2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月31日 (金)

2017サクラだより⑰市営グランドで開花

 昨年11月から4ヶ月ぶりに最高気温が20℃を超えた30日の夕方、浜松市営グランドに寄ってみると、すでに開花していた1本に加えて数本で開花していました。

 2017_03300011_2

2017_03300014 2017_03300016

2017_03300024_2 2017_03300026

大島桜も開花

2017_03300022 2017_03300019_2

 今日31日は午後から雨で気温も上がらないので開花は足踏みです。週末に天気が回復して気温があがれば一挙に開花が進むでしょう。

2017年3月30日 (木)

2017サクラだより⑮森林公園の里桜

 ASN(アクティブ シニア ネット)のウォーキングで浜北森林公園へ出かけました。参加者は13人。気温がこの春初めて20℃を超えた暖かい日で、歩くと汗をかきました。
 例年3月末にはソメイヨシノが美しく咲いているのですが、今年は開花前で残念でした。山桜系の桜が所々で咲いているだけでした。

里桜=サクラの園芸品種の総称です

2017_03300029_2

2017_03300026 2017_03300027
     昼食休憩した場所で咲いていました

2017_03300034 2017_03300032
休憩した場所=里桜の丘  開花寸前のソメイヨシノのつぼみ

ほかのサクラ

2017_03300014 2017_03300019

サクラのほかに・・・

2017_03300040 2017_03300041
               ツツジ

2017_03300052 2017_03300061
     スミレの群落        ミツバツツジ

2017_03300057 
       ミズキ2017_03300058_2
スポーツ広場やキャンプ場などはすべてフェンスで囲まれて
いました。イノシシ対策です。遊歩道の路肩などいたるところに
イノシシが掘り返した跡が残っていました。この状況から見ると
園内には相当な数のイノシシがいるものと思われます。

今日のウォーキングで約12,000歩、7.5㎞歩きました。

2017年3月29日 (水)

2017サクラだより⑭浜松での開花は31日の予想

 静岡気象台の発表によると、遅れているサクラの開花予想は浜松、静岡とも31日ということです。記録的な遅さです。満開は7日頃。多くの小中高校の入学式の日です。校長先生の式辞に「満開のサクラが
・・・」と出てくるでしょう。

 今日は役員会で磐田東に出かけました。8年前の卒業生が記念に植樹したサクラが開花していました。まだ幼木です。あと10年もすると正門を入ったところで立派に咲くようになるでしょう。

187 195
   7階建ての校舎をバックに開花したサクラ

2017年3月28日 (火)

2017サクラだより⑬長栄寺の枝垂れ桜

 長栄寺(中区花川)山門横の枝垂れ桜は毎年3月下旬にみごとな花を咲かせます。ところが・・・今年は28日午後になってもわずかに開花しただけで、見頃を迎えるまでまだ1週間程度かかりそうです。

2017_03280021_2

2017_03280020 Photo
咲いているのはこの枝だけ  2013/3/20はほぼ満開でした 

市営グランドのサクラ

2017_03280006 2017_03280001
開花が進む木は1本だけ   他の木はつぼみが赤くふくらむ

 今日は名古屋、岐阜などで開花宣言とのこと。浜松では4月になるかもしれません。

2017年3月27日 (月)

2017サクラだより⑫万葉の森公園

 サクラだよりは18日ぶりです。これまでは早咲きのサクラでした。冷たい春でソメイヨシノの開花が異常に遅れているため、このブログでもアップできません。今日のブログも主題は万葉の森公園の枝垂れ桜です。

 2017_03270013_2

2017_03270014 2017_03270016


2017_03270019 2017_03270020

カタクリ

2017_03270006_2

2017_03270009 2017_03270005

 何本か咲いていますが、いずれも背丈が低い小さな花がようやく咲いているという感じです。山東や牧之原公園などに比べると元気がありません。

オキナグサ

2017_03270023

そのほかに・・・
2017_03270011 2017_03270027_2
      アミガサユリ         スモモ

 歩みはのろいながらも春本番に向かっています。

2017年3月25日 (土)

寒さに震える春

 肌寒い日が続いています。低気圧が日本列島の南岸を通ることが多く、寒気が北から入ってきます。例年だと3月になれば最高気温が20℃を超える日があるのですが今年は一日もありません。今年は今のところ19日の18.7℃が最高です。15℃未満の日が多く、今日も最高気温は12.5℃までしか上がっていません。南国高知でも20℃まで上がる日がなく、68年ぶりの寒さとのことです。

 この寒さで桜の開花が遅れています。東京では全国で一番早く、21日に開花が宣言されました。浜松では例年20日前後に開花します。ところが・・・今年は昨24日に確認したところ、市営グランドの1本で数輪咲いていただけでした。2011,2012年も遅かったのですがそれよりも遅い感じです。静岡の開花は4月に入ってと予想されています。

 これだけ寒い日が続くと農作物の成長に影響がないか心配になります。お茶もこれから芽が伸びていくときです。

 ことしのお花見は4月に入ってからが本番になりそうです。わが町では明日お花見の予定ですが桜の花のないお花見です。

市営グランドの桜(3/24)

2017_03240014

2017_03240016 2017_03240002

2017_03240015

野球場一塁側スタンド東側の1本です。

2017年3月24日 (金)

夢二と京都の日本画:静岡市美

 岡山県出身の竹久夢二(1884-1934)が東京で出版物で活躍し人気を集めた後、初めて個展を開いたのが京都でした。1912年、夢二28歳の時です。その4年後、1916年~1918年京都に住みました。
 夢二が京都で生活し。活躍していた当時、京都画壇では竹内栖鳳、土田麦僊、上村松園らが活躍していました。

 この展覧会は第1章 夢二-京都滞在まで 第2章 京都の日本画①伝統と革新 第3章 京都の日本画 さまざまな美人画 第4章 夢二-大正から昭和へ という構成になっています。

 夢二の作品と資料約80点、日本画約40点、合わせて120点が出品されています。

Img_20170324_0001
        夢二〈鴨東夜花〉大正後期

Img_20170324_0003_2
     上村松園〈春光〉(部分)昭和戦前期

Img_20170324_0004 Img_20170324_0007_new
夢二〈木に寄る女〉1914年頃   秋野不可矩〈紅裳〉1938年

Img_20170324_0008_newImg_20170324_0006_new
梶原緋佐子〈暮れゆく停留所〉  竹内栖鳳〈絵になる最初(下絵)〉
                     1913年 《重要文化財》
                     展示は前期のみ

 夢二と京都日本画壇の画家たちの作品を組み合わせた展覧会です。

 会期は26日(日)までです。

2017_03230042 2017_03230043
                   エレベーター扉

2017_03230046
JR静岡駅下り電車から
見た静岡市美(中央 葵のマーク)

2017年3月23日 (木)

蜷川実花展:静岡県美

 蜷川実花は木村伊兵衛賞など数々の賞を受賞し、今や日本を代表する写真家であるばかりでなく、映画・広告・ファッションなど幅広い分野で大活躍しているアーティストです。
 その作品は極彩色の鮮烈なカラー=《蜷川カラー》で強い印象を与えます。
 出品作品は384点。10のエリアに分けて展示されています。エリアによっては撮影が許されています。多くの人がカメラを手にして「見る」よりも「撮る」ことに夢中になっていました。
 私も撮りました。2017_03230004_2
            〈Acid Boom〉2003年 伊豆の桜です

2017_03230008 2017_03230010

2017_03230012_2
            〈Flowers〉2015年

2017_03230015 2017_03230017
        〈桜〉2011年 震災の年の春の桜
壁も床もすべて桜で覆い尽くされています

2017_03230024 2017_03230022
         〈PANT A TREE〉2011年
目黒川の桜が川面に散る様子を2,3時間程度で取り切ったという

撮影できたのはここまでです。

 このあとは・・・セルフポートレイト、花火、アーテイスト・モデル・パフォーマーなどを題材とした作品など。

 最後は84人の俳優、タレント、アイドルを撮影した作品です。
 北川景子・柴崎コウ・大竹しのぶ・杏・東出昌大・岡田将生・向井理・矢沢永吉・北野武・長沢まさみ・・・など

 作品にはキャプションがまったくないので、目録を手にして一つずつ確認するしかありません。かなり時間がかかります。

 入館者は女性が多く、とりわけ若い女性が目立ちました。

 会期は26日まであと3日です。

2017_03230037 2017_03230038

ロダン館で

2017_03230026 2017_03230027
  ロダン〈地獄の門〉      〈考える人〉(小型)

2017年3月22日 (水)

桃源郷の風景:川売の梅

2017_03220022_2

2017_03220064

2017_03220013

 川売と書いて《かおれ》と読みます。新城市の北部です。新東名新城ICから北へ約30分。海老の信号から北へ2㎞です。
 地区の11戸の農家が植えた約1,500本の梅で地域全体が埋め尽
くされています。まさに桃源郷の風景です。梅の花はまだ咲いていますが、ピークは過ぎています。植えられているのは南高などの実梅です。

2017_03220012 2017_03220015

2017_03220019 2017_03220041

2017_03220050 2017_03220066_2

 現地に整備された駐車場はありません。路肩駐車です。今日の午後、辛うじて駐車できました。先日の3連休は開花もピークで大混雑したようです。往路は新東名経由で53㎞、1時間5分。復路は国道257号線経由で46㎞、1時間20分でした。

2017年3月21日 (火)

春の日本文学の旅:詳報②大野原神社&勝持寺

 十輪寺から一度桂へ戻り、京料理のお店「三上」でお昼をいただきました。

2017_03180045

大原野神社

 ふたたび大野原へ。大野原神社は紫式部が氏神と崇めこの大原野の地をこよなく愛したとされています。小塩(おしお)山の麓にあるこの地について紫式部が詠んだとされる歌があります(紫式部集)。

 ここにかく 日野の杉むら埋む雪 小塩の松に 今日やまがえる

2017_03180047 2017_03180051

2017_03180049 2017_03180048
猿沢の池を模した鯉沢の池     藪椿

勝持寺

 「花の寺」として知られる寺です。境内には約100本の桜がありみごとな眺めだと思われますが、4月上旬の花の季節には車はもちろん歩いてもなかなか近づけないとのことです。
 西行法師がこの寺で出家したと伝えられています。「花の寺」の”花”は西行が愛でた桜のことです。

2017_03180061
           中央が「西行桜」

       地にとどく 西行桜したしけれ 虛子

2017_03180063 2017_03180068
    まだ固いつぼみ       「桜の園」

2017_03180071 2017_03180069
     梅の小枝          ふきのとう

 桜が満開の姿を想像しながらお庭を歩きました。

 花見んとむれつつ人の くるのみぞ あたらさくらの
 とがにはありける                 西行法師

2017年3月20日 (月)

花桃満開の「花桃の里」

 道の駅「花桃の里」とその近くのガーデンで花桃が満開になっています。

2017_03200060_2
花桃の里ガーデン=道の駅から坂道を10分ほど登っていくと丘の上にガーデンがあります。

2017_03200037
    坂の途中から道の駅を見おろしたところ

ガーデンで

2017_03200052_22017_03200043 2017_03200055

道の駅で

2017_03200003

2017_03200002 2017_03200006

夢のかけ橋で

2017_03200023_3

2017_03200029 2017_03200020_2

ボート場では高校選抜大会開催中。レース前の練習中のボート

2017_03200016

2017年3月19日 (日)

春の日本文学の旅:詳報①十輪寺

 今回の「日本文学の旅」は京都洛西の大原野へ。10時にマイクロバスで京都駅八条口発。まず十輪寺へ。在原業平ゆかりの寺院で、業平終焉の地と伝えられています。通称「なりひら寺」。
 本堂は1750年の再建で、屋根は珍しい鳳輦形です。2017_03180031
   本堂の右が「なりひら桜」。樹齢推定200年

 この桜は2014年春、JR東海の「そうだ 京都、行こう」のCMで放送されました。このCMの撮影のためにその前年、3日間貸切にしたとのことです。
 この日はまだつぼみが固く、開花は4月に入ってからだと思われます。

2017_03180022 2017_03180028
「三方普感の庭」。場所を変えて三か所から見ると様々な想いを感じさせる。「なりひらの桜」はここに立っています。

2017_03180026 2017_03180032
   「なりひらの桜」       在原業平の墓

2017_03180033
塩窯(復元)。業平が晩年に塩焼きを楽しんだという窯

2017_03180042
ネコの「序音(ジョネ)」。岩合光昭の「ネコ歩き」で放送されました。

 「なりひら桜」が満開の時に行ってみたいのですが、交通不便でなかなか大変そうです。

2017年3月18日 (土)

春の日本文学の旅:京都

 静岡文化芸大二本松教授の聴講生の「日本文学の旅」・・この春は京都でした。すべて二本松先生の企画と現地でのガイドによるものです。

 14人の仲間が参加し、京都駅から貸切バスで洛西(らくさい)へ。今日訪ねたのは①十輪寺 ②大原野神社 ③勝持寺 ④首塚大明神 
⑤トロッコ列車。

 十輪寺は2014年にJR東海の「そうだ 京都、行こう」のCM春バージョンで登場した寺院です。

Photo
2014年のポスター。みごとな「なりひら桜」です。

今日の十輪寺

2017_03180031
本堂の右に見える木が上のポスターの「なりひら桜」。つぼみが硬く開花まで2週間ぐらいかかりそうです。

 今日旅については後日詳報します。

2017年3月17日 (金)

渚の交流館

 先日磐田市南部の福田漁港に隣接する「渚の交流館」へ行きました。食事や地元の産物の買い物などができる施設です。

2017_03130019 2017_03130017

2017_03130014 2017_03130015
 レストランの窓際の席     海鮮丼 1,100円

2017_03130009 2017_03130012
タカアシガニ 1匹9,000円   福田漁港で水揚げされた魚

新鮮な魚介類が販売されています。生シラスと釜あげシラスは21日解禁です

2017_03130018 2017_03130021
隣接の津波避難タワー      光る海は遠州灘

2017年3月16日 (木)

ジュビロ ホームで連敗続く 0-2札幌

 昨夜はルヴァンカップの初戦でした。昨年までのナビスコカップ(お菓子杯)です。
 リーグ戦の間のカップ戦ということで、選手を大幅に変えたジュビロです。
 前半は何度もゴールのチャンスがあったジュビロですが、決めることができない歯がゆい展開でした。U20日本代表のエース小川航基も決定的なチャンスを逃しました。

 後半11分、連携ミスから失点。その後ジュビロが攻め立てますが守りを固める相手を崩せないまま42分に2点目の失点で万事休す。

 シュートはジュビロ10 札幌5、CKは12-0という数字を見てもジュビロが優位に展開したゲームでした。

 相変わらずホームで勝てないジュビロですが、サポーターは我慢しながら応援を続けています。

2017_03150010_4
先発イレブン。リーグ戦とはかなり違います。
審判のAARは「追加審判」でゴール横でゴールの判定などを補助します。

2017_03150011 2017_03150006
補助審判員(ゴール右)      札幌サポーター

 入場者は6,454人。満席の4割でした。水曜日の19時キックオフ。まだ寒さの残るナイターですからやむを得ないでしょう。

 この日のお土産です。

2017_03160006_2

ルヴァンカップ主催のルヴァンクラッカーです。入場者全員に1箱ずつプレゼントされました。

2017年3月15日 (水)

「井伊直虎と湖北の戦国時代」展:浜松市博物館

 NHKの大河ドラマ「おんな城主直虎」はこれまでに10回が終わり、今後の展開がますます楽しみになっています。地元浜松では市内各所で多様なイベントが開催されて多くの人で賑わっています。
 市博物館のこの企画展もその一つです。

_20170315_0001_2
 このチラシ中央の文字が直虎の唯一の直筆とされる署名と花押です。市指定文化財の「井伊直虎関口氏経連署状」(峰前神社文書)。この展覧会に出品されています。

_20170315_0002_2

 展覧会は戦国時代の湖北(浜名湖北岸一帯)関連の地図や古文書が展示されています。古文書には簡単な解説もありますが、古文書そのものが読めないのでなかなか十分な理解はできません。出品されている資料の目録も用意されていません。
 会期は4月9日までです。

2017_03130001 2017_03130002
            浜松市博物館

2017年3月14日 (火)

万葉の森公園の春は足踏み

 3週間ぶりに訪ねた万葉の森公園は「椿まつり」開催中ですが、相変わらず椿の花は探さないと見当たらないほどで寂しい園内でした。職員の話では昨年夏の以上高温や雨の降り方などに原因があるのではないかということでした。

 それでもツバキ園を隅々まで歩いて約20種の花を見ました。その一部です。

2017_03140023
                黒龍

2017_03140004 2017_03140005
      菊更紗            月昭

2017_03140007 2017_03140012
       羽衣             藻汐

2017_03140037
             関西秋の山

2017_03140039 2017_03140021_2
関西秋の山には数輪の花  他の木には花の姿がありません

2017_03140028 2017_03140032
赤一重藪椿(直虎の椿)        紅乙女

2017_03140034 2017_03140043
      孔雀椿            三浦乙女

 カタクリは葉が出てきたばかり。オキナグサは姿が見えず。枝垂れ桜はつぼみ硬し。春は遅れているようです。

不動寺のミツバツツジ

2017_03140049
          咲き始めていました

2017年3月13日 (月)

第952回男の料理教室

 ASNの男の教室は回を重ねて第92回・・・今年11月には記念すべき100回を迎えます。
 今日は12人が参加。メニューは①ご飯 ②トマトとたまごの中華風スープ ③麻婆豆腐 でした。

2017_03130034 2017_03130035
    食材と調味料      下ごしらえがほぼ終わり

2017_03130036 2017_03130037
豆腐を加える前の麻婆豆腐    中華スープ

2017_03130039 2017_03130040
     麻婆豆腐       トマトがとろりととけた中華スープ

いずれもそれほど手がかからず、美味でした。
















2017年3月12日 (日)

浜名湖ガーデンパークの春の色

 午後から晴れ間が広がって暖かになったガーデンパークは大勢の家族連れと高級なわんちゃんたちで賑わっていました。
 18日に「浜名湖花フェスタ 2017」が始まりますが、園内は花の美術館花の庭をはじめ咲いている花が少なくて華やかさがありません。

パンジー

2017_0312gp0047_3

2017_0312gp0048 2017_0312gp0050_2

椿(花木園)

2017_0312gp0068

2017_0312gp0057 2017_0312gp0060

そのほかに

2017_0312gp0017 2017_0312gp0026
   スズランスイセン       ヤグルマソウ

2017_0312gp0042 2017_0312gp0043
      ハナニラ           オダマキ

2017_0312gp0029 2017_0312gp0037
             シャクナゲ

2017_0312gp0055 2017_0312gp0065
               梅園

2017年3月11日 (土)

ジュビロ 初勝利 2-1大宮

 アウエイの大宮戦は2-1でジュビロが今季初勝利でした。先制点は前半6分、中村俊輔のFKが見事に決まって今シーズンのジュビロの初得点でした。俊輔の伝家の宝刀左足のキックがみごとに決まりました。
 追加点は後半2分、俊輔と同じく今シーズン転入してきた川又がゴール前でボールをうまくコントロールして技ありの1点。

 後半の半ばに自陣でのスローインからボールを奪われて、そこから失点。その後なんとか守り続けて初勝利をあげました。

 これで勝ち点4、順位は10位です。

2017年3月10日 (金)

浜松フラワーパークの春の花

 フラワーパークでは早咲きの桜や梅のほかにも春の花が咲いています。

トサノミツバツツジ

2017_03080092_4

 
2017_03080094 2017_03080086
          早くもツツジが咲いています

福寿草

2017_03080068 2017_03080069
         桜の谷の斜面一帯に咲いています

2017_03080088 2017_03080070
      レンゲソウ       ショウジョウバカマ
                  つぼみが開きかけています

椿

2017_03080099 2017_03080100

2017_03080103 2017_03080108

2017_03080106 2017_03080110

エレベーター横の椿園で咲いています。

2017年3月 9日 (木)

2017年サクラだより⑪浜松フラワーパーク

 フラワーパークの早咲きのサクラはバラ園南の斜面で見頃になっています(8日)。舘山寺桜・雛桜・河津桜などです。

2017_03080062_2
          早咲き桜園です

2017_03080053 2017_03080058
色の濃い花が密集して咲く舘山寺桜。フラワーパークで生まれた
桜です

2017_03080052 2017_03080060
       雛桜            河津桜など

梅園
2017_03080036 2017_03080043

春です

2017_03080116_2
河津桜と菜の花とチューリップ。正門を入ったところで
迎えてくれます

2017年3月 8日 (水)

2017年サクラだより⑩花の寺 保福寺

 保福寺(磐田市大久保)は1年を通じていろいろな花が咲く《花の寺》です。この季節にはいろいろな早咲きのサクラが美しく咲いています。

椿寒桜

2017_03080001

2017_03080003 2017_03080006
 花が密集して咲いているのでボリュウムがあります。次々と咲い
て散りにくいので見頃が長続きします

2017_03080010_2

そのほかに・・・

2017_03080014 2017_03080019
                      河津桜

2017_03080020 2017_03080015
                      寒緋桜 

2017_03080017 2017_03080021
        ツツジ         モクレンのつぼみ

2017_03080028 2017_03080029
       ボケ           桜咲く境内

2017年3月 7日 (火)

わが家の庭の花

 今年初めてのわが家の庭の花です。この春はツバキの咲き方が悪いこともあって、咲いている葉が少なくて少し寂しい庭です。

クリスマスローズ

2017_03070001

2017_03070002 2017_03070003

2017_03070007 2017_03070008

紅梅

2017_03070015 2017_03070006

そのほかに・・・

2017_03070018 2017_03070020
       ボケ            キンリュウカ

2017_03070016 2017_03070009
      アブラナ          ミニシクラメン

シクラメン

2017_03070019
        12月から咲き続けています

2017年3月 6日 (月)

2017年サクラだより⑨天竜区の河津桜 その二

横山・宝珠院
 道の駅「花桃の里」から天竜川左岸を北上し赤い橋を渡ったところが横山町の集落です。宝珠院は橋から間もなくの左側です。
 9月には境内の斜面一帯がヒガンバナで真っ赤に染め尽くされます。そのヒガンバナが咲く斜面に3本の河津桜があり、見頃を過ぎようとしていました。

2017_03050029
  画面中央の花びらの向こうに橋脚が見えます

2017_03050025 2017_03050030

阿蔵・玖延寺
天竜二俣駅前を東に進み信号を左折、天神団地を過ぎると幻の佐久間線の高架が見えてきます。その下をくぐると玖延寺です。春は梅とサクラ、秋は紅葉が美しい境内です。

2017_03050047

2017_03050045 2017_03050049

2017_03050052 2017_03050043
鐘楼の横に枝垂れ梅      アセビ

2017_03050055_3
           紅白梅の古木

2017年3月 5日 (日)

2017年サクラだより⑧天竜区の河津桜  その一

 西部地方の河津桜はそろそろ見納めです。5日、午後から出かけましたがあいにく薄曇りの空でした。

月のボート場付近
 月集落には全国有数のボート競技場があります。その艇庫の横と近くの湖畔の河津桜です。

2017_03050012_2

2017_03050010 2017_03050002

2017_03050041
       対岸から望遠で撮影しました

野生の猿の群れ
 ボート場近くの路上と路肩に十数匹の猿がいました。先日浜松の中心部で猿出没のニュースがありましたが、これだけの猿の集団になるとやはり怖い感じです。

2017_03050004 2017_03050014

花桃の里
 花桃まつりが始まっていますが、花桃はこれから開花するところです。河津桜は道の駅の隣で咲いていました。

2017_03050017

2017_03050021 2017_03050019
   花桃のつぼみ        夢のかけ橋と花桃

























2017年3月 4日 (土)

ジュビロ ホーム初戦零敗でブーイング

 中村俊輔と川又の加入で期待の大きいジュビロはホーム初戦で仙台と対戦しました。結果は開幕戦に続いて得点なく、0-1の敗戦でした。

 期待が大きかっただけにサポーターの落胆も大きく、ゲーム終了の笛と同時にブーイングの嵐。ジュビロが目指す「パス サッカー」は最後まで見られないままでした。前半はゴールのチャンスもありましたが、シュートは枠をとらえずため息が出ました。

 俊輔はこのゲームでも両チームで最高の距離を走り、10本のCKも全て蹴りましたがゴールに至らず残念でした。

 後半10分頃からは仙台の一方的なペースになり、その流れの中で失点。ジュビロは懸命にゴールに迫りましたがノーゴールに終わりました。

 今日のゲームのチケットは発売間もなく完売でスタンドはほぼ満席。盛り上がりに欠けるゲームで本当に残念でした。
今日のような内容のゲームでは今後が心配になります。

2017_03040008 2017_03040009
          期待された二人でしたが・・・

2017_03040006 2017_03040015
    満席のスタンド   従来の2倍になって見やすい画面

2017年3月 3日 (金)

2017年サクラだより⑦滝沢・花川・東大山の河津桜

 好天に恵まれた今日3日の午後、浜松市内3個所の河津桜を見てきました。 

滝沢(北区)

2017_03030018

2017_03030009 2017_03030010

2017_03030003 2017_03030017

 十数年前に住民の皆さんが県道199号線沿いに植えた170本の河津桜が成長して美しい花を咲かせています。4日、5日には「桜まつり」が開かれます。

花川運動公園(中区)
 先日はまだ咲き始めでしたが、今日は満開をやや過ぎた様子でした。なかなか立派な木があって見応えがあります。

2017_03030030

2017_03030023 2017_03030044

2017_03030050 2017_03030040
                  1本の木に数十羽のメジロ

東大山(西区)
 花川の両岸1㎞にわたって住民の皆さんが植えた河津桜は十数年たってかなり大きくなってきました。浜松ではもっとも本数が多いとのことです。花川運動公園と遠鉄ストア桜台店の間の川沿いです。住民の皆さんが近くに駐車場を用意し、土日には売店もオープンしてまつりを盛り上げています。

2017_03030072_2

2017_03030073 2017_03030060

2017_03030066 2017_03030055
   菜の花畑と河津桜        ツクシ

 2017_03030071

 北区・中区・西区と回りましたがそれほど時間がかかるわけではありません。
 河津桜は市内各地でかなり多くなりました。

2017年3月 2日 (木)

直木賞「蜜蜂と遠雷」①

 2016年下期の直木賞を受賞した恩田陸の「蜜蜂と遠雷」を読みました。
 この10年ほどでこれほど面白い本を読んだことはありません。上下2段で500頁以上、400字詰め原稿用紙で1142枚という長編小説です。審査委員の北方謙三は「1頁読んだらやめられなくなった。10時間かけて一気に読んだ。2回目に読んだときは音楽が聞こえてくる感じだった」と述べています。

 

 私も読み始めたら一気に読みたくなったのですが、外出などで度々中断しながら数日かけて読みました。

 

 私がまず興味を持ったのは、この小説が浜松で開催されている国際ピアノコンクールを題材としていることです。作品では芳ケ江国際ピアノコンクールとされています。このコンクールは1991年に始まり、3年ごとに開催されています。2015年で9回目・・・私は第1回から聴いています。会場の様子、コンクールの雰囲気、予選通過者発表の
瞬間の緊張の瞬間など、この作品に描かれた情景は手に取るようにわかります。読みながらそれぞれのシーンが浮かんできます。作者の恩田陸さんは第6回から第9回までの4回のコンクールに通って取材を続けたとのことです。
 その臨場感がすばらしいのですが、もっとすばらしいのはコンテスタントの演奏する様々な曲を文字で表現していることです。モーツアルト、ショパン、ラフマニノフなどの曲が聞こえてくる感じです。(続く)

2017年3月 1日 (水)

旅立ちの時

 今日、磐田東校の第56回卒業式が行われました。卒業生は206名。平成になって最も少ない数です。たまたま入学者の少ない年度でした。卒業生の名前を読み上げる「呼名(こめい)」も、最後の卒業生退場も例年よりもかなり早く終わりました。私が校長になった最初の年の卒業生は571名で、保護者と合わせると約1200名。呼名は30分近くかかったでしょう。私は壇上で立ったままでした。
 数は少ない今年の卒業生ですが剣道部男子や女子サッカー部は全国大会に出場し、野球部からはプロ入りの選手も出ました。

 式では校長、理事長、PTA会長さんからそれぞれ素晴らしい送る言葉、励ましの言葉がありました。送辞、答辞とも女子生徒でした。いずれも生徒会長として活躍した生徒でしょう。

 式歌「仰げば尊し」の一番を卒業生、二番を在校生、三番を全員と先生方も加わって歌いました。
 卒業生退場時のBGMは「蛍の光」の英語バージョンでした。

 今年も厳粛ですばらしい式でした。

2017_03010001_2
卒業生が胸につけていたカトレアのコサージュです

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »