2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 咲き始めた「春の妖精」:浜松フラワーパーク | トップページ | ようやく開花:河津桜と紅梅 »

2021年2月 2日 (火)

民芸運動発祥の地で咲くウメ

 浜松市東区有玉南町にある高林家のお屋敷の東隣で今年も梅が咲いてきました。1月になって寒さが厳しかったこともあって、例年よりも遅い開花です。梅園には数十本の古木がありますが、2/1現在ではそのうちの一部で開花しています。

Img_6227 Img_6223

Img_6242_20210202165801 Img_6222_20210202170301

Img_6228 Img_6243
     梅園の左高い木立が高林邸   高林家の長屋門 国の登録有形文化財 1803年建設

 高林家は江戸時代に大庄屋を務めていました。14代の高林兵衛は明治~昭和の実業家で、多様な活動の記録があります。
その一つが民芸運動の支援です。柳宗悦と親交があり、柳と相談して1931年に高林家の敷地内に日本民芸美術館を建設しました。わずか2年で閉じましたが、日本の民芸運動の歴史に残る貴重な実績です。

 

« 咲き始めた「春の妖精」:浜松フラワーパーク | トップページ | ようやく開花:河津桜と紅梅 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 咲き始めた「春の妖精」:浜松フラワーパーク | トップページ | ようやく開花:河津桜と紅梅 »