2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« 2017紅葉シリーズ⑯六義園 | トップページ | 紅葉の中で防災訓練 »

2017年12月 3日 (日)

ジュビロ 鹿島の胴上げっを阻止 0-0のドロー

 ジュビロ磐田の今季最終戦はホームでの鹿島との一戦。前節まで首位の鹿島は今日勝てば優勝。引き分け以下の場合は2位川崎の結果によるということになります。

 前半はジュビロの支配する時間が長かったのですが得点に至らず。鹿島はシュートわずか1。前半終了で0-0。川崎は大宮と3-0。勝つしかなくなった鹿島は後半に入って攻勢を強め、ジュビロのゴールに迫ります。固い守りで得点を許さず0-0で終了。この瞬間に川崎の初優勝が決まりました。

 ピッチに倒れ込む鹿島の選手たち。鹿島ゴール裏のサポーターは静まりかえって無人の如く。

 ジュビロは6位でシーズンを終えました。失点30は18チーム中最少というみごとな成績でした。

 試合後、シーズン終了のセレモニーが行われました。名波監督は挨拶の中で選手たちを褒め、「来年も俺についてこい」と。選手か会長の大井は「名波さんについていきます」 と応え、サポーターから大きな拍手。来年が楽しみです。

Img_3790 Img_3799
静まりかえった鹿島ゴール裏   選手が挨拶

Img_3802 Img_3810
名波監督の挨拶。後ろは大井   場内一周

Img_3789 Img_3780
    ほぼ満席でした       スタジアム横の紅葉

« 2017紅葉シリーズ⑯六義園 | トップページ | 紅葉の中で防災訓練 »

サッカー」カテゴリの記事

ジュビロ磐田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュビロ 鹿島の胴上げっを阻止 0-0のドロー:

« 2017紅葉シリーズ⑯六義園 | トップページ | 紅葉の中で防災訓練 »