2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« ロダン没後100年:静岡県立美術館 | トップページ | みんなで歌おう会合同祭:アクト中ホール »

2017年9月11日 (月)

「戦国!井伊直虎から直政へ」:県立美術館

 TVの大河ドラマ「おんな城主 直虎」に関連した特別展です。静岡の知られざる戦国史を、前半は戦国大名の動向と直虎の生涯、後半は直政の活躍を主題として数々の資料から読み取れる内容になっています。構成は・・・

1章 動乱を超えて~東海の戦国大名と井伊氏~
第2章 遠江の雄~井伊谷の領主として~
第3章 徳川家康と四天王
第4章 遠江から近江へ~直政、彦根藩創設への道程~

 出品されている資料は前期で143点、そのうち重文が10点。古文書が多いのですが、武将や僧侶の太刀・脇差・槍・弓・武具・馬具などのほか、肖像画や直政の木像などの彫像その他多様な資料が出品されています。

 放送中のドラマは全50回。昨夜の回が36回でした。残り14回、間もなく直政が登場するでしょう。第4章はその先取りです。

 豊富な資料に感心しました。本来であればドラマの舞台である浜松で開催されることが望ましいのですが、浜松市美術館は現在改装工事中。しかも展示スペースが狭いため今回のような規模の展覧会の開催は不可能です。残念なことです。

 会期は10月12日までで、その後彦根市に巡回します。Photo
      直虎の名前と花押のある唯一の文書

Photo_2 Photo_3
    太刀 銘 来国光      朱地井桁紋金箔押旗印 
Photo_4
                 青葉の笛

« ロダン没後100年:静岡県立美術館 | トップページ | みんなで歌おう会合同祭:アクト中ホール »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦国!井伊直虎から直政へ」:県立美術館:

« ロダン没後100年:静岡県立美術館 | トップページ | みんなで歌おう会合同祭:アクト中ホール »