2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 新春の東京へ | トップページ | 戦国ご当地キャラクターフェスタ »

2017年1月 7日 (土)

寿 初春大歌舞伎

 久しぶりに歌舞伎を観ました。現在の歌舞伎座が2013年4月にオープンしてからは初めてです。開演前に時間があったのでF1から3階まで歩いてみました。すばらしい歌舞伎の殿堂です。

 初春大歌舞伎は2日初演で、昼の部の演目は・・・
5_20170107_0001_2

①将軍江戸を去る 

 最後の将軍慶喜の江戸開城前日の迷いと苦悩、懸命に慶喜を説得する山岡鉄太郎、翌日万感の思いを込めて江戸を去り水戸へ赴く慶喜の姿を描きます。慶喜役は市川染五郎、山岡役は片岡愛之助。

2_20170107_0002_2


②大津絵道成寺 愛之助五変化
 江戸時代に流行した大津絵の中の人物が次々と登場して踊るという変化舞踊です。愛之助が、藤娘 鷹匠 座頭 船頭 鬼の五役を演じ、舞台での早変わりなどを披露します。

3_20170107_0001

③伊賀越道中双六 沼津
 元は人形浄瑠璃です。仇討の物語で、武士の仇討に巻き込まれた庶民の親子の悲劇を描く人情ものです。呉服屋を中村吉右衛門、最後にその父親とわかる雲助を中村歌六、その娘を中村雀右衛門が演じます。

4_20170107_0001

 400年の歴史を持つ歌舞伎の優れた伝統と様式美を十分味わうことができました。演技、衣装、舞台、長唄などの歌舞伎音楽・・・総合芸術です。
  歌舞伎座の客席定員は1964人です。満席になれば1日に約4000人になります。
 私の席は1階9列7番。左横が花道です。吉右衛門や愛之助が1㍍横で演技しているのを見ることができました。

2017_01060012
                緞帳

2017_01060011 2017_01060015
       1階              2階

2017_01060023 2017_01060021
       3階         掘りごたつ式の桟敷席

2017_01060006 2017_01060026
      正面        歌舞伎座の上には26階の高層ビル

« 新春の東京へ | トップページ | 戦国ご当地キャラクターフェスタ »

演劇」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 寿 初春大歌舞伎:

« 新春の東京へ | トップページ | 戦国ご当地キャラクターフェスタ »