2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月31日 (土)

この一年を振り返る

 2016年もあと3時間あまり。今年も時間は早く過ぎて行きました。10月に傘寿を迎え、人生の一つの区切りを通過しました。80歳に到達した自分のことなど考えたこともなかったのですが、なにごともなく自然にその日を迎えました。80の大台を超えた今年を振り返ってみます。

1 健康 
  先日の人間ドックでは特に大きな問題になるところはなく普通の生活ができます。「スポーツクラブとノルデイックウォークを怠けているので来年は頑張る」と書いたのは去年の大晦日でした。今年も同じ事を書きます。「新しい年は頑張ります。」

2 地域で
 3月で10年務めた自治会役員の務めが終わりました。地域の皆さんのために、自分なりに役割を果たすことができたと思います。10年間で多くの人との出会いがあったことをうれしく思います。
 4月からは新たに町のシニアクラブのまとめ役を務めています。130人近くの会員が毎月1回の例会などに参加してくれています。シニアクラブのメンバーは皆さんお元気で、「健康寿命」がますます伸びそうです。
 そのほかにも地域のいろいろな行事などに参加しています。
 

3 旅
  今年も各地に出かけました。千葉から岡山の間の10府県です。泊をともなったのは5回でした。中高大の同期会に出るのは楽しいものです。同期生ですから今年は80歳記念ということで楽しみました。
 ドライブはやや少なくなりました。遠距離のドライブは敬遠したい気持ちがあります。免許を返納すると楽しみがなくなるので気をつけながらお出かけしようと思います。

4 ブログ
 2008年4月に立ち上げたこのブログは8年8ヶ月が過ぎました。
 アクセス数は今夜で41万2000を超えています。1日平均130件で毎日多くの皆さんにアクセスしていただいています。画像は約34.500枚アップしています。美しい花や風景などを楽しんでいただいていると思います。

 この一年間お世話になりました。これからも毎日アップするよう努めますのでブログをどうぞよろしくお願いいたします。

 良い年をお迎えください。

2016年12月30日 (金)

今年観た美術展から

 今年は観た美術展が30に満たない数で近年では一番少ない年でした。その中で印象に残った美術展を3つあげてみます。

 カラヴァッジョ展(国立西洋美術館)
  今年最も注目された展覧会でした。後世の画家に大きな影響を与えたイタリアの画家で、現存している作品約60のうち11点が出品されています。波乱に満ちた生涯を送ったカラヴァッジョの作品はいずれも観る人に強烈な印象を与えます。これほどの展覧会は二度と開けないのではないでしょうか。

2 若冲展(都美術館)
 生誕300年記念展。1ヶ月限定で空前の人気。終日大混雑で時には6時間町の日もあり、大きなニュースになりました。〈動植綵絵〉と
〈釈迦三尊像〉が揃って出品されるなど、空前の規模の記念展でした。充実した内容で見事でしたが混雑していて疲れました。

3 十一面観音(長浜・渡岸寺)
  国宝の十一面観音の中でも最高傑作とされるこの観音様を初めて拝見しました。なるほどみごとな観音様でした。井上靖が「星と祭」」の取材のために訪れて観た時からこの観音様を愛し、境内に石碑を遺しています。「慈眼 秋風 湖北の寺 井上靖」と刻まれています。

 このほか、県美開館30周年記念展「東西の絶景」や「安井靫彦展」、大徳寺の障壁画特別公開なども印象に残っています。

2016年12月29日 (木)

今年のスポーツニュースから

 今年のスポーツニュースから私の好みで3つを選びました。

①広島東洋カープ優勝
  私は1950年の広島カープ球団創設以来のカープファンです。最初は広島「カープス」と呼んでいました。カープ=鯉です。広島城が鯉城と呼ばれていたのでそれにちなんでカープなのですが、複数の「s」を付けてCarpsとしました。ところがcarpは単複同形ということでカープになりました。
 弱小チームで初優勝まで25年かかりました。今回の優勝も25年ぶりで7回目です。私がカープファンだということは多くの人が知っているので皆さんからお祝いの言葉をいただきました。つい先日も、初優勝の時に受け持っていた当時の生徒たちと忘年会をした時に、優勝おめでとうございますと言われました。

 今回の優勝は大逆転でしかも2位以下に大差を付けての完全優勝で見事でした。黒田と新井の両ベテランの活躍と「神ってる」鈴木など若手の活躍が相乗効果をあげたすばらしい優勝でした。来年も楽しみです。

②ジュビロ磐田J1残留
 年間を通して優勝にからむことなく最終節までJ2降格の危機にあったことは残念でしたが、とにかく仙台との最終戦で前半4分、上田康太(磐田東OB)のみごとなフリーキックで先制しそのまま逃げ切って残留を決めたことはうれしいことでした。康太のゴールは月間ベストゴールに選ばれました。
 来シーズンは上位で鹿島や浦和などと競り合ってほしいと思います。

③磐田東高女子サッカー部全国大会出場 
  これまでも全国大会に出場経験はありますが、いずれも地元開催の枠での出場でした。県予選でこれまで勝ったことのない常葉橘を破り、東海予選も勝ち抜いて代表の座を得ました。地元の無名の選手たちがまじめに練習に取り組んできた結果で、高く評価したいと思います。

 全国の初戦は12時間後、30日午前10時から三木市のグランドで行われます。相手は第1回から今回の25回まで連続出場の強豪聖和学園(宮城)です。臆することなく堂々と戦ってほしいものです。現地応援に行けませんが健闘を期待しています。

 今日29日、静岡新聞朝刊最終面に全面広告が掲載されました。

2016年12月28日 (水)

門松づくり

 22日に小学校の放課後児童会で子どもたちとミニ門松づくりをしましたが、今日は自分たちの門松を作りました。
 8人が参加して午前中伊佐地の農園の周囲にある竹林で竹を切り出しました。

2016_12280002_2 2016_12280004
        孟宗竹を切り出しています

2016_12280012 2016_12280007
    孟宗竹をカット    竹林を農園側から見たところ

午後からわが家で門松を作りました

2016_12280015
    中央に小さな五葉松 その右に梅の小枝
    赤い実はわが家にの庭の南天

2016_12280017_3
     左の門松は松がないので未完成です

 迎春準備が一つ終わりました。今年もあと80時間です。

2016年12月27日 (火)

今日の料理

 久しぶりに夕飯のおかずを作りました。

メニューは ・煮豚 ・野菜とハムのサラダ ・矢切のねぎ焼き

煮豚
 豚肉のブロックをフライパンで軽く焼いた後タレを加えて鍋で1時間ほどゆっくり煮ます。

2016_12270001 2016_12270003
        ネットにくるんで焼きます

2016_12270006 2016_12270011
          じっくりと煮込みました

2016_12270014_2
           柔らかくおいしくできました

サラダ

2016_12270002 2016_12270007
 じゃがいも、にんじん、スナップえんどうを茹でました

2016_12270015
じゃがいも、にんじん、玉ねぎ、スナップエンドウ、カリフラワー、
レタスにハムを加えてマヨネーズで味付けしました

矢切ねぎの焼きねぎ

 千葉県松戸の名産で3度の農林水産大臣賞に輝いています。白い部分が長く太いねぎです。焼きねぎやすき焼きなどの鍋物に向いています。

2016_12270008 2016_12270009
      一箱に7㎏       トースターで焼いています

2016_12270012
          甘くておいしいねぎでした

2016年12月26日 (月)

「中野和馬の陶芸・・・抵抗と創造の軌跡」:島田市博物館

 中野和馬(1966-2009年)は島田市出身で島田高校卒業生です。将来が嘱望されながら43歳で夭折した陶芸家です。大学卒業1年後にスウェーデンに渡って陶芸を学び、帰国後郷里で陶芸家としての道を歩み始めました。

 中野の陶芸家としての短い制作活動の中で、20代後半から30代前半にかけての時期は、中野が既成の概念に挑戦し、激しい情熱を傾けて制作に没頭したことが残された作品からよくわかります。
 博物館本館2階展示室はその前半の作品を独自の空間構成で展示しています。

2016_12240010_4

2016_12240018 2016_12240035

 画像でわかるように、作品は中野が制作に使っていた机や作業台、板などの上やそれを組み合わせた空間に展示されています。作品には作品名・制作年・所蔵者などを記載したキャプションは一切ありません。もともと中野は作品に名称をつけなかったとのことです。観る人が自分の感性で受け止めて感じるしかありません。

2016_12240012 2016_12240013

2016_12240027 2016_12240020
精魂を込め力の限りを尽くして制作されたオブジェなど

2016_12240019 2016_12240034
テストピース=釉薬試験の  茶碗類:一部に30代後半の
陶片で一つずつ番号が    作品もあります
入っています

オブジェの代表作

2016_12240038

博物館分館で

 30代半ばに作風が大きく変化して素地が白い化粧土を使った作品を制作し、高い評価を受けました。分館では中野の後半の作品をガラスケースの中で静かに展示しています。

2016_12240041 2016_12240045

2016_12240047 2016_12240046

2016_12240051

2016_12240049

2016_12240054 2016_12240052

 様々な手法を用いて色鮮やかな作品を制作し、人気を博しました。

 所蔵者が明記されていませんが、大半は個人蔵と思われます。

 中野和馬の作品を観たのは平成13年に駿府博物館で行われた展覧会以来です。
 陶芸家としてわずか十数年のキャリアの中で、時には見る人に息苦しさを感じさせるような気迫や戸惑いの表情が忘れがたい作品たちです。

2016_12240036_2

2016_12240008 2016_12240039
    島田市博物館           分館

_20161226_0001_2

2016年12月25日 (日)

「ザ・ブトン」:クリスマスコンサート

 「ザ・ブトン」は今年64歳になった3人の同級生のフォークバンドです。島田高校在学中に同級生4人で始めたバンドで、当時高い評価を得ていたのですが、大学進学と共に活動を停止していました。
 還暦を機に活動を再開、島田を中心に多くのファンが毎年コンサートを心待ちにしています。リーダーの柴田君が昨年8月に亡くなり、その後は3人で活動しています。

 今回のコンサートは8月の旧盆コンサートに続いて今年2回目です。会場は島田市の「歩歩路(ポポロ)」。200人の会場なので早い時期に完売になりました。

 開演前に楽屋へ激励に行きましたが、札幌在住の前堀君は
豪雪の新千歳空港から欠航前の便で辛うじて出発できたということでした。

 クリスマスイブということで〈ホワイトクリスマス〉から始まりました。
〈グーリーンフィールズ〉〈500マイル〉〈百万本のバラ〉〈海と神様〉(故・
柴田君が高校時代に作詞・作曲)〈聖夜〉〈ケサラ〉〈風〉〈イチゴ白書をもう一度〉〈あの素晴らしい愛をもう一度〉〈思い出橋〉などなど(一部略)。

 オリジナル曲で人気の高い〈蓬莱橋〉と〈大井川train〉ももちろん歌いました。

 美しいハーモニーとギター、ベースの演奏。そして寺田君のユーモアに満ちたMCとメンバーの会話。場内には笑いが絶えません。

 いつもと同ように心に響く歌で魅了されました。会場を出るときにはとてもいい気分になります。

 来年以降、セカンドアルバムづくりを進めるとのことで楽しみです。

2016_12240068_2

2016_12240063 2016_12240066
      寺田君            前堀君

2016_12240070 2016_12240071
      宮崎君            第2部

2016_12240073_2
        島田駅前のイルミネーション

 「ザ・ブトン」のコンサートはいつも同級生を中心とするメンバーが実行委員会を組織して企画・運営・当日の係を務めています。素晴らしいことです。昨夜もその教え子たちに大勢会いました。

2016年12月24日 (土)

教え子たちと過ごした日

 今日はほぼ半日教え子たちと過ごした日でした。前半は島田で後半は浜松で。
 金谷駅に迎えにきてくれたW君の車で島田市博物館へ。夭折の陶芸家中野和馬の回顧展を観ました。

2016_12240001 2016_12240010
    島田市博物館      中野和馬の作品の一部

 陶芸展を観た後は島田高校卒業の64歳トリオ「ザ・ブトン」のクリスマスコンサートへ。

2016_12240068

 今年もまた心温まる楽しいコンサートでした。

 終わってJRで浜松へ。浜松西高同期生の勧友会の仲間11人の忘年会に合流しました。おいしいお酒とお料理をいただきながら3時間ほど歓談しました。

 展覧会とコンサートの様子は後日アップします。

2016年12月23日 (金)

2016紅葉だより㉔四ツ池公園

 新しい年を迎えるまであと1週間余・・・暮れも押し詰まったこの季節に四ツ池公園の紅葉は見頃が続いています。市営グランドの一番西のモミジバフウは十数本ありますが、既に落葉したものからまだ緑を残す木まで「個性」豊かで、そのグラデーションがみごとです。

モミジバフウ

2016_12230063_2              

2016_12230057 2016_12230052
                    レフトスタンド照明灯2016_12230054_2

イロハモミジ

2016_12230039_3

2016_12230037 2016_12230040

2016_12230009 2016_12230011

2016_12230045_2

2016年12月22日 (木)

小学生とミニ門松づくり

 市内の小学校の放課後児童会で子どもたちとミニ門松づくりをしました。ASNのメンバー11人が参加し、2~4年生の約60人の子どもたちと一緒にミニ門松を作りました。
 門松そのものはそれほど手をかけないでできるのですが、材料を準備するのが大変でした。(私は準備作業に参加していません)

Cimg7943 Cimg7942
市内の竹林で竹を伐採。土台の竹は太い孟宗竹です

Cimg7953 Cimg7956
  協働センターで裁断、面取りなどの作業をしました

2016_12220047 2016_12220005
材料の竹筒、竹の葉、梅の枝、赤い実のついた千両などを用意

2016_12220063 2016_12220034
                     できあがりました

2016_12220073
子どもたちは自分で作った門松を家へ持ち帰り、玄関に飾ります。パパやママが喜んでくれるとうれしそうに話していました。
学校は明日から冬休みです。

2016年12月21日 (水)

2016紅葉だより㉓浜松フラワーパーク

 今日は冬至です。浜松の日没は午後4時42分でした。今日の昼の長さは9時間49分で12月19日と同じになっていますが、最短は秒差で19日とのことです。一番長かった6月21日の14時間30分に比べると4時間41分も短くなっています。

 冬至の今日、3ヶ月ぶりに訪ねた浜松フラワーパークで美しい紅葉を見ました。

ドウダンツツジ

2016_1221fp0025_2

2016_1221fp0023 2016_1221fp0026

モミジ

2016_1221fp0043

2016_1221fp0042 2016_1221fp0036

バラ園で

2016_1221fp0047

2016_1221fp0050 2016_1221fp0045

冬の花

2016_1221fp0006 2016_1221fp0009
      房スイセン          ヤツデ

大温室のポインセチア

2016_1221fp0058 2016_1221fp0060

2016_1221fp0059

2016年12月20日 (火)

映画「君の名は。」

 大ヒットしている話題の映画を観ました。8月26日の初公開以来4ヶ月・・・今もなお全国で上映されています。その話題作
は実に美しい映画でした。実写画面よりも精緻で美しい風景が心に残ります。

 初公開以来16週目の12月11日、4ヶ月足らずの間にこの映画を観た人は1580万人・・・日本国民の10人に1人以上が観ていることになります。売り上げは205億円という驚異的な数字です。

 記録的な数字の更新を続けているこの映画の魅力はどこにあるのでしょうか?

2016年12月19日 (月)

人間ドック

 日赤浜松での人間ドック受診はもう20年以上続いています。9年前、古希の誕生日の直前に受診した時、指定年齢の検診でPSA検査がありました。その結果、数値は37.6でした。
前立腺ガンの疑いが濃厚ということで針生検などを行い、最終的に慈恵医大で全摘手術を受けたのでした。

 先週の月曜日(12日)慈恵医大で頴川先生の診察を受けました。9年前に執刀してくださった先生で、当時から泌尿器科部長をお務めです。先生から「9年前の症状はかなり危険な状況だった」というお話がありました。ガンが周囲に広がっていました。

 手術後9年、PSAの数値は0.01を維持しています。ありがたいことです。9年前のドックで異常が発見されて命拾いしました。

 最近のドックでは特に心配な兆候はありません。今日の結果も、年齢相応の衰えや若干の数値の変動はありますが、再検査や精密検査はなく大きな問題はありませんでした。
 今後の生活で気をつけることとして、「休肝日を週2日に」という指示事項がありました。これはなかなか難しいことです。

 一日人間ドックですが、検査は胃カメラまで含めて2時間で終わりました。豪華な昼食と先生の診断ですべて終わりです。

 鼻からの胃カメラ検査では1㍍先の画面に映像が投影されるので、カメラが食道や胃の内部を動きながら撮影する画像を見ながら先生の説明を聞きます。多少の炎症は見られるが特に問題はないとうことでした。

 最近運動量がやや少なくなっているので、改善したいと思います。「健康寿命」を少しでも長くするために。

2016年12月18日 (日)

ヤマハの快進撃

 ヤマハグループの快進撃が続いています。
 ヤマハ硬式野球部は11月初旬の全国社会人野球大会で初優勝しました。夏の都市対抗では3回優勝していますが、社会人野球では初めてのことでした。優勝の立役者はMVPに輝いた池田駿投手です。その池田投手はドラフトで巨人に入団します。その後を継いで活躍を期待されるのが磐田東高出身の鈴木博志投手です。150㎞を超える速球の持ち主ですがコントロールに難があります。エースに成長してほしいものです。

 先日行われた祝賀会には、J1ジュビロの名波監督やラグビーヤマハ発動機の清宮監督も出席とか。ヤマハ発動機ラグビー部はトップリーグで今日の神戸製鋼戦まで12連勝で首位をキープしています。次週は2位のサントリーとの決戦です。ホームでサントリーに勝てば初優勝が見えてきます。

 ヤマハ吹奏楽団は全国コンクールで33回の金賞に輝く実績を誇るすばらしい楽団です。昨年夏、東京ドームで行われた都市対抗の応援に行った時、この吹奏楽団の演奏に圧倒されました。

 すばらしい活躍の影に隠れて寂しいのがサッカーのジュビロです。3回のリーグ優勝の最後は2002年ですから16年も前のことです。ナビスコ杯の優勝が2010年でこれが直近の優勝です。その後J2に転落するなど厳しい状況が続き、今シーズンも最終節で残留を決めるという成績で黄金時代にはほど遠い今のジュビロです。

 ラグビーが優勝し、来シーズンにJ1ジュビロが頑張れば、
ヤマハグループの活躍がさらに注目されることになります。
 

2016年12月17日 (土)

2016紅葉だより㉒浜松城公園

 紅葉がまだ続いています。浜松城公園の紅葉はすでに終わったものもありますが、今見頃のものやこれからのものもあります。

2016_12170059_2

2016_12170060_2

2016_12170054

2016_12170056_2 2016_12170049
        日陰なので鮮やかさがありません

2016_12170026
         黄、緑、赤と色とりどり

2016_12170041 2016_12170044

2016_12170036

 どうぞお出かけください。

2016年12月16日 (金)

「ダリ展」:国立新美術館

 12日に会期が終わった展覧会をその最終日に観ました。連日入場待ちが続いた人気の展覧会で、この日も午後1時半で20分待ちでした。

 サルバドール・ダリ(1904-1989)は20世紀を代表する芸術家です。油彩画をはじめ、書籍・オブジェ・映像など200点以上の多様な作品で構成される大規模な展覧会です。
 10代の頃の最初期の作品から85歳で没する数年前の最晩年の作品まで70年間の多彩な作品群に圧倒されました。

 ダリと言えばシュルレアリスム。そのシュルレアリスムを代表する数々の作品とそれに続きダリ的世界が拡張された時代の作品が中心です。

8_20161216_0002_2
       〈子ども、女への壮大な記念碑〉1929年

_20161216_0001
       〈謎めいた要素のある風景〉1934年
 画面下方でキャンバスに向かっている人物はダリが尊敬していた
フェルメールとか・・・

3_20161216_0001 Img_20161216_0003
〈奇妙なものたち〉1935年   〈狂えるトリスタン〉1938年

8_20161216_0004
  〈ウラニウムによる原子による憂鬱な牧歌〉1945年

展覧会のチラシ

Img_20161216_0001 _20161216_0002

撮影できる部屋で

012

 200を超える作品は8章に分けて、8室で展示されていました。混んでいる中でゆっくりと観ることもできず、疲れました。

2016年12月15日 (木)

蕎麦打ち

 ASN(アクテイブ シニア ネット)の仲間が栽培してできあがった蕎麦粉で蕎麦打ちをしました。蕎麦作りは昨年に続いて2回目ですが、今年はよくできました。蕎麦の実の収穫量は昨年の9㎏の4倍近くの35㎏でした。蕎麦粉で20㎏できたので一人2㎏ずつ分配しました。
 今夜、蕎麦粉を持ち寄って有志で蕎麦打ちをしました。

2016_12150001 2016_12150005
    2㎏の蕎麦粉         蕎麦粉を丸めて

2016_12150006 2016_12150007
      伸ばして           切ります 

2016_12150008 2016_12150012
           できあがりました

 600㌘の蕎麦に小麦粉150㌘で2回に分けて打ちました。できあがったお蕎麦は9人で食べきれない量でした。薫り高い新蕎麦をおいしくいただきました。

2016年12月14日 (水)

わが家の庭の花

 4ヶ月ぶりのわが家の庭・・・初冬の花です。

2016_12140031
       鮮やかな緑のクリスマスローズです

2016_12140020_2
       初冬を 代表するピンクの侘助

2016_12140013 2016_12140023
       ヨメナ            オキザリス

2016_12140016 2016_12140019_2
      マンリョウ            ボケ

まだ紅葉が残っています

2016_12140011 2016_12140027

2016年12月13日 (火)

浜名湖ガーデンパークの初冬の花

 花の少ないこの季節、クリスマスローズの小道で「青いシクラメン」が見頃になっています。

2016_1210gp0058

2016_1210gp0066

2016_1210gp0065 2016_1210gp0059

クリスマスローズ

2016_1210gp0069
  「青いシクラメン」と同じエリアで早くも咲いています

2016_1210gp0052
東西水路沿いのこのバラは1年を通じてよく咲いています

2016_1210gp0047 2016_1210gp0048
            サザンカは満開です

2016_1210gp0024_2 2016_1210gp0070
       イソギク         スノードロップ

2016_1210gp0085
冬空に青々とした葉が目につくのがジャカランダ。白いのは実です

2016年12月12日 (月)

東京へ、東京で

 先月25.26日と今月8日に続きこの半月で3度目の東京です。今日は慈恵医大での年に一度の検診です。

2016_12120002_2
    新幹線上り富士川鉄橋から見た富士山

 朝7時20分頃の富士山は日の出から間もない時間で、西側はまだ日陰になっています。

2016_12120010_2
  新富士駅を過ぎ、富士市東部から見た富士山

愛宕山と愛宕トンネル(港区)

 西新橋にある慈恵医大付属病院前から西に歩いて300㍍弱で愛宕トンネルに入ります。1930年に建造されたこのトンネルは東京23区内で唯一の「山岳トンネル」です。

2016_12120013
信号機の向こうにトンネルが見えます。その上の林が「愛宕山」の山頂で、標高25.7㍍。23区で自然の山として最高です。

2016_12120016_2
   愛宕トンネル。狭いトンネルで車は一方通行です

2016_12120014_2
トンネルの上、愛宕山にNHKの放送博物館があります。ここが
NHKの発祥地です

2016_12120018_2
長さ77㍍のトンネルを抜けた先が国道1号線、桜田通りです
ここにも東京都の木「イチョウ」の並木がありました

 この後、六本木に移動して国立新美術館で会期最終日の「ダリ展」を観ました。後日アップします。

2016年12月11日 (日)

「あいの森」でのクリスマスパーテイー

 ASN(アクティブ シニア ネット)のメンバーが所有している山林「あいの森」で少し早いクリスマスパーティーをしました。
 「あいの森」は天竜区龍山町のペンションふれあい村の近くにあります。わが家からは車で50㎞近い距離で、白倉川を渡って人里離れた道を進みます。メンバーが協力して杉や桧を伐採し、休憩できるスペースなどを造成しました。周囲にはメンバーなどが各自好きな木を植林しました。

 毎年この時期にクリスマスパーテイーを開いていますが、一昨年と昨年は粉雪が舞う寒い日でした。今日は雲一つない快晴、風もなく暖かい日でした。

 2016_12110018

2016_12110031_2
      クリスマスツリーの前でセレモニー

2016_12110040 2016_12110061
  シャンペンで乾杯!!   手作りのケーキが絶品でした

2016_12110013 2016_12110052
常備している小型トラクター  空にはひとひらの雲

2016_12110075 
          路肩の駐車場の上の紅葉

2016_12110017_3
私が植えたプラムは順調に育っています。ネットは鹿よけです

2016年12月10日 (土)

2016紅葉だより㉑浜名湖ガーデンパーク

 しばらく手入れをしていない畑に寄った帰りに浜名湖ガーデンパークへ行きました。ひと月半ぶりです。
 モミジバフウ・ナンキンハゼなどの紅葉はほとんど終わり、イロハモミジはまだ見頃が続いている様子でした。

高さ50㍍の展望タワーからは富士山がよく見えました。

2016_1210gp0013_2
           少し雲を被っています

2016_1210gp0012_2

展望塔から見た紅葉風景

2016_1210gp0015
     「たけ橋」(手前)と「えのき橋」(奥)の間

2016_1210gp0016 2016_1210gp0017
     中国庭園          人工の滝と池の付近

 秒速10㍍以上の強風でタワー頂上部はわずかに揺れ続けていました。

地上で見た紅葉

2016_1210gp0020

2016_1210gp0031

2016_1210gp0022 2016_1210gp0033

2016_1210gp0027

2016_1210gp0043 2016_1210gp0053

 青空と紅葉のコントラストが美しいガーデンパークでした。

2016年12月 9日 (金)

2016紅葉だより⑳代々木八幡宮

 親戚の結婚式で東京・代々木八幡宮へ出かけました。境内は紅葉が終わりに近く、盛んに落葉していました。

2016_12090019

2016_12090005 2016_12090006

2016_12090004
           落葉が散り敷いています

 初冬のこの時期に、シュウメイギクとホトトギスがきれいに咲いていました

2016_12090014 2016_12090015

2016_12090002 2016_12090012

 式の後、親族一同で会食をしました。新宿住友ビル48階です。その48階から見た新宿副都心の風景。

2016_12090035 2016_12090023
  雲一つない東京の空     新宿御苑を下に見て

2016年12月 8日 (木)

浜松から初冬の富士を遠望

 師走に入って好天が続いています。しかし・・・晴れ上がっていても富士山が見えるとは限りません。空気が乾いていて、放射冷却で冷え込んだ朝方に見えることが多いのです。毎朝2階の雨戸を開けて東の空を見るのですが、雲がかかっていることが多くてがっかり。

 今朝は晴れ渡っていました。静岡県のHPで清水からのライブカメラの中継でも雲一つない美しい富士山が見えていました。浜松の今日の最少湿度は11%で空気はカラカラに乾いていました。

 静岡文化芸術大学へ出かける時にカメラを用意しました。授業が始まる前にエレベーターで屋上へ。

2016_12080006_2
     この冬初めて浜松で撮った富士山です

2016_12080008 2016_12080004
   手前が屋上です     研究室棟の右遠くに富士山

2016_12080010
           文化芸大の校舎の一部

2016_12080012_2
屋上から南の浜松駅方面を見た風景。左のビルはアクトタワー

2016_12080013
北を見たところ。中央上部に浜松球場の照明灯が見えています。
わが家はそのすぐ手前です

2016_12080024 2016_12080025
学内の風景、遠景のビル   アクト大通りの北端エリア
は遠州病院

 富士山がよく見える日は寒さの厳しい日です。これからそういう日が多くなるでしょう。

2016年12月 7日 (水)

2016紅葉だより⑲油山寺

 遠州地方の紅葉も終わりに近づいています。今日7日午後2時頃、袋井・油山寺を訪ねてみました。見頃を迎えたモミジや終わりかかったモミジもありましたが、山門を入ったエリアは青葉が多くまだこれからというところでした。

2016_12070035_2
      国指定重要文化財の三重塔とモミジ

2016_12070048 2016_12070033

2016_12070027_2

2016_12070056 2016_12070022

2016_12070019
    午後の日射しを受けて燃えるような赤いモミジ

2016_12070040 2016_12070008


  

2016_12070011

 所によっては紅葉の見頃はまだ1週間ぐらい続きそうです。今日の油山寺は閑散としていました。

2016年12月 6日 (火)

2016紅葉だより⑱栄林寺・玖延寺

 天竜の名刹 栄林寺と玖延寺で紅葉が見頃になっています(5日)。

栄林寺
 二俣大橋を渡ったところにある栄林寺では本堂北川の斜面でみごとに紅葉しています。

2016_12050065
         紅葉の向こう側に本堂があります

2016_12050067_2
            紅葉の下に山門

2016_12050066

2016_12050068 2016_12050072
  紅葉の向こうに二俣川と国道152号線が見えています(㊨)

玖延寺
 阿蔵の玖延寺の紅葉も美しいのですが、午後2時半頃訪ねた時には本堂横の紅葉はすでに日陰になっていました。墓地の工事も行われていたので2,3枚撮っただけで帰りました。

2016_12050076

2016_12050079

 今日6日はかなり強い風が吹いているので、盛りを過ぎた紅葉はかなり舞い落ちているでしょう。

2016年12月 5日 (月)

2016紅葉だより⑰鳥羽山公園

 眼下の天竜川の向こうに遠州の平野を望む鳥羽山公園(天竜区二俣)の紅葉はピークを過ぎようとしています。12月5日午後、海抜108㍍の小高い山の上は真っ赤に染まっていました。

2016_12050042_2

2016_12050039_2
紅葉の右の鉄橋は天竜川を渡る天浜線。奥は浜松の平野

2016_12050013 2016_12050029

2016_12050032_2

2016_12050024_2

2016_12050001 2016_12050009
          駐車場横の大銀杏と紅葉

2016_12050025 2016_12050053

2016_12050055_2 2016_12050056

2016_12050051_2

見頃は今週末まででしょうか。
これだけ美しい紅葉ですが、駐車場の車は2,3台でした。

2016年12月 4日 (日)

2016紅葉だより⑯紅葉の中の防災訓練

 今日は地域防災訓練の日でした。わが町でも約250人の町民が四ツ池公園に集合して訓練を行いました。訓練場所は公園の一部でアメリカフウが美しく紅葉しています。

2016_12040039

2016_12040032 2016_12040030
  可搬ポンプによる放水訓練。虹ができています

四ツ池公園では紅葉が見頃を迎えています。

2016_12040046

2016_12040050 2016_12040052
                 右奥に野球場レフトの照明灯

2016_12040054 2016_12040058

2016_12040066

2016_12040065
     池の水に映った紅葉と水に浮かぶ枯葉

2016_12040072

 防災訓練は町内の小公園に移動して炊き出しのおにぎりや豚汁をいただいて終わりました。
 わが町は津波や浸水、液状化などの自然災害がないエリアなので安心して生活できるのですが、油断は禁物です。これからも自助・共助を基本として災害に備えたいと思います。

2016年12月 3日 (土)

「禅 心をかたちに」展:東京国立博物館

 11月27日に終わった特別展をその二日前に観ました。臨済禅師1150年、白隠禅師250年遠忌を記念する展覧会です。

 日本人の信仰、思想、文化に大きな影響を及ぼした臨済宗及び黄檗宗の十五派の本山・末寺・塔頭に伝わる高僧の肖像画や仏像、工芸の名品を一堂に集めた展覧会でした。

 私が観た期間には国宝13点、重要文化財53点が出品されていました。まさに至宝のオンパレードでした。

Photo_4 Photo_5
国宝:雪舟等揚〈慧可断臂図〉 国宝:〈無準師範像〉

Photo_9
          白隠慧鶴〈達磨像〉

奥山方広寺のお宝

Photo_10
院吉・院広・院遵作〈宝冠釈迦如来及び両脇侍坐像〉室町時代
重要文化財です

 この3体は特別のガラスケースの中で展示されていました。珍しい宝冠の釈迦如来です。

国宝の名陶

Photo_12
           〈油滴天目〉南宋

室町時代の名画

Photo_13
          国宝:大巧如拙〈瓢鮎図〉

Photo_15
重要文化財:狩野元信〈四季花鳥図〉  大仙院方丈障壁画

 数々のお宝に圧倒されながら、臨済禅の歴史や系譜について学ぶことができました。これだけの規模の展覧会がよくできたものだと思います。

2016年12月 2日 (金)

2016紅葉だより⑮遠州森町:小国神社&大洞院

 遠州地方の紅葉の名所森町の小国神社と大洞院を訪ねたのは11月29日です。いずれも鮮やかな紅葉は見られず残念でした。

小国神社

2016_11290071
赤い橋を望む人気のスポット。青葉が目立ちます

2016_11290058_2

2016_11290036 2016_11290046

燃えるような真っ赤なモミジが少ない小国神社でした。

 撮影した日から三日後の今日、紅葉がかなり進んで赤い橋付近も見頃になったようです。小国神社ではこの週末は見頃です。道路や駐車場は相当混雑するでしょう。

大洞院

 森の石松の墓があることで知られるこの寺の紅葉は期待はずれでした。

2016_11290026
寺の正面から見たところ。赤いモミジはほとんどありません。

2016_11290010 2016_11290012

2016_11290017 2016_11290016

2016_11290020 2016_11290028
                     森の石松の墓

2016年12月 1日 (木)

2016紅葉だより⑭永観堂から法然院へ②

 永観堂の紅葉を楽しんだ後、京都駅西へ移動。リーガホテル京都にある京料理の店「たん熊」で上品な京料理をいただきました。
  バスで銀閣寺駐車場へ。参道は中国人や修学旅行の小学生などで混雑していました。あいにく午後からは雲が広がって日射しはありませんでした。

2016_11280147

2016_11280129 2016_11280125

2016_11280146

2016_11280137 2016_11280130
     苔も美しい

哲学の道

2016_11280157 2016_11280156
桜葉はほとんど落葉していました

法然院

2016_11280161 2016_11280165

白沙村荘 橋本関雪記念館

 橋本関雪(1883-1945)は大正・昭和の近代京都画壇で活躍した日本画家です。
 白沙村荘は関雪が1912年から1945年にかけて東山大文字の麓に造営した庭園で、国の名勝に指定されています。園内には多くの建物や石造美術品が配置されています。
2014年に新美術館が完成しました。

 

2016_11280187_2
美術館2階テラスから大文字山が正面に見えています

2016_11280170_3

2016_11280185_2

 美術館では関雪の作品や遺品と、金島桂華の作品展示が行われていました。

 紅葉がピークを過ぎた東山でしたが、名残の紅葉と美しい風景を楽しむことができました。

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »