2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 猛暑の京都への旅① | トップページ | 猛暑の京都への旅② »

2017年8月27日 (日)

ジュビロ2-1神戸 誤審にめげず逆転勝ち

 中村俊輔が試合直前に体調不良で出場回避とのことで上田康太 

が先発出場というハプニングで始まったゲームは、ジュビロとしては 

珍しく荒れた内容になりました。  

 前からの厳しいチェックも効果的でボールを支配したジュビロです 

が、前半24分、ゴールエリア付近でボールをゲットしたアダイウトン 

のオーバーヘッドキックが決まったかと思われたその時、相手の渡 

部が左手でボールをネットの上にはじき出すハンド。PKと思われま 

したが主審の判定はCKでした。ジュビロイレブンは当然猛抗議しま 

したが判定は変わらず。神戸サポーターの目の前でのプレーだった 

ので、神戸サポもPKを覚悟したはずです。1万5千人近い入場者の  

皆さんが目で見た反則が近くで見ていたレフェリーに見えないと 

は・・・。

 その後も攻め続けますが前半は0-0で終了。後半3分、カウン 

ターからポドルスキーにきめられて失点。しかし、俊輔を欠くジュビ 

ロイレブンの闘志はますます高まり、3分後に川又のゴールで追い 

つきました。
  

 逆転に成功したのは後半34分。ゴール右前で得たFKを松浦がみ 

ごとにゴール右上隅に決めました。

 その後もボールを支配したジュビロがリードを守り勝ち点3を得ま 

した。

 シュートは19:6で圧倒。相手のファウルが多くFKは25。

 「誤審」の時からスタジアム全体に異様な空気が流れ、ジュビロサ 

ポーターのいつもより大きい声援はイレブンに力を与えました。

 神戸のポドルスキーには1点奪われましたがそれ以外はほぼ完 

璧に抑えました。90分間でポドルスキーがボールに触れたのは22 

回。4分に1回です。試合中にイライラしている様子がよく見えまし 

た。

 「俊輔がいない中で、FKで決勝点。これほど痛快なことはない」

という名波監督の談話が印象に残りました。残り10試合、頂点を目 

指して前進あるのみ!

2017_08260006 2017_08260009
メインスタンドの後ろは夕焼け   俊輔の名前がありません

2017_08260014 2017_08260018
   同点に湧くスタンド       松浦を囲んで喜ぶイレブン

2017_08260024_2
試合終了後ポドルスキーがジュビロメンバーと口論                 

 中央赤いユニがカミンスキー。その前に見える顔がポド。 

二人は共にポーランド出身です。ポドにはこれでイエロー 

カードが出されました。夏休み最後のホームゲームで    

多くの子どもたちが見ている前で残念なことです。

2017_08260025_2 2017_08260033

2017_08260032_2

« 猛暑の京都への旅① | トップページ | 猛暑の京都への旅② »

ジュビロ磐田」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジュビロ2-1神戸 誤審にめげず逆転勝ち:

« 猛暑の京都への旅① | トップページ | 猛暑の京都への旅② »