2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« 残留決まらず ジュビロ0-1浦和  | トップページ | 辻井伸行コンサート »

2016年10月30日 (日)

「徳川の平和」展:静岡県立美術館

 静岡県立美術館開館30周年を記念する特別展です。「徳川の平和」=パクス・トクガワ。徳川幕府250年間の天下太平の時代に生み出された数々の名品が出品されている豪華な展覧会です。後期だけで国宝1点、重文6点。二条城の障壁画など、豪華絢爛なの大作も数多くあります。狩野探幽だけでも9点、見応えのある展覧会です。

Photo
       重文:狩野探幽《松に孔雀図壁貼付》

Photo_3
    狩野探幽《一ノ谷合戦・二度之懸図屏風》
探幽の武者絵は珍しい。

国宝

Photo_9
          久隅守景《納涼図屏風》
近づいてよく見ると一人一人の人物描写も精細です。

Photo_10
 重要文化財 池大雅《蘭亭曲水・龍山勝会図屏風》

Photo_11
      重要文化財 与謝蕪村《奥の細道図》

Photo_13
      重要文化財:渡辺崋山《一掃百態図》
 職業など様々な人物の生態を数多く描いています。

 江戸期250年の平和な時代を思わせる作品群でした。会期末(11/3)が近い今日(30日)はかなりの入館者で賑わっていました。

Img_3536_2
前期で展示が終わった伊藤若冲の《樹花鳥獣図屏風》の複製画

Img_3539 Img_3537
ロダン館で久しぶりに《考える人》と《地獄の門》に出会いました

« 残留決まらず ジュビロ0-1浦和  | トップページ | 辻井伸行コンサート »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「徳川の平和」展:静岡県立美術館:

« 残留決まらず ジュビロ0-1浦和  | トップページ | 辻井伸行コンサート »