2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 2017年サクラだより⑥町内の公園の河津桜 | トップページ | 直木賞「蜜蜂と遠雷」① »

2017年3月 1日 (水)

旅立ちの時

 今日、磐田東校の第56回卒業式が行われました。卒業生は206名。平成になって最も少ない数です。たまたま入学者の少ない年度でした。卒業生の名前を読み上げる「呼名(こめい)」も、最後の卒業生退場も例年よりもかなり早く終わりました。私が校長になった最初の年の卒業生は571名で、保護者と合わせると約1200名。呼名は30分近くかかったでしょう。私は壇上で立ったままでした。
 数は少ない今年の卒業生ですが剣道部男子や女子サッカー部は全国大会に出場し、野球部からはプロ入りの選手も出ました。

 式では校長、理事長、PTA会長さんからそれぞれ素晴らしい送る言葉、励ましの言葉がありました。送辞、答辞とも女子生徒でした。いずれも生徒会長として活躍した生徒でしょう。

 式歌「仰げば尊し」の一番を卒業生、二番を在校生、三番を全員と先生方も加わって歌いました。
 卒業生退場時のBGMは「蛍の光」の英語バージョンでした。

 今年も厳粛ですばらしい式でした。

2017_03010001_2
卒業生が胸につけていたカトレアのコサージュです

« 2017年サクラだより⑥町内の公園の河津桜 | トップページ | 直木賞「蜜蜂と遠雷」① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

磐田東中・高校」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旅立ちの時:

« 2017年サクラだより⑥町内の公園の河津桜 | トップページ | 直木賞「蜜蜂と遠雷」① »