2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月

2018年5月31日 (木)

沼津御用邸記念公園

 シニアクラブのバスツアーは富士宮から沼津へ移動し、沼津港の食堂でお昼をいただきました。
Img_7194  Img_7198
人気一番の「沼津丼」。焼いたアジを   沼津港:遊覧船や漁船など
炊きこんだご飯の上に、生しらす
サクラエビなど。美味でした。
沼津御用邸記念公園 
 1893年に皇太子(のちの大正天皇)の静養のために造営されました。1969年に廃止され、翌年に沼津市の公園として開設されました。現在は呉竹荘が指定管理者になっています。
西付属邸
Img_7204 Img_7212
          玄関                金の紋章
Img_7214 Img_7216
         御座所               ビリヤード場 
Img_7209
           昭和天皇3歳時の直筆画(軍艦)
Img_7222 Img_7223
島郷海岸。対岸右端は大瀬崎         ひょうたん島 
Img_7201 Img_7205
 穏やかな駿河湾の海沿いで、東京よりも温暖、水清く美しい自然に恵まれた地で皇族方に愛された御用邸の面影をよく残しています。
 

2018年5月30日 (水)

富士山世界遺産センター

 わが町のシニアクラブのバス旅行で県東部へ出かけました。梅雨入り間近で朝から雨の予報が出ていました。富士山が見えることは諦めていたのですが・・・。

Img_7137 Img_7145
  東名由比付近から      遺産センター(左)前から

Img_7170
    遺産センター最上階展望ホールから

 時折小雨がぱらつく中で、いずれも富士山のシルエットが辛うじて見えるという感じでした。

遺産センターで

 逆円錐形の形をしたユニークなセンターの中に入るとゆるやかならせんスロープになっていて、壁面には山麓から頂上に至るまでの
富士山の風景が投影されています。富士山に登ったことのない人でも登山の雰囲気を味わうことができます。

 また、展示室では信仰、芸術、生態系などいくつかの分野でタッチパネルなどによる展示が行われており、興味深い内容で楽しめるのですが、たんねんに観ているとかなりの時間がかかります。

 Img_7178 Img_7157
            壁面の投影画面

Img_7177_2
     タッチパネル

Img_7151 Img_7152
           美しいフォルムです

  見応えのあるすばらしい施設です。よく晴れて眼前に富士山が見える時は感動することでしょう。

2018年5月29日 (火)

パソコンの機種変更

 5年半使ってきたパソコンがかなりくたびれてきたので買い換えました。反応に時間がかかることやキーボードの誤作動など、不具合が目立つようになりました。

 機種はこれまでと同じくNECで、LAVIE Directシリーズです。Windows7から初めてのWindows10です。機種変更で一番悩ましいのがデータやソフトの移行です。時間もかかるので朝から一日予定のない日にということで6月1日になりそうです。
 Windows10も初めてのことで慣れるのに時間がかかりそうです。

 このブログの更新も2,3日中断ということがあるかもしれません。

 とりあえずお知らせです。

2018年5月28日 (月)

はままつフラワーパークで咲いている花

 ササユリやショウブの他に咲いている花をいくつか紹介します。

Img_4536 Img_4535
       ノカンゾウ         カラー

Img_4562 Img_4585
    ヒメタイサンボク     ジャカランダ(温室内)

Img_0822 Img_0823
   (ミッキーマウス)     染色されたコチョウラン

Img_4555 Img_4543
             名残のツツジ

Img_4573 Img_4574
バラ園のバラはまだ咲いていますが盛りを過ぎています

2018年5月27日 (日)

ササユリ咲くはままつフラワーパーク

 37日ぶりのフラワーパークは夏の風情でした。
 ササユリが咲き、アジサイやショウブが咲き始めています。

Img_0821 Img_4549

Img_4545

Img_4537 Img_4538
        アジサイは咲き始めたところです

Img_4546 Img_4547


Img_4557 Img_4560
        しょうぶ園も咲き始めです

 アジサイ、しょうぶとも見頃は梅雨入りが予想される6月上旬からでしょう。

2018年5月26日 (土)

小学校の運動会

 浜松市内の多くの小学校では今日運動会が行われました。朝から曇り空で熱中症の心配はなく、風も弱かったので砂埃が舞うこともありませんでした。地域には二つの小学校があり、両校から案内をいただいたのでそれぞれ見せていただきました。

A校

Img_0784 Img_0791
校長先生の発声で元気   子どもたちは学年縦割り
なエール             で5色のテントに

Img_0794 Img_0816
赤電が高架を行きます   恒例の騎馬戦は三方原の
                  戦いに因む競技です

_20180526_0001_2
私がいただいたプログラムには6年生のWさんが
書いてくれたみごとなメッセージがありました

B校

Img_0804 Img_0807
この学校からも赤電が    4年生のソーラン節です
見えます

Img_0812_2
       曳馬夏の陣(棒取りと騎馬戦)

 両校とも家康にかかわる種目が用意されています。
 保護者や祖父母、地域の人たちなどグランドを埋め尽くす応援の人で賑わっていました。お昼は家族で一緒に食事です。

 元気で精一杯頑張る子どもたちに私たちも元気をもらいました。

2018年5月25日 (金)

ササユリ咲く浜北森林公園

 ササユリは日本のユリを代表する美しく、清楚な花です。ピンクから白までいろいろあります。
 浜北森林公園では第7湿地入り口やバードピア駐車場前の斜面、森の家駐車場の斜面など各所で咲いています。例年よりも少し早い開花です。

Img_4509_2

Img_4516 Img_4519

Img_4520 Img_4529
    森の家付近では開花が少し遅れています

2018年5月24日 (木)

男の料理教室

 今日の男の料理教室第105回は珍しく洋風のおいしい料理でした。
 メニューは・ハンバーググラタン と ・オニオンスープ でした。

ハンバーググラタン

 合い挽き肉、玉ねぎ、パン粉、溶き卵などを練り混ぜて小判型にまとめ、フライパンで焼きます。
 ソースはワイン・チーズ・ケチャップ・ウスターソースなどを合わせて煮詰めます。

 Img_7125 Img_7127
   ハンバーグを焼きます      ソースを煮詰めます

Img_7131_2
チーズを載せ、ブロッコリーとしめじを付け合わせます
オーブンで数分焼いてできあがり

オニオンソース

薄切りの玉ねぎにチーズを加えレンジで加熱した後、さらにフライパンで炒めます。溶かしたブイヨン、醤油などで味を調えます。
 スープ皿に入れてフランスパンを浮かべ、オーブンで焼きます。

Img_7132_2
              できあがり

Img_7133_2
        とてもおいしくいただきました

2018年5月23日 (水)

日大アメフト問題

 昨日の宮川選手の記者クラブでの会見をTVの生中継で見ました。極度の緊張を強いられる環境の中で、宮川選手はこれまでの経緯や自分の気持ちを明確に述べました。聴いていて納得できる内容でした。このような形で記者会見をすることになり、アメフトをやめざるをえなくなった宮川選手をここまで追い込んだ監督・コーチや日大関係者の責任は極めて大きいと思います。

 今夜、監督とコーチが急遽会見を行いました。前半部分を生中継で見ていましたが、核心の部分であいまいな弁解に終始し、とても納得できる内容ではありませんでした。問題発生が6日、それから17日も慧可しています。危機管理がまったくできていません。危機管理学部を持つ日大ですが、自らの当面した問題をまったく管理できないという皮肉な状況に陥っています。

 大学運動部の旧態依然たる実態が問題の根本にあります。
 今回は大学の問題ですが、高校でも同じような体質の部活運営が
一部にまだ残っていると思われます。
 指導者が学生や生徒をリスペクトし、コミュニケーションを大切にしながら指導するのが教育です。

2018年5月22日 (火)

初夏の浜名湖ガーデンパーク アジサイいろいろ

 ガーデンパークにはあじさい園はありません。百華園や花の庭などに所々植えられています。多くはヤマアジサイかガクアジサイです。

Img_7081_2

Img_7091 Img_7011

Img_7013 Img_7016_2

Img_7026 Img_7084

Img_7088_2

Img_7087

Img_7057 Img_7077

これらのアジサイを探して歩くのも楽しいものです。

2018年5月21日 (月)

初夏の浜名湖ガーデンパークで咲く花

  2週間ぶりのガーデンパーク・・・バラは見頃を過ぎようとしています。園内各所で咲く様々な花のアップです。

Img_7004_2 Img_7005_2
    カリステモン(ブラシノキ) 赤いブラシです

東西水路沿いに咲くバラ

Img_7054_3

Img_7053_2 Img_7051

Img_7055_2 Img_7065_2
      クレマチス         ヤマボウシ

Img_7060_2 Img_7062_2
               ダリヤ

Img_7101_2 Img_7098
      アリウム         シモツケソウ          

Img_7063_2
             スカシユリ

Img_7107 Img_7110
         アーチの中央に皇帝ダリヤ

Img_7032_2 Img_7037
 カリフォルニアライラック       ドクダミ

Img_7113_2
     花の美術館の庭のベンチにネコ!

よくよく見ると・・・ぬいぐるみでした。

2018年5月20日 (日)

街路樹愛護会の活動

 4月にスタートした公園愛護会・街路樹愛護会の実質的な活動が今日から始まりました。今日は主として街路樹を対象とした活動です。
参加者23人で1時間余活動しました。

㊧が作業前 ㊨が作業後

Img_6949 Img_7002
             遠鉄高架下

Img_6985 Img_7000
            上島駅前ターミナル

Img_6982 Img_6986
            バスターミナル付近

Img_6932 Img_6992
             公園の花壇

作業の様子
Img_6978 Img_6977

今咲いている花

Img_6997_2
              シモツケソウ

Img_6994 Img_6998
   カシワバアジサイ        クチナシ

これから毎月1回活動します。

2018年5月19日 (土)

原発と自然エネルギーにかかわるクイズ

 ASN(アクティブ シニア ネット)の例会で講演を聴きました。
講演の中で原発と自然エネルギーに関する20の質問が出されました。5分以内で〇×つけていきます。なかなか難しい問題でした。その中から5問。

1 2017年 世界の太陽光発電能力は原発を抜いた。
2 日本の水力発電ダムは底に土砂が増加し、能力は低下中だ。
3 原発建設のコストが高くなったのはフクシマ事故よりテロ対策だ。
4 送電能力には限界が有り、太陽光発電を急には受けられない。
5 日本の揚水発電の能力は世界最大だ。

以上5問、〇か×か皆さん、お考えください。 

私は20問中9問正解でした。知らないことが多すぎました。

[正解]〇×〇×〇

2018年5月18日 (金)

軽井沢にて

 二日目は8時半に宿を出て軽井沢に向かいました。西から迫って来る雨雲との競争です。軽井沢に着く前に小雨が降ってきました。

軽井沢千住博美術館

 2011年にオープンしたこの美術館は軽井沢の自然となった美しい美術館です。千住博のこれまでの作品・・・初期の伝統的な日本画からおなじみの滝シリーズ、さらに最近の崖シリーズの最新作まで47点が展示されています。

 周囲にはカラーリーフガーデンがあり、色とりどりの木々や草花が植栽されています。

Img_6747 Img_6749

Img_6755 Img_6762

Img_6750 Img_6766
      サクラソウ       ツツジとスイセン

セゾン現代美術館

 かつて池袋の西武百貨店を中心に展覧会を開いていたセゾンが軽井沢に集約されてオープンしたのが1981年、現在の名称になったのが1991年でした。現代美術の草創期から現在に至る優れた作品を数多く所蔵していますし、日本の現代美術の作品を蒐集するとともに、新進作家の発掘にも努めています。

 パウル・クレー、ミロ、カンディンスキー、ポロック、リキテンスタインなどの名作を観ることができました。

 この美術館は広大な敷地の緑の中にあり、新緑に輝く庭では16の彫刻作品が雨に濡れていました。

Img_6772 Img_6790
     プロムナード        美術館入り口

Img_6795_2
        イサムノグチ〈雲の山〉

Img_6800 Img_6818

 この後、15世紀末に開業したという長野県最古の旅館 佐久ホテル で鯉のうま煮などのお昼をいただいて一路浜松へ。6時間の長旅でした。

2018年5月17日 (木)

小布施から山田温泉へ

 小布施で最初に立ち寄ったのは北斎館です。

Img_6703_2

Img_6704 Img_6702

小布施ミュージアム

Img_6705 Img_6707

岩松院

Img_6711 Img_6715

山田温泉

 長野市の東20㎞、小布施に隣接する群馬県境の高山村にあります。松川渓谷に沿って温泉宿があります。この季節は新緑が輝いて美しく、秋は紅葉の名所です。

Img_6734_2

Img_6735 Img_6742

宿「風景館」から
Img_6718 Img_6726
                     山フジが咲く

Img_6728 Img_6731
  崖の上に立つホテル     八重桜が満開

 山田温泉には温泉宿が8軒あります。われわれが泊まった風景館は創業240年の老舗です。標高860㍍の高地にあるため気温が低く、部屋に入ると電気コタツの電源がオンになっていました。館内各所で暖房がきいていました。

2018年5月16日 (水)

磐田農高のバラ園

 信州への旅のレポートは一日お休みです。
 毎年恒例の磐田農業高校のバラ園のレポートです。1996年にオープンしたバラ園は25年目を迎えています。今年もみごとに咲いていました。いろいろな花の開花が早かったこの春、農高のバラの開花も早く進んで、今日16日は全体として見頃を過ぎようとしていました。

Img_6843
校舎をバックにして階段状に造成されています。
大木の茂みはおよそ1500年前の「澄水山古墳」です。

Img_6888 Img_6859

一つの品種のバラがまとまって多く植えられています
Img_6903 Img_6838
             ラバグルート

Img_6890 Img_6884

Img_6857 
実習内容の紹介です

 授業のある日は一般に無料で公開されているので見学の人たちの姿が常にあります

2018年5月15日 (火)

小布施町で:北斎と中島千波

 松本から一路小布施へ。約1時間半の行程です。小布施は北信濃有数の観光地です。人口1万人、面積わずか19㎢の小さな町ですが
いくつもの美術館や栗などの和菓子店があり、観光客で賑わっていました。

北斎館

 北斎の肉筆画や屋台の天井画などがあります。今回、企画展として「超絶技巧 摺物の世界」展が開催されていました。摺物は版画の一種です。狂歌や俳諧に絵を添えた一枚刷りの摺り物絵です。多色刷りで巧みな技巧が施されています。
 小布施には北斎の摺物が多く残されており、今回の企画展になりました。北斎の摺物を数多く見ましたが、精緻な描写、美しい色彩で見事でした。

_20180515_0001_0001
           祭屋台の天井画 「男浪」

小布施ミュージアム

 小布施で生まれた中島千波の作品を常時展示する中島千波館と企画展を開く展示室があります。

_20180515_0001_0001_3
         中島千波〈坪井の枝垂桜〉

 企画展では「次代への表現展 ベストセレクション」が開かれていました。1993年から9年間開催された展覧会出品者のうち、その後特に活躍が著しい4人のセレクション展です。その中に、浜松市美術館のコレクションが1点ありました。

_20180515_0001_2
               池田学〈再生〉

ペンで描かれた作品です。想像を絶する時間をかけて制作されています。

岩松院

本堂の大間に北斎が描いた天井画で有名な寺院です。

_20180515_0002
           北斎〈八方睨み鳳凰図〉

 せっかくの小布施でしたが趣のある町並みを楽しみながら散策したり、名物の栗おこわや栗を使った和菓子などを買い求める時間がなくて残念でした。
 バスはひたすら山道を登り、山田温泉に向かいました。

2018年5月14日 (月)

「草間彌生展」:松本市美術館

 5/12(土)7:30に浜松を出たバスは正午に松本市美術館に到着。松本は草間彌生の生誕地です。市美術館の開館15周年を記念して郷土が生んだ偉大なアーティストの過去最大規模の展覧会です。5歳の時の作品から昨年制作の作品まで約180点。全館でクサマワールド全開です。

草間彌生は幼時から幻聴や幻覚に悩み、それから逃れるために絵画の制作を始めたとも言われています。アメリカでの厳しく苦しい時代を経て前衛芸術家として評価されるようになります。制作の手法は多様で油彩・水彩・アクリル・ミクストメディアなど・・・。巨大な作品も数多くあります。
 草間と言えば・・・水玉とカボチャ。バスが松本市中心部に入るといたるところに水玉模様がありました。

Img_6648 Img_6650_3

Img_6671
           美術館の外壁

Img_6652

会場の一部は撮影可でした。

Img_6653

Img_6656 Img_6658
 これらの作品は最新の「わが永遠の魂」シリーズ550枚の一部です。
 最後の空間は「南瓜へのつきることのない愛のすべて」。ミラールームで無数の南瓜が観る人を取り巻く不思議で美しい空間です。

屋外には常設の南瓜があります。

Img_0751

Img_6665 Img_6666
      屋外にはこのような作品もありました

 今回の旅に参加した19人がそれぞれ1時間余クサマワールドを堪能して小布施へ向かいました。

2018年5月13日 (日)

信州への旅で訪ねた場所

 2日間の信州への旅を終えて今夜8時過ぎに帰ってきました。雨が降り始めたのは5つの美術館をほぼ見終わった頃のことでラッキーでした。

松本で
  時間の関係で松本城には立ち寄らず松本市美術館の草間彌生展へ。松本の街中は水玉模様の旗や幟で埋め尽くされていました。

Img_6648 Img_6650
Img_6671_2
       松本市美術館の外壁にも水玉模様

安曇野で
Img_6685_2
     残雪の常念岳2867㍍・横通岳2767㍍

小布施 北斎館

Img_6703 Img_6702_2

小布施ミュージアム     小布施 岩松院

Img_6707_3 Img_6712

山田温泉 風景館      付近の渓谷

Img_6728 Img_6734

千住博美術館        セゾン現代美術館

Img_6747 Img_6790

後日詳報します。

2018年5月12日 (土)

草間彌生展

草間彌生展
草間彌生展
松本市美術館で。

木曽駒ケ岳です。

木曽駒ケ岳です。

2018年5月11日 (金)

明日から信州へ

 明日12日朝早く浜松を出てバスで信州へ向かいます。ミレーの会の第10回美術館めぐりの旅です。

 松本市美術館に昼頃着いて、「草間彌生展」を観ます。松本は草間の故郷です。過去最大級の回顧展が楽しみです。お城に立ち寄る時間はなさそうです。松本から北アルプスの山並みと新緑の風景を楽しみながら小布施へ。北斎館と小布施ミュージアム(中島千波館など)と町並み。
 宿は創業240年の老舗、山田温泉風景館。

 13日は軽井沢です。軽井沢寸千住博美術館とセゾン現代美術館。いずれも軽井沢の自然を生かした美術館で庭園も楽しみです。

 お昼は長野県で最古、600年近い歴史を有する佐久ホテルで鯉料理。

 現地では天気が良さそうですが、浜松に戻って来る頃には雨の予報です。

 総勢19人で楽しく行ってまいります。

2018年5月10日 (木)

畑で

 久しぶりに 伊佐地に畑へ行きました。玉ねぎの収穫とナスなどの植え付けです。4日ぶりに晴れ上がって暖かい日でした。

 玉ねぎは植え付けが遅かったのと肥料不足などで不作でした。

 畑の周囲ではいろいろな野の花が咲いていました。

Img_0719 Img_0723
      タンポポ          ジャガイモ

Img_0725 Img_0720
    ムラサキケマン

Img_0721 Img_0727
                     コウゾリナ

Img_0718 Img_0726
   玉ねぎの一部      みんなで植えたジャガイモ
                  6月半ばに収穫です

2018年5月 9日 (水)

ジュビロ2-1エスパルス

 今夜はルヴァン杯の静岡ダービーでした。最近好調のジュビロは前節のリーグ戦とメンバーを大きく入れ替えて臨みました。
 前半はおおむねジュビロのペースで進みましたが0-0でハーフタイム。

 後半13分、カウンターから荒木のパスを受けた中野がGKの股を抜く鮮やかなシュートで先制点。7分後に追いつかれましたが、その3分後、後半23分に同じく荒木のパスを中野が頭で合わせて2-1とリード。その後のエスパルスのパワープレイもしのいでそのまま勝利。

 全体としてジュビロの方が力があることを示したゲームでした。

 Bグループでは甲府が勝って勝ち点10、ジュビロが9で2位です。最終戦甲府に勝って首位で予選突破を期待しています。

2018年5月 8日 (火)

わが家のレーチェ

 久しぶりの登場です。昨日から雨が降り続いて気温が上がらず、寒い日になっています。寒がりのレーチェは家族の膝の上に乗ってきます。膝からおろして手ぬぐいをかけてやりました。
 わが町の凧揚げ会が今年の浜松まつりの記念に作った手ぬぐいです。このまでしばらく静かにしていました。

 レーチェはこの6月で満14歳になります。人間で言うと古希に近いおばあちゃんです。病気もけがもせず、ゆったりと毎日を過ごしています。

Img_0641

Img_0655_3

冬場のレーチェ

Img_0046 Img_0055

2018年5月 7日 (月)

ガーデンパークで咲いている花

 花盛りのバラ以外にも咲いている花がいろいろあります。

Img_6553_2
               ユリノキ

Img_6573 Img_6587
    ホウチャクソウ        ホタルブクロ

Img_6637_2
      フウリンブッソウゲ(風鈴仏桑華)

Img_6531 Img_6597
      スイレン          赤トンボ

Img_6578 Img_6591
名称不詳ですが、同じように葉の上で花が咲いています

Img_6521
            鯉のぼりの季節です

2018年5月 6日 (日)

バラが満開の浜松ガーデンパーク

 この春はサクラ、ツツジ、フジなどの開花が例年よりも1週間ほど早くなっています。バラもやはり1週間前後早い開花で各地で見頃になっています。

Img_6639

Img_6621 Img_6598

Img_6599 Img_6609

Img_6607_2

Img_6629 Img_6634

Img_6635 Img_6547

Img_6624

GW最終日の今日の午後は北駐車場がほぼ満車でした。

2018年5月 5日 (土)

里山公園の九輪草

 磐田市敷地の旧豊岡小学校裏山で地域の皆さんが整備している里山公園で九輪草が咲いています。最近新聞やテレビで報道されていることもあり、花を楽しむ人たちが次々と訪れていました。
 今年は去年よりも咲いているように見えましたが、九輪草は栽培が難しい花で、本来の園地で十分育たないため4月に育てていた苗を植えたとのことでした。

Img_4472

Img_4477 Img_4480

Img_4485_2
              「九輪」です

Img_4488 Img_4487

Img_4459 Img_4483
  斜面の下の水が流れる溝ではよく育っています

Img_4492_2
       この茂みの下で咲いています

里山は緑が美しい季節

Img_4440_2
           カキの若葉が美しい

Img_4448 Img_4498
    各所でウツギ(卯の花)が咲いています

Img_4444 Img_4501
       レンゲ            ショウブ

Img_4505 Img_4504
       アザミ            カフェ
                 特産の干し柿・ツツジの花の
                 おひたし・フキの煮物とお茶
                 300円

2018年5月 4日 (金)

浜松まつり

 浜松まつりの初日(5/3)は朝方までの雨のため、わが町の凧揚げは中止になりました。ということで何年ぶりかで凧揚げ会場に行かないまつり初日でした。

 夜は町内の練りに参加しました。やや肌寒い夜でした。

Img_0598 Img_0600
北自治会長宅前での練り   高貴神社前で大人と子ども連
                   の合同練り

隣接する萩丘町との合同練り

Img_0603 Img_0605
           萩丘町の御殿屋台

 境界にあるスーパーの駐車場で恒例の合同練りを行いました。

Img_0608 Img_0614

 二日目の今日は午前中、「みんなで歌う会」の例会の日だったので凧揚げ会場へは行けませんでした。

2018年5月 3日 (木)

大谷青嵐傘寿書画展

 大谷青嵐先生は浜松市在住の書家。静岡県書道連盟理事長を務められた後、現在は顧問です。自ら主宰されている青嵐会で数多くの書家を指導されています。漢字の起源の専門家であり、漢籍にも造詣が深く、今回の展覧会にも中国の古典にある名句と彩色した絵を組み合わせた作品が多く出品されています。
 この展覧会は中区のしずぎんギャラりー四季で6日まで。

Img_0589_2
             第1展示場

Img_0594
    彩色は顔彩の一種でドイツの製品とのこと

私の好きな言葉
Img_0591_2
風あるときは 風に酔い
花あるときは花に酔い
雨の日は雨と語り
雪の日は静かに酒をたのしむ

Img_0590_2
舟を呑むほどの魚
こころざしの大きいこと
そんな気持ちはあっても
所詮私の器ではね

Img_0593 Img_0596
風に流されずに        築100年以上の古民家の障子の
風流に世を處す        桟に書かれた「ぼくらはみんな
                  生きている」

 大谷先生は文具四宝の著名なコレクターです。今年10月から11月にかけて55日にわたり、静岡市の駿府博物館で先生のコレクションの展覧会が予定されています。 

(作品は先生の許可をいただいて撮影しました)

2018年5月 2日 (水)

浜松まつり前夜祭

 明日5月3日から「浜松まつり」が行われます。私の住む町が参加して33年目になります。

 今夜は「最終打合せ」=前夜祭でした。あいにくの雨の中、役員や元気な青年たち、ラッパ隊のメンバーなど100人余が集まって気勢をあげました。

 終盤は恒例の大杯(鯛杯)・・・朱塗りの大きな杯に注がれたお酒を次々と飲み干してリレーしていきます。私も参加しました。

 降り続く雨でわが町の明日の凧揚げは残念ながら中止になりました。
 今年の初家は8軒、初子は10人です。

Img_0574

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »