2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 節分草とサクラ咲くはままつフラワーパーク | トップページ | 男の料理教室 »

2018年1月24日 (水)

チョ・ソンジン ピアノリサイタル

 チョ・ソンジン(韓国)は2009年の第7回浜松国際ピアノコンクールで15歳で優勝しました。さらに2015年にはショパンコンクールで優勝しています。
 この秋に第10回浜松国際ピアノコンクールが開催されるのを記念して開かれました。
 15歳だった少年は大人の雰囲気になっていました。今や世界各地で活躍している人気ピアニストが本格的なデビューのきっかけになった浜松に戻ってきました。
 彼の成長を楽しみにしてアクト中ホールに向かいました。

プログラム
 ・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 第8番 ハ短調Op.13  「悲愴」
 ・ベートーヴェン ピアノ・ソナタ 第30番 ホ長調 Op.109
 ・ドビュッシー   映像 第2集
 ・ショパン      ピアノ・ソナタ 第3番 ロ短調 Op.58

 「悲愴」はベートーヴェン20代終わり頃の作品です。美しい旋律がちりばめられたおなじみの曲で、心地よく聴きました。第30番は晩年に近い頃の作品です。私はあまり聴いたことがありあません。

 ドビュッシーの「映像」は、印象主義を代表する彼の本領を発揮した曲調で、ベートーヴェンやショパンとは大きく異なります。静かに、ゆるやかに紡ぎ出される美しい音が胸に染みいります。

 ショパンの3番は4楽章から成る大曲です。ショパンらしい華麗なピアノの音がホールいっぱいに響きわたりました。

 演奏が終わって満場の聴衆から万雷の拍手。それに応えてアンコール。
 まず、「楽興の時 第3番」 おなじみの名曲です。
 次に、「子犬のワルツ」
 さらに、「英雄ポロネーズ」

 10分を超えるアンコールに聴衆は大満足でした。

 みごとに成長したチョ・ソンジンを聴くことができて楽しい夜でした。(1/23)

Img_0126 Img_0123
                 開演前のステージにはスタインウエイ

« 節分草とサクラ咲くはままつフラワーパーク | トップページ | 男の料理教室 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: チョ・ソンジン ピアノリサイタル:

« 節分草とサクラ咲くはままつフラワーパーク | トップページ | 男の料理教室 »