2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 秋晴れの万葉の森公園 | トップページ | 美しいコスモスが見ごろの浜名湖ガーデンパーク »

2020年10月15日 (木)

~革新する工芸~手の愉悦展

 静岡文化芸大を会場として現在開催中の展覧会です。
静岡県にゆかりのある工芸家30余人の作品が展示されています。分野は陶芸・染織・漆芸・金工・ジュエリー・木工・ガラス・硯石の7つです。
各分野で伝統的技法と現代的感覚の融合の試みが見られて興味深いものがあります。陶芸の分野でも、9人の陶芸家の作品はそれぞれ明確な個性があります。
 会場は西玄関を入ってすぐ右側のギャラリーで、外の歩道から中の様子が見えますし、会場には外の景色や光が入って作品に映っています。
フロアには白くて丸いシールが点々と貼ってあります。この線をたどると、静岡県の輪郭線になります。作品は入り口付近が県西部の浜名湖から天竜で、作家の活動拠点に従って作品が配置されています。奥へ進むと遠州灘からする側へ、さらに伊豆半島へと進みます。面白い発想です。
 金工のジャンルでは文化芸大の山本一樹教授の作品も出品されています。
 コロナ禍で長い間一般の市民の入構を禁止していた大学が半年以上ぶりで校内の一部をを開放しました。私はおよそ1年ぶりで 10/14 午後1時半ごろに行きましたが、あいにく知っている方には会うことができませんでした。

 会期は10/25(日)まで 土日も無休 10:30-18:00 入場無料

Img_4192 Img_4223
         金工 山本一樹                 陶芸

Img_4196_20201015214501 Img_4220
            漆芸                   木工

Img_4203_20201015214701 Img_4231_20201015214701
              染織                七宝

Img_4195_20201015214901 Img_4205
           会場入り口     

 

 

« 秋晴れの万葉の森公園 | トップページ | 美しいコスモスが見ごろの浜名湖ガーデンパーク »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋晴れの万葉の森公園 | トップページ | 美しいコスモスが見ごろの浜名湖ガーデンパーク »