2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« 旅立ちの時 | トップページ | 2017年サクラだより⑦滝沢・花川・東大山の河津桜 »

2017年3月 2日 (木)

直木賞「蜜蜂と遠雷」①

 2016年下期の直木賞を受賞した恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読みました。
 この10年ほどでこれほど面白い本を読んだことはありません。上下2段で500頁以上、400字詰め原稿用紙で1142枚という長編小説です。審査委員の北方謙三は「1頁読んだらやめられなくなった。10時間かけて一気に読んだ。2回目に読んだときは音楽が聞こえてくる感じだった」と述べています。

 

 私も読み始めたら一気に読みたくなったのですが、外出などで度々中断しながら数日かけて読みました。

 

 私がまず興味を持ったのは、この小説が浜松で開催されている国際ピアノコンクールを題材としていることです。作品では芳ケ江国際ピアノコンクールとされています。このコンクールは1991年に始まり、3年ごとに開催されています。2015年で9回目・・・私は第1回から聴いています。会場の様子、コンクールの雰囲気、予選通過者発表の
瞬間の緊張の瞬間など、この作品に描かれた情景は手に取るようにわかります。読みながらそれぞれのシーンが浮かんできます。作者の恩田陸さんは第6回から第9回までの4回のコンクールに通って取材を続けたとのことです。
 その臨場感がすばらしいのですが、もっとすばらしいのはコンテスタントの演奏する様々な曲を文字で表現していることです。モーツアルト、ショパン、ラフマニノフなどの曲が聞こえてくる感じです。(続く)

« 旅立ちの時 | トップページ | 2017年サクラだより⑦滝沢・花川・東大山の河津桜 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 直木賞「蜜蜂と遠雷」①:

« 旅立ちの時 | トップページ | 2017年サクラだより⑦滝沢・花川・東大山の河津桜 »