2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 渥美半島でなぜ菜の花? | トップページ | 2018サクラだより③早咲きのサクラと梅が満開:みどりーな »

2018年2月22日 (木)

遠江国分寺跡公園の梅

 古代の静岡県西部の中心地は浜松ではなく磐田でした。磐田には国府が置かれ、国分寺と国分尼寺がありました。国分寺があった所は現在の市役所と磐田南高校の間です。当時はみごとな七重の塔があったとされています。公園には梅の古木があります。

Img_4303

Img_4305 Img_4307
      中門跡       広場の向こうは磐田南高

Img_4309 Img_4311

Img_4312 Img_4314

Img_4315 Img_4316

Img_4319 Img_4318
派手さはありませんが、歴史を感じさせる紅白梅です

保福寺

Img_4325_3
早咲きのサクラで知られるお寺ですが、咲いているのは梅でした

Img_4330 Img_4331

早咲きの小さいサクラ

Img_4328_2

磐田でも開花が1週間以上遅れています。

« 渥美半島でなぜ菜の花? | トップページ | 2018サクラだより③早咲きのサクラと梅が満開:みどりーな »

旅行・地域」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遠江国分寺跡公園の梅:

« 渥美半島でなぜ菜の花? | トップページ | 2018サクラだより③早咲きのサクラと梅が満開:みどりーな »