2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »

2021年3月

2021年3月31日 (水)

2021サクラだより⑫浜松フラワーパーク 満開のサクラとチューリップ

 フラワーパークのソメイヨシノは3/26日に満開になりました。それから4日目のフラワーパークは少し散り始めていましたが、まだしっかり咲いています。見ごろは今週中は続くでしょう。チューリップは様々な種類があって見事です。フラワーパークが一番輝く時です。

Img_7491 Img_7521

Img_7550_20210331211901 Img_7553

Img_7558 Img_7559
       中央がサクラの谷入り口            サクラの谷

Img_7573 Img_7542
      しっかり咲いています        斜面の茂みではツツジが満開

2021年3月30日 (火)

2021サクラだより⑪船明ダム湖畔の「サクラトンネル」

 天竜川を堰き止めた一番下流の船明(ふなぎら)ダムの湖畔にサクラ並木があり、「サクラトンネル」と呼ばれています。ダムと天竜球場の間の遊歩道のサクラが満開になっています。風が吹けばひらひらと花が舞い落ちますがまだ満開が続いています。今週中は大丈夫でしょ。 
 コロナがなければ皆さんお弁当を持ちよって食事を楽しむのですが・・・。ゲートから

Img_7610_20210330215001 Img_7614
                          二つのゲートから放流中

Img_7635Img_7636

Img_7641_20210330215401Img_7651
                  ダムの東を走る国道 152号線線沿いのサクラ並木

2021年3月26日 (金)

2021サクラだより⑩浜松城公園

 穏やかな春の日、浜松城公園ではサクラが見ごろを迎えていました。日本庭園の枝垂れ桜はまだ頑張って咲き残っていました。ソメイヨシノは7分から3分咲き。全体としては見ごろを迎えています。満開は週明けでしょうか。
 浜松城公園駐車場は出入り口が一方通行になっています。午前9時過ぎには余裕がありましたが、10時ごろにはかなり混んでいました。

Img_7375 Img_7371
            枝垂れ桜

Img_7400 Img_7405
                            サクラの中の家康像

Img_7389 Img_7392
              美術館横

Img_7386
         サクラの下でシャガが咲いていました

 

2021年3月25日 (木)

2021サクラだより⑨浜松市営グランド

 市営グランドには自由広場の周囲、野球場の一塁側、陸上競技場の周囲、駐車場の南などにソメイヨシノなどの立派な木があります。
 大島桜などはすでに満開、ソメイヨシノは2分から5分になっています(3/24午後)。昨年はお花見はできませんでしたが、今年もしないで連自感染者が出ている状況でお花見はできません。ウォーキングをしながらついでにサクラを見る程度しかできなくて残念です。
 見ごろは今週末から月末でしょう。同じごろに四ツ池の周囲のサクラも見ごろでしょう。

Img_7357_20210325111901 Img_7356
       陸上競技場南口付近          野球場一塁側スタンド横

Img_7358 Img_7359 
      陸上競技場アップ用           自由広場球場側

 

2021年3月23日 (火)

2021サクラだより⑧浜松フラワーパーク 世界一美しいサクラとチューリップ

 「世界一美しいサクラとチューリップ」はフラワーパークのキャッチフレーズです。3月半ばから4月下旬にかけて、早咲きのサクラ、ソメイヨシノ、八重桜が次々に咲き、そのサクラの下でカラフルなチューリップが咲いているという美しい風景を眺めることができます。今年はサクラの開花が早く、すでにその風景を見ることができます。3/22午後の撮影です。

Img_e7250 Img_7256

Img_7257 Img_7241

Img_7235 Img_7276 
       サクラの谷の入り口付近      斜面ではツツジが満開

2021年3月21日 (日)

アーモンドの花

浜松フルーツパークのアーモンド園で美しい花が見ごろになっています。柿園とぶどう・いちご園などの間の斜面です。

Img_7169 Img_7170

Img_7164

2021年3月17日 (水)

2021サクラだより⑦浜松で次々と開花

 暖かい日が続いてあちこちで開花しています。

市営グランド

Img_9195  Img_9191
    一塁側スタンド最上部付近         ネット裏付近の大島桜

わが家の枝垂れ桜

Img_0249

万葉の森公園

Img_7102 Img_7103 

Img_7108 Img_7107
      万葉資料館2階ロビーから
 
    

2021年3月15日 (月)

2021サクラだより⑥浜松城公園

 暖かい日が続いてサクラの開花が早くなっています。浜松のサクラ開花宣言は間もなくでしょう。
浜松城公園のサクラは、枝垂れサクラで開花が進み、ソメイヨシノは一部で開花しています。今週末から見ごろが始まるでしょう。

日本庭園の枝垂れ桜

Img_7072 Img_7091

Img_7082

ソメイヨシノ

Img_7066

 

2021年3月14日 (日)

2021サクラだより⑤万葉の森公園の枝垂れ桜

 ソメイヨシノの開花が全国的に早く、3/12広島、3/13福岡、そして今日3/14には東京で開花しました。浜松では今週末でしょう。
 ソメイヨシノよりも開花の早い枝垂れ桜が開花しています。浜北区の万葉の森公園の枝垂れ桜です。
 今日現在5分~6分咲き。今週後半には満開になるでしょう。
 午後1時ごろ、駐車場は満車でした。
Img_7018Img_7022
                        展示室2階ロビーから

Img_7060 Img_7058
          正門入り口から

2021年3月11日 (木)

「花桃の里」の花桃

 「花桃の里」は天竜区の道の駅です。船明ダム湖畔にあります。湖上に架かる赤い橋は「夢の懸け橋」と呼ばれています。その橋のたもとと
橋を渡った対岸、道の駅の左にある丘の上の「花桃の里ガーデン」で花桃がほぼ満開になっています。(3/11)
 花桃は比較的長持ちするので来週の平日がおすすめです。
Img_6980 Img_6982

           道の駅

Img_6991 Img_6992
          夢の懸け橋          船明ダム湖と152号線

Img_6999 Img_7002

花桃の里ガーデン

Img_4937_2 2017_03200060_2
        (2018年撮影)               (2017年撮影)

2021年3月 8日 (月)

わが家の庭で咲く春の花

春3月、わが家の庭でも春の花がいろいろ咲いています。

ボケ(木瓜)

Img_6937 Img_6933
ピンクから白までいろいろな彩り。葉がありません。時折メジロが止まっています

クリスマスローズ

Img_6918 Img_6915

ツバキ                   シクラメン

Img_6939 Img_6941

間もなく枝垂れ桜やハナミズキが咲いてくるでしょう。

 

2021年3月 2日 (火)

浜松フラワーパークは春の装い

 弥生3月になりました。弥生=やよい=いよいよ 生い茂る・・・草木の芽吹きが進む時で、弥生と聞くだけで春を感じます。
 3/1 浜松フラワーパークは、もう春の装いでした。早咲きの桜、梅、チューリップ、ツツジなどが咲いています。よく晴れた日に園内を歩くと汗ばむほどです。

早咲きの桜 ひな桜、舘山寺桜、おかめ桜など
Img_6863 Img_6852
             モノレールの両側で咲いています

Img_6850 Img_6853

梅林
Img_6838 Img_6835

ツツジとチューリップ

Img_6841 Img_6898 

2021年3月 1日 (月)

弥生

 今日から弥生 3月です。弥生は「いや おい」です。いよいよ草木が芽吹いて生い茂る。春が来たことを感じさせるすてきな言葉です。
1年前のブログを見てみました。そこで私が書いたのは、①コロナ感染の拡大 3月に入って全国の陽性者が1000名を超えたこと。県内は1名、浜松では0。
 まだ流行の始まりでした。しかし・・・。②シニアクラブの例会中止 ③うたごえ同好会の例会中止 ④学校の休校 ⑤卒業式の来賓招待中止
⑤マスク、トイレットペーパーの品切れ。
 あれから1年、④と⑤以外は今年も同じです。シニアクラブはこの1年、12回の例会をはじめほとんどの活動を停止したままです。うたごえも月2回の例会を中止したままです。市内の感染者は2/28現在1005名で遂に1000名を超えました。市内で専用病棟を持つ中核医療施設でクラスターが発生し、連日感染者が増えています。
 この1年を振りかえってみると、私自身の生活の営みが丸一年止まってしまったという感じです。美術館も市の美術館4回だけ、コンサートは1回。文化芸大の聴講は年間を通じて中止。自治会の諸活動もすべて中止。飲み会は3/5が最後でその後はゼロ。ジュビロの現地応援ゼロ。ASN(アクティブ シニア ネット)の活動には、例会・漢字研究会・農園での野菜づくりや柿園での作業などに参加しています。その他の外出は、スーパーやドラッグストアでの買い物のほか、市内の公園での花の取材などです。市中心部へは年間数回出ただけです。
 新しい生活スタイルを確立することができないまま一年が過ぎました。

 ワクチンの接種は的確な見通しがつかない状況です。かかりつけの医院で接種の予定ですが、いつのことになるのか・・・。コロナの収束までにはまだ半年以上かかりそうです。

 

« 2021年2月 | トップページ | 2021年4月 »