2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 台風第5号「ノルー」 | トップページ | 浮世絵 ねこの世界展:二川宿本陣資料館 »

2017年8月 8日 (火)

夏の甲子園大会始まる

 台風で1日遅れた甲子園大会が始まりました。開会式での滝川二 

高主将の選手宣誓は見事でした。約200字のすばらしいメッセージ

をよどみなく、気負いもなく伝えてくれました。

 開幕戦は公立同士の対戦でした。彦根東は1876年開校で滋賀県

最古の名門校。彦根城の内堀と中堀の間の旧家牢屋敷の跡にあり

ます。井伊家の赤備えの伝統を受け継ぎ、応援団は真っ赤なャー

ジを着用しています。今日もアルプススタンドは真っ赤に染まってい

ました。数年前に彦根城へ行った帰りに彦根東高の横を通ると、運

動部の生徒たちがお濠端を走っていました。ジャージは真っ赤で、

背中に「赤鬼魂」とありました。

 対戦相手の波佐見高校は1950年開校。人口15,000の町にあり、

生徒数445人の小規模校です。

 試合は4-5とリードされた彦根東が9回に6-5と逆転サヨナラ

勝ちをしました。両チームともよく打ち、よく守り、よく走った好ゲーム

でした。

 第二試合は東筑vs済美。東筑は1898年開校の名門校です。入学

してくる生徒の中学校での成績はほとんどが9教科で45点の満点

とのことです。私学の強豪校が多い福岡で東筑が勝ち抜いてきたこ

とに感心しました。

 今日のゲームは5回表まで東筑が4-2とリードしていましたが、

その裏に逆転され、10-4で敗れました。

 第三試合は静岡の藤枝明誠が三重の津田学園と対戦、延長11

回明誠がサヨナラ負け。両校は1980年代開校の私学です。

« 台風第5号「ノルー」 | トップページ | 浮世絵 ねこの世界展:二川宿本陣資料館 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夏の甲子園大会始まる:

« 台風第5号「ノルー」 | トップページ | 浮世絵 ねこの世界展:二川宿本陣資料館 »