2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« わが家の庭の初夏の花 | トップページ | GW明けのはままつフラワーパーク①花盛り »

2017年5月 7日 (日)

アルバレス・ブラボ写真展:静岡市美術館

 アルバレス・ブラボ(1902-2002)は20世紀を代表するメキシコの写真家です。大戦間から1990年代まで、モノクロの写真で人と風景とドキュメントを静かに表現してきました。今回の展覧会には彼の代表作を含む192点のモノクロプリントと資料が出品されています。

7_20170507_0001_3
     チラシにも使われている《夢想》1931年
一見何気なく撮った写真に見えますが、’夢想’している女性の写真を見る人は様々な夢想をするでしょう。

代表作2点

Optical_parable Daughter
   《眼の寓話》1931年     《舞踏家たちの娘》1933年

7_20170507_0002 7_20170507_0003
《身をかがめた男たち》1934年  《リュウゼツランの上の空》
                      1974-76年

7_20170507_0004 7_20170507_0003_0001
《フリーダ・カーロ》1937年頃 《シリーズ〈内なる庭〉より》
フリーダ・カーロは20世紀    1995-97年 最晩年の作品
メキシコを代表する画家で
ブラボと交流がありました

 ドキュメントで社会事象をとらえても声高に自分の主張を展開する
ことはありませんでした。あくまでも静かに光を捉える作品を制作しました。192点の写真が何を訴えているのか・・・見る人の感性にゆだねられています。

 東京、名古屋と巡回して静岡が最後です。会期は28日まで。

« わが家の庭の初夏の花 | トップページ | GW明けのはままつフラワーパーク①花盛り »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513578/65248540

この記事へのトラックバック一覧です: アルバレス・ブラボ写真展:静岡市美術館:

« わが家の庭の初夏の花 | トップページ | GW明けのはままつフラワーパーク①花盛り »