2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« はままつフラワーパーク②見頃の花いろいろ | トップページ | ジュビロ 5戦勝ちなし 0-0広島 »

2017年5月26日 (金)

池口史子展:浜松市美術館

 池口史子(ちかこ)(1943~)は現在も活動を続けている女性画家です。東京芸大在学中に個展でデビュー。1992年《WHEAT POOLⅡ》で安井賞。2004年、《ワイン色のセーター》で損保ジャパン東郷青児美術館大賞。2012年、《深まる秋》で日本芸術院恩賜賞・芸術院賞を受賞、芸術院会員に。作家 堺屋太一氏夫人。

Photo
            《深まる秋》2011年
 派手な色彩のサーカス小屋、電線を巻き取るドラム・・・そこにたたずむ一人の女性。静かな秋の情景です。

Photo_3

     《ワイン色のセーター》2002/03年

Photo_4 Photo_5
《WHEAT POOLⅡ》1990年  《赤いバックの花》2006年
レール際に立つ穀物倉庫

 65点の作品は大学生時代の1963年から2015年までほぼ半世紀にわたっています。題材は北米を舞台とした風景画、女性像、花などです。
 展覧会のサブタイトルは「-静寂のまなざし-」です。画面構成、色彩など一見静寂な描写ですが、それぞれの絵の前に立つと、その静けさの中から池口の主張が伝わってくる感じです。

 会期は6月3日(日)まで。 

« はままつフラワーパーク②見頃の花いろいろ | トップページ | ジュビロ 5戦勝ちなし 0-0広島 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 池口史子展:浜松市美術館:

« はままつフラワーパーク②見頃の花いろいろ | トップページ | ジュビロ 5戦勝ちなし 0-0広島 »