2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018年12月31日 (月)

2018年を振り返る

 大晦日の夜です。年越し蕎麦をいただき、紅白を観ています。この後は日付の変わる頃、地元の氏神様にお参りしておいしい蕎麦と御神酒をいただき、多くの地域の人たちと新年のあいさつをします。

 今年もあと3時間。この1年を手短に振り返ります。

1 健康
  10月2日・・・82歳の誕生日を迎える10日前にガン検診を受けました。2016年までは20年続けて人間ドックを受けていたのですが、2017年は受診を怠りました。人間ドックでは血液検査の大部分が毎月通っている地元の医院の検査と同じなので、今年はガン検診にしました。

 結果は・・・特に異常なし。体の内部には問題になるところはありませんでした。血圧は120~0。HbA1cは6.0前後。胃や腸、肺にも異常はありませんでした。とりあえず合格です。

 膝の炎症で階段の下りや下り坂が苦手で、歩くスピードも落ちていますが通常の生活には大きな支障はありません。とりあえず元気で新しい年を迎えることができます。

2 地域で
  この一年もいろいろな役割を務めました。シニアクラブでは、わが町のクラブの会長として3年目、4月からは地区の10クラブのまとめ役になりました。会員は700人を超えています。連合会長というだけでいくつかの充て職がつき、思いの外忙しくなりました。人生100年時代を生きる元気なシニアのみなさんと楽しく活動しています。

 そのほかに町づくりの会の役員や自治会相談役としての任務もあります。

 6年前の自治会長時代に創設した「みんなで歌う会」は今日で終わって、明日からは同好会のうたごえサークルとして再出発します。50人を超える入会者があり、私が引き続きまとめ役を務めます。

3 仲間と

  ASN(アクテイブ シニア ネット)のメンバーとは1年を通じていろいろな活動をしました。恒例の月例会や料理教室、ウオーキングなどのほかに、放課後児童会の支援や農園での作業、柿園での作業などを仲間で行いました。

 文化芸大の聴講生の仲間・・・ミレーの会は12年目を迎えました。
美術館めぐりの旅は10回目。信州を訪ねました。8月下旬、閉館間近の名古屋ボストンを訪ねました。仲間で毎年のように訪ねて楽しんだボストンの閉館は寂しいことでした。

 私にとっては特に波乱もなく終わろうとしている2018年です。来る年も平和で楽しい年でありますように!!

2018年12月30日 (日)

今年もあと一日

 明日は大晦日・・・1年の過ぎるのが本当に早いと感じています。年ごとに時間が加速度的に過ぎているのではないかと思うほどです。毎日ほとんど退屈することはなく、新鮮な日々を過ごしています。

 年の暮れのこの季節に取り組むことは決まっています。年賀状は28日に投函しました。昨日から今日にかけては大掃除です。わが家ではガラス拭きが私の仕事です。最近は薬剤や洗剤を使わずに簡単にガラス拭きができる道具があって、便利です。浜松で考案され、製造・販売されています。
 今日はお正月を迎えるための食材の買い出しに行きました。9時オープンのスーパーは10時前にほぼ満車で混み合っていました。大半の客が1万円以上のお買い物。店の売り上げは大変なものです。
 注連飾りとおそばは明日購入します。
 明日はこの一年をゆっくり振り返ってみることにします。

2018年12月29日 (土)

浜松国際ピアノコンクール後日譚

 第10回を迎えたコンクールは一次予選から人気が高く、入場者数が過去最高を記録するなど大盛況のうちに終わりました。コンペティターのレベルも高かったという評価で、コンクールそのものが高い評価を得ています。
コンクールが終わってひと月が過ぎましたが、コンクールのHPでは最近になっていろいろな人のインタビュー記事がアップされています。
最新の記事は小川審査委員長のインタビューです。審査に当たって審査員同士の話し合いは一切なかったことや、コンペティターの学歴や受賞歴、指導者などの情報は一切発信しないことにしたこと、優勝したチャクムルについての高い評価、語学も含めてビジネスに必要な能力を持っていることなど、多方面にわたって興味深い発言をしています。
優勝したチャクムルのインタビューも内容豊かで感心させられます。
牛田智大のインタビューも興味深い内容でした。3年前、浜松でのアカデミーに出場した際、中村紘子さんが見ている前で演奏中に倒れて演奏ができなくなったことについて聞かれたことに対する彼の回答が興味深いものでした。今回のコンクールに出場した経緯についても語っています。
コンクールのHPでぜひ一読してください。

 

 

 

 

 

 


2018年12月28日 (金)

門松作り

 

毎年恒例になっている門松作りです。伊佐地の畑に10時に集合。10人を超える仲間が参加しました。
 畑の横にある竹林で孟宗竹を切り出しました。台風24号で折れた竹があるので、それを利用することにしました。

 太い竹の中に立てる3本の竹も畑の横から切り出した竹で作りました。
 中を飾る梅の枝や竹の葉、南天も畑の近くにあります。松は参加したメンバーから五葉松をいただきました。これで材料は揃ったので帰宅して門松を作りました。

Img_0898 Img_0899
       打ち合わせ            孟宗竹の切り出し

Img_0902 Img_0903

Img_0907 Img_0908
                 畑で作業中

Img_0911_2
           それぞれきれいに切り出しました

Img_0924 Img_0926
     わが家の門松        南天・五葉松・竹の葉・梅

梅の枝にはつぼみがあるのでそのうち咲くでしょう。

みんなで楽しみながらお正月を迎える準備ができました。

2018年12月27日 (木)

2018年のスポーツニュースから

 今年もスポーツの世界で様々なニュースがありました。私の中で強く印象に残っているのは次の5つの話題です。
1 大谷翔平の活躍
  エンジェルスに入団した大谷は新人王を獲得するなど1年目から大活躍でした。彼の出場する試合はほとんどのゲームがNHK BSで放映されました。午前中の予定がなくて在宅の日はテレビ中継を見るのが楽しみでした。
 後半は投手としての出場ができなくなりましたが、打者として出る場合は毎日のように見ることができるので楽しむことができました。
 体力・身体機能・打撃の技術などいずれも人並みはずれた能力を持っているほか、人柄の良さ、真面目さなどの優れた人間性も画面からよく伝わってきます。今後がますます楽しみです。
2 羽生結弦 五輪2連覇
 足の負傷にもめげないでみごとに連覇を果たしました。その強靭な精神力、自分の考えをしっかり持ち、それを確かな表現で人に伝えるみごとなコミュニケーション能力は頭の良さ、育ちの良さをうかがわせます。
 故障をしっかり治して来年以降も世界をリードする活躍をしてほしいものです。
3 広島カープのリーグ優勝
  セ・リーグでは3連勝しました。うれしいことです。しかし・・・日本一にはなれませんでした。
丸が巨人に移った現在、「タナキクマル」は「キクマル」になってしまいました。
 丸の抜けた穴をみんなでカバーして常勝広島を築きいてほしいものです。
4 ジュビロ J1残留
  先日も書いたとおりです。ジュビロのおひざ元の磐田市ではこのニュースが市の10大ニュースのトップになっています。
5 スポーツ界の不祥事
  スポーツのいろいろな分野で表面化したパワハラ、暴力、ずさんな組織運営など、日本のスポーツ界の負の側面が次々と露呈して大きな社会問題になりました。この一年の一連の「事件」が教訓となって、選手ファーストのスポーツ界になることを期待します。

2018年12月26日 (水)

ストロー人形作り:瑞穂放課後児童会

 ASN(アクティブ シニア ネット)では夏や冬の休みに瑞穂小学校の放課後児童会に毎年おじゃまして子どもたちと楽しい時間を過ごしています。今回は「ストロー人形作り」です。
 市販のストロー3本とタコ糸を使って腕が動く人形を作りました。約60人の子どもたちが13のグループに分かれ、われわれのメンバー18人が分散して指導にあたりました。
 いざ作業を始めてみるとなかなかうまくできません。腕をつける角度、タコ糸の長さなどの微妙な調整は低学年の子どもたちには大変でした。
 真ん中のストローには切れ込みを入れて子どもたちがそれぞれ描いた顔を挟みます。

Img_0746 Img_0749
        作り方の説明            頑張って作っています

子どもたちが作ったストロー人形はすてきです

Img_0806 Img_0803

Img_0804 Img_0807

Img_0819 Img_0823

人形作りが終わった後、5人のメンバーがマジックや科学実験、チンドン屋などを披露しました。子どもたちは大喜びでした。

2018年12月25日 (火)

春に先駆けて咲く花:はままつフラワーパーク

 新しい年まであと1週間・・・はままつフラワーパークでは春に先駆けて咲く花があります。
蝋梅

Img_6393_4

Img_6360 Img_6397_3

 香り高い蝋梅が園内のあちこちで咲いています。吊り橋西の蝋梅園、バラ園の南の早咲き桜の谷などへどうぞ。

Img_6350_2
                  梅一輪 <八重寒紅>

Img_6356_2 Img_6355_2
                     十月桜

Img_6365_2
                     ハナナ

Img_6349 Img_6347
                   梅園の水仙

元旦には早咲きのチューリップと菜の花が迎えてくれるでしょう。

ウィーンのお土産 

 知人からすてきなお土産をいただきました。ウィーン・プラハ・ブダペストを訪ねたとのこと。美術館巡りやコンサートなどすてきな旅だった様子でうらやましい限りです。

_20181224_0001_0002_2

    クリムト <接吻(恋人たち)> (絵葉書) ベルヴェデーレ宮殿
来年、クリムト展が東京都美術館で4月から開かれるので楽しみです。

2_20181224_0001_2
 ウィーンのベルヴェデーレ宮殿はバロック時代の代表的な建築物として世界遺産に登録されています。内部は8世紀にわたる美術品を展示する美術館になっています。中でも、クリムトやエゴン・シーレの作品で知られています。
 上の画像はこの美術館のパンフレットの一部です。左の絵はクリムトの<ユーディット、中央上は有名なデヴィッド<サン・ベルナーレ峠を越えるナポレオン>です。

ザルツブルグのチョコレート

_20181224_0001_2

                 モーツァルトですね。

 お土産をありがとうございました。いつか「土産話」を聴きたいとおもいます。

2018年12月23日 (日)

2018年を振り返る②美術展

 今年は見た美術展は30で例年に比べて少なくなっています。特に東京へは一度しかでかけていません。

その中で印象に残ったのは次の4つの展覧会です。

草間彌生展:5月・松本市美術館

 松本生まれの草間彌生の集大成とも言える充実した展覧会でした。入り口前の野外展示の作品から始まり、全館に草間ワールドが展開されていました。

至上の印象派展 ビュールレ コレクション:名古屋市美術館 8月

 世界有数のプライベート・コレクションから印象派を中心に64点の傑作が展示された優れた展覧会でした。改修が終わった名古屋市美の開館30周年記念展でした。

フェルメール展:上野の森美術館 11月

 この秋もっとも話題を集めた展覧会です。フェルメールの作品が初来日したのが1968年。今年はそれから50年になります。
 30数点しかない彼の作品のうち8点が出品されています。来日した作品は23点になりましたが、私が見た作品はそのうち20点です。
彼の作品のほか、同時代のオランダの画家の作品が多数出品されています。
 国内では珍しく日時指定のチケットも話題になっています。

岸田劉生展:豊橋市美術館・8月

劉生の全画業を振り返ることができるすぐれた展覧会でした。おなじみの麗子像をはじめとする人物画、静物画、風景画などに分けて展示されていました。

 東京ではムンク展・ルーベンス展なども行われていますが、観る機会はなさそうです。
 来年はクリムト展・ゴッホ展・奇想の系譜展などを観たいと思っています。

 

 

2018年12月22日 (土)

2018年を振り返る①ジュビロ磐田のこの一年

 今シーズン終盤のジュビロはサポーターの胃が痛くなるような展開で心配しました。プレーオフでなんとかJ1残留を決めましたが、目指したところとは全く違う不出来でした。
 2連敗でシーズンは始まり、最初の勝利は3月10日FC東京との一戦で2-0でした。W杯のため7月から8月にかけて中断があったのですが、その後に状況は急速に悪化しました。
 名古屋に0-6、エスパルスに1-5と惨敗し、得失点差は一挙に悪化しました。
 その後、台風で延期された湘南戦に1-0で勝ち、広島戦で3-2と逆転勝利したことがJ2転落を免れる貴重な勝ち点6になりました。
今シーズンのジュビロは34試合で10勝11分13敗でした。勝ちゲームはわずかに10でそのうちホームが7でした。 得点35 失点48 得失点差-13.失点が去年よりも18も増えています。得点力が低いことと、守備力が落ちたことが苦戦の原因でした。


 アダイウトンやムサエフの長期離脱、俊輔の度重なる故障などの予期しない事態も苦戦の全日本原因の一つです。


 ジュビロの全盛時代を懐かしく思い出しています。1997年から2002年です。ジュビロから日本代表を10人出した時代です。2002年は26勝1分3敗でリーグ優勝。日本代表チームよりも強いと言われたチームでした


 来年に向けてかなりの補強が必要です。若い力を育てることも急務です。


 今日は来年のシーズンシートを購入しました。ネットで30分かかりました。つらい思いをしなくてもいいように祈りながら・・・。


Img_48071 Img_96301
初勝利 3/10  2-0東京           10/30   1-0湘南

Img_0025_21_2

                11/3  3-2広島

Img_05101_2

            プレーオフ 2-0ヴェルディ

2018年12月21日 (金)

三ケ日へ、三ケ日で

 40日ぶりで三ケ日を訪ねました。この前訪ねたのは、50年前の教え子たちを案内した時でした。今回の目的は14日から販売が始まった三ケ日特産の青島ミカンを購入することでした。

Img_0692_2 Img_0724_2
   JA三ケ日の直売店          青島ミカン 優M 5㎏

直売店にはひっきりなしに買い物客が訪れていました

帰路、久しぶりに「なつめ」に寄りました

Img_0709_2 Img_0700
                  蔵茶房 なつめ

Img_0704 Img_0706
      沖縄珈琲のリーフティー    焼き菓子 イチジクソース

Img_0713 Img_0712
                 表に出ると紅葉が

Img_0718_2
           店内から穏やかな浜名湖が見えています

三ヶ日町津々崎の国道沿いです。

2018年12月19日 (水)

2018紅葉シリーズ⑰名残の紅葉:浜松城公園 は

 浜松城公園の日本庭園付近ではみごとな紅葉が見られます。

Img_0665_2

Img_0669 Img_0667

Img_0672_2

Img_0682

Img_0683_2 Img_0686_2

紅葉はまだ続きますのでどうぞ。

2018年12月18日 (火)

2018紅葉シリーズ⑯名残の紅葉 四ツ池公園

 今年もあと2週間足らずになりました。暖かいのでお正月が近いという感じがしません。近くの四ツ池公園では紅葉の見頃が続いています。

Img_0647_2

Img_0646 Img_0650

Img_0652_2

Img_0651_2 Img_0656

Img_0638_2

Img_0639_2 Img_0642

Img_0657_2
                   鏡のような水面です

四ツ池公園の紅葉はお正月になっても残っています。

2018年12月17日 (月)

師走の浜名湖ガ-デンパーク

 師走に咲いている花は多くありません。この季節に一番目に付くのはサザンカです。

Img_0636_4

Img_0634_2 Img_0637_2

バラ

Img_0593

Img_0592_2 Img_0590_2
                    東西水路沿いで

Img_0625_2 Img_0626_3 

Img_0627_2 Img_0628_3
                     花の庭で

そのほかに・・・

Img_0594_2 Img_0623_2
          皇帝ダリヤ                 ホトトギス

Img_0587_2 Img_0635
         イチゴの木                  ツバキ

2018年12月16日 (日)

ガーデンパークの青いシクラメン

 浜名湖ガーデンパークでおなじみの「青いシクラメン」の植栽が終わり、美しく咲いています。「青いシクラメン」はサントリーが開発した品種です。寒冷なこの季節に屋外の路地で栽培されるのは珍しいとのこと。

Img_0614_2

Img_0596_2

Img_0606_2 Img_0599

Img_0608 Img_0603

Img_0611_2
      場所は百華園の一番奥のクリスマスローズの小径です

青いシクラメンは年明けから春先まで咲き続けます

Img_0618_2 Img_0615_2  
  クリスマスローズはまだ一輪だけ    スノードロップが咲いています

2018年12月15日 (土)

おかえり呉線

 7月の西日本豪雨災害で大きな被害を受けて運休していたJR呉線が今日15日に全線開通しました。
 呉線は山陽本線海田市と三原を結ぶ87㎞のローカル線です。実質的には広島と呉を結ぶ重要な路線です。
 今日開通したのは東半分の安浦と三原間44㎞です。この間70か所が寸断されていました。
 呉線は私が中学校時代に3年間通った路線です。当時はSLの時代でした。広~安浦を走る列車からは瀬戸内海が見えました。

 大学入学後もしばらくは呉線で広~広島を通っていました。
 
 7月の豪雨で呉線が壊滅的な被害を受けたことを知って心配していました。呉から広島へは多くの学生やサラリーマンが通っています。JRで通学や通勤ができなくなって皆さん大変苦労したでしょう。
 年内の開通は無理と言われていたのですが、懸命な作業が行われて163ぶりの開通になりました。
 そして、今日の開通をみんなで祝う「おかえり呉線プロジェクト」が行われたとのこと。
呉線沿線に地元の皆さんが並んで手を振り、通過する電車を祝いました。’海側’に並ぶという指示が出ていたようです。場所によっては波打ち際を走るところもあるのですが、いかにも呉線らしいと思います。
 呉線沿線の皆さんはこれでようやくお正月を迎えることができるでしょう。

2018年12月14日 (金)

年賀状の季節

 今年も年賀状の準備をする季節になりました。一時は900枚を超えた賀状を年々減らして今年は450枚の予定で、先日年賀はがきを購入してきました。喪中はがきを約50枚いただいているので、その分減らしてあります。思い切って減らしたのですが、いただいた賀状には
返信をしなければいけないので、年明けの1週間は追加の賀状を出す作業に追われそうです。
 近年、年賀状をやめるというお知らせをいくださる方が2,3あるのですが、私は今のところやめることができないでいます。一年に一度、元気でいることのあかしをお知らせしたいという気持ちです。

 賀状の文面はようやくできました。今年は約330字の近況報告です。余裕を持って投函できそうです。

2018年12月13日 (木)

師走のはままつフラワーパーク

 1ヶ月間半ぶりのフラワーパークです。紅葉も終わり、花がほとんどない季節・・・人影もほとんどなく寂しい園内でした。

Img_6293
              なごりの紅葉がわずかに

Img_6294_2
                    人影はありません

スマイルガーデン

 12月4日から植栽が行われていろいろな花が植えてありました。すでに花が咲いているものもありますが、春になるとみごとなお花畑になるでしょう。

Img_6287  Img_6283

今咲いている花

Img_6292_2
                       サザンカ

Img_6300  Img_6301
        ツワブキ                 モミジの紅葉

バラ園で

Img_6317_2

Img_6311 Img_6307
        黒真珠              クールビューティ

Img_6315 Img_6323_3
          宴                 ブラックアイ

Img_6320 Img_6325
           高雄               アンダルシアン

 バラがまだまだ咲いています

Img_6330 Img_6332
   大温室はクリスマスバージョン          噴水ショー

2018年12月12日 (水)

そば打ち

 毎年行っているそば打ちを今年もしました。畑でのそば打ちはやめたのですが、そば粉を買って打つことにしました。
 そば粉1㎏小麦粉250gを2回に分けて打ちました。

Img_0561_2 Img_0563_2
  粉を篩いにかけます      丹念に混ぜます

Img_0564_2 Img_0568_2
水280gを3回に分けて注ぎ   円錐形のできあがり
全体にまんべんなく行きわ
たるように混ぜます

Img_0570_2 Img_0572_2
       広く、丸く伸ばしていきます

Img_0575 Img_0576
最後は四角にしていきます   専用の包丁でカットします

何度やってもなかなか上手にいきませんが、できあがったそばは、
ざるそばと天ぷらそばでいただきました。
自分で打ったそばは格別の味でした。

2018年12月11日 (火)

干し柿作り

 9日に柿の産地、浜北区大平(おいだいら)で次郎柿と渋柿を買ってきました。次郎柿は木で完熟した実で、この時期が一番おいしいとのこと。「千円袋」を作ってもらいました。家に帰ってから数えると大きい柿が22個入っていました。本当に甘い柿です。

 渋柿は17㎏買ってきました。数えてみると55個でした。一つ300㌘以上ある巨大な渋柿です。
 さっそく渋柿作りに挑戦。少し柔らかいのもあるので、ピラーではなく包丁で皮を剥きました。皮を剥いた柿にスプレーで焼酎を噴射した後、ヘタの部分に巻いたひもを竿にかけ、干します。

Img_0551_2 Img_0558

Img_3400 Img_3402

甘くておいしい干し柿ができますように!

2018年12月10日 (月)

2018紅葉シリーズ⑮四ツ池公園

 わが家のすぐ近くの四ツ池公園で紅葉が見頃になっています。まだ青い葉もあるのでしばらく大丈夫でしょう。

Img_6264

Img_6276_2

Img_6274 Img_6278

Img_6256 Img_6254

Img_6259 Img_6271

Img_6262_2

2018年12月 9日 (日)

ジュビロ勝利の余韻

 昨日のプレーオフで快勝してJ1残留を決めたジュビロから一夜明けて、今日は朝からその余韻に浸っていました。まず朝刊2紙のチエック。静岡と朝日です。

静岡

Img_3395_2 Img_3397_2
       1面            スポーツ面

Img_3396_5
              社会面

朝日

Img_3399_2
             スポーツ面

 静岡地方面では “全員が一丸 来季もJ1”という記事

コンビニで3紙買ってきました

中日

Img_3391_4
  1面 静岡に比べて大きい扱いです。東海本社が浜松にあるこ  とが関係しているのでしょう

Img_3392_5
             スポーツ面
 社会面でも、”サポーター歓喜の大合唱” ”覚悟のPK決めた”の記事

ニッカンスポーツ:扱いが一番大きい1面・終面・5面で報道

Img_3393_4
                 1面

Img_3394_4

5面でも大きな扱いでした。

スポーツ報知

 1面は岩隈の巨人入りのニュース。さすが読売系です。ジュビロの記事は2面と静岡版です。

Img_3390_2
                 2面

午後からは昨日のゲームの映像をDAZNで見ました。PBや試合後のインタビューを含めると約3時間に及ぶ放送です。CMがなく、いろいろな情報やデータが提供される便利な放送です。録画をしておかなくてもいつでも見ることができます。ジュビロが完勝したゲームを後で振り返って見るのは楽しいものです。

 名波監督が来季も続けるというニュースが流れています。うれしいことです。

2018年12月 8日 (土)

ジュビロ J1残留決定

 J1参入プレーオフでジュビロは2-0で東京ヴェルデイを完封し、J1残留を決めました。

Img_0510

   前半41分、小川航のPK、後半35分、田口のみごとなFKで2点。
シュート数は13-2でした。

 両チームの実力差が明確に見えた一戦でした。特に前半はジュビロが前から積極的に攻めてボールを確保し、一方的な展開になりました。しかし・・・ボールを支配して攻め込んでも流れの中でゴールが生まれない今年のジュビロを象徴するような試合展開でした。
 前半のヴェルディのシュートは0で失点の心配はほとんどありませんでした。

 後半に入って、ヴェルデイは攻勢に転じましたが、シュートはわずかに2本。そして後半35分・・・ジュビロはゴール前のフリーキックを
田口が壁の隙間にみごとに決めて2-0。3点を失わない限り残留が決定することになり、イレブンは勝利を確信したと思います。 

Img_0498 Img_0506
ゴールシーンに喜ぶ 1点目      2点目

Img_0522 Img_0526
    試合終了後、サポーターと共に勝利を喜ぶ

1週間前の土曜日の悲劇から今日まで、サポーターは落ち着かない日々を過ごしていました。中には体調不良になる人もいました。

今日の勝利でみんな元気になりました。

名波監督は負ければ辞任するつもりだったと語っています。
残留が決まったので続投してほしいのですが・・・。

2018年12月 7日 (金)

シニアクラブ料理教室

 わが町のシニアクラブの一つに「料理教室」があります。年に2,3回不定期に開かれます。先日久しぶりの料理教室参加しました。
 メンバーは15人いるのでこれまでは2グループに分けて行われていたのですが、今回は14人が一緒でした。会場は町内の管理栄養士の先生のお宅のキッチンです。14人のうち男性は3人でした。

メニュー

①〈前菜〉きのことアボカドの和風サラダ
②〈主食〉きのこの炊き込みご飯
③〈主菜〉サンマのチーズ焼き
④〈副菜〉フルーツおろしなます
⑤〈副々菜〉かぶとにんじんのクリーム煮
⑥〈季節のスイーツ〉さつま芋とりんごの重ね煮

〈サンマのチーズ焼き〉
 男性3人でチャレンジしました。サンマは1人1匹。

・頭、内臓を取り除いて水洗い。
・骨を取り、指で身を手開きして半分に切る。
・梅干しの果肉をサンマの身にはりつけ、大葉をちぎってのせる。
・身を閉じて片栗粉をまぶす。
・フライパンで焼く
・チーズをのせる。その上にミニトマトをのせる。

Img_3370 Img_3373

Img_3374 Img_3380
                    サンマの骨のカリカリ焼き

Img_3382_2
  炊き込みご飯             サンマのチーズ焼き

Img_3383 Img_3387
さつまいもとりんごの     柿とりんごとおろし大根の
重ね煮              なます

Img_3375_2

どれもおいしくできました。試食のため一部を家に持ち帰りましたが
家族に好評でした。次はわが家で実践します。

2018年12月 6日 (木)

2018紅葉シリーズ⑭栄林寺・玖延寺

栄林寺(天竜区二俣町二俣116)

Img_6237
紅葉の隙間から二俣川と二俣の町並みが見えます

Img_6230 Img_6222

Img_6225 Img_6221
      二俣大橋を渡ってすぐに右です
来週はじめまでは見頃が続くでしょう。

玖延寺(二俣町阿蔵524)

Img_6248_2

Img_6251_2
          モミジと蔵とドウダンツツッジ

Img_6244_2

Img_6252 Img_6240

紅葉はこれからが見頃です

2018年12月 5日 (水)

2018紅葉シリーズ⑬二俣城址

 12月5日午後、天竜区では気温が24.6℃まで上がっていました。陽光もたっぷりで歩くと汗をかくほどの異常な陽気でした。
 二俣城址では息を呑むようなみごとな紅葉が見られました。

Img_6218_2

Img_6219_2

Img_6193

Img_6171 Img_6180

Img_6199_2

Img_6185 Img_6189
   天守台からの展望  天守台から見えた天竜川

駐車場は6台分です。土日は厳しいかもしれません。
10,11日まで見頃が続きそうなので、その頃がチャンスかもしれません。

2018年12月 4日 (火)

2018紅葉シリーズ⑫浜松城公園

 今朝9時過ぎ、雲の隙間から陽光が差してきたので急いで車で出かけました。目的地は浜松城公園です。その前に所用で成子町まで行ってから浜松城公園駐車場へ。・・・ところが、駐車場に着いた時には空一面に厚い雲。日射しはなくなっていました。というわけで色鮮やかでない紅葉です。

Img_0423_3

Img_0442_2

Img_0441 Img_0458

Img_0461_2

Img_0459 Img_0464

Img_0449
 園内各所で紅葉しています。これで日射しがあれば美しい紅葉を楽しむことができます。今月中旬まで楽しめますので、明日以降、日射しがたっぷりの日にお出かけください。

帰りに公園内のスタバで一服しました。

Img_0474 Img_0486

Img_0478 Img_0482
スタバのテラスから見た紅葉

Img_0475
ドリップコーヒーと
グランベリーブリスバー

2018年12月 3日 (月)

防災訓練

 12月第1日曜日は毎年総合防災訓練の日です。12月2日、朝5時に家を出て訓練会場に向かいました。近くの市営グランド駐車場ですから歩いて数分で行けるのですが、なにしろ外は暗闇。LEDのカンテラを提げて気をつけて歩きました。

 町内の通常の訓練は午前8時45分に始まるのですが、今年は消防団の方面隊訓練の場所に指定されたため、早朝に実施される訓練に参加することになったのです。

 5時前から消防団各隊の消防車や隊員が集結し、住民がバケツを叩いて「火事だ!火事だ!」と大声で知らせることから始まって訓練が展開されました。

 今回は車内に閉じ込められた住民の救出と車両火災の消火という設定のようでした。

Img_3352_2

Img_3358 Img_3361
     負傷者救出        車両火災消火

Img_3363_2
    訓練を終えて報告。参加した団員約140名

 一般町民は約30人が参加、バケツリレーの後、訓練を見学しました。夜が明け始めた頃に訓練が終わりました。

 一休みして通常の総合訓練に参加、朝から忙しい一日でした。

 日本中で色々な災害が多かった今年ですが、幸いわが町は津波や水害、液状化の心配はない地域で目立った被害はあっりませんでした。しかし、常に災害に備えておくことが必要で自助と共助を基本とすることを確認した訓練でした。

2018年12月 2日 (日)

2018紅葉シリーズ⑪法多山

 法多山尊永寺の紅葉はこれからが見頃です。紅葉は境内の遊歩道の各所にあります。

Img_6153_2

Img_6158_2

Img_6144 Img_6133

Img_6146 Img_6156

Img_6147 Img_6157
                 茶店でいただいた名物の
                 厄除け団子 これで400円

民間の駐車場が多くあって、呼び込みをしています。100円です。
午前11時前までは木立で日射しが遮られるので、正午頃以降の方がいいでしょう。

2018年12月 1日 (土)

ジュビロ 逆転負けで入れ替え戦へ

 J1リーグの最終戦、ジュビロは優勝を決めている川崎と対戦、圧倒的に攻められながらがまんをして後半33分、大久保が見事に決めて先制しました。しかし、その5分後、CKから失点。1-1のまま終われば他会場の結果は関係なくJ1残留が決まる状況でした。

 ロスタイムは4分。すでに3分が過ぎたところでマイボールを得たのですが、それをキープできず、オウンゴールで1-2。残り何秒かの時間帯に逆転されて残念ながら負け。悲しすぎるドラマでした。
 家族でDAZNを見ながら応援したのでしたが・・・。

 他会場の結果、13位のジュビロが16位に転落して、8日の入れ替え戦に出ることになりました。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »