2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 山東のサルスベリ | トップページ | 京都:広河原の松上げ »

2017年8月23日 (水)

広陵惜しくも準優勝

 夏の甲子園の決勝戦で広島代表広陵は埼玉に敗れて惜しくも準

優勝に終わりました。広陵は春に3回優勝していますが、夏は準優

勝2回で今年こそ優勝をと健闘しましたが、今日は大敗でまたも準

優勝でした。

 決勝戦の両校はこれまで強烈な打線が力を発揮して勝ち上がっ

てきました。大会のホームラン数が大会記録を大きく更新するなど、

打高投低が顕著なこの夏でした。ラグビ-のゲームのような2桁得

点が異常に多かったような気がします。静岡県大会でも同じような

傾向は見られました。

 今日の決勝戦は両チームの投手力と、上位打線の迫力の差が勝

敗を分けたような気がします。

 それにしても一躍スターになった広陵の中村捕手の活躍は見事

でした。中学校時代から注目され、高校1年時から背番号2の正捕

手だった実力を遺憾なく発揮し、記録にも記憶にも残る活躍を見せ

てくれました。

 10年前の準優勝の時のバッテリーは野村(広島)と小林(巨人)で

した。広陵の中井監督の話では、高校時代の実力は小林よりも中

村の方がずっと上だということです。 

 中村はプロ志向とのこと、ぜひ地元の広島カープに入団して活躍

ほしいものです。

« 山東のサルスベリ | トップページ | 京都:広河原の松上げ »

スポーツ」カテゴリの記事

学校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 広陵惜しくも準優勝:

« 山東のサルスベリ | トップページ | 京都:広河原の松上げ »