2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »

2021年1月

2021年1月31日 (日)

咲き始めた「春の妖精」:浜松フラワーパーク

 寒さの厳しい日が続いて開花が遅れていた「春の妖精(スプリング・エフェメラル)」がようやく咲いてきました。「春の妖精」は春先に花が咲き、夏の頃まで葉をつけてその後は地下で過ごす植物のことで、セツブンソウ・フクジュソウ・イチリンソウ・カタクリなどが含まれます。フラワーパークでセツブンソウとフクジュソウが咲き始め、春の気配を感じさせています。
 1/31午前、好天に恵まれて多くの人が園内を散策していました。セツブンソウとフクジュソウはいずれもサクラの谷で咲いています。皆さん次々とカメラやスマホで撮影していました。
 明日から2月、春の足音が聞こえてきます。

セツブンソウ

Img_6196 Img_6200  

フクジュソウ

Img_0187 Img_0186
             フクジュソウは日差しがないと開花しません 

Img_6201
サクラの谷:中央部でフクジュソウ、左の斜面でフクジュソウ 

舘山寺サクラ

Img_0198 Img_0200 
                開花が進んできました

Img_0210_20210131211301
     画面中央部にメジロ

2021年1月25日 (月)

浜松まつり開催決定

 1/22の浜松まつり組織委員会で、今年の浜松まつり開催を決定しました。その内容は①凧揚げだけで、屋台引き回しは中止 ②1-5日の5日間で参加町を分散。各町は2.5日参加 ③凧揚げは無観客で行う。糸切合戦、ラッパ・笛、飲酒は禁止。④劇練り中止 ⑤会所開き、前夜祭などの会場では参加者の名簿管理の徹底と飲食の禁止。
 これまでの浜松まつりとはまったく違うスタイルのまつりになります。「凧揚げ大会」という雰囲気でしょう。これだけの制約の中でも、何とかして2年ぶりで初子の凧を揚げたいという各町の皆さんの熱意は伝わってきます。コロナの感染状況が悪化すれば中止になることも考えられます。
 私は一昨年まで毎年昼・夜それぞれ参加して楽しんできましたが、今年はコロナに弱いとされる高齢者であることを考え、参加を見合わせようと考えています。資料は静岡新聞です。

_20210123-2

2021年1月24日 (日)

ブラタモリ「呉」

 1/23日に放送された「ブラタモリ 第174回」は呉でした。お題は「呉~”戦艦大和のふるさと”呉はどうしてできたか」でした。
呉は私の生まれ故郷です。生まれた町がどのようにとらえられるのか、興味を持って観ました。
 呉と言えば旧軍港、そして戦艦大和です。番組もそこから始まりました。呉の町は北の灰ヶ峰を中心にして三方を低い山に囲まれ、南だけが海に向かって開けています。そして南側の瀬戸内海には数々の島々があり、港の出入り口を封鎖した感じになっています。
 市街地が狭いため、東西の山の手に向かって住宅地が広がり、急な階段を登って行くことになり、その様子が紹介されました。
 私が生まれた家は、中心部の右手を少し入ったところでした。市内電車が走る本通を右折して坂道を登ったところです。家の前には道路がなく、石段を登った記憶があります。高台ですから座敷の縁側から灰ヶ峰などはよく見えました。車も自転車も使えません。家の南側にわが家の借家が2軒ありました。その借家の南側の窓からは軍港がよく見えます。しかし・・・窓から軍港を見るのはスパイ行為だということで、昼間でも雨戸は締め切りになりました。市内には田んぼや畑はありませんでした。
 幼稚園には坂を下って街中を横切り、中心部の西側まで通いました。国民学校は坂を下って間もなくでそれほど遠くはありませんでした。
 というわけで、タモリが紹介してくれた呉の地形についての話に、自分の記憶と重ねながら共感した次第です。
 私の生まれた家は、1945年7月1日夜半からの大空襲で灰燼に帰しました。私たち一家はその年3月から安芸津町に疎開していたので無事でした。その後,呉市内東部の町で生活することになりました。
 数年前、呉を訪ね、生家の近くまで行きましたが、正確に探し出すことはできませんでした。大和を建造した旧海軍工廠の近くへも行きました。「この世界の片隅に」に登場する場所も訪ねました。

 「ブラタモリ」を観ながらいろいろなことを思い出しました。

2021年1月22日 (金)

寒中の浜松フラワーパーク

 1/20は大寒でした。最低気温は-0.2℃で大寒らしい冷たい朝でした。1/21は寒さが和らぎ、午後には気温が15℃近くまで上がって暖かい日になりました。年の初めから気温の低い日が続いているため、フラワーパークでは春の兆しが遅れています。暖冬の昨年はこの時期に咲いていた節分草がまだ豆粒ほどのつぼみです。梅園の梅もほとんど咲いていません。
 バラ園の横で舘山寺サクラが咲いていてここだけは春の風情でした。

サクラの谷の節分草

Img_6158 Img_0375_20210122163301
  中央上の白いのがつぼみ         昨年1/16 同じ場所で
  開花は月末でしょうか

舘山寺サクラ

Img_6175Img_6178
         フラワーパークで生まれた早咲きのサクラです
         サクラの向こうがバラ園です

ロウバイ 園内各所で咲いています

Img_6161 Img_6160
         ロウバイ園で          動物園近くの水鳥の池付近で

菜の花とチューリップ 正面入り口付近

Img_6151_20210122164201 Img_6153_20210122164301  

Img_6155 

2021年1月17日 (日)

サクラ・ウメ・ロウバイが咲く「みどりーな」

 新年早々に厳しい寒さに見舞われた後、この2,3日暖かい日が続いています。「みどりーな」(南区大塚町)では熱海サクラ・紅梅・ロウバイが咲いています。メジロがサクラの蜜を盛んに吸っていました。春はまだ遠いのですが、わずかに兆しが見えています。

熱海サクラ
Img_0152 Img_0159

紅梅とロウバイ

Img_0180 Img_6123
         紅梅は池の畔で         ロウバイはロウバイ園などで

Img_6136 Img_6122

ジャノメエリカ
Img_6119_20210117201101  

2021年1月10日 (日)

厳冬の浜名湖ガーデンパーク

 浜松では最低気温が氷点下になる日が続いています。厳しい寒さの中で今年初めてガーデンパークを訪ねました。県外ナンバーの車も散見され、かなりの入園者でした。
 午後2時頃でしたが、花の美術館の池には溶けかかった氷が残っていました。朝は全面凍っていたことでしょう。
 花木園では早咲きのサクラが咲いていました。梅はまだ一輪も咲いていません。ガーデンパークが推奨している青いシクラメン=セレナーディアはしっかり咲いています。場所は花の美術館・花の庭の入り口の手前です。

 春はまだ遠いガーデンパークです。

早咲きのサクラ

Img_6064_20210110173001 Img_6059

Img_6060 Img_6065

水の庭の氷

Img_6087 Img_6088_20210110173301

青いシクラメン

Img_6073 Img_6079
            「青」と言うよりは赤紫に近い感じです

2021年1月 9日 (土)

凍り付いた朝

 今日1月9日は寒さ厳しい日でした。浜松の最低気温は-3.5℃。ここまで下がるのは数年に一度です。朝9時過ぎ、家の近くの四ツ池に行ってみました。四つの池は全面ではありませんが、一部が凍っていました。凍てつく中で釣り糸を垂れている人が10人以上いました。

二の池

Img_6035 Img_6029_20210109213701

Img_6034 Img_6046

三の池                  四の池

Img_6048 Img_6047

2021年1月 7日 (木)

七草粥

今日は七日正月。松の内も今日までです。
今朝は七草粥をいただきました。7種の野菜や野草を刻んで入れたお粥です。
7種の野菜や野草を春の七草と称します。
セリ・ナズナ(ぺんぺん草)・ゴギョウ(母子草)・ハコベラ(はこべ)・ホトケノザ(こおにたびらこ)
スズナ(かぶ)・スズシロ(だいこん)です。この順番で覚えるのが一番楽です。
七草粥を邪気を払い、万病を除く占いとして食べる風習は古代からあったようですが、今の七草が文献に見えるのは14世紀半ばの南北朝の頃です。
江戸時代はに武士から庶民まで広く定着して、将軍以下すべての武士が七草粥を食べていました。
わが家の七草はスーパーで買ってきたものです。親指ほどの大根、うずらの卵ほどの蕪、そして5種類の野草。
JA三島函南の商品です。1パック430円でした(税込み)。大根と蕪が1個100円、野草がそれぞれ50円という勘定になります。
大根や株は野島農園で今収穫できますが、5種類の野草を自分で揃えて採取するのはなかなか難しいことです。

七草粥をいただいて、コロナウイルスの消滅を祈りました。

追記:七草には秋の七草もありますが、春よりも秋の方が古くて、万葉集にも盛んに登場します。
   ミナエシ・スキ・キョウ・デシコ・ジバカマ・ズ・
   オスキナフクハ と覚えます。

Img_6007 Img_6010

 

2021年1月 3日 (日)

新しい年の初めに

 正月三が日が終わろうとしています。遅ればせながら明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い申し上げます。
「何となく、今年は良い事あるごとし。元日の朝晴れて風なし。」啄木  浜松では冷たくて強い風が吹いていましたが、いい天気でした。
 正月になってもコロナは下火になるどころかますます拡大しています。これほど人に会わないお正月は初めてです。千葉在住の息子や孫たちも帰省を諦めました。昨年の正月からもう1年、オンライン以外では会わないでいます。静かなわが家でした。
 毎年2日には浜松西高の新春の集いと学年会、3日には島田でクラス会があって出かけたのですが、今年は全て中止で、ほとんど家に籠っていました。
 昨年はコロナ禍で私の人生で初めて歩みが止まった感じがしました。今年は前に向いて歩みたいと思いますが、それもコロナが収束に向かわないことにはできません。一日も早い収束を願うばかりです。

 このブログを始めたのは2008年4月27日です。この春で13年目になります。これまでにアップした記事はこの記事を含めて4498。年間平均345本アップしたことになります。最近は間隔があいていることが多くなりましたが、2年前まではほぼ毎日アップしていました。
 花や風景の写真など画像中心のブログという特色があります。皆さんに画像を通じて情報を提供するという趣旨です。
 現在このブログにアップされている画像は43,021枚です。毎月約280枚、1日平均10枚近くになります。過去にアップした画像の一部は削除していますが、13年前の画像も含めて過去の記事や画像はこのブログで見ることができます。ブログの左サイドに「バックナンバー」という欄があります。この「バックナンバー」をクリックしてずっと下に行くと、2008年4月があります。それをクリックしてください。当初の記事が出てきます。

 これまでにこのブログを見てくださった方は568,579人です。

 これからもできるだけいろいろな情報をお伝えしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。

 今回の画像は暮れにASNの仲間で竹を切り出して作った門松です。孟宗竹や梅の小枝、笹、南天などを同じ場所で調達して帰宅後、自己流で
組み立てたものです。わが家の門前を飾っています。

Img_5908 Img_5921_20210103212901

Img_5924_20210103213001 Img_5925

 

 

« 2020年12月 | トップページ | 2021年2月 »