2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 名古屋ボストン美術館最終展 | トップページ | イチジクの収穫:フルーツパーク »

2018年9月 2日 (日)

名波磐田 最悪の6失点

 これは今朝の静岡新聞の見出しです。まさに最悪でした。2009年の山形戦と2010年のセレッソ戦以来のチーム最多失点です。
 試合終了と同時にジュビロサポーター席から一斉にブーイングの嵐。普段はおとなしいジュビロサポーターも我慢できませんでした。

 相手の名古屋はリーグ前半最下位に低迷していましたが、中断期間以後はまったく別のチームのように急成長して6連勝。その好調を維持してヤマハスタジアムに乗り込んできました。

 前半12分にみごとなゴールで失点。しかしその後はジュビロも積極的に攻めたのですが、決めることができっず前半終了。
 後半10分に明らかなミスから2点目を与えたことが悲劇の始まりだした。
 その後、後半23分・25分・41分・45分と失点する情けないことに。
後半ロスタイム4分に大井が決めてようやく零敗を免れたのした。

 試合後のインタビューで名波監督は当初の目標「トップ5」を「J1残留」に変えることを明言しました。残り9試合、厳しい戦いが続いていますが、なんとか勝ち点10以上を積み重ねてほしいものです。

 昨日のゲームのシュート数はジュビロ19、名古屋12。CKは5と0。ジュビロにも多くのチャンスがありました。シュートは田口6,松浦3,大井3。FWの二人は川又2,大久保1。久しぶりにピッチに戻った中村俊輔は最後の15分だけの出場でしたが、唯一の得点にからむ動きを見せてくれました。
 
 夏休み最後のホームゲームが悪夢のような結果になり、ほぼ満席のサポーターの落胆は大きいものでした。これから2週間中休みがあるので立て直しを期待します。

« 名古屋ボストン美術館最終展 | トップページ | イチジクの収穫:フルーツパーク »

ジュビロ磐田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513578/67123713

この記事へのトラックバック一覧です: 名波磐田 最悪の6失点:

« 名古屋ボストン美術館最終展 | トップページ | イチジクの収穫:フルーツパーク »