2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 浜松城公園で | トップページ | 台風通過後のはままつフラワーパーク »

2018年10月 4日 (木)

西洋絵画の世界展:浜松市美術館

 山形の個人美術館 山寺後藤美術館のコレクション展です。山寺は松尾芭蕉が「奥の細道」で立ち寄った立石寺のことで、美術館はJR仙山線山寺駅を挟んで立石寺と対峙しています。17~19世紀のヨーロッパ絵画・・・宮廷絵画からバロック・ロココ、アカデミスムからバルビゾン派まで・・・と、アール・ヌーヴォー、陶板画などのコレクションのうち、今回は西洋絵画78点が出品されています。
第1章 神話・聖書・文学 18点
 聖母子や旧約聖書・文学に登場する人物や物語を主題とした絵画です。これらの作品の中には西洋絵画における風景画の初期の作品と考えられるいくつかの作品があります。雄大で美しい風景の中に人物が小さく描かれています。自然の風景の写実というよりも、理想世界を描いています。

第2章 美しき威厳 22点 撮影可

 この章は肖像画の世界です。貴族・貴婦人・少女などの肖像のほかに風俗画もあります。この章の作品は撮影可能です。

Img_2974_2  Img_2975
               ブーグロー <愛しの小鳥> 1867年

Img_2970  Img_2949
風景画の大家コンスタブルの      ラルジリエール<クードレイの肖像> 1704年頃
<少女と鳩(グルーズの模写)>

Img_2966  Img_2961
ラファエル前派の人気画家          ペクリュ<貴婦人と犬>
ミレイ<クラリッサ> 1887年

Img_2972_2
         バリエイ<夜会> 典型的な風俗画です

第3章 静物~見つめる 9点

 花・バラ・ザクロ・鹿・イノシシなど

第4章 風景と日々の営み 28点 19世紀半ばから後半の作品 撮影可

 ミレー、コロー、クールベなどおなじみの画家の作品がいろいろ。

Img_2982  Img_2984
ミレー<ポーリーヌ・オノの叔父      ミレー<庭にて> 1860-92年
ギョーム・ルミイの肖像> 1841年頃

Img_2980_2
              ユエ<春の朝> 1834年 充実したコレクションを楽しむことができました。キャプションが充実しているので読むのに時間がかかります。

10月6日(土)午後2時から静岡文化芸大小針由紀隆先生の講演があります。「アトリエから戸外へ 19世紀フランス風景画の進路」。定員50名。早めにお出かけください。

« 浜松城公園で | トップページ | 台風通過後のはままつフラワーパーク »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513578/67238731

この記事へのトラックバック一覧です: 西洋絵画の世界展:浜松市美術館:

« 浜松城公園で | トップページ | 台風通過後のはままつフラワーパーク »