2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

ジュビロ 貴重な1勝 1-0湘南

 大停電を起こした台風24号の影響でゲームが1ヶ月遅れて開催されました。
 湘南は27日(土)にルヴァン杯で優勝したばかり。初優勝の余韻が残り意気高い相手との厳しいゲームでした。

 ゲームが始まってみると、ジュビロは前線での厳しいチエックで何度もボールを奪い、攻勢に出ました。前半37分、山田からのボールを松浦が頭で落とし、川又が左足でシュート。ゴールポストに当たって見事に先制しました。

 後半に入ってもジュビロは厳しいチェックと早いパス交換を続け、湘南が得意とするプレーを封じました。
 2点目が惜しくもとれなかったのが残念でしたが、1点を守りきって2試合連続で完封。崩壊していた守りが修正できてきました。

 ジュビロの勝利は8月19日の柏戦(ホームで2-0)以来7試合ぶりです。

 この勝利で勝ち点3を加えて34。湘南を抜いて13位に浮上しました。いよいよこれからが勝負です。

 久しぶりの勝利でサポーターは試合後もスタンドで勝利の余韻に浸り、なかなか帰ろうとしませんでした。

Img_9619_2

Img_9620 Img_9624
  勝利に沸くゴール裏   イレブンがバックスタンドに
                  あいさつ

Img_9630
          〈勝利は続くよ どこまでも〉

2018年10月30日 (火)

源氏の里のヒマワリとコスモス

 「源氏の里」は袋井市三川地区で、地区の人たちが休耕田を利用してヒマワリとコスモスを大規模に栽培しているお花畑です。
 2002年から毎年10月下旬にヒマワリ祭りを開催していました。
 私は2012年に現地へ出かけてみごとなヒマワリを楽しんできました。
 今日、6年ぶりで訪ねてみたところ・・・車で農道を走りながら花の咲いている畑を探してようやく見つかるという状況で驚きました。
 出かける前に確認しておけばよかったのですが、「ヒマワリ祭り」は昨年で終わっていました。

 ヒマワリを植えてある畑もわずかになっていました。

色とりどりのヒマワリ ブラックから黄色まで

Img_3190_2

Img_3187_2 Img_3189  

Img_3176 Img_3192

Img_5530 Img_5528_2

コスモスとの競演

Img_5523

Img_5522 Img_5516

Img_5500 Img_3171

場所は三川小学校の東でみつかわ病院との間です。
駐車場はほとんどありません。

2018年10月29日 (月)

わが家の庭のホトトギス

 わが家の庭のあちこちでホトトギスが咲いています。この花はよくみるとなかなか複雑な構造をしています。時々アサギマダラが飛んでくるのですが、今日は見えませんでした。太平洋を渡るというチョウです。

Img_5470 Img_5491

Img_5487 Img_5486

Img_5473 Img_5475

Img_5484 Img_5482

 モミジの葉はひと月前の台風24号による潮風で一夜にして枯れてしまったのですが、一枝だけ葉が残って紅葉しています。

Img_5481

              ボケの花が咲いています

2018年10月28日 (日)

シニアクラブの地区大会

絶好の秋晴れに恵まれて、地区シニアクラブ大会を開催しました。
昨年の大会が台風22号のため当日の朝中止になったため、2年ぶりの開催でした。

 地区の10クラブから220名が参加しました。私は地区の代表として昨日の会場準備から今日のあいさつ、最後の万歳三唱までいろいろな役割を務めました。
 わがクラブのメンバーとして男性合唱「瀬戸の花嫁」に参加、女性グループの健康体操の応援のためにステージにあがるなど、忙しい一日でした。

 この大会は、開会行事の後、午前・午後それぞれ10クラブが芸能発表を行います。合唱・舞踊・健康体操・新体操・演歌などさまざまです。各クラブは浜松祭りの法被やリボン、バンダナなどそれぞれ趣向をこらした楽しい演出で見る人を楽しませてくれました。

 午前・午後の間には全員で輪踊りをしました。大きな輪を作って〈東京音頭〉〈炭鉱節〉〈踊る12月〉の3曲を踊りました。

 他町の皆さんと交流しながら楽しい一日を過ごしてますます元気になったシニアクラブの皆さんです。

Img_9602_2

Img_9605 Img_9613

Img_9615_2

Img_9609_2
               輪踊りの輪

2018年10月27日 (土)

中秋のはままつフラワーパーク②

季節の花

Img_5405 Img_5417
      ツワブキ           南天

Img_5413 Img_5416
                千両  

Img_5407 Img_5406_2
              サザンカ

Img_5466_2 Img_5467
    木下惠介記念碑         コキア

秋のバラ園

 5月のバラ園のように華やかではないバラ園です。

Img_5441

Img_5423 Img_5425
     ブラックティ           芳純

Img_5429 Img_5438
       花嫁          ヨハン・シュトラウス

Img_5440 Img_5447
     ラバグルート         マリア・カラス

2018年10月26日 (金)

中秋のはままつフラワーパーク①

 3週間ぶりのフラワーパークです。エントランスを飾る花とバラ園、大温室のほかは花が少ない園内です。その数少ない花の画像です。

十月桜

Img_5387 Img_5388_2

早春に咲く桜が開花

Img_5391 Img_5451
                    雛桜(古里桜)

エントランスを飾る花

Img_5379_2

Img_5381 Img_5383
アメジストセイジとコスモス      コスモス

桜の谷付近のコスモス

Img_5399_2

Img_5404 Img_5395
                       赤ソバ

Img_5397_2
            コスモスと赤ソバ

サザンカが咲き始めています

Img_5406 Img_5407

Img_5408_2

2018年10月25日 (木)

磐田農高バラ園の秋バラ

 学校のバラ園としては最大規模の磐田農業高校のバラ園を訪ねました。残念ながらほとんど咲いていませんでした。もともと春バラに比べると咲く花は少ないのですが、台風の影響もあり、寂しいバラ園でした。帰宅後学校のHPで確認したところ、台風24号の影響により今年の秋のバラ園公開は中止したとの掲示がありました。
 咲き終わったのではなく、咲くことができなかったのです。
 今日咲いていたバラをカメラで拾ってみました。

Img_5348_2
        咲いている品種が限られています

Img_5343 Img_5347
       フリージア          花霞

Img_5350 Img_5352
     マリアンデール         花笠

Img_5354 Img_5356
    ブルーバード       プリンス・オブ・ウエールズ

Img_5358 Img_5362
       早春              万葉

Img_5370_2
              イブ・ピアッチェ

Img_5366 Img_5364
     レッド・デブル          ソニア

2018年10月24日 (水)

ガーデンパークのコスモスはこれからです

 浜名湖ガーデンパーク「花ひろば」のコスモスは例年より大幅に遅れて今日(24日)現在まだ3~4分咲きです。

Img_9561_2

Img_9562 Img_9564

Img_9574_4

見頃は今週末からの1週間でしょうか。

【参考】昨年10月8日
Img_2430_2

台風24号の爪痕

Img_9558 Img_9575
    倒木が水路に        毎年紅葉が美しい
                     タイワンフウの枯葉

2018年10月23日 (火)

ピアノ調律の巨匠 村上輝久氏の講演

 ASN(アクティブ シニア ネット)の第187回例会で、ヤマハ イノベーション・ロードの見学の後、本社内の研修室で村上さんの講演を拝聴しました。今年89歳になられた村上さんはお元気でした。

 1949年に日本楽器に入社された村上さんはやがて調律師の道に進み北海道勤務の後東京へ。安川加寿子のお気に入りだったとのこと。
 1965年、ミケランジェリ初来日、日比谷公会堂でのコンサートでスカルラッティのソナタやベートーベンのソナタなどの演奏を聴いたとのことです。
 研修のためヨーロッパへ渡ったのはその翌年、1966年。ミケランジェロの調教師だったタローネの家に下宿。やがてミケランジェロの調教師としてポルトガルやパリのコンサートにも同行。1967年にはドイツ・マントン音楽祭での活躍でハンブルクの新聞では「真の主役は舞台袖にいたテルヒサ・ムラカミであった」と絶賛されました。

 ミケランジェリのほかリヒテル、シフラ、ポリーニなどの調律を担当しました。1970年に帰国、1980年に調教師を養成するヤマハ ピアノ アカデミーを設立し初代所長に就任。後輩の育成に尽力しました。そのアカデミーの研修生のためにリヒテルがヤマハで演奏会を開いてくれたとのことです。
 このアカデミーは四ツ池陸上競技場の北にあります。

 村上さんは近年ではレクチャーコンサートに力を注ぎ、この30年で684回のコンサートを開いたとのことです。

 大学での講義もいろいろあり、一橋大学ではかつて静岡文化芸大
に在職された小岩先生からの要請で講義を行ったということです。

 ミケランジェリやリヒテルなどの巨匠はコンサートのキャンセルも多く、気むずかしいマエストロと考えられていますが、村上さんがそのような巨匠たちの専属調教師として活躍されたのは、優れた技術はもちろんのこと、村上さんの控えめで誠実なお人柄によるものだと思いました。「余分なことは言わない」とおっしゃっていました。

 健康維持のために、毎日お宅の近くの坂のある道を30分ほど歩いているというお話でした。

 ”伝説の調律師”村上輝久氏の講演「いい音ってなんだろう?」は
感銘深いすばらしいお話でした。

 

2018年10月22日 (月)

中学校文化発表会

 地元の中学校の文化発表会は今年も素晴らしい内容でした。
学級数20で生徒数656の大規模校です。会場は市内で最大のアクトシティ大ホールです。
 開会宣言の後、みごとな「ソーラン節」で始まりました。Img_3142
「ソーラン節」はこの学校の名物で、体育大会の時には、全校生徒が浜松まつりの法被を着てグランドいっぱいに素晴らしい踊りを見せてくれます。今日は3年生代表によるみごとな演技でした。

 午前中は1年生と2年生のHR対抗の合唱コンクールでした。指揮者と伴奏者はすべて生徒です。2年生はさすがに1年生よりも声も大きく、ハーモニーも見事です。

Img_3148
          2年5組の「HEIWAの鐘」

 午後は3年生の合唱と文化部の発表(理科研究部、英語研究部)や吹奏楽の演奏会など。この学校の持つすぐれた文化の力が発表
されました。
 立派な会場で、立派な発表を、立派な態度で聴いている生徒達。
平成28年度にスポーツの成績が県内最優秀で表彰されたこの中学校が文化でも優れた発信力を持っていることを示した発表会でした。保護者や地域の私たちも会場で直接発表を聴いて安心し、感心しました。

2018年10月21日 (日)

勝ち点1のみ ジュビロ0-0長崎

 17位のジュビロは敵地で18位の長崎と対戦、前半、後半ともにゲームを支配したものの1点が遠くスコアレスドローに終わりました。

 シュート数は12対4で圧倒的に多かったのですが、チャンスに決めることができず無得点。今シーズン何度もみた風景でした。CKやFKのセットプレーも不発でした。

 ジュビロは残り7試合。そのうち3ゲームは勝ちたいところです。いよいよJ残留をかけた厳しい闘いに突入です。

 今日はDAZNで見ながら家族で懸命に応援しました。

2018年10月20日 (土)

ヤマハ イノベーションロード見学

 今日はASN(アクティブ シニア ネット)の第187回の月例会でした。会場はヤマハ本社。まず、この7月にオープンしたヤマハ イノベーションロードを見学しました。1887年創業のヤマハの130年の歴史と現在、そしてこれからを最新の技術によって展示するすばらしい
ミュージアムです。

 ガイドさんの説明をイアフォンで聴きながらピアノ、弦楽器、管楽器、電子楽器、音響機器、スポーツ用品などの実物や生産工程などを見ました。

 

Img_9462 Img_9469
                 最高級のグランドピアノ
                  (2000万円)

Img_9471 Img_9499
   クリムトの絵のある     オルガン第1号
   ベーゼンドルファー

Img_9511_2
  リヒテルが演奏して自筆のサインをしたヤマハピアノ

非常によくできた企業ミュージアムで感心しました。

 見学の後、研修室に場所を移して、伝説の調律師 村上輝久氏の講演を聴きました。詳細は後日。

2018年10月19日 (金)

広島カープ 3連勝で日本シリーズ進出

 夜の広島vs巨人を朝から楽しみにして、午前中は畑へ。玉ねぎを130本植えました。早生の白たまねぎと中生種です。13日に蒔いた大根は発芽していました。畑から車で30分かけて浜北の柿園に移動。熟した柿が落ち始めているという情報であわてて駆けつけました。

 食べ頃の次郎柿を30個ほど収穫しました。見た目はよくないのですが食べて見るとまぎれもない次郎柿で美味です。

 広島カープ 3戦とも快勝で巨人に付けいる隙を与えず悠々と日本シリーズに進出決定!!
 昨夜は鮮やかな逆転勝ちでしたが、今日は先行逃げ切り。2回にメヒアと野間の連続2塁打などで2点、3回には丸のホームランで1点、5回には坂本のエラーがあって2点追加して5-0。先発の九里は5回まで無安打の快投。6回に1失点するもみごとなピッチングでした。
最後は8回2死でリリーフしたフランスアが4人を完璧に抑えてゲームセット。

 シリーズのMVPは菊池でした。昨日の第2戦の勝利を決めた鮮やかなホームランと今日のみごとな守備!テレビの解説者も信じられないと述べたほど鮮やかなプレーでした。

 巨人にしてみれば手も足も出ない完敗で3連敗。エース菅野の出番がないままにクライマックスシリーズ敗退となりました。

 パ・リーグでは乱戦が続いています。西部、ソフトバンクのどちらが出て来ても、一足先に日本シリーズ進出を決めた広島がこれまでと同様な確実なゲームを展開すれば34年ぶりの日本一が見えてきます。楽しみです。

 広島の街は今夜も燃えているでしょう。

Img_9431 Img_9432
                   丸のホームラン

Img_9434 Img_9435
     フランソアが最後の打者を三振に打ち取りみごとなセーブ

Img_9426_2

Img_9444 Img_9451
   緒方監督と高橋監督が握手    緒方監督のインタビュー

2018年10月18日 (木)

人生100年時代の予感

 今日はわが町のシニアクラブの月例会でした。今月は年1回の茶話会で、79人が参加しました。11のテーブルに分かれて用意されたお菓子やお茶をいただきながら歓談しました。

 私と同じグループの6人の女性は皆さん大変元気でした。90歳の方は畑仕事で野菜は自家消費。88歳の方は舞踊・カラオケ・運転で
忙しく、くよくよしているヒマはない。80歳の方はまだ仕事をしていて今日は休みをとって参加・・・など。皆さんから「人生100年時代」という言葉が出てきましたが、実感がこもっていました。

 もう一つ感心したのは、皆さんが自分たちの住む町のいいところを積極的に語っていたことです。
 馬込川や四ツ池公園の自然、市営グランドや5つの公園、買い物に便利なスーパーやいくつものコンビニ、銀行・信金・郵便局、いろいろな科の医院、整備された道路網と遠鉄電車などなど。

 シニアクラブの皆さんは元気です。

2018年10月17日 (水)

広島カープ 初戦快勝!

 プロ野球セ・リーグのCSファイナルステージ第1戦で広島は巨人に6-1で快勝しました。投打ともに快調でセ・リーグで完勝した実力を見せました。

 カープは1回に1点先取、3回には丸のヒットの後、鈴木誠也のレフトへのホームランで3-0、さらに松山のヒットに続く會沢の二塁打で4-0。6回に1点を失うも、7回には丸が上原からのホームランで5-1、さらに8回にも野間の三塁打と安倍のヒットで6-1。
 投手は先発の大瀬良が6回1失点。一岡・フランスア・中崎が無失点で抑えました。

 調子を上げて広島へ乗り込んできた巨人を相手にシーズン中と同じくみごとに勝利した広島カープでした。

 残り5戦で2勝すれば広島が日本シリーズに進出します。

 今夜も盛り上がっていたマツダスタジアムがテレビでよく見えました。

Img_9411 Img_9412
     丸が上原から      ライトスタンドへ

Img_9401_2

2018年10月16日 (火)

男の料理教室

 ASN(アクティブ シニア ネット)の男の料理教室は今日で第110回、10年になります。
 今日の担当は料理が得意なIさんでした。10人が3グループに分かれて調理開始。

メニュー
①牛肉しぐれ煮うどん ②茄子の挽き肉はさみ揚げ

①牛肉しぐれ煮うどん
  1人100㌘の牛切り落とし肉を食べやすく切り、鍋でタレと生姜の千切りと一緒に煮立てます。汁がなくなるまでゆっくり煮詰めます。
 うどんは湯がきをして水気を切っておきます。
 器にうどんを盛り、牛肉のしぐれ煮とわかめ、青ネギ、卵、板かまぼこを盛りつけてタレをかけます。

Img_9384_2 Img_9390
     牛肉しぐれ煮       牛肉しぐれ煮うどん

②茄子の挽き肉はさみ揚げ
 まず「あん」を作ります。鶏挽き肉・長ねぎ・生姜・しょうゆ・こしょう・
酒・片栗粉をボールに入れて粘りができるまで混ぜます。
 茄子をカットしてあんを真ん中に挟むようにします。

Img_9379 Img_9378
   できあがったあん      カットした茄子

Img_9383 Img_9393
あんをはさんだ茄子を揚       できあがり
げます

Img_9392_2
しぐれ煮は白飯にもよく合うのでごはんも少し炊いて
食べてみました。とてもよく合いました

しぐれ煮は作り置きしておくといざという時に重宝しそうです。

2018年10月15日 (月)

秋の万葉の森公園

 久しぶりの万葉の森公園です。ここも台風24号の被害を受けていました。何本かの木が倒れ、伐採されていました。
 咲いている花はわずかです。

Img_9345_2
              ナンバンギセル

ススキの根元で咲いている寄生植物です。根元をかきわけないと見えません。

Img_9352 Img_9359
     フジバカマ          ヒオウギの実
                   黒く光る種子は「ぬばたま」
                   万葉集で黒の枕詞

Img_9374 Img_9367
     マユミの実       阿部橘(コベニミカン)
殻が割れるとオレンジの
種子が出てきます        

Img_9362 Img_9363
       十月桜       十月桜の向こうに柿の実

Img_9366
台風で折れた木が処理
されていました

2018年10月14日 (日)

秋祭り

 今日はわが町の氏神様のお祭りでした。朝8時に花火があがり祭りの合図。神事は3時半からでした。私はシニアクラブ代表として榊を奉納しました。浦安の舞は小学校5,6年生8人で見事に舞いました。
後を継ぐ4年生が見学していました。

 5時から餅投げです。2分弱で終わりました。皆さんたくさん拾って満足そうでした。

Img_3119 Img_3120

Img_3121 Img_3122
毎年みごとに黄葉する
イチョウは台風24号の
塩害で枯れました

Img_3123_2 Img_3124
                  本殿の隣の秋葉神社の祠
                  でも神事

Img_3125_2
            餅投げ5分前です

2018年10月13日 (土)

次郎柿の収穫

 ASN(アクティブ シニア ネット)のメンバーが中心になって、浜北区で次郎柿の栽培をしています。樹齢50年前後の次郎柿約20本をメンバーが1本ずつ管理する「パーシモンクラブ」を作って、協同作業も行っています。
 夏場の除草は大変でした。予想を超える大量の草でお手上げでした。

 柿の実が色づいて収穫の時期になりました。消毒が遅れたこともあり、カメ虫の被害が広がっていますが、一部を除いて自家消費には支障がないでしょう。

 今日はとりあえず15個だけ収穫しました。少し固いのですが、しっかり次郎柿の味をしています。

 23日には柿園で「収穫祭」の予定です。

Img_9333 Img_9332

Img_9375 Img_9376

2018年10月12日 (金)

My Birthday

今日は私の82歳の誕生日です。私が生まれたのは1936年(昭和11年)です。私が生まれた年から82年遡ると1854年、安政元年です。幕末で日米和親条約が調印された年です。そう考えるとずいぶん長い年月です。

 とりあえず元気でこの年を迎えました。毎日のように予定があってけっこう忙しくしているのがいいのかもしれません。

 今日は私の誕生祝いということで、ステーキのあさくま鹿谷店で食事をしました。
 この店は黒川紀章が設計したもので、丘の上に立つスペイン風の
おしゃれな建物です。

Img_3106_2 Img_3111

Img_3114 Img_3110
                     おいしいステーキ200㌘

Img_3115 Img_3116
           すてきな一夜でした。

2018年10月11日 (木)

民踊大会

 「民謡」ではありません。「民踊」です。音頭や演歌に合わせて集団で踊ります。
 シニアクラブ浜松市の30年度の大会に行ってきました。会場は可美公園総合センター体育館です。かつては数百人が参加して賑わったということですが、今日の大会に参加したのは7地区の180名でした。観覧席は閑散としていました。
 各地区のメンバーが発表するのはそれぞれ2曲ですが、全員が輪になっておどる「輪踊り」が8曲あるので全部で10曲踊ることになります。平均年齢70歳を超える皆さんにとってはなかなかのハードワークです。万一に備えて会場には看護士さんが常駐していました。
 開会式直後の輪踊りは「浜松市老人クラブ連合会会歌」や「交通安全音頭」など。なんでも踊りになることを知りました。
 シニアクラブ浜松市や各地域の連合会には女性部があり、その活動の一つとして行われています。

 私が今日出かけたのは地区連合会の会長としてメンバーを激励するのが目的でした。踊りを知らない私にすればどの踊りも同じように見えてしまいます。
 踊りに参加した男性メンバーは4.5人でした。

Img_3027 Img_3034
        開会式           輪踊り

Img_3064 Img_3101
         わが地区の代表12名(男性1)

揃いの衣裳、頭巾、花飾りなど。

2018年10月10日 (水)

ウォーキング:金谷を歩く

 ASN(アクティブ シニア ネット)の月例ウォーキングで東海道の金谷へ出かけました。石畳坂・諏訪原城跡などを回って、牧之原公園で昼食・休憩、お茶の都ミュージアムから日本駄右衛門首塚などをまわるコースでした。
 なかなかいいコースなのですが、事情があって私は車で参加。昼食・休憩とミュージアムの時間帯だけおつきあいしました。

Img_5319_2
    牧之原公園からの眺め。中央は大井川
霞んでいて富士山は見えませんでした。晴れていれば
画面中央右寄りの雲のあるところに頂上が見えます

Img_3023 Img_5312
   茶祖栄西禅師の像     茶の都ミーュジアム

Img_5323_2
    牧之原公園でお茶の花が咲いていました

昼食後、皆さんと別れて久しぶりに静岡空港へ。

Img_5333  Img_5336
            滑走路に向かいます

Img_5337_2

Img_5339 Img_5340
       瞬く間に視界から消えて行きました

13:00発のANA那覇行きが1時間以上遅れて離陸しました。

2018年10月 8日 (月)

浜松みんなのスポーツまつり

 今日は「体育の日」。毎年この日には近くの市営グランドで市体協主催の「みんなのスポーツまつり」が行われます。体育の日は1969年の東京オリンピックの開会式が10月10日に行われたことで制定された祝日です。10月10日は晴れの特異日として知られていますが、今日もよく晴れて暑い日でした。

 スポーツまつりは、子どもから高齢者まで一般市民が自由に参加できるプログラムが多くて、楽しむことができます。

台風の爪痕
Img_9312 Img_9324
駐車場と民家の間の     陸上競技場入り口の百葉箱が
サクラの巨木が根こそぎ   根元から折れて倒壊
倒れていました。

そのほかにも台風の爪痕がありました。市営グランド一帯は停電がもっとも長く続きました

Img_9316_2

Img_9319 Img_9322
    小学校校区別リレー予選 1チーム8人

Img_9318 Img_9323
  揃いのユニフォームで    吹矢体験コーナー

Img_9320 Img_9327
野球場との間では出店が  第二球場では体力測定や
並んでいます          軽スポーツ体験

 プログラムは消防音楽隊の演奏に始まり、ラジオ体操・日本民踊・
ボール送りリレー・抽選会・太鼓演奏・ジャンケン大会などいろいろです。
 市営グランドの周辺は午後まで賑わっていました。

2018年10月 7日 (日)

晩秋の趣き:浜名湖ガーデンパーク

 台風が過ぎてほぼ1週間・・・ガーデンパークには後遺症が残っていました。潮風を受けて葉の枯れた木が各所で見られました。

Img_9185 Img_9193
     ナンキンハゼ        イロハカエデ
紅葉する前に枯葉になっています。

Img_9203 Img_9213
       ラクウショウは早くも紅葉していますImg_9222  Img_9226
                   ラクウショウの実と枯れた葉

Img_9235_2
     花の庭に花の姿はほとんどありません

Img_9307_5

2018年10月 5日 (金)

台風通過後のはままつフラワーパーク

 9月24日以来11日ぶりのフラワーパークです。前回はヒガンバナのピークでした。そのヒガンバナは終わって、鮮やかな色合いがほとんどないフラワーパークでした。
 30日から1日にかけて通過した台風24号の影響を受けて、園内各所にその痕が残っていました。

Img_5264_2 Img_5269
       倒木          散策路に落ちた松の枝

Img_5263_2 Img_5276
       ヒガンバナがわずかに残っていました

Img_5275 Img_5272
            大銀杏から落ちた銀杏

Img_5277_3 Img_5279
         サギ            赤トンボ

Img_5286 Img_5287
              ハイビスカス

Img_5299 Img_5301
    イランイランの花      イランイランの木

10月のバラ園

Img_5308

Img_5307 Img_5305

バラの開花が遅れています。秋バラの見頃は下旬でしょうか。

駐車場の車は約20台。園内は閑散としていました。

2018年10月 4日 (木)

西洋絵画の世界展:浜松市美術館

 山形の個人美術館 山寺後藤美術館のコレクション展です。山寺は松尾芭蕉が「奥の細道」で立ち寄った立石寺のことで、美術館はJR仙山線山寺駅を挟んで立石寺と対峙しています。17~19世紀のヨーロッパ絵画・・・宮廷絵画からバロック・ロココ、アカデミスムからバルビゾン派まで・・・と、アール・ヌーヴォー、陶板画などのコレクションのうち、今回は西洋絵画78点が出品されています。
第1章 神話・聖書・文学 18点
 聖母子や旧約聖書・文学に登場する人物や物語を主題とした絵画です。これらの作品の中には西洋絵画における風景画の初期の作品と考えられるいくつかの作品があります。雄大で美しい風景の中に人物が小さく描かれています。自然の風景の写実というよりも、理想世界を描いています。

第2章 美しき威厳 22点 撮影可

 この章は肖像画の世界です。貴族・貴婦人・少女などの肖像のほかに風俗画もあります。この章の作品は撮影可能です。

Img_2974_2  Img_2975
               ブーグロー <愛しの小鳥> 1867年

Img_2970  Img_2949
風景画の大家コンスタブルの      ラルジリエール<クードレイの肖像> 1704年頃
<少女と鳩(グルーズの模写)>

Img_2966  Img_2961
ラファエル前派の人気画家          ペクリュ<貴婦人と犬>
ミレイ<クラリッサ> 1887年

Img_2972_2
         バリエイ<夜会> 典型的な風俗画です

第3章 静物~見つめる 9点

 花・バラ・ザクロ・鹿・イノシシなど

第4章 風景と日々の営み 28点 19世紀半ばから後半の作品 撮影可

 ミレー、コロー、クールベなどおなじみの画家の作品がいろいろ。

Img_2982  Img_2984
ミレー<ポーリーヌ・オノの叔父      ミレー<庭にて> 1860-92年
ギョーム・ルミイの肖像> 1841年頃

Img_2980_2
              ユエ<春の朝> 1834年 充実したコレクションを楽しむことができました。キャプションが充実しているので読むのに時間がかかります。

10月6日(土)午後2時から静岡文化芸大小針由紀隆先生の講演があります。「アトリエから戸外へ 19世紀フランス風景画の進路」。定員50名。早めにお出かけください。

2018年10月 3日 (水)

浜松城公園で

 台風24号から4日目、浜松では今日午後4時現在で112,00戸が停電したままです.私の住んでいる町内でも二つのエリアで停電しています。そのうちの一つはわが家から300㍍ほどのところです。市営グランドを含むエリアでコンビニは休業しています。コンビニの隣の弁当屋は通常営業をしています。

 停電騒ぎで心身ともに疲れたので、気晴らしに市美術館へ行きました。浜松城公園駐車場に車を置いて美術館へ向かいました。市役所へ通じている歩道は折れた枝などが落ちてくるので通行止めになっていました。

 美術館を出て日本庭園に入りました。折れた枝が各所に積んでありました。

Img_2997 Img_3002
美術館入り口の前で     日本庭園入り口に
折れた枝            折れた枝

Img_3007 Img_3008
東屋入り口にも折れた枝  落下物のおそれで通行止め

公園の中は台風の影響で荒れていました。

Img_3011_3
浜松城天守閣を見ながら公園内にこの春オープンした
スターバックスへ

Img_3014 Img_3016
今日は屋外のテラスへ    晩秋には池のまわりは
                   紅葉します

Img_3012 Img_3020
    ラテ スモール       天竜の材木使用

美術館とスタバでゆっくり休むことができました。

展覧会は・・・

Img_2974 Img_2995_3
ブーグロー〈愛しの小鳥〉

後日内容をアップします。

2018年10月 2日 (火)

浜松の停電続く

 わが家の停電は2日午前2時15分に終わりました。30日午後10時55分に始まった停電は27時間20分でようやく終わりました。長~い時間でした。電気がついた喜びでしばらく眠れませんでした。家の中が暗くて落ち着かないでいた猫のレーチェもようやく安心した様子でした。
 朝はいつもより早く起きてお風呂に入りました。朝食のトーストを焼くこともできたのですが、今日はガン検診の日で朝は絶食。残念でした。

 わが家の停電は終わったのですが、浜松の停電は今夜もまだ続いています。今日夕方5時の時点で約4万戸がまだ停電中。浜松市全戸の約1割です。エリアは市内全域に広がっています。市内中心部でもまだ暗い夜を過ごしているエリアがあります。

 わが家のすぐ近くでは市営グランド付近が停電しています。正門前のコンビニは店を開いていますが、店内は暗いままです。その隣の弁当屋さんとそれに続く家並みは点灯しているのですが、コンビニから反対側に続くエリアは停電しています。同じ町内でも送電線の流れによって違いが出ています。

 断水は発生していないのですが、停電で屋上に水が揚がらないためマンションなどでは断水しています。その対応のため、明日の朝から市営グランドで給水が行われます。

 今日夕方のNHKでは画面の左と上を停電情報用として放送していました。

Img_2941 Img_2947
5時51分:「復旧はあさって  6時51分「県内の約14万世帯で
に」                  停電続く」

今回の停電は台風24号による猛烈な風によるものです。浜松では
瞬間最大41.9㍍、最大風速29.1㍍を記録しました。台風の南東側のもっとも風の強いエリアになりました。木造の2階では揺れを感じました。

 長時間の停電は市民の生活に大きな影響を及ぼしましたが、地域の経済にも大きな影響を及ぼしています。

今夜9時からのNHKニュース9で浜松の停電が取り上げられました。

2018年10月 1日 (月)

停電続く

夜中に猛烈な風が吹きまくった台風24号は浜松に大きな爪痕を残しました。市内の8割にあたる27万戸が停電しました。昨夜11時55分のことでした。今日も朝から停電が続いています。トイレ、冷蔵庫、風呂、炊事、洗濯など困ることがいろいろ。テレビのない生活も久しぶり。
先ほど小さなランタンの灯りで夕飯を済ませました。ネットもお休み。近く必要になる資料作りもできません。
早く電気が来ますように。

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »