2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 2020紅葉だより⑱万葉の森公園 | トップページ | ジュビロ最終試合 »

2020年12月18日 (金)

浜松市美術館 館蔵品展

 先日館蔵品展を見てきました。浜松市美術館は7,000点を超えるコレクションを所有しています。今回はその中から新収蔵品を含めて47点が出品されています。
 今回の目玉は岸田劉生の作品4点です。市美にとっては貴重な宝物です。中でも<草と赤土の道>は劉生の傑作として有名な国重文<道路と坂と塀>を思わせる構図です。浜松の作品が1915年6月18日、重文が同年11月5日の制作で、浜松の作品の方が5か月早く制作されています。
 そのほか、アクトシティ大ホールの緞帳の原画、宇佐美圭史の<ホリゾント>が目を引きます。コンサートやイベントの時に見慣れた絵です。
 この夏に市美で個展が開かれた仲山計介の作品4点が新収蔵です。そのうち<彩秋>は屏風12面の大作です。

 会期はあと2日、20日までです。70歳以上は無料です。名残の紅葉を見ながらどうぞ。

_20201218-3 _20201218-4
      岸田劉生<草と赤土の道>       宇佐美圭史<ホリゾント> 

 

 

 

« 2020紅葉だより⑱万葉の森公園 | トップページ | ジュビロ最終試合 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020紅葉だより⑱万葉の森公園 | トップページ | ジュビロ最終試合 »