2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« 「ランス美術館展」:静岡市美術館 | トップページ | 木曽路を行く①夕暮れの御嶽山 »

2016年11月 5日 (土)

「女性を描く クールベ、ルノワールからマティスまで」:浜松市美

 19世紀半ばから20世紀半ばまでの約1世紀の間にフランスで女性を描いた作品61点が出品されています。61点のうち41点は国内初公開です。
 産業革命やパリの都市改造が進む中で、描かれる女性も王侯貴族から農村の女性や働く女性など街の女性に変化しています。
 展覧会の構成は①女性の肖像 ②画家のモデル ③家庭の女性 ④働く女性 ⑤余暇 ⑥夢の女 です。

 女性像と言えばルノワール・・・3点出品されています。

Photo_5
  
   ルノワール《麦わら帽子の少女》1885年

 1933年制作のキスリングの作品は、新しい時代のファッションを示しています。

Photo_6
       〈赤い洋服のモンパルナスのキキ〉

Photo_8
       クールベ〈回想〉1864年

 これらのほかに、ドラン、マティス、ボナール、ロ-ランサン等の作品もあります。61点のうち、日本国内の美術館4点、個人蔵3点以外の54点はフランス各地の美術館からの出品です。題材、描かれた時代、描かれた場所が限定された珍しい企画展です。

 今日は午前10時30分から静岡文化芸大立入先生の講演:「フランス絵画に描かれた女性たち-パリの美化と文化の発展」がありましたほぼ満席でした。講演を聴いてから作品を観ると理解がかなり進みます。

会期は12月25日まで。

2016_11050010_2
      浜松城公園の紅葉が始まっています

浜松城公園野外アート展の作品の一部です

2016_11050011 2016_11050012

2016_11050013
             〈レイン 2016〉

« 「ランス美術館展」:静岡市美術館 | トップページ | 木曽路を行く①夕暮れの御嶽山 »

美術展」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 「ランス美術館展」:静岡市美術館 | トップページ | 木曽路を行く①夕暮れの御嶽山 »