2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

2020年3月29日 (日)

浜松市営グランドで開花進む

 市営グランドでは22日に開花を確認しました。その後開花が進んでいます。
撮影は3/28午後です。

野球場一塁側入場口付近の大島桜

Img_8758Img_8751

Img_8742 Img_8741

陸上競技場入口付近

Img_8746Img_8747

自由広場北口

Img_8757

 

2020年3月27日 (金)

浜松でサクラ開花

 東京では3/13に開花してすでに満開を過ぎているとのこと。静岡では今日3/27に開花宣言が出ました。浜松では3/25頃から開花しています。満開は4月はじめでしょう。

浜松城公園

Img_1451 Img_1450  
               ソメイヨシノは何本かの木で咲きはじめています

Img_1488Img_1489
            日本庭園の枝垂れサクラは一部で咲いています 

Img_1478 Img_1480_20200327212901
                       シャガ

Img_1444_20200327213001 Img_1498
           ヤマブキ                 ツバキ

 

 

 

 

2020年3月23日 (月)

浜松まつりの中止決定

 今日午後に開かれた浜松まつり組織委員会役員会で正式に中止が決定されたとのことです。濃厚接触の場面が多いなど、予想されたこととは言え、残念です。各参加町では中止を視野に入れながら粛々と準備を進めてきたものと思います。今週末に始まる会所開きで正式に組織的な動きが目に見える形で進むはずでした。ここまでせっかく準備してきたのに、各組の役員やなによりも初子の家族の皆さんにとっては本当に無念でしょう。
 市民にとってもこれからの大きな楽しみがなくなって残念です。
 中止は9年前の東北大地震以来のことです。

2020年3月22日 (日)

万葉の森公園の春の花

 万葉の森公園(浜北区)で春の花がいろいろ咲いてきました。

枝垂れ桜

Img_1390 Img_8719
高い部分でかなり咲いてきましたが全体としてはこれからです

カタクリ

Img_8713 Img_1375
               小さくてかわいいカタクリです

イカリソウ

Img_1395 Img_1397

Img_1382 Img_1380
           アミガサユリ               アセビ

Img_8716 Img_1378_20200322202301
                   ニワウメ

 

 

2020年3月21日 (土)

第125回 男の料理教室

 ASN(アクティブ シニア ネット)の男の料理教室、今月は料理の得意なIさんの担当でした。
メニュー
 ①七目炊き込みご飯 ②鯛の煮つけ ③蕗の炒め物 ④小蕪の酢漬け

今が旬の食材を使った、春らしいすてきなメニューでした。

七目ご飯の七目とは、筍・ごぼう・人参・椎茸・竹輪・油揚げ・さやえんどう です。
これらの食材をそれぞれ幅、厚さとも1~3ミリの大きさに切り刻みました。

Img_1355 Img_1368
           鯛の煮つけ            七目炊き込みご飯

Img_1362 Img_1361
   左上:小蕪の酢漬け  右上:蕗       11人が3班に分かれて調理中

おいしくいただきました。料亭の和食ランチの趣でした。

2020年3月19日 (木)

浜名湖ガーデンパークの春の花

 浜名湖ガーデンパークでは早咲きのサクラは終わっていましたが、ソメイヨシノが咲く前にいろいろな花が咲いていました。

ベニハスモモ

Img_1294Img_1304
               小さな紅色の葉と、小さな白い花

ベニバナトキワマナンサク

Img_1307 Img_1306

Img_1321 Img_1311
               ミモザ               菜の花

 Img_1337Img_1336
                 クリスマスローズ

Img_1341 Img_1342
       かわいいフジツツジ         花が大きい吉野ツツジ

明日3/20から浜名湖花フェスタが始まります。はままつフラワーパークとともに
春の花が百花繚乱の美しい風景を見ることができます。

 

 

2020年3月18日 (水)

花桃の里

 天竜区の道の駅「花桃の里」で花桃が見頃を過ぎようとしていました。道の駅から徒歩数分登って丘の上に出ると花桃の畑が広がっているのですが、この日は夢の架け橋付近だけ。コロナウイルスのため、花桃まつりは中止です。

Img_1278Img_1279

Img_1280Img_1281

Img_1283Img_1285

Img_1286Img_1275
                       万葉の森公園の枝垂れ桜は

                       先端でわずかに数輪開花

2020年3月14日 (土)

わが家の庭の春の花

 久しぶりのわが家の花です。少々手抜きをしていることもあって、咲く花は年々少なくなっています。それでも春の花がいろいろ咲いています。

Img_1261Img_1260
                                花ニラ                                               ムスカリ

Img_1262 Img_1264
                 クリスマスローズ

Img_1267Img_1271

Img_1266 Img_1252
           アセビ                 スイセン

Img_1250 Img_1269
             紅椿                   侘助

東京では今日3/14、史上最速でサクラが開花したとのことです。雪が降る中でのサクラです。
浜松ではサクラの開花までまだ数日かかりそうです。

 

 

2020年3月12日 (木)

浜松まつり 実施?中止?

 新型コロナウイルスは終息するどころか世界中に広がり、WHOは遂にパンデミックを宣言しました。国内でも連日50名前後の感染者が出ており、右肩上がりで増加しています。袋井では市内で行動した神奈川県の男性が感染者であることがわかり、大騒ぎになっています。県内の感染者はまだ二人ですが、隣の愛知県では100名を超えており、浜松に近い岡崎や蒲郡などの三河でも感染が広がっています。
 今、浜松市民の大きな関心の一つは、浜松まつりが実施されるかどうかということです。5月3日に始まるまつりまであと50日。新しい感染者が右肩下がりで減少してくればいいのですが、そのような可能性は今のところ見られません。

 200万人を超える人出がある大規模なイベントですから、実施の可否について早めに決定しないと大変です。9年前の東北大震災の時は地震発生後1週間の3月18日に中止を決定しました。私はその日にこのブログで事実を伝えました。アクセス数は約2,000、このブログの最高記録です。浜松の人たちにとってもっとも気なることなのです。

 そして、今。日に日に深刻さを増す事態に次第に諦めのムードが出始めています。人と人との直接接触の機会が非常に多いまつりですから、感染者がいればたちまち濃厚感染が予想されます。静岡まつりは昨日、中止が発表されました。

 浜松まつりの実施の可否についての決定は3月23日とのことです。残念ながら、「やはり」ということになりそうです。

2020年3月 9日 (月)

はままつフラワーパーク 早咲きのツツジが満開

 八重桜の並木道の動物園側の斜面で、早咲きのミツバツツジが満開になっています。

Img_1215 Img_1216

Img_1217 Img_1212

            

Img_1206 Img_1211
           スミレ                   レンゲ

Img_1200 Img_1186
           アセビ          福寿草はほぼ終わりです

2020年3月 7日 (土)

はままつフラワーパーク 梅からサクラへ

 開花の早かった梅は一部を残して咲き終わりました。河津桜などの早咲きの桜もほぼ終わって、ソメイヨシノの開花が待たれる今日この頃です。あと10日もすれば開花するでしょう。

咲き残った梅園の梅

Img_1162 Img_1164

雛八丈=フラワーパークで生まれた早咲きの桜

Img_1171 Img_1172

大漁桜

Img_1182 Img_1183

チューリップ

Img_1188 Img_1185

3月20日から浜名湖フラワーフェスタが始まります。その準備として園内各所でチューリップの
植栽が行われています。あと2週間でサクラとチューリップの競演が見られるでしょう。
楽しみです。

 

 

 

 

2020年3月 4日 (水)

新型コロナウイルスをめぐって

 日本の新型コロナウイルスの感染者がついに1000名を超え1022名になりました(クルーズ船を含む)。連日20人前後が新たに陽性と判定されており、終息の見通しはありません。県内の感染者はクルーズ船の1名にとどまっていますが、隣の愛知県では32名を数えており、浜松の隣の三河でも感染者が出ています。私の周囲でも日常の生活や活動にいろいろな影響が出ています。

1 シニアクラブ例会の中止
  3月19日に予定していた例会を中止することにして、会員にはただちに文書でお知らせしました。不特定ではなく会員限定で数十名参加する
 例会ですが、高齢者の会合ということもあり、中止にしました。予定していた講話の講師にも中止を伝えてあらためてお願いすることにしました

2 うたごえ例会の中止
  3月6日の例会を中止しました。会員60名前後が参加して2時間で25曲前後歌うのですが、マスクをして歌うこともできません。連日報道される感染情報で、人が集まるところにはいきたくないという心理も強く働いています。会員には役員が手分けして電話で中止を伝えました。

3 学校の休校
  2月27日午後6時半ごろ、夕食の最中にテレビにニュース速報が・・・。3月2日から小中高と特別支援学校ははすべて休校にという安倍首相の要請が伝えられました。全国の学校の校長さんや教員の皆さんは一瞬凍り付いたのではないかと思います。登校日は翌日の28日しかない。授業を展開しながら同時進行で休校中の対策を練り、児童・生徒の下校までに方針を定めて印刷物を用意する。教委や学校の幹部職員はほぼ徹夜の状態ではなかったでしょうか。

4 小中学校の卒業式の来賓招待中止
  これまで9年間参列してきた地元の小中学校の卒業式ですが、今年は来賓の招待はとりやめという連絡がありました。地域の子どもたちをお祝いしてあげたかったのですが、残念です。

 マスクやチレットペーパーの品切れ
  今日もスーパーの売り場を見ましたが、マスクもトイレットペーパーも相変わらずまったく置いてありません。トイレットペーパーの品切れに気づいたのは1日のことでした。ティッシュペーパーボックスも含めて、紙製品は品切れのままです。マスクがないため、ガーゼが売れてこれも品切れです。

 感染はまだまだ続きそうで春の選抜も無観客で行うことになりました。プロ野球、Jリーグ、大相撲、Bリーグなどのプロスポーツも先の見通しがついていません。日本経済、地域経済が深刻なダメージを受けることは必至です。

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »