2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 浜松市美術館コレクション展 | トップページ | カキとミカンの収穫:フルーツパーク »

2017年10月26日 (木)

江戸と平成の「命山」を見る

 第192回エンジョイハイキングで袋井市南部へ行きました。旧浅羽町にある江戸時代の命山と平成の命山を見るためです。浜松駅からバスで1時間、150号線の大野で下車。近くに「江戸の命山」がありました。

Img_2753_2

Img_2754 Img_2765
         県指定の重要文化財です

 この命山は17世紀後半に造成されたものです。1680年に江戸時代最強の台風が襲来し、高潮のため300人が犠牲になるという悲劇の後、造成されたものです。上段は東西17㍍南北27㍍高さ3.5メートルです。

 Img_2760 Img_2758
周囲には木が植えてありま 上段には一面ヒガンバナが植え
すが、これは登る時に綱を  られています。食料がない時に
かけて登り安くするため    食糧とするためですImg_2775
明るいところが国道150号線
民家のすご側にあります

平成の命山

 袋井市は遠州灘に近い浅羽地区南部に次々と現代の命山を整備しています。津波の第一次避難場所です。

湊命山

 現代の命山第1号で2013年月に完成。

Img_2785_2
            右は国道150号線

Img_2787 Img_2811

Img_2801 Img_2810
海抜10㍍。避難スペース1,340㎡ 収容人員1,340人

Img_2788
   北方面を望む。中央右寄りに冠雪の富士山

Img_2779 Img_2807
海岸から1.2㎞ 海抜3㍍   階段は49段。なかなか大変です

総工費2億6.300万円

第2号 きぼうの丘 2016年3月完成 400人 3億1,700万円
第3号 江川の丘    2017年2月完成 300人 3億7,600万円
第4号 寄木の丘  2017年3月完成 300人 3億7,700万円

4基合わせて2,340人が避難できます。

 江戸時代に造られた「命山」に学んで現代の命山が整備されているのは賢明なことです。

Img_2777 Img_2778
第4号の「寄木の丘」ではまだ一部で工事中でした

 今日のハイキングは参加者12人と少なかったのですが、好天に恵まれて気持ちよく歩くことができました。6㎞あまり歩きました。

« 浜松市美術館コレクション展 | トップページ | カキとミカンの収穫:フルーツパーク »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸と平成の「命山」を見る:

« 浜松市美術館コレクション展 | トップページ | カキとミカンの収穫:フルーツパーク »