2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« TSUKEMEN ライブ:アクトシティ中ホール | トップページ | 里山公園の紫陽花 »

2017年6月12日 (月)

再興第101回院展 浜松展:クリエート浜松

 浜松で2年ぶりの院展です。出品作品は66点。同人31点、入選35点、そのほかに前理事長故松尾敏男氏の作品2点が特別出品されています。
  同人の作品は那波多目功一、梅原幸雄、福王子一彦、宮廻正明などの重鎮をはじめ、伝統的な手法によ大作が多く豪華です。

 入選の35人の作品は若手による新しい傾向の日本画という印象が強く、日本美術院賞の2点、《憂いの街》と《道化》も同じです。

 入選者の内静岡県出身者は6名。そのうちの一人川島優は天竜区出身で今年1~3月に秋野不矩美術館で山田優との二人展を開きました。川島はまだ20代ですが、院展には2012年に初入選、2014年に院友に推挙されています。

 クリエート浜松で会期は22日まで。

I
          〈駿河懸崖〉 小山 硬

Photo_2
      特別出品 〈月輝く古都〉 松尾敏男

Photo_4
          〈限界集落〉 前原満夫

Photo_6
     〈雪夜(鬼の棲む画室〉 梅原幸雄

Photo_3

ポスターの作品は《コロボックルの月》 同人 西田俊英

« TSUKEMEN ライブ:アクトシティ中ホール | トップページ | 里山公園の紫陽花 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再興第101回院展 浜松展:クリエート浜松:

« TSUKEMEN ライブ:アクトシティ中ホール | トップページ | 里山公園の紫陽花 »