2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月31日 (木)

サッカー2題

その1 日本代表ロシアW杯出場決定!

2017_08310008 2017_08310013

 難敵オーストラリアに2-0で快勝して来年のロシアW杯出場を決 

めました。1998年フランス大会から6大会連続です。前半41分の

浅野のゴール、後半37分井手口のゴールはいずれも見事でした。

浅野22歳、井手口21歳・・・日本代表も世代交代の感じです。来年

のロシアW杯に期待です。

その2 山田大記ジュビロに復帰

 2014年シーズン途中からドイツに移った山田が今日ジュビロに

復帰しました。背番号は19。この番号はかつて高原や成岡などが

つけていました。今日から練習に参加しています。残り10試合と

なった今シーズンの終わりに力を発揮してくれることを期待していま

す。

2017年8月30日 (水)

井伊谷で咲く花

 直虎ブームで平日でも観光客が多い井伊谷ですが、井伊谷川沿い 

の道は歩く人もほとんどいませんでした。

この花は何でしょう?

2017_08280030_4
昼間は咲いていません。日が暮れてから開花するカラスウリ

2017_08280013_2 2017_08280016_2
       クサギ            ルコンソウ

2017_08280038_3 2017_08280046_2
       ヒルガオ          ヨウシュヤマゴボウ

2017_08280033_2 2017_08280047
     ヤブミョウガ          ノコンギク

2017_08280018_2
           井伊谷川の清流

2017年8月29日 (火)

猛暑の京都への旅③

 京都での二日目、8月25日は「京の別邸と庭園美を訪ねて」のバ 

スツアーに参加しました。

2017_08250295 2017_08250297
           京都駅烏丸口 バス発着場

旧三井家下鴨別邸(国重文)

2017_08250304 2017_08250328

2017_08250306_2
             3階に望楼があります

2017_08250320 2017_08250315
通常非公開の2階から      非常に珍しい水洗トイレ
見た庭園

下賀茂「福助」の京料理

2017_08250348 2017_08250346
                         ハモ

旧九条家別邸 拾翠亭

2017_08250352

2017_08250365 2017_08250381

江戸後期に建てられた公家屋敷。茶会や歌会に使われました。

東本願寺飛地境内地渉成園「廬庵」

2017_08250426 2017_08250427
                                                    廬庵

2017_08250436 2017_08250439
                      これは門です

 通常は公開されていない施設を見ることができたり、旧財閥家の 

威力、公家のやんごとない生活をうかがうことができました。

2017年8月28日 (月)

猛暑の京都への旅②

 8月24日、午後4時に京都駅八条東口を出たマイクロバスは、二

本松先生と社会人聴講生16名の仲間を乗せて一路広河原へ。峠

越の細い道を30数㎞走って6時前に広河原に着きました。

2017_08250129 2017_08250135
   藁屋根が残る集落     普段は佐々里峠に祀られている
                    地蔵様を観音堂に移して地蔵祭

2017_08250151 2017_08250152
会場では多くのカメラマンが場所取りをして三脚が林立

2017_08250137_3
      夕闇迫る中に立つ「燈籠木(とろぎ)」

 広河原の松上げは江戸時代に始まる伝統行事で、愛宕山信仰に

基づく火伏せの神事です。 
 
 地松という松明を千体以上立てて結界を作ります。この地松に点

火すると広いエリアが一面火の海になります。 美しく、幻想的な光

景です。

2017_08250189 2017_08250201

 鉦と太鼓の音が静かに響く中で「放り上げ松」の投げ上げが始ま

りました。次々と投げ上げられますが、なかなか大笠の中に入りま

せん。ようやく入ったのは6分後。大きな拍手がわき起こりました。

2017_08250220 2017_08250236
  投げられた松の光跡      最初の着火

2017_08250255
         燈籠木の炎は最大限に

2017_08250277_2
     倒された大笠の火が激しく燃えさかります

 松上げが終わった後、男衆は観音堂まで練り歩き、ヤッサ踊りの

輪の中に入っていました。

 伝統的な行事が山里にみごとに残されていました。伝統を受け継

ぐ男衆をはじめ、地域の皆さんの大変な努力があってこれまで維持

されてきたのでしょう。

 すばらしい「松上げ」を見せていただいて、興奮しながらバスに乗

りました。宿に着いたのは日が変わるころでした。

2017年8月27日 (日)

ジュビロ2-1神戸 誤審にめげず逆転勝ち

 中村俊輔が試合直前に体調不良で出場回避とのことで上田康太 

が先発出場というハプニングで始まったゲームは、ジュビロとしては 

珍しく荒れた内容になりました。  

 前からの厳しいチェックも効果的でボールを支配したジュビロです 

が、前半24分、ゴールエリア付近でボールをゲットしたアダイウトン 

のオーバーヘッドキックが決まったかと思われたその時、相手の渡 

部が左手でボールをネットの上にはじき出すハンド。PKと思われま 

したが主審の判定はCKでした。ジュビロイレブンは当然猛抗議しま 

したが判定は変わらず。神戸サポーターの目の前でのプレーだった 

ので、神戸サポもPKを覚悟したはずです。1万5千人近い入場者の  

皆さんが目で見た反則が近くで見ていたレフェリーに見えないと 

は・・・。

 その後も攻め続けますが前半は0-0で終了。後半3分、カウン 

ターからポドルスキーにきめられて失点。しかし、俊輔を欠くジュビ 

ロイレブンの闘志はますます高まり、3分後に川又のゴールで追い 

つきました。
  

 逆転に成功したのは後半34分。ゴール右前で得たFKを松浦がみ 

ごとにゴール右上隅に決めました。

 その後もボールを支配したジュビロがリードを守り勝ち点3を得ま 

した。

 シュートは19:6で圧倒。相手のファウルが多くFKは25。

 「誤審」の時からスタジアム全体に異様な空気が流れ、ジュビロサ 

ポーターのいつもより大きい声援はイレブンに力を与えました。

 神戸のポドルスキーには1点奪われましたがそれ以外はほぼ完 

璧に抑えました。90分間でポドルスキーがボールに触れたのは22 

回。4分に1回です。試合中にイライラしている様子がよく見えまし 

た。

 「俊輔がいない中で、FKで決勝点。これほど痛快なことはない」

という名波監督の談話が印象に残りました。残り10試合、頂点を目 

指して前進あるのみ!

2017_08260006 2017_08260009
メインスタンドの後ろは夕焼け   俊輔の名前がありません

2017_08260014 2017_08260018
   同点に湧くスタンド       松浦を囲んで喜ぶイレブン

2017_08260024_2
試合終了後ポドルスキーがジュビロメンバーと口論                 

 中央赤いユニがカミンスキー。その前に見える顔がポド。 

二人は共にポーランド出身です。ポドにはこれでイエロー 

カードが出されました。夏休み最後のホームゲームで    

多くの子どもたちが見ている前で残念なことです。

2017_08260025_2 2017_08260033

2017_08260032_2

2017年8月26日 (土)

猛暑の京都への旅①

 今回の京都への旅は、静岡文化芸大教授二本松先生の企画に 

よるもので、メインは24日夜の「広河原の松上げ」」でした。京都駅 

バス乗り場集合は午後4時ということで、それまでの時間、各自思 

い思いの場所を訪ねました。
  

 私と家内は10時過ぎに京都御所へ。昨夏から通年一般公開が 

実施されています。ガイドさんの案内を聞きながら45分ほど見学し 

ました。

2017_08250002 2017_08250003
         御苑の乾御門から入り、御所へ

2017_08250006 2017_08250007
清所門受付の温度計は37.2℃   強烈な夏空

2017_08250037
           最も格式の高い「紫宸殿」

2017_08250032 2017_08250038
     奥が紫宸殿

2017_08250047 2017_08250051
             美しい建築

2017_08250053 2017_08250076
                                絵画

 各所に歴史を物語るエピソードがあり興味は尽きませんでした。

詩仙堂

 暑い中、御所から詩仙堂へ

2017_08250082 2017_08250090

2017_08250087_2
    人影も少なく、静寂に満ちた庭を独占しました

2017_08250096 2017_08250101
秋の花はまだこれからです。    シュウメイギク
      ギボウシ

2017_08250116_2

 真夏の詩仙堂は初めてでした。

 出町柳から京阪と地下鉄を乗り継いで京都駅へ。
 
遅い昼食は鯛茶漬けとおばんざいの食べ放題。京都らしいお昼で

した。
2017_08250121 2017_08250119

2017年8月25日 (金)

京都:広河原の松上げ

 24日夜、京都市左京区広河原の松上げを見てきました。京都市

中心部から30数㎞北へ入ったエリアで京都市の最北端です。  

 夜8時頃から動きが始まり、9時に放り上げ松を投げ上げる松上

げが始まりました。その様子をコンパクトデジカメで手持ち撮影し

た画像をアップします。

2017_08250201_2
夜8時過ぎ、1200本以上の「地松」と呼ばれる松明に火がつけられ、あたり一帯が火の海になりました。

 地松がほぼ消えた午後9時、「放り上げ松」という松明の投げ上げ

が始まりました。約20㍍の杉の巨木の上に直径約3㍍の三角錐の

大笠が取付られた「燈籠木(とろぎ)」目掛けて、放り上げ松を投げ

上げます。なかなか入りません。1本目が入ったのは6分後でした。

2017_08250215 2017_08250224
     左が燈籠木        投げ上げが始まりました

2017_08250236 2017_08250240
  1本目が入って着火       燃え上がります

2017_08250252 2017_08250257
   燃えさかる燈籠木    藤蔓を切って燈籠木を倒します

2017_08250269 2017_08250279
大笠の火を2本の棒でかき上げる「つっこみ」で火炎はさらに大きくなり祭りはクライマックスに。

 幻想的な火祭りでした。

2017年8月23日 (水)

広陵惜しくも準優勝

 夏の甲子園の決勝戦で広島代表広陵は埼玉に敗れて惜しくも準

優勝に終わりました。広陵は春に3回優勝していますが、夏は準優

勝2回で今年こそ優勝をと健闘しましたが、今日は大敗でまたも準

優勝でした。

 決勝戦の両校はこれまで強烈な打線が力を発揮して勝ち上がっ

てきました。大会のホームラン数が大会記録を大きく更新するなど、

打高投低が顕著なこの夏でした。ラグビ-のゲームのような2桁得

点が異常に多かったような気がします。静岡県大会でも同じような

傾向は見られました。

 今日の決勝戦は両チームの投手力と、上位打線の迫力の差が勝

敗を分けたような気がします。

 それにしても一躍スターになった広陵の中村捕手の活躍は見事

でした。中学校時代から注目され、高校1年時から背番号2の正捕

手だった実力を遺憾なく発揮し、記録にも記憶にも残る活躍を見せ

てくれました。

 10年前の準優勝の時のバッテリーは野村(広島)と小林(巨人)で

した。広陵の中井監督の話では、高校時代の実力は小林よりも中

村の方がずっと上だということです。 

 中村はプロ志向とのこと、ぜひ地元の広島カープに入団して活躍

ほしいものです。

2017年8月22日 (火)

山東のサルスベリ

 天竜区山東の交差点を二俣川沿いに春野方面に向かい、ローソ

ンを目安に進むと川沿いにサルスベリが咲いているのが見えてきま

す。
 ローソンの隣の中道橋を渡った右手がサルスベリの咲く土手で

す。

2017_08220025

2017_08220007 2017_08220030

2017_08220026 2017_08220022
    サルスベリは二俣川の右岸で咲いています

2017_08220041 2017_08220036
   川の対岸(左岸)から    中道橋。橋の向こうに
   午後4時半頃         ローソンが見えています

 地元の人たちが植えて育てています。例年8月下旬が見頃になり

ます。

2017年8月21日 (月)

政次ロス

 NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」は昨日33回目を迎えました。  

テーマは「嫌われ政次の一生」。高橋一生演ずる小野政次が壮絶 

な最期を遂げました。直虎との微妙な関係が視聴者をやきもきさせ 

てきた政次が、直虎を救うために自らの命を失うことを選択しまし 

た。 

 しかも、その最期は磔にされた政次が直虎の突く槍で絶命すると 

いう予想外の展開で、まさに息をのむシーンでした。直虎を見詰め 

る政次の表情に直虎を思う政次の心情がよく表れていれ切なくなり 

ました。そして白い碁石。

 直虎役の高橋一生がこのドラマで大ブレークして女性に圧倒的な 

人気があります。直虎が最期を遂げ、ドラマでの登場はこれが最後 

になりました。次週からは高橋一生が登場しないことになります。

 このドラマは第1回の視聴率16.9%に始まりましたが、3月10日の 

第10回には12.5%まで下がりました。8月6日の31回は10.6%で最 

低を記録、13日の32回は12.0%とやや回復、今回は12.4%でし 

た。 

 政次=高橋一生が登場しなくなる次回の視聴率が注目されます。 

政次ロスがどのように影響するでしょうか。

2017年8月20日 (日)

上島駅前公園完成

 わが町上島(かみじま)町の中心部にあたる遠鉄上島駅の北側に

駅前公園が整備され、春から供用が始まっています。
 
 平成15年に始まった駅周辺区画整理がほぼ終わり、その事業の

一環として市が整備したものです。

2017_08190003_2
       遠鉄高架下に整備されました

2017_08190005 2017_08190007
      北を望む         南を見ると上島駅

2017_08190030 2017_08190031
      上島駅        遠鉄高架と駅前交差点

2017_08190033 2017_08190037
  便利になった交差点    駅前ロータリー。バスやタクシーの発                                  
                   着所

公園や歩道には街路樹が植栽されていますが・・・

2017_08190024 2017_08190018
    雑草が繁茂して、植木の苗は枯れています2017_08190025_3
             矮性のサルスベリ

2017_08190045 2017_08190049
駐輪場は駅の東西に       赤電の上りが入構します
十分整備されました

2017_08190010
遊具はいっさいありません。ベンチとトイレだけです

 区画整理によって上島駅周辺は市中心部の北の拠点としての位

置づけが明確になりました。
 
 公園の完成を記念して秋に町民の皆さんでイベントを企画してい

ます。

2017年8月18日 (金)

天候不順の夏

 東日本では厳しい冷夏が続いています。北東からの冷たい風=

「やませ」が吹き付けています。仙台では8月になって今日まで最高

気温が30℃を超えた日はありません。最高で25.1℃です。18日の

うち日照時間が0の日が10日・・・ほとんどお日様を見ないという異

常事態です。稲田ではいもち病が蔓延しているとのこと。野菜の生

育が遅れて野菜の生産もピンチになっています。
 
 宮澤賢治「雨にも負けず」の一節「寒さの夏はおろおろ歩き」を思

わせるこの夏です。

 浜松でも最高気温が30℃未満の日が6日(昨年1日)で日照時間

も大気が不安定な日が多く、今日も正午から午後1時頃にかけて猛

烈な雨が降りました。時間雨量は20.5㍉でした。雨が降ったのは今

月になって8日です。

 太平洋高気圧が弱いのが天候不順の大きな要因のようです。

 暑い夏が稼ぎ時というビジネスが軒並み不振で頭を抱えていると

のこと、自然には勝てません。

2017年8月17日 (木)

夏の終わりの浜名湖ガーデンパーク②

 花が少ないこの季節でもいろいろな花が咲いています。その花た

ちを探して歩くのも楽しいものです。

百華園の常盤の庭で

2017_08160005
トチカガミ:カガミは丸い葉を表しています。準絶滅危惧種

2017_08160007
              スイレン

ヒマワリ
 花ひろばのヒマワリは咲き終わって刈り取りが始まっていました。

肥料にするとのことです。
 
東西水路沿いのヒマワリが咲いてきました。

2017_08160046 2017_08160047
       クリ-ムイエローの「バレンタイン」

2017_08160004 2017_08160008
             テッポウユリ

2017_08160034 2017_08160036
              バラ2種

そのほかに・・・

2017_08160044 2017_08160015
  ベニバナトチノキの実      ジンジャー

2017年8月16日 (水)

夏の終わりの浜名湖ガーデンパーク

 雨上がりの午後3時頃のガーデンパークは、水遊び広場以外は

人影も少なく静かでした。夏の花は終わりに近く、秋の花が咲き始

めていました。

珍しい植物

2017_08160038
 ブラックキャット:なるほどクロネコの顔ですね。別名バットフラワー、デビルフラワー。東南アジア原産の多年草です。花の庭で。

カリアンドラ・セロイ

2017_08160056 2017_08160057
ブラジル原産のマメ科。園芸種としては「常盤合歓」の名称

秋の花

2017_08160031_2
                ホトトギス

2017_08160011 2017_08160029
      オミナエシ          シュウカイドウ

2017_08160016 2017_08160021
       ハギ             キキョウ

2017_08160043_2
                リコリス

2017_08160045_2
             秋の風情

 厳しい残暑が間もなく戻って来るでしょうが、今日は秋の気配が見

えたガーデンパークでした。

2017年8月15日 (火)

燒津海上花火大会

 燒津海上花火大会は今年で42回目です。私が見るのはたぶん

20回目です。燒津漁港の防波堤で打ち上げられるのでほぼ海水

面から揚がっているように見えます。頭上ではなく正面に見える感

じです。7時半から1時間のコンパクトな大会で、スターマインが連 

続します。

2017_08140090

2017_08140013

2017_08140126_2 2017_08140141

2017_08140100 2017_08140129

 コンデジの手持ち撮影で少々ぶれています。

2017年8月14日 (月)

浜北森林公園のサギソウ

 浜北森林公園第7湿地のサギソウが見頃を迎えています。昨年よ

りも少し遅くなっています。ネットのすぐ近くではないので鮮明に撮

るのは厳しい。(8/14午前)

2017_08140004_2

2017_08140003_2

2017_08140013 2017_08140014
     ミカヅキグサ          イガクサ

2017_08140008 2017_08140006
       ノリウツギ        新設された案内板

 8月末頃にはシラタマホシクサが咲き始めるでしょう。

2017年8月13日 (日)

「ザ・ブトン」:真夏のコンサート

 「ザ・ブトン」は島田高校OB3人のバンドです。「ザ・ブトン」の結成

は半世紀前の高校時代のこと。今年65歳のメンバーが4年前に還

暦を機に活動を再開して単独ライブや浜名湖フォークジャンボリー

で多くの人に感動を与えました。

 真夏のコンサートは今年で4回目。第1回はリーダーの柴田君を

含めて4人のバンドでしたが、2年前に柴田君が急逝し、以後は3

人で活動しています。

 会場は今年も島田の「プラザおおるり」、開演前にほとんどの座席

が埋まっていました。中高年の熱心なファンの姿が目に付きます。

 恒例の《ザ・ブトンのテーマ》の演奏で始まりました。15分の休憩

を挟んで2時間半の22曲の熱演でした。

第1部のステージ
2017_08120008_7

第2部のステージ
2017_08120010_3

 ギターやベースのほかにウクレレやバンジョー、ハーモニカなども

使って演奏します。3人の声のハーモニーが絶妙です。

プログラム

_20170813_0001

 オリジナルが6曲。そのうち5の《蓬莱橋》はザ・ブトンの代表的な

曲で多くの島田市民が知っている曲です。この日もこの曲が紹介さ

れると会場から拍手が湧きました。私も大好きな曲です。この曲を

お聴きになりたい方は、youtubeで ザ・ブトン 蓬莱橋 で検索する

と出てきますのでどうぞ。

 オリジナルのうち、9《海と神様》はメンバーが高校時代の作品、

14《夏を目の前に》は大学時代の作品。最後の《いってらっしゃい》

は新曲です。

 MC寺田君の軽妙なトークが場をなごませ、あたたかい雰囲気を

作ってくれます。私をはじめ皆さんが毎年このコンサートを楽しみに

して待っています。

 セカンドアルバムが近く発売になるとのことで楽しみにしていま

す。いつまでも元気で活動してほしいものです。

2017_08120002 2017_08120003
     会場入り口で     受付などの実行委員は大部分が
                   同級生で私の教え子たちです

_20170813_0001_2

2017年8月11日 (金)

小雨降るはままつフラワーパーク

 午後は会議の予定があったので午前中にフラワーパークと考えて

出かけました。着く直前に雨が降り始めました。旧盆の休みの時期

ですがあいにくの天気で駐車場には車が20台ほど。

2017_08110007_3
             白いヒガンバナ

 昨年のこの時期は赤いヒガンバナが咲いていたのですが、今年

はこの白1輪だけでした。

リコリス

2017_08110003_2 2017_08110002_2

いろいろなヒマワリ

2017_08110014_2 2017_08110017_2

2017_08110021_6
              丈の低いヒマワリ

サギソウ

2017_08110061_2
                鉢植えです

雨に咲くバラ

2017_08110064 2017_08110039

2017_08110063 2017_08110082

2017年8月10日 (木)

直虎関連パワースポット

 大河ドラマ直虎は残り十数回になりました。ドラマの舞台の湖北で

は猛暑の夏も多くの観光客で賑わっています。浜松駅で乗ったバス

は満員でした。龍譚寺に近い井伊谷で30人ほど下車しました。
 

 今日午前、直虎関連のパワースポットに行ってみました。

天白磐座遺跡(てんぱくいわくら)=県指定史跡

 巨石祭祀の遺跡で巨石が散在しています。ドラマでは’おと

わ’や’鶴’’亀’などが遊んでいた場所として登場しました。

2017_08100030_2

2017_08100029 2017_08100031
     次々と観光客     遺跡から見た謂伊神社本殿

2017_08100027

謂伊神社

2017_08100025
     遺跡はこの謂伊神社のすぐ裏にあります。井戸を祀る井伊家の氏神です

妙雲寺

 直虎が晩年を過ごしたとされる寺。直虎と南渓和尚の位牌が相次

いで発見されました。土日祝日以外は拝観できません。

2017_08100018 2017_08100020

 今日は9月下旬に予定しているウオーキングの下見で出かけた

のですが、猛暑のため最初のエリアだけにして続きは後日にするこ

とにしました。

2017年8月 9日 (水)

浮世絵 ねこの世界展:二川宿本陣資料館

 神様が地球上で作ったもっともかわいい動物がねこ。ねこは古来

人間のペットとして飼育され、身近な存在でした。江戸時代に入って

ねこは浮世絵に描かれるようになりました。その代表が歌川国芳で

す。

 この展覧会には100点のねこの絵が出品されていますが、その3

分の1にあたる34点が国芳の作品です。そのほか歌川国貞7点、

渓斉英泉2点、明治時代の月岡芳年5点、小林清近2点など。

 全体が7章で構成されています。①猫のプロフィール ②お茶目な

猫たち-猫の戯画 ③国芳と猫と美人たち ④猫は美人が好き ⑤

猫は子どもの友だち ⑥楽しくユカイな猫の国 ⑦化け猫ものがた

_20170809_0001_2
           国芳 《猫と遊ぶ娘》

_20170809_0001_3
国芳《絵鏡台合かゞ身 しし・みみずく・はんにやあめん》

_20170809_0001_5 _20170809_0001_6
国芳《猫の当て字 たこ》   国芳《たとゑ尽の内》

_20170809_0001_7
           小林清親《猫と提灯》

 100点すべてにねこが登場するので、とにかくかわいいねこが

いっぱいです。1枚の絵に50匹以上のねこが描かれている作品も

あります。楽しく観ることができるのですが、残念なことに美術展専

用の展示場でないこともあって、展示作品との間に距離があって、

作品中の文字などがよく読めません。

 会場の二川宿本陣資料館はJR二川駅から東1㎞です。わが家か 

らは車で50分少々です。

 _20170809_0001_9

2017年8月 8日 (火)

夏の甲子園大会始まる

 台風で1日遅れた甲子園大会が始まりました。開会式での滝川二 

高主将の選手宣誓は見事でした。約200字のすばらしいメッセージ

をよどみなく、気負いもなく伝えてくれました。

 開幕戦は公立同士の対戦でした。彦根東は1876年開校で滋賀県

最古の名門校。彦根城の内堀と中堀の間の旧家牢屋敷の跡にあり

ます。井伊家の赤備えの伝統を受け継ぎ、応援団は真っ赤なャー

ジを着用しています。今日もアルプススタンドは真っ赤に染まってい

ました。数年前に彦根城へ行った帰りに彦根東高の横を通ると、運

動部の生徒たちがお濠端を走っていました。ジャージは真っ赤で、

背中に「赤鬼魂」とありました。

 対戦相手の波佐見高校は1950年開校。人口15,000の町にあり、

生徒数445人の小規模校です。

 試合は4-5とリードされた彦根東が9回に6-5と逆転サヨナラ

勝ちをしました。両チームともよく打ち、よく守り、よく走った好ゲーム

でした。

 第二試合は東筑vs済美。東筑は1898年開校の名門校です。入学

してくる生徒の中学校での成績はほとんどが9教科で45点の満点

とのことです。私学の強豪校が多い福岡で東筑が勝ち抜いてきたこ

とに感心しました。

 今日のゲームは5回表まで東筑が4-2とリードしていましたが、

その裏に逆転され、10-4で敗れました。

 第三試合は静岡の藤枝明誠が三重の津田学園と対戦、延長11

回明誠がサヨナラ負け。両校は1980年代開校の私学です。

2017年8月 7日 (月)

台風第5号「ノルー」

 7月21日に発生した後迷走を続けていた台風第5号は17日目で

ようやく日本に上陸し、今夜浜松にもっとも近くなっています。浜松

では午前8時ごろから断続的に小雨が降りました。午後4時からの

1時間に13.5㍉のやや強い雨が降り、浜松市は午後5時の時点で

緊急避難場所を開設しました。台風の接近にともなって河川の氾濫

などが予想されたからです。その後5時から9時までの降水量は6.5

㍉でほとんど降っていません。風は午後になって平均8㍍前後に

なっています。

 午後9時現在の台風の位置は大垣市の南西30㎞の地点にあり北

東に進んでいます。

 このまま進めば浜松から遠ざかっていくことになります。

 5号が和歌山に上陸した時点で世界の気象専門機関の進路予測

は約20通りにわかれていました。予測を分けた大きな要因は台風

の前に立ちはだかる日本アルプスの影響をどう見るかということ

だったようです。日本アルプスにぶつかって進路を東に向ければ浜

松直撃もありえたわけですが、その予測ははずれました。

 大雨をもたらす強い雨雲は浜松上空を通ることなく適度の雨で、

「慈雨」になっています。

 このまま大雨になることなく過ぎてほしいものです。 

2017年8月 6日 (日)

アートたけし展:浜松市美術館

 マルチな才能を持ち多様な分野で活躍しているビートたけしの展覧

会です。絵画・版画・コラージュなど約100点が出展されています。そ

の100点が、「へんな人たち」「どこかにある世界」「カネとオンナとクル

マ」「立体調査」「たけしの版画」「北野武とビートたけしとアートたけし」

の6つのテーマで分けられています。100点の作品全てにタイトルと

キャプションがありません。観る人がその人の感性で自由に観てほし

いということでしょう。

_20170806_0001_2

_20170806_0001_3

_20170806_0001_5

 大胆な構図や複雑な構図、色遣いの鮮やかな作品など多彩で

す。人物の表現には明らかにピカソの影響が見られます。頭に浮か

んだまま自由奔放に描いています。多忙なたけしですが、仕事の合

間に集中して制作しているということで、「よだれが垂れているのも

気がつかない」とのことです。多彩なたけしの新しい一面を知るいい 

機会です。

 入館者が1万人を超えたということで、夏休み中の日曜日の午後

ふだんは見かけない小中学生や若者などの姿が多く見られまし

た。

 会期は8月16日までです。浜松市美術館はその後3月末まで改

装のため休館します。

2017_08060001_2 2017_08060002
             記念写真コーナー

2017_08060003 2017_08060004

2017_08060008 2017_08060009
  炎暑の中の浜松城       今日も直虎ツアーバス

2017年8月 5日 (土)

わが町の夏まつり

 私の住む町は世帯数4,500、人口は1万人を超える大きな町です。

1990年に自治会を東西南北の4つに分けました。そのうち西自治会

エリアが私の居住地域で世帯数は約1,000です。

 今日は27回目の町民夏まつりでした。

041 042
朝8時、会場準備を始めます     櫓作り

049 2017_08050036
            昼前に会場完成

2017_08050046_2 2017_08050047
      オープニングは和太鼓集団の演奏です

2017_08050052 2017_08050054
    ヨーヨープレゼント    子どもに人気の射的

2017_08050063 2017_08050057
子ども会のテントには行列が    バザーの商品の一部

2017_08050071 2017_08050065
    子ども花火大会     提灯の上に上弦の月

 大勢の町民の皆さんがが楽しんだ自治会最大のイベントでした。

2017年8月 4日 (金)

浜名湖ガーデンパーク 真夏の花

 猛暑が続き、しかも梅雨明け後の浜松では17日間の降水量がわ

ずか2.5㍉という乾ききった状況で、植物たちはその中で花を咲かせ

ています。

スイレンは大丈夫

2017_0803gp0049_4

2017_0803gp0033_2 2017_0803gp0051
                    スイレンが咲く水の庭

真夏のバラ

2017_0803gp0067_2

2017_0803gp0059 2017_0803gp0065

2017_0803gp0010
           夏と言えば・・・サルスベリ

2017_0803gp0011 2017_0803gp0015
     水遊び広場前の休憩スペースを飾る花

2017_0803gp0069
              花の美術館前

2017_0803gp0044_2 2017_0803gp0050
      オミナエシ           ユリ

2017年8月 3日 (木)

満開のヒマワリ:浜名湖ガーデンパーク

浜名湖ガーデンパークの花ひろばでヒマワリが満開になっています。

2017_0803gp0028

2017_0803gp0029_2

2017_0803gp0022 2017_0803gp0023


2017_0803gp0017
すべての株が展望塔の方に向かって咲いています

2017_0803gp0024
           みごとなヒマワリです

あと1週間は見頃が続くでしょう。

2017年8月 2日 (水)

万葉集に登場する真夏の花

 万葉の森公園では四季折々万葉集に登場する花が咲いていま

す。

真夏に咲いている花は・・・(   )は万葉時代の呼び名

2017_08010041_2
            イワカガミ(ヤマヂサ)

2017_08010004 2017_08010008
   ヒオウギ(ヌバタマ)     ケイトウ(カラアイ)

2017_08010016 2017_08010039
  ハマユウ(ハマユフ)    オミナエシ(オミナヘシ)

2017_08010030 2017_08010013
    フジの実(フヂ)        ワタ(ワタ)
                ただし、ワタのは万葉集に登場
                しません

2017_08010026 2017_08010024
     アワ(アワ)          キビ(キビ)

2017_08010039_2 2017_08010029
  オミナエシ(オミナヘシ)       クリの実

2017_08010045_2
                ヒマワり

2017年8月 1日 (火)

猛暑の浜北森林公園

 浜松の最高気温は35℃。ちょうどその時間に森林公園にいまし

た。

 7月19日の梅雨明けから今日で2週間。この期間の浜松の降水

量はわずかに2.5㍉です。第7湿地はカラカラに乾いていました。

 サギ草がわずかに2輪だけ咲いていました。例年よりも遅れてい

ます。一雨降れば開花が進んで8月10日過ぎには見頃になるで

しょう。

2017_08010002
   フェンスからかなり離れたところで咲いています

2017_08010009 2017_08010011
             この2輪だけ

トウカイモウセンゴケもほとんど咲き終わって花はほとんどありません。

2017_08010013 2017_08010014_2
             ミカヅキグサ

2017_08010012 2017_08010016
       イガクサ         シオカラトンボ

2017_08010017
            乾いている湿地帯

ハチョウトンボは見かけませんでした。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »