でタレと生姜の千切りと一緒に煮立てます。汁がなくなるまでゆっくり煮詰めます。
 うどんは湯がきをして水気を切っておきます。
 器にうどんを盛り、牛肉のしぐれ煮とわかめ、青ネギ、卵、板かまぼこを盛りつけてタレをかけます。

Img_9384_2 Img_9390
     牛肉しぐれ煮       牛肉しぐれ煮うどん

②茄子の挽き肉はさみ揚げ
 まず「あん」を作ります。鶏挽き肉・長ねぎ・生姜・しょうゆ・こしょう・
酒・片栗粉をボールに入れて粘りができるまで混ぜます。
 茄子をカットしてあんを真ん中に挟むようにします。

Img_9379 Img_9378
   できあがったあん      カットした茄子

Img_9383 Img_9393
あんをはさんだ茄子を揚       できあがり
げます

Img_9392_2
しぐれ煮は白飯にもよく合うのでごはんも少し炊いて
食べてみました。とてもよく合いました

しぐれ煮は作り置きしておくといざという時に重宝しそうです。

2018年9月19日 (水)

男の料理教室

 第108回の料理教室の参加者は7名と近年最少でした。3人と4人に分かれて行いました。

メニュー
①回鍋肉風の肉野菜炒め
②冷たいわかめスープ
③白飯

という簡単な内容でした。1人当たりの作業量も少なくいつもより早くできあがりました。

Img_2883_2

Img_2884 Img_2885

インスタ映えしなくて残念です。

2018年9月11日 (火)

松戸の梨「かおり」

 今年も千葉県松戸から幻の梨「かおり」が届きました。大きいものは1個1㎏以上あります。名前のとおり香りが強く、ジューシーです。生産量が少ないため市場ではほとんど流通しないようです。
 袋がけしないで栽培するため肌がやや汚れているように見えます。 

Img_2838 Img_2841
2段で14個入りです
1個700~750㌘あるので10㎏を超えています。

1個で直径12センチ、高さ11センチ程度あります。

まだ青いのですが、肌が黄色くなるのを待ってからいただくことにします。楽しみです。

2018年8月28日 (火)

男の料理教室

 ASN(アクティブ シニア ネット)の同好会の一つである「男の料理教室」は105回を迎えました。今日の担当は調理師免許を持つOさんでした。参加者12名。
 メニューは・・・
①芋焼酎でスピード煮豚
②煮豚の煮汁で油うどん
③塩もみきゅうりと豚肉の炒め物

Img_8790
Oさんがていねいに作ってくれた
レシピで説明しています
(新津協働センター調理室で)

Img_8793 Img_8792
       煮豚        きゅうりの炒め物は珍しい

Img_8794_3
 油うどん  きゅうりと豚の炒め物  スピード煮豚

 Oさんには野菜の切り方、ネギの刻み方、肉の筋切りなどを教わりました。

 これまでにない新しいメニューを楽しむことができました。

2018年8月18日 (土)

nicoe ニコエ

 ニコエはうなぎパイでおなじみの春華堂が浜北区染地台にオープンした集客施設です。和の職人の技を生かしながら、「お菓子の新しい文化とスタイルを発信するスイーツ・コミュニティ」です。

 様々なお菓子の製造・販売だけでなく、子どもの遊べるルーム、外に出るとユニークなスタイルの造形や木々の緑など、楽しい空間が用意されています。入場無料。

Img_2768 Img_2769
     エントランス       エントランスから続く

Img_2759
     ネットのある部分までは登って行けます

Img_2760 Img_2758
    △テントは休憩所

Img_2762 Img_2763
    中庭のグリーン     レストラン入り口前

Img_2767_2
       季節の和菓子の見本の一部

 今日のランチはイタリアンブッフエで。ピザ・パスタ・ケーキなど目の前で調理されたおししいごちそうをいただきました。

2018年8月10日 (金)

今週の「一品」

 最近キッチンに立つ機会が多くなりました。一昨日(8日)と今日の
一品です。

〈フレッシュトマトソースのニョッキ〉::8日

 じゃがいもを柔らかく茹でて潰し、片栗粉を混ぜて一口大に握り小さなボールにして茹でます。これがニョッキです。
 トマトはオリーブ油・砂糖・塩で形が少し残るくらいまで煮ます。
 ゆであがったニョッキを皿に盛り、トマトソースをかけ、削ったチーズをふりかけてできあがり。

Img_2745
     白いのがニョッキ。なかなか美味でした。

〈ナスと鶏肉の梅照り焼き〉

 鶏もも肉をフライパンで焼きます。途中からナスとししとうを加えて炒めます。酒・みりん・しょうゆに種をのぞいて包丁でたたいた梅干しを加えてたれをつくります。フライパンの肉やナスにたれをふりかけてからめます。 

Img_2746
   梅の酸味が食欲をそそる夏向きの一品でした

以上の2品はNHK「きょうの料理」のレシピによるものです。

2018年7月24日 (火)

男の料理教室

 第107回は他の行事と重なったこともあって参加者8人でした。
メニュー
 ・サラダうどん
 ・豚肉ロール巻き煮込み
 ・コーンのかき揚げ
 サラダうどんはキュウリ・トマト・オクラ・アボカドとゆで卵を乗せて、美しく夏らしいさわやかな味でした。
 豚肉ロール巻き煮込みは主として私が担当したのですが、昨日から夏ばてで集中力に欠け、完全に失敗しました。ロール巻きではなく、「野菜炒め」に、煮込みではなく「焼肉」でした。

Img_7978
                余った野菜のかき揚げ
          サラダうどん     ロール巻き(中央)とコーンのかき揚げ

画像は他のグループの調理したものです。

 

2018年7月21日 (土)

土用の丑の日

 昨日7月20日は土用の丑の日でした。晴天が続くこの季節、わが家では毎年梅干しの天日干しをします。

Img_7964_2
今年は10㎏ほど漬けたのでこれはその一部です

Img_7965 Img_7966

丑の日には毎年ウナギをいただきますが、今年はウナギ弁当です。浜名湖養魚漁業協同組合の店舗で製造・販売しています。

Img_0927 Img_0928

 ウナギ資源の急激な減少が大きな問題になっています。この冬はシラスウナギの採取量が過去最低で、養鰻池に投入された量が少ないため来年の今頃は出荷されるウナギが少なく、価格がさらに高くなるでしょう。
 一部の養鰻業者は養殖しているウナギの太化(ふとか)に取り組んでいます。一匹のウナギを時間をかけて大きく生長させて出荷することによってウナギの不足をカバーしようというものです。肉厚で皮がかたくなるため、調理法に工夫が必要だとされています。

 浜松はウナギ産地として有名でしたが、養鰻池はほとんど見られなくなりました。高価なウナギを気楽にいただくことができなくなりました。

 売れ残りのウナギが大量に廃棄されているという報道もありました。今年はどうだったのでしょうか。

2018年6月21日 (木)

第106回 男の料理教室

 今回のメニューのコンセプトは、伊佐地の農園で5月に収穫したジャガイモ「キタアカリ」を食材とするということでした。参加者は9人。
メニュー
 肉じゃが・茄子の生姜焼き・味噌汁・デザート(ふかしジャガイモ)
肉じゃが
Img_7344 Img_7348
   ジャガイモは大きめにカット       フライパンで炒めます
 
茄子の生姜焼き
Img_7346 Img_7345  
長茄子を縦割りにして切れ目を入れ     すりゴマ、炒りゴマなどを
フライパンで焼きます              使った漬けダレが絶妙でした
Img_7351 Img_7352
    おいしい肉じゃが           たれとネギを振りかけた茄子
Img_7353 Img_7355
      豆腐の味噌汁               ふかしジャガイモ 
いずれもおいしくできてすてきなメニューでした。

2018年5月24日 (木)

男の料理教室

 今日の男の料理教室第105回は珍しく洋風のおいしい料理でした。
 メニューは・ハンバーググラタン と ・オニオンスープ でした。

ハンバーググラタン

 合い挽き肉、玉ねぎ、パン粉、溶き卵などを練り混ぜて小判型にまとめ、フライパンで焼きます。
 ソースはワイン・チーズ・ケチャップ・ウスターソースなどを合わせて煮詰めます。

 Img_7125 Img_7127
   ハンバーグを焼きます      ソースを煮詰めます

Img_7131_2
チーズを載せ、ブロッコリーとしめじを付け合わせます
オーブンで数分焼いてできあがり

オニオンソース

薄切りの玉ねぎにチーズを加えレンジで加熱した後、さらにフライパンで炒めます。溶かしたブイヨン、醤油などで味を調えます。
 スープ皿に入れてフランスパンを浮かべ、オーブンで焼きます。

Img_7132_2
              できあがり

Img_7133_2
        とてもおいしくいただきました

より以前の記事一覧