2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 浜名湖ガーデンパーク:早春の花 | トップページ | 大学入試改革について »

2018年2月 9日 (金)

映画「ゴッホ 最期の手紙」

 映画はフランスの画家ゴッホの死後1年過ぎたところから始まります。タイトルの「最期の手紙」はゴッホが生前弟のテオに宛てて毎日書いていた手紙のうち、死の前日に書いた手紙のことです。郵便配達夫のジョゼフ・ルーランがこの手紙を見つけ、息子のアルマンにテオに渡すよう頼みます.アルマンはパリに向かいますが、テオはすでに亡くなっていました。

 その後アルマンはゴッホが生前かかわりのあった人を次々と訪ねます。医師ガシェ、ガシェ家の家政婦、宿屋の娘、もう一人の医師マズリ
など・・・。それらの人との出会いの中で、アルマンの旅はゴッホの死因にまつわる謎を探る旅になります。

 ゴッホの死因は拳銃による自殺とされています。その拳銃はゴッホ美術館に展示されているとのことです。
 しかし・・・撃たれた角度が不自然で自殺ではないという説もあります。映画では謎のままに終わっています。

 この映画の特徴は全編を通じてゴッホが描いた絵が背景になっており、バックの風景も人物も動画になっていることです。日本人一人を含む世界各国の125人のアーティストが描いた動画です。動画のタッチは見慣れたゴッホの筆遣いのタッチです。映画を観ながらゴッホの絵を見ていることになります。

 登場する作品は、〈夜のカフェ・テラス〉〈ゴッホの寝室〉〈夜のカフェ〉〈タンギー爺さん〉〈ローヌ川の星月夜〉〈医師ガシェの肖像〉〈鴉の群れ飛ぶ麦畑〉〈オヴェールの教会〉などです。

 これまで観たことのある絵を思い浮かべながら、スクリーンでゴッホの死の謎を追うという趣向です。

浜松 シネマイーラで2月16日まで。

« 浜名湖ガーデンパーク:早春の花 | トップページ | 大学入試改革について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ゴッホ 最期の手紙」:

« 浜名湖ガーデンパーク:早春の花 | トップページ | 大学入試改革について »