2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

サギソウ咲く浜北森林公園

 サギソウは真夏の湿地で咲く花です。サギが羽を広げたように見えるかわいく、美しい花です。浜北森林公園のサギソウは8月はじめから咲き始めます。今年も開花が始まっていますが、今年は花が少し小さいようです。レンズを向けて正面から撮れる位置に咲いていません、8月10日頃になればもっと咲いているかもしれません。
 森林公園の第7湿地です。

Img_4909_2

Img_4911_2

Img_4899_2 Img_4896

Img_4898_3
正面から撮れた1枚は遊歩道との間に設置された
ネットの外で咲いていました

2018年7月30日 (月)

盛夏の万葉の森公園

 猛暑が続いていたのでお出かけを見合わせていました。 3週間ぶりの「取材」です。

 どこへ行っても花が少ない季節で、万葉の森公園もやはり花は少なく、人影もありませんでした。

Img_4848 Img_4850
             ヒオウギ(ヌバタマ)

Img_4857 Img_4863
            キキョウ(アサガオ)

Img_4883_2
          イワカガミ(ヤマヂサ)

Img_4860_2
            ハマユウ(ハマユフ)

Img_4866 Img_4885
   ケイトウ(カラアイ)    オミナエシ(オミナヘシ)

Img_4871 Img_4868
    沙羅双樹のつぼみ         蓮
沙羅双樹はナツツバキです

2018年7月29日 (日)

今日の一品

 久しぶりにわが家の夕飯のおかずを作りました。
焼肉サラダです。半月にカットしたトマト、斜め薄切りにしたキュウリ、適当な大きさにちぎったレタスを器に盛り、その上に炒めた肉を盛るだけの簡単な料理です。

 肉は牛の薄切りを一人前100㌘。食べやすい大きさに切って、ボールの付け汁に浸して手で揉みます。付け汁はしょうゆ・砂糖・ゴマ油・ニンニクのすりおろし・豆板醤を合わせてあります。

 温めたフライパンに肉とつけ汁を入れて炒めます。炒めた肉を汁ごと器に盛った野菜の上に盛りつけてできあがり。

Img_2637_2
肉にしっかり味がついていておいしいサラダでした。
肉は約300グラムで1200円。かなり多めに作りましたが家族は完食してくれました。

2018年7月28日 (土)

台風12号

 これまでにない異常なコースを進んでくる台風12号の接近に備えて朝から自宅で待機していました。日中は時折青空ものぞく穏やかな日和でした。夕方になっても平穏でした。

 この時間(午後10時)、台風の中心は浜松の真南の遠州灘沖にあります。砂丘の沖合を西に進んでいると思われます。

 この時間になって風雨が強くなってきました。この3時間の降水量はわずか3.5㎜でしたが、本降りになってきました。風も平均13㍍と強くなってきました。これから日付が変わる頃までがピークだと思われます。
 浜松市内では広い範囲で避難準備情報が出されて避難所も開設されています。

 この台風の影響で、今日と明日に予定されていた隣接自治会の夏まつりはそれぞれ8月に延期されました。

 強風さえなければ畑の作物にとっては恵みの雨なのですが・・・。

追記:

 強風のピークは23時前後で平均17㍍、瞬間では20㍍を超える風が吹きました。風向きが北から次第に東に変わり、台風の中心が移動しているのがわかりました。その時間帯は雨も強く、時間雨量15㎜でした。
 0時30分頃風はおさまってきたのでこれでゆっくり寝ることができます。おやすみなさい。

 

2018年7月27日 (金)

緊張の運転実習

 昨日に続いての自動車学校です。今日は高齢者講習の日でした。
受講者は12人。そのうち75歳以上は私を含めて6人でした。視力などの検査の後、実車指導です。
 男性3人が1台に乗りましたが、私がトップバッターで運転することになりました。事前にコースの説明もなく発車。指導員の指示に従ってS字や車庫入れなどを次々と・・・。かなり緊張しました。ブレーキの効き具合が自分の車と違うこともあってなかなか大変でした。
 なんとか大きなミスもなく終えることができました。

 講習の時間帯が高校野球決勝戦の時間帯と同じでした。視力検査の部屋にはテレビがあり、中継を観ることができました。
 9回の表、島田商業がみごとに同点にした場面に感動しました。リードできなくて残念だと思いながら実習に。車を降りて携帯で確認したところ島田商業はサヨナラ負けで残念でした。1940年以来78年ぶりの甲子園を期待したのでしたが。この夏の健闘はみごとでした。

 講習も無事に終わり、秋には免許の更新ができそうです。

2018年7月26日 (木)

認知機能検査の日

Photo_2
遠鉄自動車学校:何十年か前に普通免許を取得した懐かしい学校
中央奥は東名高速道路。左に遠鉄電車

 10月に免許更新のため、今日認知機能検査を受けました。3度目のことです。
今日の年月日や曜日、現在時刻(時計を見ないで)などを記入するテストから始まって、16個の絵を記憶するテスト、時計を描いて短針長針で時刻を記入するテストまで3種類。

 採点が終わって結果通知書をいただき、次の高齢者講習の予約をします。最初に名前が呼ばれて通知書をいただいたところ、成績が優秀だったので高齢者講習は明日の午後実施するとのことでびっくり。突然のことで心の余裕のないまま明日の午後、また遠鉄自動車学校です。実技もあるので緊張します。 

2018年7月25日 (水)

旱天の慈雨

 午後から磐田へ出かけて帰りがけに雨にあいました。見付のJAどっさり市へ寄った後ララポートへ。店内は空調が効いていて快適です。熱中症の心配がないので広大な店内をララポ(歩)しました。
 買い物を済ませて屋上の駐車場へ出るとかなりの雨。水たまりができていました。短時間に相当量降った様子です。
 雨の中をわが家まで帰ってきましたが、かなり降ったのは天竜川まで。橋を渡ると路面が濡れてはいましたがおしめり程度。

 帰宅後テレビを観ると、島田・藤枝などには大雨や洪水の警報が出ているとのこと。大井川、安倍川流域に強い雨雲があり、南下しているのがわかります。これまで乾ききっていたのが降れば土砂降りです。

 田畑や林野も乾ききっているのでまさに旱天の慈雨です。しかし、浜松の観測所では1㎜の降雨も記録されていません。局地的な降雨で降雨量も少なかったのでしょう。田畑を潤す雨を期待したのですが残念ながらはずれたようです。

 わずかでもこの雨のおかげで気温はかなり下がりました。午後4時の浜松の気温は30℃を下回り、午後8時には26.3℃まで下がりました。

 週末には台風接近のおそれがあるとの情報です。不安定な空模様が続きそうです。

2018年7月24日 (火)

男の料理教室

 第107回は他の行事と重なったこともあって参加者8人でした。
メニュー
 ・サラダうどん
 ・豚肉ロール巻き煮込み
 ・コーンのかき揚げ
 サラダうどんはキュウリ・トマト・オクラ・アボカドとゆで卵を乗せて、美しく夏らしいさわやかな味でした。
 豚肉ロール巻き煮込みは主として私が担当したのですが、昨日から夏ばてで集中力に欠け、完全に失敗しました。ロール巻きではなく、「野菜炒め」に、煮込みではなく「焼肉」でした。

Img_7978
                余った野菜のかき揚げ
          サラダうどん     ロール巻き(中央)とコーンのかき揚げ

画像は他のグループの調理したものです。

 

2018年7月23日 (月)

生命の危険を感じる猛暑

 浜松の今日の最高気温は午後4時32分の37.8℃でした。この時間、私は自宅から直線で3㎞のエリアを自転車で走っていました。地区内のシニアクラブの複数の会長さん宅に届け物をするためでした。車で走ったことのない狭い道や初めてのお宅を訪ねるなど、車では具合が悪いので猛暑を承知で自転車で出かけたのでした。
 じりじりと焼け付く太陽、吹き出る汗・・・。懸命にペダルを踏んで走り回りました。

 帰路は馬込川の堤防に出て回り道をしながら走りました。一刻も早くわが家へと急ぎ、なんとか無事に帰り着きました。所要時間は約1時間でした。あと30分も走っていたら危なかったかもしれません。

 今日は熊谷で41.1℃という国内最高気温を記録しました。炎暑の日本列島です。

 浜松でのこれまでの最高気温は2013年の39.8℃です。5年前も暑い夏でした。

 最新の注意を払い、備えをして我が身を守るしかありません。

2018年7月22日 (日)

盛況だった町内花火大会

 町内の花火大会は今年で第5回2014年に始めたとき、私は実行委員長を務めていました。なによりも神経を使ったのは「無事故」ということです。打ち上げ事故、混雑にともなう交通事故、燃えかすの落下にによる事故などあらゆるケースを想定して準備しました。
 昨夜の第5回まで特に事故は起きていません。必要経費は町民の皆さんからの寄付によるもので、毎年多くの町民の皆さんに協力していただいています。

 今年は担当業者の工場で爆発事故があったので役員の皆さんは苦労されたと思いますが、無事に実施されました。

 昨夜は心地よい風が川筋を吹き抜ける絶好の花見日和でした。会場は馬込川の河川敷で通称「親水公園」です。堤防に長い階段があり、広場はみごとな芝生。寝転びながらの花火見物ができます。
 数千人の町民や近隣の人たちが美しい花火を楽しみました。
 花火を写真に撮るのはなかなか大変です。昨夜は携帯で撮ってみました。

Img_1011_3
川岸で打ち上げています。すぐ目の前の低いところに
あがっています。航空自衛隊の航路なので高さは300㍍
までと制限されています。

Img_2592_2 Img_2545

Img_2422 Img_1579_2

Img_2581 Img_2338

2018年7月21日 (土)

土用の丑の日

 昨日7月20日は土用の丑の日でした。晴天が続くこの季節、わが家では毎年梅干しの天日干しをします。

Img_7964_2
今年は10㎏ほど漬けたのでこれはその一部です

Img_7965 Img_7966

丑の日には毎年ウナギをいただきますが、今年はウナギ弁当です。浜名湖養魚漁業協同組合の店舗で製造・販売しています。

Img_0927 Img_0928

 ウナギ資源の急激な減少が大きな問題になっています。この冬はシラスウナギの採取量が過去最低で、養鰻池に投入された量が少ないため来年の今頃は出荷されるウナギが少なく、価格がさらに高くなるでしょう。
 一部の養鰻業者は養殖しているウナギの太化(ふとか)に取り組んでいます。一匹のウナギを時間をかけて大きく生長させて出荷することによってウナギの不足をカバーしようというものです。肉厚で皮がかたくなるため、調理法に工夫が必要だとされています。

 浜松はウナギ産地として有名でしたが、養鰻池はほとんど見られなくなりました。高価なウナギを気楽にいただくことができなくなりました。

 売れ残りのウナギが大量に廃棄されているという報道もありました。今年はどうだったのでしょうか。

2018年7月20日 (金)

シニアクラブ浜松市大会

 浜松市には約600のシニアクラブがあり、その会員数は約22,000人です。市全体のシニアクラブの大会には約400人が参加しました。会場は福祉交流センター大ホールです。
 開会式典は約35分。大半は功労表彰と来賓祝辞です。副市長と議長の祝辞に共通だったのは、浜松市民の健康寿命が20の政令指定都市で第1位という話題でした。

 その後はアトラクション。各地域の10以上の団体が次々とステージに登場してレクリェーション ダンスや民踊踊りなどを披露しました。

Img_0913 Img_0915_2
                 飯田市議会議長

Img_0916 Img_0923
                 寸劇に「家康くん」が登場
                 丑の日にうなぎ弁当を差し入れ

さらに地元の女性プロ歌手の歌謡ショー。

 恒例のくじ引きは全員当たるくじに始まって、米2㎏、5㎏が当たるくじまで1時間かけての長丁場。

 内容改善の方策はないものかと思います。

2018年7月19日 (木)

勝ち切れなかったジュビロ3-3鹿島

 W杯期間の中断明けで1ヶ月ぶりのリーグ戦でした.ホームに鹿島を迎えた一戦は3ー3のドローに終わりました。

 前半は鹿島の方が人もボールもよく動き、ジュビロの右サイドを何度も突破されました。防戦一方で攻めに出られないジュビロでしたが、前半17分、上原のみごとなヘディングで先制しました。その7分後に同点。

 後半24分、新里のパスが相手に渡るミスから失点。後半になって前に出るようになったジュビロは後半32分、途中出場の山田の鮮やかなゴールで追いつきました。さらに後半37分、川又が頭で決めてリード。ロスタイムを含めて残り時間10分ほどでしたが、後半43分に同点ゴールを許しました。結局3-3で痛み分けに終わりました。

 試合全体を通じて鹿島の方がいいプレーをしていました。一時リードしただけに勝ちきりたかったジュビロでしたがそれを許さない鹿島はさすがでした。

 アダイウトン、ムサエフ、中村俊輔などが故障で欠場している中で善戦しましたが、これからも厳しい試合が続きそうです。期待される進入団の大久保がハーフタイムにあいさつして大きな拍手を受けました。楽しみです。

 水曜夜のゲームでしたが、入場者は13,577人でほぼ満席でした。

 次の札幌戦(アウエイ)が第17節で前半最後のゲームになります。

Img_7951_2 Img_7952_2
         上原の先制点に湧くスタンド

Img_7953 Img_7959
  満員のバックスタンド    山田の同点ゴールに湧く

Img_7961_2

2018年7月18日 (水)

わが家の庭の花

 猛暑が続くなかで咲いている数少ない花です。

Img_7941_2
            ムクゲ(木槿)

Img_7936 Img_7935
             フヨウ(芙蓉)

秋の花

Img_7938 Img_7942
     シュウメイギク         コスモス

今日は夕方からジュビロの応援に出かけます。

2018年7月17日 (火)

W杯を振り返る

1ヶ月にわたったW杯が終わりました。夜中の1時や3時に始まる中継も見ました。どの試合も楽しむことができました。

 優勝したフランスは個の力と組織の力を合わせた総合力がやはり優れていたのでしょう。
 準優勝に終わったクロアチアもいいチームでした。早くて正確なパスでボールを保持し、積極的に攻めました。

 1失点目はオウンゴール、2失点目はPKでした。VARでハンドと判定してPKを与えたあのプレイについてのレフェリーの判断は正しかったのでしょうか。

 大会のMVPはクロアチアのモドリッチでした。レアルマドリードの司令塔として活躍しているモドリッチはとにかく走り回り、そして正確なパスを供給しゲームを支配しています。すばらしい選手でした。

 私としては日本が敗れたベルギーを優勝させたかったと思いました。いいチームで3位になりました。

 超高速のカウンターが目立った大会でした。日本を破ったベルギーも最後はカウンターでした。
 中でもフランスのエムバペのあのスピードには驚嘆しました。

 今後のサッカーでスピードがますます重視されることになるのでしょうか。

 日本も善戦しましたが、やはりあそこまでかなというのが正直なところです。

 今回出場したメンバーは長谷部・本田・川島など主力の多くが4年後にはいなくなるでしょう。オリンピック世代など若手の成長なくして躍進はないでしょう。新しい監督と若手に期待です。

 明日からはJリーグ再開。ジュビロの応援に出かけます。

2018年7月16日 (月)

磐田東4-6浜松開誠館:高校野球県大会

 夏の高校野球2回戦に登場した磐田東は初戦で敗退しました。
 1回の表先頭打者が出塁したのですがバント失敗で走者なしの後2安打しましたが残塁に。その裏、先頭打者の平凡な打球を一塁手がエラーしたことから2失点。2,3回にも1点ずつ失って0-4に。5回表にようやく2点、6回にも1点返して3-4と1点差にしました。しかし、7回から登板したエースの森口がピリッとせず、7回8回に長打を許して連続失点したのが誤算で4-6で敗戦。終業式を前にして早々と姿を消しました。
 信頼のおける投手の不在が近年の不調につながっています。今日のゲームのように、1試合で4人も5人もの投手を投入するパターンになっています。投げさせてみなければわからないということで計算ができません。打線も強打の一端を見せましたが、迫力不足でした。
 磐周地区から初めての甲子園を目指しているチームでですが、残念ながら近年の成績からすると道半ばで先はまだ長いという状況です。

Img_7932

Img_7888 Img_7872
5回の2点で盛り上がったのですが・・・     スタンド上部の学校の幟

2018年7月15日 (日)

猛暑が続く

 日本列島は太平洋高気圧に大陸の高気圧が重なって異常な高温になっています。今日の最高気温は岐阜県揖斐川で38.8℃。この夏の最高気温を記録しました。体温をはるかに超えています。午後3時でも岐阜県内や京都市では38℃を超える猛暑。

 浜松では昨日34.8℃でこの夏最高でした。今日は32.7℃でしたが家から一歩外へ出るとジリジリと焼け付くような暑さ。

 外出しようとして家族に止められました。朝8時から上島駅前公園で公園愛護会の活動として除草をしましたが、1時間の予定を45分に縮めて終了しました。参加者に高齢者が多いことに配慮したものです。
元気に生えている大量の草を取りきれませんでしたがやむをえません。

 浜松球場の高校野球はテレビ観戦でした。今日の試合でも足がつって途中で交代した選手がいました。

 明日は高校野球の応援です。いろいろ備えをしてスタンドへ。

2018年7月14日 (土)

高校野球の季節

 第100回の記念すべき年を迎えた甲子園大会の県予選が先週から始まっています。今日は1回戦の残り23試合が10球場で行われています。わが家から歩いて5分の浜松球場へ行きました。

 第1試合は今大会の注目の一戦。古豪浜松商業とプロ注目の水野投手を擁する湖西との対決です。
 Img_7818_2

 4回までに6点をあげた湖西が浜商の反撃を3点におさえ、快勝しました。
 注目の水野投手は8安打3失点で自慢の剛速球はほとんど見られませんでした。後半には右足の治療を受けるなどして我慢の投球でした。
 湖西は固い守りで水野を援護したみごとな戦いでした。
 一昨年、昨年と2年連続でベスト4に進んだ浜商は無念の1回戦敗退でした。

 試合開始の9時に気温はすでに30℃を超えた猛暑の日でしたが、人気の浜商と水野との対決ということでスタンドはほぼ満席ででした。

Img_7754 Img_7770
一塁側から三塁側を見る     浜商生の大応援団

 第2試合は同じ浜北区の浜北西と浜名の対戦。110校で抽選して隣同士になる組み合わせの確率はどのくらいでしょうか。定期戦などではほぼ対等に戦っている両校ですが・・・結果は17-0、5回コールドで浜名が勝つという残酷な結果になりました。

Img_7863_2

 浜北西高は1979年開校で今年40年目になります。私は開校の準備から3年勤めました。今年55歳になる1回生が来月同窓会を開く開くということで楽しみにしています。

2018年7月13日 (金)

盆義理

 浜松では今日7月13日は初盆を迎えたお宅を訪ねる日です。夕方になると喪服を着た人たちが運転する車が市内各所で渋滞を起こします。浜松名物の「盆義理渋滞」です。盆供(ぼんく)と書かれた袋を持って初盆のお宅へ次々と伺います。6時頃になると僧侶が来て読経するお宅もあります。初盆のお宅では盆供のお返しを用意します。
 盆義理に行かないと義理を欠くことになるので葬儀に参列したことなどはメモに残しておきます。

 今日夕方1軒のお宅に伺いました。道路や駐車場が混むので歩いて行きました。浜松で最高気温34.9℃を記録した日、片道25分歩いて汗びっしょり。熱中症が心配になりました。

 帰路、盆切り渋滞で混んでいる様子を見ながらなんとか家に着きました。

 

2018年7月12日 (木)

追突被害事故からひと月

 スーパーの駐車場に入ろうとしたところを後ろから追突された事故から昨日でひと月になりました。頸椎捻挫の診断でこれまでに4回の診察とリハビリを受けました。特に痛みもない軽傷だったのは不幸中の幸いでした。

 後部が大破した私の車は修理に手間取ってまだ戻ってきません。代車の軽四に毎日乗っています。慣れない車で最初は乗りにくかったのですが、ひと月乗ってようやく慣れてきました。

 皆さんに心配していただきましたが、とりあえず回復しましたので報告します。

2018年7月11日 (水)

孤立している呉市

私の生まれ故郷呉市について今わかっていること。

・陸路の交通はほとんど断絶状態で呉は孤立していること
・JR呉線は坂町などで大きな被害を受け、復旧までには1ヶ月以上 かかる見込みであること
・今夜になって尾道方面の道路は開通したこと
・広島方面への通勤・通学はほぼ不可能であること
・島々でも各所で道路が断絶していること

7月10日午後6時現在の「通れるマップ」

Photo_4
左中央が広島中心部、左下が呉市中心部

・断水が続き、深刻な状況になっている
・呉市は11万世帯、人口226,000の中核市です。その約8割、9万世帯、17万の市民が断水の影響を受けています。
・給水待ち4時間など
・市の中心部では断水していないことから、喫茶店や商店などが無料で給水サービスをするなど市民協働の活動が展開されている

・呉の水道の大部分は太田川水系の水が県と広島市から呉に送水されている。1988年に送水を開始したトンネルが損壊または土砂流入で使用不能に。その原因もまだ不明で復旧の見通しは立ちません。

以上、深刻な状況です。

2018年7月10日 (火)

ユリ いろいろ

 ガーデンパークでは園内の各所で美しいユリが咲いています。

Img_7523_2

Img_7572 Img_7684

Img_7664
             八重のユリです

Img_7675_2

Img_7719 Img_7725

 

2018年7月 9日 (月)

浜名湖ガーデンパーク 夏の風景

 久しぶりに青空が広がった8日の午後、浜名湖ガーデンパークを訪ねました。水遊び広場はちびっ子で賑わっていました。

Img_7492
           噴霧で水分を供給

Img_7745 Img_7734
浜松北方の山際には積乱雲  東西水路の水面に作った
                    巣で卵を抱くウミウ

Img_7487 Img_7577
       キキョウ           サルスベリ

Img_7558 Img_7702
      オミナエシ          ホタルブクロ

Img_7537 Img_7715
      ボタンクサギ         アガパンサス

2018年7月 8日 (日)

広島の水害のその後

 広島の水害はその後さらに状況把握が進むにつれて被害が拡大しています。

 呉では市内の大半で断水が続いているようで、給水所が開設されています。私が卒業した小学校も避難所になっています。
 スーパーやコンビニではパンなどの食料品や水などの飲料が入荷せず棚はがらがら。

 広島県内のJR線は全線で不通です。山陽本線・呉線・芸備線・福塩線・可部線。このような事態は初めてでしょう。

 県立高校は9日全校休校。
 マツダは本社工場など10日まで操業停止。

 広島カープは明日9日から予定されていたマツダスタジアムの阪神戦3試合の中止を発表。

 広島の皆さんの生活が平常に戻るにはかなりの時間がかかりそうです。

2018年7月 7日 (土)

広島の大水害

 今週半ばから降り続ける豪雨によって全国各地で甚大な被害が発生しています。広島では
2014年8月に安佐北区、南区で大規模な土砂崩れなどによって77名の死者が出る災害がありました。山麓を開発した新興住宅地での悲劇でした。

 今回は県内西部から東部まで広範囲にわたって水没や土砂崩れが発生しています。私が生まれ育った呉市でも大きな被害が出ています。子どものころ水につかったり泳いだりした黒瀬川(広 大川)が危険になり、周囲に避難指示が出されました。その上流では木造の真光寺川がそのまま流されるという衝撃的な映像を見ました。

 坂町が水没しました。呉線も被害を受けています。瀬戸内海の波打ち際に近いところを走る呉線が水没することなど考えたこともありませんでした。

 中学時代3年間通った安浦も水没です。

 ニュースを見ながら自然の脅威を改めて感じています。梅雨末期の異常気象は人間の力ではまったくコントロールできません。
 日本列島の上に居座る梅雨前線が一刻も早く北上し、梅雨明けになることを祈るばかりです。

2018年7月 6日 (金)

授業参観と学校給食

 学校評議員として地元の小学校で授業を参観し、その後で給食の試食をしました。
 全校児童876名の大規模校です。30以上の教室を次々と回りました。今日の欠席者は全体で8名と少なく、どの教室でも元気で真剣に授業を受けていました。同じ科目、同じ教材でも担当する教師によって教え方は違います。ベテランの教師にはやはりそれなりに「上手な」
ところがあります。
 学校ではあいさつの励行を重視しています。よくあいさつができる子どもたちです。

 学校の教育活動や授業について意見交換のあと、給食をいただきました。今日のメニューは「ソフト麺」でした。

Img_0911_2 Img_0912

 子どもたちに人気のあるソフト麺ですが今は月に1回程度とのことです。ソフト麺は学校給食用に特別に製造される麺です。90℃の高温蒸気で40分消毒するなど、手間がかかるのだそうです。
 久しぶりのソフト麺をおいしくいただきました。

2018年7月 5日 (木)

「日本美術と高島屋」展:遠鉄百貨店

 浜松で唯一のデパートである遠鉄百貨店の30周年記念展覧会です。提携している高島屋が所有している優れたコレクションから明治~昭和を代表する日本画家の作品約60点と婚礼衣装や調度品など。
 横山大観・竹内栖鳳・前田青邨・富岡鉄斎・川端龍子・鏑木清方・川合玉堂・平山郁夫・東山魁夷など・・・。呉服屋時代の高島屋から始まった画家たちとの交流から多くの作品が遺されています。
 また、1922年に高島屋飯田家とトヨタの創業家が姻戚関係になった際に寄贈された衣装や調度品なども出品されています。いずれも高島屋資料館の収蔵品です。
1_001
2_0014_001
 竹内栖鳳<アレ夕立に> 1909年   富岡鉄斎 <碧桃寿鳥図> 1916年 
 すばらしいコレクションです。
 新館8階ホールで8日まで。

2018年7月 4日 (水)

梅雨明け間近の万葉の森公園

 浜北区の万葉の森公園では1年を通じて万葉集に登場する花が咲いています。梅雨明け間近のこの季節・・・いくつかの花が咲いていました。

くれない・べに・末摘花=ベニバナ

Img_4818 Img_4820

ムラサキ

Img_4831_2
 巻1 額田王の歌 茜さす紫野行き標野行き・・・
 小さな花です

忘れ草・忘憂草=ヤブカンゾウ

Img_4830_2

ハチス=蓮

Img_4828_3

アサガオ=桔梗        アジサイ=紫陽花

Img_4821 Img_4814

 紫陽花を詠んだ歌は2首しかありません。アジサイの原産地は日本でガクアジサイです。

Img_4822_2
               快適な緑陰

2018年7月 3日 (火)

日本代表の健闘を称える!!

 原口と乾のみごとな2ゴールで初のベスト8かと思われたゲームはその後3失点で敗戦に終わりました。決勝トーナメントでの2点差の逆転は48年ぶりとのことで歴史的な敗戦でした。日本が3-0にしていれば勝てたと思われますがそうはさせてくれません。しかし、このベルギー戦はFIFAでもすばらしいゲームだと高く評価しています。

 ベスト8を逃した日本ですが、イレブンが連動した組織的な攻守はみごとでした。4試合すべて中継を見ましたが十分楽しむことができました。

 川口能活が今後の課題としてGKの育成をあげていますが、そのとおりだと思います。ベルギー戦の1失点目、川島の対応は?でした。

 長谷部、本田などはこれで代表引退でしょう。新生日本の若いチームに期待です。

2018年7月 2日 (月)

浜松フルーツパークのフルーツと花

 梅雨明け間近で気温が30℃を超えた午後、フルーツパークを訪ねました。熱中症注意情報が出ている中で人影のほとんどない園内でした。

フルーツ収穫
①温室ナシ(幸水)
Img_7473 Img_7474
早生品種の幸水が温室で栽培されています

②スモモ(メスレー)
Img_7453 Img_7466

③モモ(八幡白鳳)
Img_7462 Img_7461

Img_4837_2
   温室ナシ 幸水    右下は460㌘ 510円

Img_4836 Img_4835

花と実

Img_7427 Img_7430
    ミズレンンブの花        レンブの実

Img_7433 Img_7436

Img_7469 Img_7471
      ポポー            アーモンド

Img_7442_4
      新東名高架橋の向こうに夏の雲

2018年7月 1日 (日)

「モネ それからの100年 展」:名古屋市美術館

 午前中の名古屋ボストン美術館から白川公園にある名古屋市美に移動しました。昨年夏に半年ほど施設改修のために休館していたこともあり、3年ぶりに訪れました。
 開館30周年記念の特別展は「モネ それからの100年」です,。この美術館ではこれまでに1994,2002,2008年にもモネ展を開いています。

 タイトルの「・・・それからの100年」のそれからはモネが1926年にオランジェリー美術館にスイレンの壁画を描いてからおよそ100年ということです。その100年の間にモネの影響を受けたり、モネに敬意を抱いたりした画家たちが現代の新しい芸術を生み出したというのがこの展覧会のコンセプトのようです。全96点のうちモネ29点、日本人の作品約30点、その他はクーニング、リキテンスタイン、ウォーホールなどの現代芸術家の作品です。 
 モネは印象派の画家というよりは、現代アートの先駆者とも言える位置づけです。
モネの睡蓮は6点ありました。
Photo
          モネ <睡蓮>  1906年 吉野石膏
 
Photo_2
       福田美蘭 <睡蓮の池> 2018年 作家蔵
 モネとその後のアーティストを新しい視点で組み合わせたことに興味を持ちました。
 この展覧会は今日7月1日までつい先ほど終わったばかりです。モネの人気は相変わらずで入場者は10万人を超え、最終日の今日は入場待ちの時間帯もあったとか。
 私が行った6月27日(水)の午後もかなりの入場者でした。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »