2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月30日 (木)

2017紅葉シリーズ⑮大洞院

 小國神社の後、同じ森町の大洞院へ。「森の石松」の墓があるところで知られています。ここの紅葉は小國神社よりも1週間ほど早く、盛りを少し過ぎていました。

Img_1925_2

Img_1917

Img_1892 Img_1894

Img_1899_2

Img_1911 Img_1918

Img_1885 Img_1930
                 ㊧:石松の墓 ㊨:次郎長の碑

 まだまだ十分美しい紅葉です。29日10時30分頃、駐車場は約30台の車でほぼ満車でした。小國神社から約10分です。

2017年11月29日 (水)

2017紅葉シリーズ⑭小國神社

 県西部でもっとも人気のある紅葉狩りの地が森町の小國神社です。宮川の両岸に約2,000本のモミジがあります。赤だけでなくオレンジや黄、緑などのグラデーションが美しいのも魅力です。

 見頃を迎えると周辺の道路や駐車場は大渋滞。今日は「見頃」です。朝8時40分に家を出て9時30分前に着きました。さすがにこの時間では渋滞はなく、駐車場も余裕がありました。

赤橋付近

Img_1809_2

Img_1807 Img_1804

Img_1816

Img_1818 Img_1848

宮川沿い

Img_1787

Img_1851

Img_1820

ことまち横町にオープンした店

Img_1869 Img_1870
                     抹茶わらび餅

 小國神社の紅葉を楽しんだ後、大洞院へ行きました。後日アップします。
 帰路、渋滞の列は小國神社から新東名の高架下までつながっていました。約2.5㎞です。

2017年11月28日 (火)

第100回 男の料理教室

 今日は男の料理教室のため紅葉の「取材」はお休みです。

 アクティブ シニア ネットの男の料理教室は今回で通算100回目を迎えました。100回目の今日はこれまででもっとも簡単な料理でした。用意されたメニューは3品ですが、そのレシピは3品でわずか6行でした。調理の手間もほとんどかからず、ご飯が炊きあがるまで暫時休憩しました。

メニュー ①生鮭ときのこの炊き込みご飯
      ②手羽元のコーラ煮
      ③ポテトサラダ

①米の上に2切の鮭ときのこを載せ、松茸のお吸い物1袋を振りかけて炊飯
②手羽元9本(3人前)を750MLのコーラで約30分煮込む
③じゃがいもだけのまっしろなサラダ

Img_3665 Img_3668
    炊きあがったご飯     手羽先のコーラ煮

Img_3669 Img_3671
  白一色のポテトサラダ     炊き込みご飯

Img_3670_2
 ご飯は味が薄くてうまみ不足。手羽先はコーラの味がほとんど消えていました

 今回の料理のコンセプトは男が一人になった時に必要な手軽な料理・・・ということのようです。

2017年11月27日 (月)

2017紅葉シリーズ⑬二俣城跡

 二俣へ出かけるハイキングに参加しました。3日前の24日(金)に二俣の鳥羽山公園に行ったばかりですが、その日の夕方、今日のハイキング開催通知のハガキが届きました。
 20人が参加、電車とバスを乗り継いで鳥羽山公園入り口から歩き始め、鳥羽山公園⇒二俣城址⇒清龍寺⇒山東と歩きました。

二俣城跡
 「おんな城主直虎」第46話(11/19)で家康の嫡男信康自害の場面がありましたが、その舞台が二俣城でした。その城跡は紅葉が見頃でした。

Img_1767_2

Img_1753_2

Img_1726_2

天守台から見た紅葉

Img_1752 Img_1750

Img_1773 Img_1764_2

Img_1757 Img_1701
      天守台       左:天竜川 右:二俣市街
                  正面:二俣城址

 画像の堤防は明治期に整備されたものです。それ以前は二俣川がこの地を右から左へ流れて天竜川に合流していましたが、天竜川の水が逆流して洪水が頻発していた場所で、地名は川口です。
二俣川の流れを現在の位置に変えて、ここに堤防を作りました。
 
 戦国時代、二俣城と鳥羽山城の間は二俣川で遮られていました。

清龍寺 
 二俣城で自害した信康の供養のために家康が建立した寺です。清龍寺というネーミングも家康によるものです。

Img_1783 Img_1784

Photo
              信康廟所

2017年11月26日 (日)

2017紅葉シリーズ⑫四ツ池公園

 今日はもっと近い場所・・・わが家から歩いて数分の四ツ池公園です。日に日に紅葉が進み、1週間前とは様変わりです。

通称ロケット公園ではアメリカフウが色づいています。

Img_1579_2

Img_1645 Img_1584_2

Img_1587_2 Img_1578
野球場レフトの照明塔
12月3日にはこのロケット広場で防災訓練が行われます

芝生広場

Img_1591_4

Img_1594 Img_1595_2

Img_1596 Img_1603
                   マンサクの花が早くも
                   咲いています

四ツ池のほとり

Img_1608 Img_1611

Img_1621 Img_1626

Img_1618_2
           久しぶりのカワセミです

2017年11月25日 (土)

2017紅葉シリーズ⑪浜松城公園

 穏やかに晴れ上がった晩秋の日、近くの紅葉を見に行きました。浜松城公園です。紅葉は進んではいますがまだ半ばです。遠出しなくても黄葉を楽しむことができます。

Img_3652

Img_3658 Img_3657_2

Img_3638_2

Img_3643 Img_3645

Img_3622 Img_3624

Img_3620 Img_3599
    大イチョウや市役所前のイチョウは黄葉

Img_3605 Img_3611
           元・元城小付近のケヤキ

 今日はバスで出かけました。浜松城公園駐車場は午前11時過ぎ、ぼぼ満車でした。

2017年11月24日 (金)

2017紅葉シリーズ⑩鳥羽山公園

 浜松から天竜川にかかる西鹿島橋を渡りトンネルを抜けると間もなく鳥羽山公園に上がることができます。
 今日24日の午前、よく晴れた日で紅葉狩りには絶好の天気でした。
 紅葉は進んでいますが、全体が赤く染まるまでにはまだ1週間ぐらいかかるでしょうか。
 この時期ですから赤から緑までのグラデーションが美しいのもみごとです。

Img_1520_2

Img_1548

Img_1538 Img_1536
展望台から。左の橋は     展望台付近の紅葉
天浜線、右は西鹿島橋

Img_1556 Img_1533

Img_1563 Img_1566

 見頃は月末から12月のはじめにかけての頃でしょう。

2017年11月23日 (木)

「運慶展」:東京国立博物館

 26日の会期末まで5日となった22日にようやく観ることができました。正午から目白で会合があるので時間を気にしながらの鑑賞でした。

 連日大混雑ということなので、開館前に並ぶことにしました。博物館の門前に着いたのはちょうど9時でした。すでに300人ほどの行列。開館したのは9時32分で私は9時38分に入館しました。入り口に近い第1展示室はかなりの混雑でしたが、2・3・4室はゆっくりと観ることができました。

Img_3471 Img_3456
上野駅から博物館への    9時の入場待ちの列
人の流れ             右が博物館

 今回の展覧会は国立博物館が相当なエネルギーと時間をかけて開催した特別展です。「興福寺中金堂再建記念特別展」ですが、興福寺所蔵の作品をはじめ、全国各地の寺院などから37点74体が出品されています。
 運慶の作品は12点22体です。現存する運慶の作品は31体とされているので全体の7割を一度に観ることができます。4点12体が国宝、その他は重要文化財です。

運慶の処女作:26歳の頃

2_20171123_0001_2
   大日如来坐像 1176年 国宝 奈良・円成寺

3_20171123_0001_2
  毘沙門天立像 国宝 1186年 静岡・願成就院

_20171123_0001_6
八大王子立像のうち恵光童子 国宝 1197年頃 金剛峯寺

4_20171123_0001_2
     無著菩薩立像     世親菩薩立像
       いずれも国宝 1212年 興福寺

 運慶の類い希な造形力とみごとな写実性がどの作品にも表れています。無著と世親の菩薩立像2体は人物像の代表と称される傑作でそれぞれの人間性が深く刻まれており、感動しました。

 日本を代表する仏師運慶の青年時代から晩年に至るまでの作品を全国の寺院や博物館などを訪ねなくても一度に観ることができるまたとない機会でした。
 展示の方法や照明も工夫されていて、360度どこからでも観ることができる配置など画期的でした。

 運慶の父康慶や子湛慶の作品を含め、47点中国宝12点、重文34点。1点を除いて全て文化財指定を受けています。

 私が観た22日に入館者が50万人に達しました。1日1万人です。今日も昼前後は60分待ちとか。26日の最終日まで混雑は続くでしょう。

 駆け足で観て回ったのですが、深く印象に残るすばらしい展覧会でした。

2017年11月22日 (水)

2017紅葉シリーズ⑨上野公園

 今日は高校時代の関東同期会で東京へ。会場は恒例の日立目白クラブです。会合は正午からということで午前中は上野へ。国立博物館で「運慶展」を見ました。その記事は後日にして上野公園の紅葉の様子をお伝えします。

Img_3472_2

Img_3473_2

Img_3477 Img_3480
                    上野動物園入り口

Img_3482 Img_3485
          多くはイチョウとケヤキです

Img_3468_3
        国立博物館のイチョウなど

2017年11月21日 (火)

蕎麦の脱穀作業

 ASN(アクティブ シニア ネット)のなかまで栽培した蕎麦の脱穀をしました。蕎麦は9月2日に播種、11月7日に刈り取りして乾燥させました。

Img_3425 Img_3437

Img_3426 Img_3435
愛國社製愛國号。製造年不明  足踏みペダルで回転させます

Img_3447 Img_3451
   藁屑や枯葉混じり ⇒篩にかけて蕎麦粒だけを残します

 午後は唐箕にかけて蕎麦粒以外を吹き飛ばす作業を行いました。最後の製粉は業者に頼みます。
 おいしい蕎麦粉ができれば来月みんなで蕎麦打ちです。

2017年11月20日 (月)

2017紅葉シリーズ⑧浜名湖ガーデンパーク

 午前中は厚い雲に覆われていましたが、昼過ぎから薄い雲の間から時折陽が差すようになりました。ということで急いで浜名湖ガーデンパークへ。
 ガーデンパークの紅葉はラクウショウ、タイワンバフウ、ナンキンハゼなどが主で、イロハモミジはわずかです。

Img_1428

Img_1429 Img_1430

Img_1441

Img_1444

Img_1435 Img_1455

Img_1440 Img_1415
                     ナンキンハゼ

Img_1484 Img_1486
     タイワンフウ

2017年11月19日 (日)

56年前の教え子たち

 1961年に私が担任をした当時の高校1年生の同窓会で清水へ出かけました。教え子たちは72歳です。男性の多くは頭髪が私よりも薄くなっています。56年も前のことですが、当時のことは私も教え子たちもよく覚えていて話が尽きませんでした。近況報告では病気のこと、通院のこと、介護のこと、孫のことなどが共通の話題として出てきます。お互いに年をとった
と感じたことでした。

 清水の町は私が静岡県に来て最初に住んだ町です。3年間の思い出が詰まっている懐かしい町。商店街はさびれてしまい、当時の面影はありません。
 変わらないのは富士山と巴川の流れです。

Img_5470 Img_5473
清水駅2階から撮った富士山   巴川・・・千歳町付近

会が終わって静岡へ出ました

Img_5477 Img_5480
お濠端の紅葉。バックは県庁  駿府城公園の紅葉

2017年11月18日 (土)

ジュビロ0-1柏

 リーグ3位以内でACL出場を目指すジュビロにとって、勝ち点3差で追う柏はどうしても勝ちたい相手でした。

 現地で応援しましたが残念ながら前半のオウンゴールによる失点で悔しい敗戦でした。

 前半20分頃から柏のペースでゲームが展開し、29分、クロスの処理をミスしたオウンゴールで先制されました。
 後半は一転してジュビロのペース。何度も柏ゴールに迫りますが最後までゴールできず0-1で終戦。

 試合後のインタビューで名波監督は「後半は選手たちが楽しそうに、面白そうにサッカをしている」と評価しましたが、見ていてそのとおりでした。ワクワクした後半でした。

 試合開始の頃から雨が降り始めたレイソルのスタジアム。かなり寒くて震えました。

Img_3414 Img_3415
ジュビロのゴール裏は満席 

Img_3411 Img_3418
 ジュビロの選手専用バス   ウォームアップの俊輔

Img_3421
   残念ながら0-1

_20171118_0001
地元の新聞店がホームゲーム終了後直ちに
発行する号外。スタジアムを出て柏駅に向かう
途中の路上で配布しています。
いつも感心する早業です。B4サイズです。

2017年11月16日 (木)

2017紅葉シリーズ⑦都田の街路樹

 都田総合公園周辺の街路樹はナンキンハゼとイチョウです。

Img_3363

Img_3364 Img_3366

Img_3370 Img_3376
                   画面左手が公園の駐車場

Img_3373 Img_3375

常葉大学浜松キャンパス前の街路樹=モミジバフウ

Img_3354

Img_3356 Img_3358

玖延寺(天竜区)
 紅葉の美しい寺のモミジはまだ青々としています。

Img_3384_2
     紅葉するにはまだ1週間以上かかりそう

Img_3389 Img_3392
            ツバキとサザンカ

栄林寺(天竜区)

Img_3381_2
         1本だけ紅葉していました

2017年11月15日 (水)

2017紅葉シリーズ⑥森林公園

 11日ぶりの県立森林公園では紅葉が進んでいました。モミジバフウは一部を除いて落葉。モミジは色づき始めています。

木工体験館付近で

Img_3336

Img_3341 Img_3342

Img_3344_2

Img_3343 Img_3330

Img_3349_2 Img_3350

モミジバフウ

Img_3323_2

Img_3327 Img_3328

紅葉以外にも・・・木の実や花

Img_3347
                ピラカンサス

Img_3351 Img_3337
       クサギ         ツルウメモドキ    Img_3352_2
               コウヤボウキ

2017年11月14日 (火)

アプト式鉄道に乗る

 11日に千頭~井川を往復した井川線は日本で唯一のアプト式鉄道です。アプトいちしろ駅と次の長島ダムの間は1,000分の90という日本一の急勾配です。そのためこの区間は専用の機関車が後ろから押し上げます。歯車が線路の真ん中のギアとかみ合って登っていきます。

 Img_1307 Img_1313
後ろにアプト専用機関車    アプトのギア(中央部)
を連結するところを見る
乗客の群れ

Img_1309 Img_1322
    アプトいちしろ駅からながしまダム駅(斜面の上)へ

Img_1268_2 Img_1277
      千頭駅           井川行き「関の澤号」

Img_1275 Img_1273
紅葉シーズンで8両編成       10:19発

沿線の風景

Img_1279_2 Img_1283
   吊り橋を渡る人        流れが細い大井川

Img_1319_2 Img_1320
       長島ダム         放流していました

Img_1333

2017年11月13日 (月)

上島駅前公園完成記念イベント

 遠州鉄道西鹿島線(通称 赤電)が上島まで高架になって5年が過ぎました。高架工事と連動して区画整理事業が行われ、ほぼ完成しています。浜松市が上島駅北側の高架下に公園を整備しました。面積は2,100㎡です。ベンチやトイレが設置されていますが、子どもの遊具などはありません。
 この公園の完成を記念して、自治会と、町民有志で組織する「上島をよくする会」が合同でイベントを開催しました。
 11月12日(日)午前10から午後2時まで。町民が出展するフリーマーケットと野菜や果物の販売、ミニコンサート、餅投げなどです。

Img_3273
南北に長い駅前公園です。中央奥が上島駅。高架下の舗装部分で
フリーマーケット。正面ではミニコンサート。

Img_3238 Img_3225

Img_3241 Img_3202
   人気の野菜売り場

Img_3203 Img_3205

Img_3251 Img_3259
市議会議員さんや自治会長さんたちのミニコンサート

Img_3228_2 Img_3246
500人分用意した景品      投げ持ちの用意20箱

 500枚の抽選券は1時間でなくなりました。投げ持ち拾いにも多くの町民の皆さんが参加。晩秋の一日、有意義なイベントになりました。

 現在工事が進められている上島駅を中心とした東西南北の道路整備が1.2年後に完成すれば、旧浜松市内中心部の北の玄関口として大きく発展することが期待されているわが町上島です。

2017年11月12日 (日)

ジュビロ磐田 ファン感謝の集い

 年に1度開かれるジュビロのファン感謝の集いに行ってきました。シーズンシートホルダーが対象で1,000人限定です。会場は浜松グランドホテル「鳳の間」です。
 木村社長、名波監督と全選手(体調不良のカミ、アダと小川が不参加)が参加しました。

Img_3300_2

Img_3296 Img_3301
     木村社長            名波監督

Img_3295_2
           中村俊輔   森下俊(後ろ)

Img_3312 Img_3318
              会場風景

 テーブルが30あり、選手が一人ずつ割り当てられます。私たちのテーブルにはFWの斉藤和樹選手が来てくれました。
乾杯の後、選手との写真撮影やサインの時間になります。

 私は磐田東高OBの上田康太、八田、森下俊の3人のところに並び家族も含めて写真を撮ってもらいました。3人とも私のことがすぐに分かって話しかけてくれました。八田君は「1年ぶりですね」、森下君は「元気ですか」・・・と。康太君とは18日の柏戦の応援に行く話をしました。

Img_3320_2
   上田康太の中締めの挨拶(右は那波監督)

 お土産はジュビロのブランケットでした。

 今年のジュビロはここまで成績が順調にきているので選手もサポーターも明るい雰囲気でした。

2017年11月11日 (土)

2017紅葉シリーズ⑤錦秋の奥大井-その1

 知人にドライブに誘われて奥大井を訪ねました。千頭まで車で走り、千頭からはトロッコ列車で井川へ。夜来の雨は7時頃にやんで川根路へ入った頃には青空に。 その後夕方まで雲一つない絶好の日和になりました。

井川湖で

Img_1360_4

Img_1365_3 Img_1363_2

Img_1366_2 Img_1354_3
                                           井川ダム

 井川湖から船で井川の集落を訪ねる予定でしたが、風が強くて帰りの船の出航は無理かもしれないということで残念ながら諦めて千頭に戻りました

Img_1325_2 Img_1340_2
    奥大井湖上駅    奥泉ダム湖の地上70メートルから
                  下に見える紅葉を撮影

2017年11月10日 (金)

吉野を訪ねる②

 峠を越えて吉野に入りました。吉野川を見ながら進みます。

Img_3083 Img_3086
    近鉄吉野線鉄橋   桜橋を渡ると左手に創業170年の柿の                        
                  葉寿司「平宗」

Img_3097_2
各所貯木場や製材所があります。吉野杉はかつて吉野ダラーと呼ばれて吉野の重要な財源でした

Img_3104 Img_3127_2
          狭くて急な坂道を登ります

Img_3111 Img_3115
全山紅葉のサクラですが・・・。あいにく曇りで色が消えています

竹林院群芳園

 1981年の植樹祭で天皇・皇后が宿泊された宿

Img_3134_4
              屋根は檜皮葺

Img_3140 Img_3138

金峯山寺 蔵王堂(国宝)

Img_3161 Img_3163
            修験道の総本山です

Img_3167_2
      吉野神宮:祭神は後醍醐天皇

 後半は夕暮れが迫り、駆け足になりました。吉野を愛するS君の丁寧なガイドで吉野の歴史の一端を知ることができました。

2017年11月 9日 (木)

2017紅葉シリーズ④愛知県民の森

 毎年出かけている愛知県民の森へ紅葉の下見に出かけました。ここの見頃は例年11月20日頃です。まだ10日ほど早い今日の状況は「色づき始め」でした。ソメイヨシノの場合は三分咲きと言えば、ほとんどの木で同じように三分ほど咲いてる状況ですが、紅葉の場合は一部のエリアや一部の木で紅葉が進んでいる状況で、真っ赤に染まった木から、真っ青なままの木までが混在しています

Img_1209_2

Img_1197_2

Img_1188 Img_1185
      みごとに紅葉した木が各所にあります

Img_1248 Img_1264
     駐車場ちかくの道路際はまだまだ青い

Img_1235 Img_1182
           グラデーションが美しい

Img_1174_2

Img_1175 Img_1176

紅葉の下で

Img_1202_2
             かわいいリンドウ

 まだ多くはないのですが、美しく紅葉した木はいろいろあります。ただし「面」ではなく「点と線」という感じです。色も燃えるような赤はまだ少ない。あと1週間か10日して訪ねれば息をのむような赤い絨毯が見られるでしょう。
 以上、「下見」のレポートです。

2017年11月 8日 (水)

吉野を訪ねる①

 大学同級生のS君の車で吉野を訪ねました。近鉄京都線のある駅で待っていた車に乗って出発したのは10時半頃でした。車は南進して奈良市に入りました。

Img_3007_2
  車の正面に現れたのは東大寺大仏殿です

Img_3011 Img_3016
 奈良街道を行きます     興隆寺五重塔

車は天理市へ

Img_3020 Img_3024
   天理教校学園高校      天理教本部

Img_3021 Img_3026
 信徒の宿泊所が各所に       天理大学

Img_3029_2
          天理大学・天理高校エリア

天理教関係の施設が市内中心部の広大なエリアを占めています

Img_3038_3
          三輪明神の大鳥居

Img_3044 Img_3042
         創業150年 銘菓みむろ 

石舞台

Img_3047_2
何十年ぶりかの石舞台。周辺は大きく変化していました

古道を芋峠へ
Img_3053 Img_3057
    棚田の風景      栢森の綱掛・飛鳥川

Img_3072_2
芋峠まで来ましたがこの先路肩崩壊で通行不可。引き返しました

次回は吉野です。

2017年11月 7日 (火)

2017紅葉シリーズ③吉野で

 今日は飛鳥から吉野へ。7時間のドライブでした。吉野生まれの大学時代の同級生の運転する車で、地元の人しか通らない脇道などを走って、沿線の歴史遺産について詳しい説明を聞きました。紅葉が始まっていたのですが、あいにく昼前から雲が広がって鮮やかな紅葉は見ることができませんでした。その一部を紹介します。旅の詳細は後日アップします。

天理市内で:天理大学、天理高校、天理教病院などが集中するエリアは実に広大です。

Img_3032

Img_3023 Img_3031

近鉄終点 吉野駅で

Img_3109

吉野:中千本 竹林院群芳園

Img_3137_2

Img_3130 Img_3132

Img_3145

2017年11月 6日 (月)

ブログ 9年6ヶ月の記録

 このブログを始めたのは2008年4月27日のことでした。それまで続けていたホームページが突然消えてしまったのでその代わりに始めたのでした。それから9年半・・・今日昼頃にアクセスカウントが45万を超えました。ブログを書いているこの時点で450,062です。1日平均130件のアクセスを記録しています。

 大勢の皆さんに支えられてこのブログを続けることができています。ありがとうございます。これからもできるだけ休むことなく毎日発信を続けますのでよろしくお願いします。

 明日は終日奈良の吉野を訪ねます。現地からのアップはできないかもしれません。御了承ください。

2017年11月 5日 (日)

2017紅葉シリーズ②浜名湖ガーデンパーク

 今日のガーデンパークはうなぎまつりで賑わっていました。駐車場はほぼ満車状態でした。
 紅葉する木はアメリカフウやラクウショウなどで本数は多くありません。

Img_1107_2

Img_1119 Img_1112

Img_1108_2

Img_1147_2
                ラクウショウ

Img_1152_2
  アメリカフウ   タイワンフウ   モミジバフウ

Img_1156 Img_1166


Img_1164_2

Img_1096_2
イベント広場ではコンサートなどいろいろなイベントが行われていました

2017年11月 4日 (土)

満月

今夜は満月でした。晴れ上がった晩秋の空に照り輝いていました。

Img_1079_2

2017紅葉シリーズ①浜北森林公園

 11月に入って平地でも紅葉が始まっています。浜北の県立森林公園ではナンキンハゼやアメリカフウが紅葉しています。

アメリカフウ

Img_1034_2
              西ノ谷奥池

Img_1042 Img_1053

Img_1055_2
       フェンスの内側は三方原用水です

ナンキンハゼ

Img_1023 Img_1020
          木によってかなり違います

木工体験館で

Img_1072_2

Img_1073 Img_1071

イロハモミジ

Img_1067_2
          まだ青々としています

2017年11月 3日 (金)

アクセス間もなく45万

Img_2996
間もなく450,000です。
11月5日に到達かな?

吹奏楽野外演奏会

 毎年「文化の日」に開催されている吹奏楽野外演奏会は今年で37回目を迎えました。会場はわが家の近くの四ツ池公園陸上競技場ですから、家に居ても演奏の音が聞こえてきます。市内の幼稚園から高校までの23の団体が次々に見事な演奏をしました。アトラクション、パレード、ドリルの三つの種別で、一つの団体が二つの種別に参加することもあるので、プログラムは32までありました。

市立開成中学校=アトラクション
Img_0993_3
吹奏楽の分野では市内の中学校で最近最も活躍している
学校。メンバーも90人近い。〈宝島〉と〈Vivaやら舞歌〉の2曲

県立浜北西高=パレード

Img_0995 Img_0997
〈ZIP-A-DEE-DOO-DAH〉と〈IN THE STONE〉
1982年の開校以来吹奏楽には力を入れています

浜松聖星高校=アトラクション

Img_0998_2


Img_1006 Img_1000
〈UK Rock〉と〈愛と真理でやら舞歌〉  男子生徒も

 県内最強の吹奏楽部で全国大会の常連。4月から男女共学になり校名を「海の星」から「聖星」に変更。

 約80人のボリュウムと迫力のある演奏でした。

浜松商業高校=ドリル

Img_1015_2
 なかなか楽しいドリルでした。全員が野球のユニフォームで登場。
野球のゲームを表現し、最後はサヨナラ勝ちの歓喜と悲劇を表現しました。曲目は〈PLAY BALL!!〉。甲子園でおなじみの〈栄冠は君に輝く〉や野球の応援歌などで、さすが野球で知られる浜商の演奏でした。

Img_0982_3
    バックスタンドから正面スタンドを見たところ

 好天に恵まれ多くの市民が吹奏楽の演奏を楽しみました。

2017年11月 2日 (木)

吉良を訪ねる

 ASN15周年記念バスツアーは午前中のトヨタ博物館見学に続いて、午後は三河湾に面した西尾市吉良を訪ねました。
 吉良にゆかりのある3人の人物の墓所などをボランティアガイドの説明で見て廻りました。
 3人の人物とは、①吉良上野介 ②吉良の仁吉 ③尾崎士郎 です。

華蔵寺 吉良家の菩提寺

Img_2936 Img_2944
                   堂内奥に義央の木像

Img_2951 Img_2962
    吉良上野介の墓碑   赤馬で巡回して親しく領民と接した
                   とされる上野介の騎馬像

源徳寺 義理と人情に生きた吉良の仁吉の墓

Img_2968 Img_2967


福泉寺 「人生劇場」尾崎士郎の墓

Img_2974_2

 まったく関係のない3人の「有名人」を「吉良三人衆」として売り出しています。歴史上の評価などは関係ありません。

 吉良にある金蓮寺の国宝弥陀堂を見ることができなくて残念でした。

2017年11月 1日 (水)

トヨタ博物館②国産車

 日本の自動車産業の歴史に残る名車のコレクションも充実しています。その一部を紹介します。

Img_2909_2
           トヨペットSA 1951年

Img_2914_2
      フジキャビン5A 1955年 三輪です

Img_2916_2
              パブリカUP10

Img_2918_2
      スズキ フロンテ360LC10 1967年

Img_2920_2
            スカイライン 1967年

Img_2922_2
            ソアラ 1981年

展示風景

Img_2868 Img_2927

全体をゆっくり見るためには2時間必要です。

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »