2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 「ターナーからモネへ」:静岡市美術館 | トップページ | シニアクラブの新年会 »

2018年1月17日 (水)

静岡近代美術館

 2016年夏、静岡市にオープンした個人美術館です。1月16日、午前中に静岡市美を訪ねた後、内壕と外濠の間を抜けて歩いて向かいました。2階建ての美術館はNHK静岡放送局の裏の住宅地にありました。

 1階では文化勲章受章者17人の作品展でした。大半が小品ですが、第1回から最近までの著名な受章画家の作品がずらりと並んでいてみごとです。17人+1の1は熊谷守一です。文化勲章を辞退したのでした。

 2階は常設展で、国内外の19世紀以降の画家の作品が展示されています。

 全館で出品されている主な画家は次のとおりです。
浅井忠・黒田清輝・藤島武二・和田英作・熊谷守一・萬鐵五郎・安井曾太郎・梅原龍三郎・岸田劉生・曾宮一念・林武・佐伯祐三・荻須高徳・向井潤吉・コロー・ユトリロ・ローランサン・フジタ・シャガールなど。
コレクションにはピカソ・ミロなどもあります。

 この美術館を開設したのは静岡市内で知らない人はいない大村洋品店の経営者です。コレクションは300点を超えるとのこと。みごとな内容です。一見の価値があります。

 出品目録はありません。123点収録の図録(3,000円)があります。

 この日、先客がひと組2人、あとは私たち2人だけでした。

 月曜休館。入館料1,200円です。

_20180117_0001 5_20180117_0001
〈富士山図〉梅原龍三郎     〈猫〉熊谷守一

3_20180117_0001 2_20180117_0001
   〈風景〉ルノワール   〈モンマルトルのムーラン〉ユトリロ

« 「ターナーからモネへ」:静岡市美術館 | トップページ | シニアクラブの新年会 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 静岡近代美術館:

« 「ターナーからモネへ」:静岡市美術館 | トップページ | シニアクラブの新年会 »