2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2018年を振り返る①ジュビロ磐田のこの一年 | トップページ | ウィーンのお土産  »

2018年12月23日 (日)

2018年を振り返る②美術展

 今年は見た美術展は30で例年に比べて少なくなっています。特に東京へは一度しかでかけていません。

その中で印象に残ったのは次の4つの展覧会です。

草間彌生展:5月・松本市美術館

 松本生まれの草間彌生の集大成とも言える充実した展覧会でした。入り口前の野外展示の作品から始まり、全館に草間ワールドが展開されていました。

至上の印象派展 ビュールレ コレクション:名古屋市美術館 8月

 世界有数のプライベート・コレクションから印象派を中心に64点の傑作が展示された優れた展覧会でした。改修が終わった名古屋市美の開館30周年記念展でした。

フェルメール展:上野の森美術館 11月

 この秋もっとも話題を集めた展覧会です。フェルメールの作品が初来日したのが1968年。今年はそれから50年になります。
 30数点しかない彼の作品のうち8点が出品されています。来日した作品は23点になりましたが、私が見た作品はそのうち20点です。
彼の作品のほか、同時代のオランダの画家の作品が多数出品されています。
 国内では珍しく日時指定のチケットも話題になっています。

岸田劉生展:豊橋市美術館・8月

劉生の全画業を振り返ることができるすぐれた展覧会でした。おなじみの麗子像をはじめとする人物画、静物画、風景画などに分けて展示されていました。

 東京ではムンク展・ルーベンス展なども行われていますが、観る機会はなさそうです。
 来年はクリムト展・ゴッホ展・奇想の系譜展などを観たいと思っています。

 

 

« 2018年を振り返る①ジュビロ磐田のこの一年 | トップページ | ウィーンのお土産  »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年を振り返る②美術展:

« 2018年を振り返る①ジュビロ磐田のこの一年 | トップページ | ウィーンのお土産  »