2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 桃源郷の風景:川売の梅 | トップページ | 夢二と京都の日本画:静岡市美 »

2017年3月23日 (木)

蜷川実花展:静岡県美

 蜷川実花は木村伊兵衛賞など数々の賞を受賞し、今や日本を代表する写真家であるばかりでなく、映画・広告・ファッションなど幅広い分野で大活躍しているアーティストです。
 その作品は極彩色の鮮烈なカラー=《蜷川カラー》で強い印象を与えます。
 出品作品は384点。10のエリアに分けて展示されています。エリアによっては撮影が許されています。多くの人がカメラを手にして「見る」よりも「撮る」ことに夢中になっていました。
 私も撮りました。2017_03230004_2
            〈Acid Boom〉2003年 伊豆の桜です

2017_03230008 2017_03230010

2017_03230012_2
            〈Flowers〉2015年

2017_03230015 2017_03230017
        〈桜〉2011年 震災の年の春の桜
壁も床もすべて桜で覆い尽くされています

2017_03230024 2017_03230022
         〈PANT A TREE〉2011年
目黒川の桜が川面に散る様子を2,3時間程度で取り切ったという

撮影できたのはここまでです。

 このあとは・・・セルフポートレイト、花火、アーテイスト・モデル・パフォーマーなどを題材とした作品など。

 最後は84人の俳優、タレント、アイドルを撮影した作品です。
 北川景子・柴崎コウ・大竹しのぶ・杏・東出昌大・岡田将生・向井理・矢沢永吉・北野武・長沢まさみ・・・など

 作品にはキャプションがまったくないので、目録を手にして一つずつ確認するしかありません。かなり時間がかかります。

 入館者は女性が多く、とりわけ若い女性が目立ちました。

 会期は26日まであと3日です。

2017_03230037 2017_03230038

ロダン館で

2017_03230026 2017_03230027
  ロダン〈地獄の門〉      〈考える人〉(小型)

« 桃源郷の風景:川売の梅 | トップページ | 夢二と京都の日本画:静岡市美 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蜷川実花展:静岡県美:

« 桃源郷の風景:川売の梅 | トップページ | 夢二と京都の日本画:静岡市美 »