2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ

« 美しいコスモスが見ごろの浜名湖ガーデンパーク | トップページ | ジュビロ快勝 3-1 群馬 »

2020年10月23日 (金)

「国芳から芳年へ」:浜松市美術館

 幕末の浮世絵師歌川国芳と月岡芳年をはじめとする弟子の作品150点の展覧会です。国芳は武者絵で大成功し、その後幅広い分野で多くの作品を残しました。猫好きな国芳は様々な猫の絵を描いています。そのほかいろいろなアイデアに富む作品があって楽しめます。芳年の作品は20点。最後の浮世絵師と言われた芳年(1839-1892年)は幕末から明治前半の人で、残酷なシーンを描いた血なまぐさい作品が目につきます。浮世絵の多様な内容と様々な技術を見ることができます。すべての作品が撮影可能です。
 土日はかなり混みます。市美のHPで混雑度がわかるようになっていますのでご利用ください。

Img_4313 Img_4343
        国芳<相馬の古内裏>      国芳<里すずめねぐらの仮宿>
                        人の顔がすべて「すずめ」

Img_4335 Img_4339  
         国芳<亀喜妙々>        国芳<としよりのよふな若い人だ>                         顔や手は人の体の集合体

 

« 美しいコスモスが見ごろの浜名湖ガーデンパーク | トップページ | ジュビロ快勝 3-1 群馬 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しいコスモスが見ごろの浜名湖ガーデンパーク | トップページ | ジュビロ快勝 3-1 群馬 »