2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月31日 (月)

春野人めぐり②

 針葉樹林を切り開いて広葉樹林に転換する《未来森》の現場を見た

後、新宮池まで戻る上り坂を息を切らせながら歩きました。この道は

東海自然歩道の一部です。

 池の駐車場から車で春野陶房へ。《未来森》の吉田さんは陶芸家で

もあるのです。

2017_07290064 2017_07290055_2
    陶房の展示場       お昼をいただきました

手作りの紅茶作り体験

2017_07290076 2017_07290082
 無農薬栽培の八蔵園で    前日手摘みした茶葉

2017_07290086 2017_07290091
    30分揉みます       揉み終わった茶葉

 この茶葉を発酵させさらに乾燥させることによって紅茶ができあが

ります。

 作業の手順について詳細な説明とともに、緑茶と紅茶やウーロン

茶、プーアール茶の違いなどについての説明もあり、勉強になりま

した。

 「春野人めぐり」は今年で12回目です。過疎の進む春野に暮らす

人たちが、豊かな自然の中で、自然を護る活動や消えてゆく自然を

元に戻す活動、創作活動などを展開されている様子を直接見ること

ができて感心しました。皆さん本当に春野が好きでたまらないすて

きな方々でした。

春野で見た花

2017_07290095

2017_07290005 2017_07290006
       クチナシ          ギボウシ

2017_07290036 2017_07290067
  炭焼き窯の前のキノコ       オミナエシ

2017_07290079 2017_07290081

2017年7月30日 (日)

伊豆市雲金で

 私の義母の一族が三島から伊豆市にかけて点在しています。今

日はそのうちの伊豆市雲金を訪ねました。義母の末妹は今年88歳

の米寿を迎えます。その叔母が数十年前に植えたブルーベリーが

収穫の時期を迎えたということで摘み取りに行きました。

2017_07300013
樹高数㍍。手が届かないほど大きくなっています

2017_07300008 2017_07300011
           5人で2.5㎏摘み取りました

2017_07300026 2017_07300028
     伊豆縦貫道延長工事中。来年完成の予定

2017_07300033 2017_07300032
  オリンピック会場となるサイクルスポーツセンター

 同じ静岡県内でも浜松から伊豆は遠いというのが実感です。

2017年7月29日 (土)

春野人めぐり

 ASNの7月のウォーキングは「春野人(はるのひと)めぐり」への参

加でした。春野生まれの人と、移住してきた人が家や工房、庭などを

開放して迎えてくれる「オープンハウス in はるの」です。18人が参

加、車7台を連ねてまず新宮池へ。

2017_07290015_2
周囲500㍍。一年中水が涸れることはありません。諏訪湖とつながっているという伝説があります。奥の水面に浮かんでいるのはジュンサイです。

2017_07290008 2017_07290014
       案内板     2艘の木船。珍しい船屋台として使われ
                 ます。祭りは先週行われました

2017_07290019 2017_07290022
春野暮らし16年の陶芸家吉田さんの説明を聞きました

未来森へ

 吉田さんは陶芸のかたわら広葉樹の森林作りを始めたとのことで

その「未来森」を見に行きました。

2017_07290023 2017_07290025
    手入れの行き届いた天竜美林を行きます

2017_07290026 2017_07290029
放置された針葉樹林。伐採すると日射しが入って草が繁茂

2017_07290038
植林されていますが鹿の食害を防ぐためネットが必要
左に見えるのは木彫家の作品

2017_07290035 2017_07290037
       炭焼き窯         焼いた炭

2017_07290043 2017_07290048
春野暮らしの冒険家が      「山の講」の場で祈りを
作った芦の舟。将来これで    捧げます。樹齢100年の
外洋を走る予定とか        木の前。

2017年7月28日 (金)

映画「エルミタージュ美術館~美を守る宮殿」

 久しぶりに映画を観ました。「エルミタージュ美術館~美を守る宮

殿」というドキュメンタリーです。1764年にエカチェリーナ2世が買い

求めたコレクションに始まって歴代の皇帝が集めた膨大なコレクショ

ンの一部が紹介されます。元宮殿など5館、2000室に300万点の

作品が収納され、その一部が展示されています。

 レオナルド、ミケランジェロ、レンブラントなどはもちろん近現代に

いたる絵画、彫刻、文化財、調度品、衣裳、宝飾品などなど。

 映画ではこの美術館の歴史をたどりながら数々の名品が紹介さ

れます。

 「美を守る宮殿」・・・ロシア革命や第二次大戦の戦火から貴重な

美術品を守るための懸命な努力が描かれます。

 大英博物館、メトロポリタン美術館と並び世界三大美術館と称さ

れるこの美術館の壮大な規模と価値がよくわかる映画です。制作

はイギリス。83分。シネマ イーラで今日までの上映でした。

2017年7月27日 (木)

アオスジアゲハ

 わが家の玄関先で2頭(匹)のチョウが激しく舞っていました。羽根に青い縞模様が見えました。なかなか止まってくれません。

2017_07270007_2
ようやくハナミズキに止まりました。1頭は羽根を広げ、その上方に羽根を閉じた1頭がいます

2017_07270006_2
             鮮やかなブルーです

2017_07270008 2017_07270009
         道路の上や電線の上でも舞っています

2017_07270011

 アオスジアゲハは敏捷で飛翔力に優れているので追うのは大変です。縄張り争いか雌雄の恋かいずれかの舞いでした。

2017年7月26日 (水)

舘山寺 オルゴールミュージアム

 昨日からわが家に来ている息子の家族と一緒に舘山寺のオルゴールミュージアムへ行きました。

2017_07260001 2017_07260008
ロープウエイで往復しました。全国で唯一湖上を行くロープウエイです

2017_07260017_2
ロープウエイから見た舘山寺。中央のホテルは「九重」

2017_07260021 2017_07260024
           ミュージアム屋上からの展望
㊧国民宿舎舘山寺荘(手前)と東名の橋
㊨霞んでいる奥が直虎のドラマの地=気賀

2017_07260033 2017_07260028
    国内有数規模の展示を誇るミュージアム

 詳しい解説付きのコンサートはあるのですが、展示されているオルゴールは大部分聴くことができなくて残念です。もっとデモンストレーションを多くしてほしいと思います。オルゴールの演奏よりも浜名湖の展望を楽しんだ舘山寺でした。

2017_07260020 2017_07260039
屋上で時報を知らせるカリヨン  舘山寺荘でのランチ

2017年7月25日 (火)

男の料理教室

 第96回の男の料理教室は佐賀出身のIさんの担当でした。Iさんお得意の郷土料理「鶏・牛蒡混ぜご飯」、ボリューム豊かな「肉豆腐」、酢の物「きゅうりとシラスの和え物」、お吸い物は「鱧の擂り身の吸い物」というメニューでした。

 参加者は常連3,4名が不参加で9名でした。

002 004
  協働センター調理室       鱧の擂り身

008

ボリュームたっぷりでおいしい料理でした。

11月には第100回の記念すべき回を迎えます。

2017年7月24日 (月)

ユーモアを楽しむシルバー世代

 シルバークラブのメンバーは皆さん元気で日々の生活を楽しんでいます。ユーモアのセンスに優れた先輩もいて、シルバー川柳などの作品を集めたり、自分で詠んだり・・・・。その一例です。

①18歳と81歳の違い
・東京オリンピックに出たいと思うのが18歳、東京オリンピックまで生 きたいと思うのが81歳

・恋に溺れるのが18歳 風呂で溺れるのが81歳

・心がもろいのが18歳 骨がもろいのが81歳

・偏差値が気になるのが18歳 血糖値が気になるのが81歳

・道路を暴走するのが18歳 逆送するのが81歳

・・・なるほど。

②シルバー川柳

・「ご飯よ」と 呼ばれて行けば タマだった

・土地もある 家もあるのに 居場所なし

・デジカメの エサはなんだと 孫に聞く

・いびきより 静かな方が 気にかかる

・旅行好き 行ってないのは 冥土だけ

・忘れ得ぬ 人はいるけど 名を忘れ

・・・思い当たるところがありますね。

皆さん、達者です。

2017年7月23日 (日)

スズキ教育文化財団奨学生認定証授与式

 スズキ教育文化財団はスズキ株式会社の創立80周年記念事業として2000年に設立されました。県内の高校生及び県内の高校を卒業した大学生で、経済的な理由で学業に専念できない者に対する奨学金の「給付」等の事業を行っています。

 奨学金の給付は高校生月額20,000円、大学生月額50,000円です。
2001年の1期生から29年度の17期生まで累計で348人になります。

 この財団の奨学事業の特色は次の3点です。
①奨学金は返還を要しない給付
②毎年奨学生認定証授与式を行っていること
③事務局と奨学生の結びつきが強く、奨学生同士の連携も深いこと

 今日の授与式は今年度の新奨学生をはじめ現役の奨学生、OBの大学生、新奨学生の在学校の教諭のほか財団からスズキの鈴木修会長、俊宏社長などの役員、来賓合わせて92名が出席して行われました。修会長から苦学したご自分の学生時代を振り返りながらあたたかい励ましの言葉がありました。

 式のあとの懇親会では新規奨学生の自己紹介があり、短い時間の中でそれぞれ抱負や将来の目標などをみごとに述べました。今年の大学奨学生5人は、東京大(工)・京都大(薬)・静岡大(教)・
名古屋大(農)・電気通信大です。

 懇親会第2部では先輩の奨学生からの励ましとアドバイス。いずれもみごとなスピーチでした。奨学生のスピーチには毎年感動させられます。
 奨学生の皆さんが財団の期待に応えて大きく羽ばたいていることをうれしく思います。

 私は2001年の第1期生から17期生まで16年間選考委員長を務めてきました。私たちが選考した奨学生たちが大きく成長していることに喜びを感じながら6月に退任しました。

2017年7月22日 (土)

町内花火大会

 今夜、恒例の町内花火大会が行われました。好天に恵まれて過去最大の人出になりました。馬込川の河川敷を利用した広い親水公園
は花火客でいっぱいでした。
 打上は8時に始まり8時55分までほとんど休みなく打ち上げられました。その一部です。画像は全て携帯で撮影したものです。

213 214

138 169

447 487

後日続報します。

2017年7月21日 (金)

みんなで歌おう会

 毎月第1,3金曜日の午前10時から正午までの2時間、自治会の会館で「みんなで歌おう会」の例会を開いて間もなく5年になります。
 童謡・唱歌・歌謡曲・フォークなど幅広いジャンルの歌を25曲前後歌います。伴奏はシンセサイザーの名手のKさんで編曲、演奏自由自在です。
 今日の例会の参加者は約70人でこれまでで最多でした。エアコンを作動させても熱気を感じるぐらい皆さん大きな声で歌いました。参加者の大半は高齢の女性ですが、月2回の例会にお化粧と少しばかりのおしゃれをして出かけ、2時間しっかり歌うことで皆さんますます元気になっています。

 このような歌おう会が浜松市内に20団体あります。天竜区5、中区4、西区と北区各3、南区と浜北区各2、南区1とすべての区にあります。指導と伴奏はすべてKさんです。

 これらの20団体で連絡会を組織し、私がまとめ役を務めています。
この会で9月13日にアクトシティ中ホールで第5回の合同祭を開く予定で準備を進めています。20団体の約950人が参加予定で、中ホールは参加会員だけで満席になる予定です。各団体が次々とステージに登場し、約30曲を歌います。去年までの浜松ガーデンパーク屋外ステージに比べて抜群に音響が優れているアクトでのコンサートをみんなで楽しみにしています。

002_2
               今日の例会

2017年7月20日 (木)

カラスとの知恵比べ

 町内のごみ集積所でカラスによる被害が問題になっています。生ごみなど燃えるごみの収集日の朝、近くの電柱や電線、木の上などで住民の皆さんがごみを出しに来るのを待っています。人影が見えなくなると降りてきて袋をつつき始めます。ネットが張ってあるのですがその隙間から袋をつついて破ったり、2羽の共同作業で1羽がネットをくわえて持ち上げもう1羽が袋を破ったり・・・。ネットの裾をブロックや水を入れたペットボトルで抑えていてもやられてしまいます。(画像はないのですが)。私の家内は数年前にカラスを追い払ったところ、数日後にそのカラスに後頭部をくちばしでつつかれて痛い目に遭ったことがあります。

 市の清掃事業所の担当者に聞いても名案はないという回答です。

 どなたか対応策を教えていただけませんか。

2017年7月19日 (水)

梅雨明け

 今日東海地方を含む広い範囲で梅雨明けしたとみられると発表されました。平年は7月21日ですから2日早く、昨年は7月28日でしたから9日早くなっています。
 梅雨明けが7月下旬にずれ込むと高校野球の試合が次々と順延になり、代表校がなかなか決まらないということになります。今年は今のところ雨天順延はなく順調に進んでいます。
 21世紀になって梅雨明けが一番遅かったのは2009年の8月3日でした。この年は7月下旬から8月2日まで連日のように雨が降っています。

 今年の梅雨は7月になって晴れの日が多かったので空梅雨の印象が強いのですが、降ればどしゃぶりという雨が何度かあって全体の降水量はかなりありました。

 いよいよ夏本番、猛暑の日が続いて熱中症に要注意です。

梅雨明け前のガーデンパークの花

ムクゲ・フヨウ

2017_0716gp0022 2017_0716gp0017

2017_0716gp0019

2017_0716gp0013 2017_0716gp0040
        オミナエシ         サルスベリ

ユリ

2017_0716gp0037 2017_0716gp0041

2017_0716gp0043_2

キキョウ

2017_0716gp0048 2017_0716gp0049

2017_0716gp0001
わが家の枝垂れ桜の幹に
止まるクマゼミ6匹。
朝早くから賑やかな合唱です。

2017年7月18日 (火)

ハマボウの咲く公園

 磐田市福田の太田川右岸河川敷にある「はまぼう公園」でハマボウが咲いています。
 ハマボウはアオイ科の多年生低木で、海岸の塩性の土地に見られる木です。美しい黄色の花はハイビスカスやムクゲ、フヨウなどと似ています。
 国内では減少しており、絶滅危惧種に指定している県も多くなっています。磐田でははまぼう公園に約200本、竜洋はまぼう公園に約500本植えられています。011_3
        直径7㌢前後。中央部は赤褐色

003_2 005_2

002_2 019_2

004_4
はまぼう公園:中央奥左に群落があります。マムシが出没するとのことで近寄るのを諦めました。群落横のトイレと駐車場しかありません。左が太田川河口、正面奥が遠州灘です。

 昼に福田漁港隣の「渚の交流館」で昼食の予定でしたが、あいにく休館日。ということで久しぶりに磐田の「天宏」へ。

020 021
旧赤松家の門と塀。      隣接の「天宏」椿
県指定文化財

022 027
夏の庭:スイレン・サルスベリ   定番の天丼

2017年7月17日 (月)

磐田東 一時12点差を逆転。サヨナラ勝ち

 夏の高校野球県大会、シード校の磐田東は今日の2回戦から登場し、静岡大成と対戦。
 1回表に1失点。その裏1番打者のレフトスタンドへのホームランなどで逆転。しかし、2回に3失点、3回は投手が打ち込まれ野手は次々とミスを重ねて10失点。この時点で2-14で12点差でした。シード校が5回コールド負けという新聞の見出しが頭をよぎりました。
その後、3回裏から毎回得点で差を縮めました。

2017_07170015
リリーフ陣が4~8回無失点。8回裏の3点で遂に逆転!

9回に1点を失い同点で延長戦に。そして11回裏、走者2,1塁から
右中間への長打でサヨナラ勝ちしました。

2017_07170020
              決勝点

2017_07170022
試合終了時のスコアボード。16x-15。安打23-19
ラグビーのようなスコアです。

 磐田東はシード校の意地と実力を見せて辛勝しましたが、課題の多すぎるゲームでした。登板した投手は何人だったでしょうか。6,7人いたでしょう。信頼できるエースが不在ということでは3回戦以後が心配です。守りの軽率なミス、バントの成功率の低いことなど・・・。次戦の浜松湖北戦以降厳しい戦いが続きます。初の甲子園
まであと5試合です。

2017_07170021 2017_07170024
サヨナラ勝ちの瞬間の応援団  勝利の校歌を歌う

2017年7月16日 (日)

梅雨明け間近の浜名湖ガーデンパーク

 20日ぶりの浜名湖ガーデンパーク。パーキングに着いた午後2時頃の浜松の気温は34.2℃でこの夏最高でした。水遊び広場は大混雑でしたがその先の百華園や国際庭園は人影まばらでした。

2017_0716gp0005 2017_0716gp0007
    水遊び広場         百華園入口付近

2017_0716gp0025
   東西水路をバックに桜の木の下で咲くバラ

2017_0716gp0030 2017_0716gp0052
       ハス            スイレン

2017_0716gp0053 2017_0716gp0059
     水の庭:ユリ        アガパンサス

2017_0716gp0066
          アオサギ(遊覧船から)

2017年7月15日 (土)

家族の帰りを待つレーチェ

 わが家のレーチェ・・・10ヶ月ぶりの登場です。6月に13歳になりました。高齢ネコです。今のところ具合の悪いところはなく動物病院へ行くのも定期検診の時だけです。

 家族が一人でもいないと帰って来るまで玄関で辛抱強く待っています。

003 001

 私が玄関を開けると「ニャー(お帰りなさい)」とひと声。その瞬間を携帯で撮りました。

2017年7月14日 (金)

メジロの巣作り

 私の部屋の前に立っているハナミズキの枝にメジロが巣を作っています。8日(土)には植木屋さんが入ってこの木もの剪定したので、その時にはまだなかったはずです。

2017_07140015
    いつもこのスタイルで周囲を見ています

2017_07140014 2017_07140013
直径15㌢前後の球形です。植物繊維でできています

産卵や子育ては確認していません。これからかと思います。

2017_07140020 2017_07140021
   このハナミズキ。右の画像の中央部です

 メジロが巣を作ると運がいいと言われています。無事に育ってくれるといいのですが・・・。

2017年7月13日 (木)

盆義理

 浜松を中心とする遠州地方では今日からお盆です。この一年間に亡くなった方のお宅を弔問するのが「盆義理」で、夕方から喪服を着た人があちこちで見られました。
 5時過ぎから道路の渋滞が始まりました。そのうちの多くは喪服を着た人が運転する車です。

 私が訪ねた最初のお宅では市指定無形民俗文化財の遠州大念仏が行われました。

003 005

011_2

007 013

 30人以上の集団が笛や太鼓に合わせて行進します。初盆のお宅の中庭では鉦・太鼓・笛の演奏と念仏に合わせて念仏踊りが披露され、初盆のお宅の供養を行いました。

 盆義理が終わるといよいよ夏到来です。

2017年7月12日 (水)

今日のフルーツ狩りは「ブル-ベリー」

 先週半ばから腰や脇腹の筋が痛くなって日曜日夜には椅子から立ちあがるのも大変な状況でした。
 たまらず月曜日朝一で整形外科へX線撮影では異常は見られず、原因不明。とりあえず痛み止めの注射と初めての鍼、内服薬の処方+生まれて初めてのコルセット。今後どうしたものかと・・・。

 その夜から痛みは引いて翌朝(7/11)にはまったく普通に戻りました。なんだったのでしょうか。

 ということで今日はフルーツパークへフルーツの収穫に。目的はブル-ベリーです。わが家で毎朝いただくブルーベリーは毎年フルーツパークの産です。

001 003

006 007

2017_07120007_2 2017_07120008

熟れたブルーベリーは触るだけでポロポロと落ちます。
今日は2パックで640㌘採りました。

大粒のスモモ、サンタローザも少し採りました

008 2017_07120009

今日のフルーツ園には若い人が目立ちました。

2017年7月11日 (火)

ピアノと歌と箏の音色

 静岡県演奏家協会中東遠支部主催のアットホームなコンサートでした。会場は美感ホール。ユニークな名称は元掛川市長の榛村さんの発案によるものです。
 定員270名の小さなホールは満席に近く盛況でした。
 プログラムは次のとおりです。

2_20170711_0001_2


 演奏家は全員女性でした。ソプラノ独唱はなじみ深い日本の歌曲中心で、演奏家自ら曲の解説をしながら歌いました。
 ピアノ独奏はバッハからフォーレまでの4曲を熱演しました。
 次は珍しい箏独演でした。曲は宮下伸の《飛翔》。3楽章から成る曲は従来の箏曲にない新しい感じの曲で興味深く聴きました。

 最後はピアノ連弾でした。60曲のピアノ連弾曲を作曲したという
シューベルトの曲を2曲。おなじみのトルコ行進曲に始まる演奏を楽しく聴きました。

 主催者が10年以上前の卒業生の保護者ということでコンサートの度に招待状をいただいて楽しく聴いています。

7_20170711_0001_4

2017年7月10日 (月)

セミの初鳴き

 昨日(7/9)わが家の庭でこの夏初めてセミが賑やかに鳴いていました。クマゼミです。
 今日の夕方、わが家でクマゼミが羽化しました。午後6時48分の画像です。

2017_07100004_2
道路に面した塀に止まっている羽化直後のクマゼミです。足でぶらさがっています。

 セミは日没後に地上に現れて羽化が始まります。スズメバチやアアリなどに襲われるのを防ぐためです。羽化後羽根を伸ばして翌朝早く飛び立ちます。

2017年7月 9日 (日)

浜松でも高校球児の夏始まる

 高校野球静岡県大会は昨日午後開会式と1回戦1試合。今日は県下各地の球場で1回戦が行われました。
 浜松球場でも開始式に続いて聖隷クリストファー vs浜名の1戦が行われました。

 1点差で追いつ追われつの緊迫した試合を制したのは浜名でした。
3対3の同点の9回裏満塁から1球目のスクイズがみごとに決まってサヨナラ勝ちでした。

 浜松での初戦で両校とも市内の学校ということで、朝から多くの観客がスタンドを埋めていました。

002 001
一塁側聖隷スタンド     三塁側浜名スタンド

2017年7月 8日 (土)

ジュビロ 3試合連続完封で5連勝

 前半戦を4連勝で終えたジュビロはホームで甲府と対戦、前半14分川又の鮮やかなシュートであげた1点を守りきって5連勝しました。
俊輔のパスを受けた川辺のスルーパスに反応した川又がGKの股を抜くゴールを決めました。

 後半は甲府ペースの試合展開になり、危ない場面もありましたが大井を中心とする守備陣が頑張って完封しました。

 これで11年ぶりの5連勝です。チケットは完売でスタンドはほぼ満席でした。

002 005

012
      「勝利は続くよ どこまでも!!」

2017年7月 7日 (金)

小学校の学校評議員会

 地域の小学校の教育について地域住民の代表として意見を申し述べる学校評議員会が開かれました。
 まず授業参観です。31学級900人の授業を45分で観て回るのはなかなか大変です。

 5.6年の高学年になると授業に集中していて、われわれが教室に入っても気にする気配はありません。
 読む・書く・話すという言語活動を中心として主体的協働的な学習が進められていました。「アクティブ ラーニング」が実践されていて感心しました。 

 児童の欠席が少ないことも評価できます。900人で欠席は10人未満 1%未満です。

 会の終わりは給食の試食です。今日のメニューはソフト麺でした。子どもたちに人気のあるメニューですが、業者の都合で月1回なのだそうです。おいしいソフト麺でした。001_2

2017年7月 6日 (木)

梅雨時のコスモス

 伊佐地町の畑でコスモスが6月から咲いています。昨年10月にガーデンパークで開いたみんなで歌おう会合同祭のステージを飾るために夏に種を蒔いて咲かせたコスモスの種が落ちて、今年も咲いたものです。

008
   コスモスの向こうはキュウリ・ナス・トマトなど

009 011

花瓶に活けると一応それらしく

2017_07060010

今日の収穫

012 013

014_2

2017年7月 5日 (水)

猛烈な雨が降り続く朝倉市

 朝倉市など福岡県から大分県にかけて、今朝から記録的な猛烈な雨が降り続いています。
 朝倉市では今朝からの降水量が480㍉を超えたとのこと。正午~1時に89㍉、午後3~4時に106㍉、レーダー画面では午後7時頃の時間雨量は120㍉という想像もできない雨です。

 朝倉市には私の弟がいます。6時半頃携帯で電話しました。その時も猛烈な雨が降っており、しかも雷鳴が鳴り響いているとのこと。住居は南に筑後川を見おろす高台にあるので水の心配はないとのことでした。
 しかし・・・停電している上に、CATVが不具合でテレビが映らないとのこと。携帯のショートメールも不通。不安なうちに夜を迎えたようです。

 朝倉市秋月は城下町で古い町並みが残っており、《筑前の小京都》
と呼ばれています。今、その町並みも洪水の危険にさらされているのでしょうか。

 6月21日、浜松でも1日で182㍉という猛烈な雨が降りました。河川が増水し、20数万人を対象に避難準備や避難勧告が出され、テレビでも報道されました。関西にいる弟が心配して電話をくれました。
 わが家は20数メートルの高台にあるので水の心配はありません。

 一刻も早く雨がやみ、無事に夜が明けることを祈るばかりです。

2017年7月 4日 (火)

万葉の花:万葉の森公園

 この季節は咲いている花が少なく、人影もない万葉の森公園です。

2017_07030087_2
      土針(ツチハリ)=ツクバネソウ
 通常は山野に自生する多年草です。

2017_07030075 2017_07030073
             末摘花=紅花

2017_07030079 2017_07030078
            朝顔=キキョウ

2017_07030069 2017_07030071
               紫陽花

緑濃い園内の風景

2017_07030083 2017_07030081

2017_07030085_3

 今日はこれから町内の自治会役員OB20人で奥浜名湖へ。帰りは台風で大荒れかもしれません。

2017年7月 3日 (月)

ハッチョウトンボ:浜北森林公園

 6月24日に訪ねた葦毛湿原(豊橋市)ではここ数年、ハチョウトンボを見かけなくなったとのことで、先日も見ることはできませんでした。

 浜北森林公園の湿地では昨年まで毎年見ていたので、今日(7/3)訪ねてみました。

2017_07030003_2
トウカイモセンゴケに止まったハッチョウトンボのオス

2017_07030006 2017_07030007
  羽根を止めています     羽ばたいています

2017_07030020
日本一小さいトンボで全長は1円玉(20㍉)とほぼ同じ

 この日はメスも二、三度見かけたのですが、色が周囲の植物とほぼ同じため止まっているところを確認するのが困難で撮影できませんでした

2017_07030026 2017_07030024
 トウカイモウセンゴケ      モウセンゴケ

2017_07030041
   トウカイモウセンゴケが群生している湿地

 貴重な湿原です。8月にはサギソウ、9月にはシラタマホシクサが開花します。

2017年7月 2日 (日)

スモモとモモの収穫:浜松フルーツパーク

 浜松でこの夏初めて気温が34℃を超えた暑い日、スモモとモモの収穫体験は子ども連れを中心に多くの人で賑わっていました。単価の高いモモは特に人気がありました。

010 016

013 2017_07020003
 今収穫できるモモは〈八幡白鳳〉です。1個180-200円

024

022 2017_07020001
    スモモの品種は〈メスレー〉。20個で300円

017 018

2017年7月 1日 (土)

ジュビロ 4連勝! 2-0新潟

 今夜はアウエイ新潟でのゲームをBS1の中継で見ました。

 11年ぶりの4連勝で勝ち点は28、上位チームがいずれも勝っているので順位は7位のままです。

 4連敗中の新潟はホームでのゲームに相当気合いを入れて臨んでいる様子で、ジュビロは攻めながらもなかなかゴールを割ることができませんでした。前半40分、中村俊輔が粘ってキープしたボールを川辺にパス、そのボールを川辺がシュート、相手に当たってオウンゴールでようやく先制しました。

 後半9分、ゴールエリア内で相手がクリアしたボールを桜内がみごとなドライブシュートで2点目。そのまま2-0で終了。
 シュート数は6-1で今日も守備陣が健闘したことがわかります。

 これで前半戦の17試合が終わりました。ジュビロはここまで8勝4分5敗で勝ち点28。後半もこの好調をキープして上位に進出することを期待しています。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »